« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

ライアンに完敗。3カード連続負け越しで一歩後退。

20140831 阪神●2-4○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:飯原

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は岩貞(中6日)、ヤクルト・小川。初回、先頭・山田がセンター右へのヒット。2アウト3塁から連続四球で満塁になると、飯原にセンター前へ2点タイムリーを許してしまい、スワローズ先制。さらに4回、1アウト1塁から相川がショート強襲のヒット。続く谷内のファーストゴロをゴメスが弾いて満塁になると、2アウト後、山田にストレートの四球で押し出し。

5回で自分の打順に回らず、6回も続投させた岩貞が裏目に。1アウトからヒットと四球、小川の送りバントで2アウト2,3塁となった所で岩貞が104球で降板。代わったが山田にストレートの四球で満塁。勝負に行っているのか避けてるのかよくわからず。続く比屋根の所で代打・バレンティンが登場し、連続四球で押し出し。これには和田監督も怒りの交代。

6回まで67球で抑えてきたライアン小川。4月18日に右手を骨折した以来の甲子園のマウンドでした。7回、1アウトからゴメスがレフトスタンドへ22号ソロを放つと、急変。続くマートン(横にふくれあがったヒゲを剃ってきました)も内角の球をうまく弾き返すと、福留にはストレートの四球で1,2塁。ここで代打・新井が初球ライトフライに倒れると、さらに代打・関本も送りますが…力の入ったストレートに空振り三振。

9回、バーネットとの勝負。1アウトからマートン福留の連打。代打・がボテボテのショートゴロで2塁ホースアウトに倒れますが、続く鶴岡が三遊間へのタイムリー内野安打。ここで鶴岡に代走・大和を送ってキャッチャーを使い切りました。一発出れば逆転サヨナラという場面でしたが、途中出場の狩野がショートフライでゲームセット。

次カードは巨人×広島の首位攻防戦でペナントを左右するカードに。3位で引き離されたタイガースも、例年9月に強い4位ベイスターズ戦。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留  
  鶴岡
ゴメス マートン 高宮(3) 歳内(4)
   
上本 今成 岩貞[負] 新井 大和
鳥谷 伊藤隼 梅野 狩野 関本  (2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「19」。【G●】⇔1差⇔【C○】⇔1.5差⇔【T●】⇔5.5差⇔【DB○】

31日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 歳内宏明投手(3週間ぶりの昇格。今回もまずはリリーフから。)
IN 高宮和也投手(左のリリーフ不足は深刻。結果を出したい。)
OUT 榎田大樹投手(ここ2試合はバラついて全く使えず。)
OUT 渡辺亮投手(連投がキツくなってきたか。リズムに乗れず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月30日 (土)

隼太、先制打から一転、守備のミスから逆転負け。

20140830 阪神●1-4○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:ユウイチ

サンテレビで完全中継。今日の先発は金田(中2日)、ヤクルト・石山。右の先発相手ですが、センターは大和で行きました。2回、先頭・ゴメスマートンの連打で無死1,2塁のチャンス。今成がゲッツーに倒れますが、続く隼太が甘く入ったスライダーを弾き返す右中間へのタイムリーでタイガース先制!

3イニング連続で先頭バッターを出しながら0で抑えた金田。4回は1アウトから雄平にライトフェンス直撃の2塁打で2,3塁とされると、続くユウイチに左中間へ2点タイムリーを許して逆転。そのウラ、1アウト1,2塁のチャンスでしたが、隼太はサードファウルフライ。続く梅野は空振り三振。リリーフから中2日で先発した金田は5回の打席で代打を出されました。

6回は筒井。先頭・川端のライトフェンス際への当たり、落下点に隼太が入ったかに見えましたが落球(記録は2塁打)。1アウト3塁から際どいボール判定の後、次の球を暴投してしまい3点め。この後、レフトへのヒットでマートンが返球を悪送球してしまい2,3塁のピンチ。2アウト後、渡辺にスイッチしますが…満塁でピッチャー・石山が初球打ち。ライト前タイムリーかと思いましたが、前進守備の隼太が1塁で刺してライトゴロ完成!

