« 藤浪、得意のナゴヤで粘れず。痛い連敗で秋風が。 | トップページ | メッセ、4回8失点KO。失速4連敗で巨人に歯が立たず。 »

2014年9月 7日 (日)

ゴメス、線引いて初の退場。ナゴヤで3タテされる。

20140907 中日○2-0●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:雄太

J SPORTS2で無料中継。今日の先発は岩貞(中6日)、中日・雄太。初回、2アウトからルナのピッチャーライナーが岩貞の背中に直撃。一度ベンチに下がりましたが、続投。2回は2アウト1塁から谷繁のライトオーバー性の当たりを狩野がグラブを当てながら落球。2,3塁から雄太がショートへのタイムリー内野安打でドラゴンズ先制。三遊間寄りにいた鳥谷が逆を突かれました。

3回、先頭・狩野が汚名返上とばかりの右中間への2塁打。ただ1アウト3塁で岩貞のショートゴロ、前進守備のなかで狩野が三本間に挟まれてしまいアウト。ゴロの跳ね方を見て動くサインながら飛び出してしまい、判断が難しかった。

6回、1アウトから大和がヒット。続く鳥谷がフルカウントからボテボテのファーストゴロが進塁打に。この3連戦はタイミングが合っておらず、チームも苦しみました。この後、ゴメスが内角ストレートを見逃して三球三振。バッターボックス上でバットで線を引いたのを侮辱行為とみなされて初めての退場。雄太に7回まで3安打、内野ゴロの山(17個)に打ち取られました。

好投を続けた岩貞。プロ初の7回、先頭・藤井に四球を許すと、2アウト2塁でピッチャーの打順。最初は小笠原がネクストに控えていましたが、少し間をおいてベンチの奥から谷が代打で登場すると、前進守備の左中間を破るタイムリー2塁打で痛い2点め。でも先発の役割は果たしてくれました。

9回は抑えの福谷との勝負。6回の守備から4番に入っていたが空振り三振で2アウト。しかしマートンがヒット、続く今成もライトオーバーの2塁打で2,3塁とチャンスを作って、代打・関本が登場しますが最後は良い当たりのサードゴロでゲームセット。今季初の同一カード3連敗で完敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩貞[負]  
  金田(2)
マートン 伊藤隼
大和 今成  
鳥谷 梅野  柴田 新井 鶴岡
上本 ゴメス 狩野 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「15」。【G●】⇔3差⇔【C●】⇔1.5差⇔【T●】⇔5.5差⇔【DB○】
巨人の優勝マジックは消滅中。(隠れマジックは20) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 藤浪、得意のナゴヤで粘れず。痛い連敗で秋風が。 | トップページ | メッセ、4回8失点KO。失速4連敗で巨人に歯が立たず。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/60278297

この記事へのトラックバック一覧です: ゴメス、線引いて初の退場。ナゴヤで3タテされる。:

« 藤浪、得意のナゴヤで粘れず。痛い連敗で秋風が。 | トップページ | メッセ、4回8失点KO。失速4連敗で巨人に歯が立たず。 »