« ゴメス、線引いて初の退場。ナゴヤで3タテされる。 | トップページ | 岩田、スミ1から援護なし。終盤の逆転負けで5連敗。 »

2014年9月 9日 (火)

メッセ、4回8失点KO。失速4連敗で巨人に歯が立たず。

20140909 阪神●2-8○巨人(甲子園) 勝利打点:坂本

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・杉内で今季6度めのマッチアップ。初の3タテを喫してチーム状態に差がある中、今季最後の“伝統の一戦”3連戦。初回、先頭・長野にフルカウントから四球を出すと、1アウト2塁で坂本が初球、高めに浮いたカーブを振りぬいて左中間スタンドへの一発でジャイアンツが2点先制。

4回、先頭・坂本が今度は内角ストレートをヒット。この後、無死満塁の大ピンチで村田が軽打でセンター前タイムリーを放ち3点め。続くロペスがカウント2-0からレフト前へ2点タイムリーで0-5。さらに片岡のヒット(6人連続出塁)で満塁となった所でメッセKO。代わった金田が杉内のボテボテのセカンドゴロの間に1点。さらに長野がレフトオーバーの2点2塁打で、この回一挙6点で0-8と散々。

そのウラ、1巡めをパーフェクトに抑えた杉内ですが、上本にヒットを許して初のセットポジションに。大和は死球でチャンスを作ると、今季は杉内を全く打てていない鳥谷(17-0)がセンターフライで1アウト1,3塁。ここでゴメスがショートの右を抜けるタイムリーで1点を返すと、続くマートンが高めに浮いたスライダーを技アリでレフト線に落とすタイムリー2塁打で2点め。盛り上がってきましたが、狩野は力んでキャッチャーフライ、今成はストレートを見逃し三振で追加点ならず。

6回、鳥谷が凡退して今日も3打数ノーヒット。杉内を打てませんでした。2アウトからマートン狩野の連打で1,3塁のチャンスを作りますが、今成がピッチャーライナーに倒れました。杉内は7回2失点。対するタイガースは6回以降、筒井歳内が2イニングずつパーフェクトに抑えて試合を引き締めたのは好材料。2時間39分であっさり終わってしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
上本 マートン 筒井(3) 歳内(4)
   
ゴメス 金田(2)
大和 狩野 俊介 新井 柴田 伊藤隼
鳥谷 今成 梅野 メッセンジャー[負]  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「15」。【G○】⇔3差⇔【C○】⇔2.5差⇔【T●】⇔4.5差⇔【DB○】
巨人の優勝マジックは消滅中。(隠れマジックは19) もしよければ1クリックお願いします。

|

« ゴメス、線引いて初の退場。ナゴヤで3タテされる。 | トップページ | 岩田、スミ1から援護なし。終盤の逆転負けで5連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/60289926

この記事へのトラックバック一覧です: メッセ、4回8失点KO。失速4連敗で巨人に歯が立たず。:

» 天王山でいきなりボロ負け [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
これだけゲーム差を離されて、なおかつ3位にに甘んじていて天王山もなにもあったもんやないけど、それでも3連勝すれば逆転Vの可能性も出てくる。そんな思いで見ていたが、やっぱりこういう結果になったか。今シーズンも終わってもうたかな。... [続きを読む]

受信: 2014年9月10日 (水) 06:35

» 天王山でいきなりボロ負け [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
これだけゲーム差を離されて、なおかつ3位にに甘んじていて天王山もなにもあったもんやないけど、それでも3連勝すれば逆転Vの可能性も出てくる。そんな思いで見ていたが、やっぱりこういう結果になったか。今シーズンも終わってもうたかな。 ... [続きを読む]

受信: 2014年9月10日 (水) 06:35

« ゴメス、線引いて初の退場。ナゴヤで3タテされる。 | トップページ | 岩田、スミ1から援護なし。終盤の逆転負けで5連敗。 »