6回以降は防戦一方のタイガース。石山もストレートに力があり、7回まで投げ切られてしまいました。8回、4番手で榎田が登板。先頭・雄平が4安打めのヒット(今日は5打数5安打)。連打と送りバントで1アウト2,3塁となった所で、にスイッチしますが…中村が初球をレフト犠牲フライ。あっさり4点めを取られました。

リリーフがこらえるのに必死で、反撃ムードが出ず…3位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
金田[負] 福留
マートン  
   
ゴメス 今成 伊藤隼 梅野 狩野 渡辺(3)
大和 上本 鳥谷 筒井(2) 榎田(4) (5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「19」。【G●】⇔2差⇔【C○】⇔0.5差⇔【T●】⇔6.5差⇔【DB○】

30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 鶴直人投手(1ヶ月半ぶりの昇格。苦しいリリーフ事情を救えるか?)
OUT 加藤康介投手(復帰戦で結果を残せず。もう1度、調整しなおし。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月29日 (金)

狩野、一発回答で復活!10点リードも豪雨に救われた。

20140829 阪神○10-5●ヤクルト(甲子園
勝利打点:マートン⑦  9回表無死満塁 降雨コールド

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中5日)、ヤクルト・赤川。昨日、自力優勝こそ消滅しましたが、長期ロードを11勝10敗で終えて帰ってきたタイガース。昇格した狩野が7番ライトで即スタメン。初回、先頭・上本が四球で出塁すると、2アウト1,3塁からマートンのレフト前タイムリーでタイガース先制!2回も先頭・狩野がヒット。2アウト2塁から上本のタイムリーで2点め。

3回の守備から足の痛みを訴えてバレンティンが交代。前を打つ川端がゲッツーに倒れ、立ち上がりから高めに浮いていた能見を助けました。3回、先頭・ゴメスが四球で出塁。2アウト後、狩野が初球の高めに浮いた変化球(ボール球)を豪快に振りぬいてレフトスタンドへの2ラン!

4回、先頭・能見があわやライト線を破りそうなシングルヒット。1アウト1,2塁から鳥谷が技アリのバッティングで左中間へのタイムリーで5-0とした所で赤川KO。代わった阿部からゴメスが90打点めのタイムリー。続くマートンも犠牲フライで7点め。さらに今成がライト線への2塁打で2アウト2,3塁とすると、狩野が低めのボール球をコンパクトにレフトへ弾き返す2点タイムリーで9-0。5年ぶりの猛打賞とか。

6回、先頭・鳥谷ゴメスの連打で無死1,3塁とすると、マートンの内野ゴロの間に10点め。7回、完封も視野に入ってきた能見でしたが、1アウトから1,2塁のピンチを背負い、中村のタイムリー2塁打で1点。さらに2アウト後、山田のサードゴロをわずかに今成が弾いて1塁セーフの間に2点め。能見は7回109球で降板。

8回は加藤が復帰後、初マウンド。しかし連打と2アウトからの四球で満塁とすると、中村にセンター前へ2点タイムリーを許してしまいました。そして9回は渡辺。先頭・山田の三遊間を破りそうな当たりを鳥谷がバックハンドで追いつきますが間一髪セーフ。四球を出したところで榎田にスイッチも、川端にタイムリー2塁打。さらに四球で無死満塁の大ピンチ。5点リードながらたまらず呉昇桓をコールした所で雨が一気に強まり、わずか10分あまりで降雨コールド。大差のゲームも終盤はガタガタ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
狩野 ゴメス 能見[勝]  
上本 鳥谷 マートン  
大和  
   
今成 伊藤隼 福留  俊介
鶴岡 加藤(2) 渡辺(3) 榎田(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「19」。【G○】⇔2.5差⇔【T○】⇔0.5差⇔【C○】⇔7差⇔【DB●】

29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 狩野恵輔外野手(今季初昇格。対左投手の先発ライトでチャンス。)
OUT 新井良太内野手(28日の試合前に腰痛を訴えて離脱。長引きそう。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月28日 (木)

藤浪、5回4失点で巨人に負け越し。自力優勝消滅。

20140828 巨人○4-0●阪神(東京ドーム) 勝利打点:橋本

BS日テレ→よみうりTVのリレー中継。今日の先発は藤浪(中5日)、巨人・澤村。試合前の練習で良太が腰の張りを訴えて緊急離脱。このまま登録抹消の見込み。初回、左バッターが苦手な藤浪に対してオーダーを組み替え。1番に入った橋本が真ん中のストレートを先頭打者ホームランでいきなりジャイアンツが先制。

