« 今成、逆転サヨナラ!キレたメッセとキヨシと球審吉本。 | トップページ | 上本、満塁の集中力!3連続代打から逆転2位浮上! »

2014年9月 3日 (水)

岩田、2度のバント失敗で自ら苦しんで逆転負け。

20140903 阪神●1-3○DeNA(甲子園) 勝利打点:バルディリス

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は岩田(中6日)、DeNA・山口。初回、先頭・上本があわや危険球という首の下あたりへの死球。1アウト1,3塁からゴメスがボテボテのセカンドゴロの間にタイガース先制!打点も92で単独トップに。しかし直後の2回、先頭バッターを出すと1アウト2塁から白崎にレフト前タイムリーで同点。カットした今成がバックホームせず。

2回、1アウト1,2塁で岩田がスリーバント失敗。続く上本が強いサードゴロでしたがバルディリスに止められました。3回、先頭・梶谷が四球を選び送りバントで2塁へ進んだ後、三盗成功。それでもグリエル、ブランコをフォークで連続三振に抑えてピンチ脱出。しかし4回、バルディリスにバックスクリーンへ放り込まれてベイスターズ勝ち越し。

4回、1アウトから今成梅野の連打で1,2塁のチャンス。早くも70球前後の山口が再び乱れだしていたのですが、ここで岩田が2打席連続のバント失敗。それでも上本がストレートの四球で満塁のチャンスに広がるも、大和がタイミングが合わず高めのつり球に空振り三振。特に9番、2番の所でこの回が勝負所だったと思います。

5回、先頭・梶谷にヒット。2アウト3塁からブランコに四球を出すと、バルディリスには敬遠気味の四球で満塁。ここで下園がセンター前タイムリーを放ち、3点め。大和のバックホームで2塁ランナーをホームで刺しましたが、岩田は5回で降板と散々。6回からは金田が先発から中3日で2イニング。7回には今成が2度のファインプレーで助けました。

5回以降はノーヒットに抑えられて、結局山口が141球、11奪三振でプロ初完投勝利を献上。勝てる試合を落としてしまい、巨人も逆転勝利で混戦から抜け出しそうな形に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  金田(2) 筒井(3)
鳥谷 今成  
上本 梅野  
大和 ゴメス 福留 新井
マートン 岩田[負] 伊藤隼
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「18」。【G○】⇔3差⇔【C●】⇔0.5差⇔【T●】⇔5.5差⇔【DB○】 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 今成、逆転サヨナラ!キレたメッセとキヨシと球審吉本。 | トップページ | 上本、満塁の集中力!3連続代打から逆転2位浮上! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/60269004

この記事へのトラックバック一覧です: 岩田、2度のバント失敗で自ら苦しんで逆転負け。:

« 今成、逆転サヨナラ!キレたメッセとキヨシと球審吉本。 | トップページ | 上本、満塁の集中力!3連続代打から逆転2位浮上! »