« プロ野球戦力分析【阪神編・2014終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2014終了】 »

2014年11月30日 (日)

プロ野球戦力分析【巨人編・2014終了】

1411g シーズン終了、12球団戦力分析。今回はセリーグ1位の読売ジャイアンツ。優勝候補の中、強力リリーフ陣の“スコット鉄太朗”が揃って低迷し、苦しいシーズン。それでも交流戦で優勝して首位に浮上。混戦の9月は広島、阪神との直接対決で9戦8勝。月間16勝8敗でリーグ3連覇を決めた。ただエース・菅野の故障離脱も響き、CSでは阪神に史上初の4連敗を喫した。

【野手編】
1411gorder 阿部が極度の不振に陥り.248、19本に終わり、来季はファーストに転向。村田の68打点がチームトップで主力が1年間を通して十分な働きができなかった。新戦力のアンダーソンは2度の故障があったが、.319で苦手の左投手を克服した。個人的には長野が足の故障を抱えながらの出場で、攻守で苦しんだ印象。内野では井端、外野では亀井が苦しいチーム事情を助けた。新人の小林は63試合の出場で強肩ぶりを披露。来季は正捕手の期待がかかる。

【投手編】
菅野がプロ入り2年連続の2ケタ(12勝)、今年は防御率のタイトルで一躍エースもポストシーズン投げれなかったのが痛かった。杉内が3年連続の2ケタ(10勝)、FA加入の大竹は9勝。5年目の小山が6勝を挙げて一時はローテの軸に。今年は内海が前半戦1勝と苦しんだ。リリーフ陣では、山口が前人未到の7年連続の60試合登板を達成。リーグ2位の39HPも防御率は3点台と苦しんだ。西村の不振でマシソンが抑えに回り30セーブも、3点台と安定感に欠けた。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 杉 内 内 海 大 竹 小 山 澤 村
中継 山 口 西村健 久 保 青 木 香 月 江柄子
抑え マシソン
次点 セドン 今 村 田原誠 高木京 笠 原 福 田 宮 國
故障 菅 野 退団 越 智 高木康
野手
捕手 阿 部 小 林 実 松
内野 ロペス 片 岡 村 田 坂 本 井 端 寺 内
外野 アンダーソン 長 野 橋 本 亀 井 大 田 矢 野 鈴木尚
次点 加 藤 坂 口 立 岡 横 川 中 井 隠 善 セペダ
故障 藤 村 高橋由 松本哲 退団 ロペス 石井義
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【阪神編・2014終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2014終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【巨人編・2014終了】:

« プロ野球戦力分析【阪神編・2014終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2014終了】 »