2回、2アウト1塁からピッチャーの澤村に広く空いた左中間を破るタイムリー2塁打を許してしまい、痛すぎる失点。この後、トップに打順がかえって3連打。片岡、坂本の連続タイムリーで早くも0-4と一気に持っていかれました。この後、満塁までピンチが広がって村田の打席。スライダーをわずかに弾くスキに3塁・片岡がホームを狙うもアウト。

3回、先頭・梅野がヒットで出塁しますが、藤浪はスリーバント失敗。そのウラ、三者連続三振に抑えた藤浪ですが、序盤の失点が効きました。5回まで投げぬいて4失点、8奪三振。6回、先頭の代打・が四球を選んで少し流れが変わりそうでしたが、トップに戻って上本がやや甘いフォークに三振。続く今成も痛烈なファーストゴロで握り損ねてゲッツー回避。鳥谷も1,2塁間を破りそうな当たりを片岡に回り込まれてアウト。澤村を立ち直らせてしまいました。

6回から渡辺が2イニング、8回は筒井が1イニングを無失点に抑えて、課題とされたビハインド時の継投もうまくいって試合進行が早く進みました。今日は澤村が良すぎたか。9回でも150キロをマークし、打線はわずか2安打に抑えられてしまい、1年ぶりの完封勝利を献上。

首位攻防3連戦は1勝2敗の負け越し。今日の敗戦で自力優勝も消滅してしまいましたが…今年も夏のロードを11勝10敗と勝ち越し。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  渡辺(2) 筒井(3)
 
   
今成 鳥谷 梅野 俊介
上本 ゴメス マートン 福留 伊藤隼
藤浪[負]
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「21」。【G○】⇔2.5差⇔【T●】⇔0.5差⇔【C●】⇔6差⇔【DB○】
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

ゴメス、特大弾で決めた!全員でつかんだ逆転勝利!

20140827 巨人●4-5○阪神(東京ドーム) 勝利打点:ゴメス⑨

BS日テレで10回表まで中継。今日の先発は岩田(中6日)、巨人・小山。負ければ自力優勝が消滅するというゲーム。初回、2アウト1,3塁で村田(通算1500安打)にフルカウントからライトスタンドへ放り込まれてしまい、いきなり3点のビハインド。それでも2回以降は岩田が粘りのピッチング。3回から5回まで得点圏にランナーを置いてのピンチをしのいで107球。

6回、先頭・上本(守備でメガネしてました)がレフト線へのヒットで出塁。100球前後で少し球が上ずりだすと、1アウト1,2塁からゴメスが外角ストレートに食らいつくライト前タイムリーで1点。2アウト後、左の青木にスイッチされて福留をそのまま打席に立たせますが、レフトファウルフライ。岩田は6回まで投げぬきました。

1-3の7回、安藤-鶴岡のバッテリーに交代。先頭・隠善にヒットを許して1アウト2塁のピンチでしたが、今日当たっている橋本をインローで見逃し三振。坂本も右中間へのフライ。前進守備の中、背走して落下点に早く入った隼太ですが、遅れてきた福留が交錯しながらキャッチ。1球で抑えて4番・阿部の前で切れたのが大きかった。

すると8回、山口との勝負。先頭・上本が10球粘って四球を選ぶと、今成も死球で無死1,2塁。ここで鳥谷がバントも予想されましたが、ヒッティングに出て前進守備のライトを破るタイムリー2塁打で1点差。ゴメスにはカウントを悪くした所で原監督がマウンドに行き、歩かせて無死満塁の大チャンス。そしてマートンが術中にはまるセカンドゴロ併殺ですが、この間に3-3の同点!福留に代打・関本で勝負に出ますが、ショートゴロ。

同点の8回は福原。ロペスに送りバントをさせて2アウト2塁で代打・長野登場も敬遠。続く大田をそのまま打席に立たせますが、四球を選ばれてしまい満塁のピンチ。それでも続く隠善をショートハーフライナーで切り抜け。9回はマシソンが荒れまくり。先頭・隼太が四球を選んで、1アウト2塁のチャンスを生かせず。上本に2球続けて頭部付近に来ましたが、最後は空振り三振。そのウラ、先週先発した金田がテンポ良く9球で3人を抑えて延長戦へ。

10回、1アウトから鳥谷が今日4安打めとなるヒット。続くゴメスが2球めの高めストレートをコンパクトに振りぬき、打った瞬間とわかる看板直撃の勝ち越し2ラン!!そのウラ、呉昇桓が先頭・阿部に初球、左中間へホームランを許しますが、後続を3人で抑えて逆転勝利!昨日の借りを返しました。

「サンキュー!アリガト。打った瞬間に自分としてはハッピーな気持ち。」by ゴメス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 鳥谷 上本 金田[勝](4)
   
岩田 大和 安藤(2)
マートン 鶴岡 福原[H](3) 呉昇桓[S](5)
今成 福留 伊藤隼  新井良
梅野 関本 俊介
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「21」。【G●】⇔1.5差⇔【T○】⇔0.5差⇔【C○】⇔7差⇔【DB○】
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月26日 (火)

天王山。メッセ8回好投も・・・まさかの逆転サヨナラ負け。

20140826 巨人○4x-3●阪神(東京ドーム) 勝利打点:ロペス

BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・杉内。1.5ゲーム差の2位で迎えた首位攻防戦。良太が5試合ぶりの先発ライト。2回、2アウトから今成がチーム初ヒットを決めて盗塁も成功に見えましたが、ベースを踏む足を変えた時に片岡が見逃してくれずにタッチアウト。3回はメッセ自らのヒットからペースを乱した杉内をとらえきれず。

4回、1アウトからゴメスがスライダーを完璧にとらえる20号ソロでタイガース先制!目標達成で自慢のひげをいつ剃るのかも今後注目です。続く5回、先頭・良太がインローのストレートを打った瞬間とわかる4ヶ月ぶりの一発。思わずバットを放り投げてました。大きかったのは2アウト後、上本が内野安打で出塁し、ウエストの中で盗塁成功!さらに大和のセンター前タイムリー!前進守備の中、足でもぎとった3点め。

5回101球の杉内を打席に立たせて6回を投げ切らせたのが後半のポイントに。6回、先頭・片岡がヒットで出塁し、続く橋本の強烈なファーストゴロをゴメスが逆シングルでナイスキャッチ。2アウト2塁まで行ったのですが、阿部が外角ストレートを逆らわず左中間スタンドへの2ランで1点差。

8回からは西村健が2イニング。先頭・大和が14球粘るもセカンドゴロ。続く鳥谷がサード内野安打で出塁しますが、ゴメスが痛恨のセカンドゴロ併殺。そのウラ、橋本が痛烈な当たりを右中間に飛ばしますが、6回から早くも守備固めに入っていた福留が背走して腕を伸ばして追いつくファインプレー!メッセは117球で投げ切りました。

9回、2アウト1塁で梅野をそのまま打席に立たせて凡退。ウラで鶴岡に代わることは明白だっただけに、仕掛け不足が気になりました。そのウラ、呉昇桓-鶴岡のバッテリーに。先頭・阿部がライト線2塁打で代走・鈴木尚。暴投で無死3塁となって村田のライトライナーが犠牲フライとなり同点。しかしこれで終わらず続く矢野に四球を出して、またも暴投で得点圏へ。制球に苦しみました。2アウト後、ロペスがフルカウントから逆球のストレートをセンター前へ弾き返されサヨナラ負け。無失点バッテリーが…。

今年も東京ドームで夢が断たれるのか。今日の逆転負けは今シーズンを左右する一敗に。明日負けると自力優勝が消滅します。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー 福留
上本 ゴメス  
新井良  
大和  
鳥谷 梅野 俊介
マートン 今成 鶴岡 呉昇桓[負]
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「23」。【G○】⇔2.5差⇔【T●】⇔0.5差⇔【C○】⇔6.5差⇔【D●】

26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 加藤康介投手(ぎっくり腰から復帰。首位攻防戦に間に合ったか。)
25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 玉置隆投手(わずか1イニングで抹消。今回も結果を残せず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月24日 (日)

関本、切り札の一撃で3タテ阻止!1.5差でいざ東京へ。

20140824 広島●2-8○阪神(マツダ) 勝利打点:関本⑤

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩貞(中6日)、広島・ヒース。大和が4試合ぶりのスタメン。昨日退場したマートンも先発出場。2回、1アウトから今成が真っ直ぐを弾き返しライトスタンドへの先制ソロ!初先発のヒースは右腕から繰り出される150キロ前後の伸びのあるストレートと、スライダー、カーブである程度ストライクが取れる投手。アメリカではゴメスと対戦した事も。

3回、先頭・鈴木誠に左中間フェンス直撃の2塁打。この後、2アウト2,3塁で菊池の場面。切れ味のあるカットがインローで振らせて追いこんだ球は良かったですが、これ以上の球はなかったか。次の低め真っ直ぐを痛打されて逆転の2点タイムリー2塁打。先発3試合めで6回2失点。一番良かっただけに、もったいなかった。

1点ビハインドの7回、カープは中田にスイッチ。1アウトから代打・福留が四球を選んで1,2塁。2アウト後、大和に代打・新井をコールしますが、セカンドゴロで無得点。そのウラ、安藤がリードを許した状態では2ヶ月ぶりの登板。最近にしては珍しく3人で抑えてくれました。

8回は中崎との勝負。先頭・鳥谷がヒットで出塁。1アウト後、マートンらしいライト前ヒットと今成の四球で満塁のチャンス。ここで隼太がフルカウントから押し出しの四球を選んで同点。続く梅野の打順で代打の切り札・関本を投入。カウント3-1からストレートを弾き返して左中間を破る2点2塁打で4-2と勝ち越し!そのウラ、福原-鶴岡のバッテリーに代わり、こちらも3人で抑えました。

9回、江草が1アウトから鳥谷に四球を出したところで、カープは右の横山にスイッチ。3連戦当たりのなかったゴメスがサード強襲のヒットで1,3塁とすると、マートンが内角高めの真っ直ぐをうまく弾き返してレフト最前列へ低いライナーで放り込む3ラン!これで終わらず2アウトから俊介の連打が飛び出すと、続く福留のセンター前タイムリーで8点め。最後はセーブのつかない場面でしたが、呉昇桓が3人切り。

負ければ3位転落というなかで厳しい試合を制しました。1.5ゲーム差で火曜日から巨人3連戦。去年の同じ時期に3タテされて終戦しただけに、今年はやり返したい。

「勝ててよかったです。一戦一戦負けられない戦いが続くので。」by 関本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩貞 関本 安藤[勝](2) 福原[H](3)
鳥谷 今成 伊藤隼 マートン 福留 俊介  呉昇桓(4)
   
梅野  
大和 ゴメス 鶴岡
上本 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「23」。【G●】⇔1.5差⇔【T○】⇔1.5差⇔【C●】⇔5.5差⇔【D○】 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月23日 (土)

マートン、1回で退場。拙攻の打線が能見を見殺し。

20140823 広島○2-0●阪神(マツダ) 勝利打点:会澤

テレビ大阪で2回表途中から7回表まで中継。今日の先発は能見(中7日)、広島・大瀬良。鶴岡が10試合ぶりのスタメンマスク。初回、上本の盗塁失敗の後、再び2アウト1,2塁のチャンスを作りますが、マートンが外角高めのストレートを見逃し三振に倒れた際、球審に暴言を吐いて退場。開始15分の退場劇に雰囲気は最悪。5番には良太かな?と思いましたが大和が入りました。

この中で能見が4回までノーヒットピッチングの好投。対する打線は毎回ランナーを出しますが、拙攻続き。先頭・4回、ゴメスが2打席連続の四球。続く大和が送りバント(通算100犠打)を成功。福留が四球を選んで1,2塁としますが、後続が打てず無得点。無失点ながら状態の上がらない大瀬良をカープは4回で交代。

6回、1アウト1,3塁のピンチで丸をピーゴロ併殺に抑えた能見。7回、カープは元タイガースの江草が登板。1アウトから四球2つ(共にフルカウント)と鳥谷のヒットで満塁のチャンス。ここで永川にスイッチされ、ゴメスは空振り三振。続く大和の所で代打・関本をコールしますが、セカンドゴロで三者残塁。

そのウラ、先頭・ロサリオに2塁打。暴投で無死3塁の大ピンチになりましたが、今成のジャンピングキャッチもあって後続を3人で打ち取り。しかし8回、先頭・会澤に初球チェンジアップをレフトスタンドへ放り込まれてしまい、カープ先制。さらに2アウト後、菊池に場外まで飛ばされる特大アーチを許して2失点。後半は粘った能見ですが、この苦しい状況で敗戦完投。

9回、ミコライオとの勝負。先頭の代打・が四球を選ぶと、続く上本が猛打賞となるヒット。ここで今成がスリーバントを決めて1アウト2,3塁のチャンスを作ると、鳥谷が今日4安打めとなるセンター前タイムリー。カウント3-0から打って行ったのが成功。なお1,3塁という場面でゴメスがツーシームを引っかけて4-6-3のゲッツーでゲームセット。今日は12残塁。相手が205球も投げたのに…。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 上本 能見[負]  
  大和 
今成  
福留  
鶴岡 俊介
ゴメス 伊藤隼 マートン 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「24」。【G○】⇔2.5差⇔【T●】⇔0.5差⇔【C○】⇔6.5差⇔【D●】 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月22日 (金)

広島災害で試合にかける思いの差。マエケン完封。

20140822 広島○6-0●阪神(マツダ) 勝利打点:松山

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は藤浪(中7日)、広島・前田健。大雨による土砂災害で亡くなられた方の為、選手は喪章をつけてプレー。球場では半旗を掲げ、鳴り物なし。初回、先頭・上本がわき腹に死球。今成の三振の時に盗塁を決めて得点圏に進みますが、鳥谷ゴメスが揃ってフルカウントから凡退。

そのウラ、いきなり天谷にボテボテの内野安打を許すと、2アウト1,3塁から松山が左中間へのタイムリーでカープ先制。ただ打った松山が2塁ベース手前まで進んでおり、2塁で止まったキラと渋滞になりアウト。3回、2アウトから丸がセンターフェンス金網直撃の2塁打。キラを歩かせた後、またも松山が低めフォークをうまくとらえて左中間オーバーの2点2塁打。早くも3点差。

4回、先頭・鳥谷がチーム初ヒットで出塁しますが、ゴメスが三振に倒れてバットをへし折ると、続くマートンもストライク判定に審判に詰め寄る一面も。和田監督が抑えて退場にはならず、結局四球。チャンスでマエケンに相性の良い隼太ですが、ここは初球ファーストゴロ。

藤浪は5回にキラにタイムリー2塁打を許して、5回4失点でKO。被安打6はすべて左バッターからでした。6回は榎田が復帰して即登板しますが、会澤に逆方向のライトスタンドへ持っていかれて5点め。

7回まで2安打に抑えられたタイガース打線。8回、上本今成の連打で1アウト1,2塁のチャンスを作りますが、得点できず。ゴメスは4打席4三振に抑えられました。そのウラ、玉置が3ヶ月の1軍登板。2アウト1,3塁でバッター・マエケンの時にボークをとられてしまい、もったいない失点。9回は隼太の2塁打で1アウト2,3塁のチャンスを作りますが、代打・新井、代打・関本が凡退して139球完封負け。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  筒井(3)
   
上本 福留 伊藤隼  
今成 鳥谷 マートン 榎田(2)
ゴメス 梅野 藤浪[負] 新井良 新井 関本 玉置(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「24」。【G○】⇔1.5差⇔【T●】⇔1.5差⇔【C○】⇔5.5差⇔【D●】

22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 榎田大樹投手(肩痛からの復帰。勝負所で貴重な左腕。)
OUT 小嶋達也投手(左腕不足で抜擢されたが、今回も結果を出せず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

金田、プロ初先発で勝利!竜を3タテし0.5差で追走。

20140821 阪神○5-4●中日(京セラドーム)勝利打点:ゴメス⑧

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は金田(中4日)、中日・カブレラ。プロ初先発となった金田の立ち上がり。いきなり大島に内野安打を許し、梅野が盗塁を刺したのは良かったのですが…1アウト2塁からルナに2ランを打たれてしまい、ドラゴンズ先制。しかし2回、1アウト1塁から福留が真っ直ぐに力負けせずライトスタンドへの同点2ラン!

3回、無死1塁から鳥谷の三遊間への当たり。エルナンデスの無理な体勢からの2塁送球が悪送球となり、2,3塁に。ここでゴメスがレフト線へのタイムリーで勝ち越すと、続くマートンもレフト前タイムリーで4-2。1アウト後、隼太のファーストゴロで2塁ホースアウトを狙うも、エルナンデスが落としてオールセーフ。ただ満塁のチャンスは生かせず。

プロ初の4イニングめからボールが上ずりだした金田。それでも5回を投げぬいて77球で降板。2点リードの6回は渡辺。先頭打者に四球を出しながら、2アウトを取った所で筒井にスイッチ。森野を打ち取りました。そのウラ、先頭・隼太がショート内野安打。続く梅野の送りバントで1塁送球が少しそれて内野安打に。ここで代打・大和が送りバント成功。この後、1アウト満塁で今成の三遊間への当たり。前進守備のエルナンデスがダイブしますが、バックホームがそれてオールセーフとなり5点め!

3点リードの7回は安藤。左バッターのアウトローをとってもらえず苦しみました。先頭・藤井に2塁打を許すと、エルナンデスのハーフスイングを取ってもらえず四球。無死1,2塁から代打・高橋周の強いセカンドゴロを上本が弾いてアウトは1つ。1アウト2,3塁から代打・小笠原のセカンドゴロの間に1点。続く大島にも追い込んでからセンター前タイムリーを許し、1点差に。もったいなかった。

8回は福原。先頭・ルナがヒット。続く平田のセンターへ痛烈なライナーでしたが、大和がダイビングキャッチ!なお森野に2塁打を許し逆転のランナーが得点圏まで行きますが、藤井、エルナンデスをフォークで連続三振!9回は呉昇桓。1アウトから四球を出しますが、大島を内角ストレートで見逃し三振に抑えたのが大きかった。1点差を逃げ切りドラゴンズを3タテ!今季最多の貯金10!(この後、1時間だけゲーム差なしでした。)

「初めてなんで緊張します。60点くらい。福留さんありがとうございます!」by 金田
「(同じ鹿児島の金田に)ベンチで一回も笑わなかったんで指導しておきます。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 金田[勝] 大和 筒井[H](3) 呉昇桓[S](6)
マートン  
伊藤隼  
上本 今成 ゴメス 梅野 渡辺[H](2) 福原[H](5)
  新井 鶴岡
鳥谷 安藤[H](4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「24」。【G○】⇔0.5差⇔【T○】⇔2.5差⇔【C●】⇔4.5差⇔【D●】
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

岩田、1ヶ月ぶり勝利で9勝!再び首位に0.5差!

20140820 阪神○3-1●中日(京セラドーム) 勝利打点:なし

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は岩田(中6日)、中日・濱田。故障明けの大和が7月23日以来の2番センター、ライトには良太がスタメン。2回、コンパクトな打撃に切り替えたドラゴンズがヒット3本で1アウト満塁としますが、三ツ俣をショートゴロ併殺で切り抜け。これで立ち直りました。そのウラ、先頭・マートンが左中間フェンス直撃の2塁打。今成の進塁打で1アウト3塁になり、良太の犠牲フライでタイガース先制!

4回、1アウトから平田が5階席への特大アーチで同点。一発こそ許しましたが、今日の岩田は低めを突くピッチングでゴロを打たせる形ができていました。6回、2アウトから鳥谷がレフト前ヒットを放ち、通算111度目の猛打賞。球団歴代5位タイに。この後、ゴメスが打席でタイムをお願いしながら、投球が始まってしまいタイム取ってもらえず。追い込まれてたこともあり、あわてて振ってのレフトフライに怒ってました。

7回、先頭・マートンがヒットで出塁。ここで今成が送りバント成功。この後、1アウト1,2塁となった所で濱田から右サイドの又吉にスイッチ。代打・関本が振り遅れて三振に倒れますが、続く代打・新井はフルカウントから四球を選んで満塁。ここで上本が左中間へのフライに倒れますが…外野の連携が取れず、レフトとセンターが交錯してまさかの落球。2点が入って勝ち越しに成功!

8回は福原-鶴岡のバッテリー。代打・高橋周の鋭い当たりでしたが鳥谷がファインプレー。結局3人で抑えてくれました。そのウラ、1アウト1,3塁のチャンスで左のパヤノが登板。今成がカウント3-0から打っていき、浅いレフトフライでタッチアップできず。続いて代打・福留も四球を選んで満塁にしますが、得点できず。

9回は呉昇桓。今日はコントロールが思うようにいかず30球投げました。先頭・大島に四球を出して2アウトまで行きますが、平田のヒットで1,3塁のピンチ。ここで森野に10球粘られますが、最後はタイミングがずれてセカンドフライ。苦しいゲームを制して0.5ゲーム差!奪首のチャンスは5度目。今後こそ。

「一つ一つ勝つのって大変だなと思います。考えても一緒なんで。」by 岩田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 新井良 岩田[勝] 福原[H](2)
マートン 梅野 新井 福留
  呉昇桓[S](3)
今成  
上本 ゴメス 俊介 鶴岡 
大和 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「25」。【G●】⇔0.5差⇔【T○】⇔1.5差⇔【C○】⇔4.5差⇔【D●】
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年8月19日 (火)

メッセ、大量援護にもつられず。6回1失点で11勝!

20140818 阪神○8-1●中日(京セラドーム) 勝利打点:鳥谷⑫

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、中日・朝倉。2軍の試合をこなした大和が1軍合流。今季初のセンター福留で今後は併用か。初回、先頭・大島に2塁打を許すと、続く荒木の送りバントをメッセがファンブルしてしまい、無死1,3塁の大ピンチ。ここから中軸相手にすべてフルカウントでしたが、連続三振もあって無失点で切り抜けました。

初回、1アウト2塁から鳥谷のライト前タイムリーでタイガース先制!さらに1,2塁からマートンが左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打。2アウト後、隼太のライト前タイムリーと梅野もショートの横を破るタイムリーで4点先行。2回も2アウトから鳥谷のヒットの後、ゴメスがレフト線へのタイムリー2塁打で5点め。朝倉は3回に代打を送られKO。

4回、先頭・上本がサード強襲ヒットで出塁すると、今成が三塁線へセーフティバントが内野安打。無死1,2塁で鳥谷がレフトへのライナー性への当たりに藤井がバウンド合わず後逸してしまい、この間に2人がホームに帰ってきました。2人めはタイミング的にはアウトでしたが、相手も中継プレーでバックホームされずモチベーションが下がったか。

無失点ながらファウルで粘られたこともあり、5回で101球のメッセ。6回、連続四球で無死1,2塁のピンチを背負い、森野がライトフェンス際まで飛ばしますが、隼太がフェンスに激突しながらナイスキャッチ!この後、藤井がピッチャー強襲で大きく跳ね上がった打球がセカンド後方まで転がりタイムリー。追加点は許さず138球の熱投でした。リーグハーラートップの11勝!

7回は筒井。先頭・赤田にフルカウントから高めへ抜けた真っ直ぐを振ってもらい、これで助かると結果的には三者連続三振。そのウラ、1アウトから福留がレフト線への2塁打で先発野手全員安打。ここで代走・大和が登場すると、2アウトから6点リードの中で三盗を決めると、キャッチャーの悪送球もあって8点めのホームイン。9回は小嶋がトレードで加入した三ツ俣に13球粘られながらも抑えてゲームセット。

「最高の気分です。一度、奪三振王のタイトル獲ったからには防衛したい。」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 メッセンジャー[勝]  
ゴメス 伊藤隼 梅野 筒井(2) 渡辺(3)
上本 今成 マートン 大和 小嶋(4)
福留  
  新井良 俊介 
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「27」。【G○】⇔1.5差⇔【T○】⇔1.5差⇔【C○】⇔3.5差⇔【D●】

19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 大和外野手(わき腹痛から3週間ぶりに復帰。巻き返したい。)
OUT 田上健一外野手(第3の捕手に続き、足のスペシャリストも外れた形。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月17日 (日)

岩貞、2戦めでプロ初勝利!ドラ1がローテ名乗り。

20140817 DeNA●2-5○阪神(横浜) 勝利打点:上本⑤

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩貞(中6日)、DeNA・高崎。2試合ノーヒットの福留をベンチに下げて、センター俊介、ライト隼太と布陣を変えてきました。初回、上本が初球を左中間スタンドへ先頭打者アーチ!さらに1アウト後、鳥谷もバックスクリーン右へ。フェンスから跳ね返ったように見えて、一度は2塁打の判定も…ビデオ判定でホームランの判定!なお1,3塁から今成のショートゴロ併殺崩れの間に3点め。

プロ2度めの先発となった岩貞。今回も初回、いきなり先頭打者を出して嫌な流れになりますが、やや高めに浮いた球もあって苦しみました。25球かかりましたが0で抑えると、毎回ランナーを出しながらですが、思い切り腕を振って得意のカットと慣れてきた所でチェンジアップ(130キロ前後とやや速め)も決まりだしました。

4回、先頭・隼太がセンターフェンス直撃の2塁打。梅野も右打ちが決まりライト前ヒットで無死1,3塁のチャンス。1アウト後、上本がレフト線へのタイムリーで4点め!続く俊介(27歳のバースデー)がセーフティバントで惜しくも1塁アウトで犠打になりますが、追加点ならず。

4回以降、テンポの良さが出だした岩貞ですが…6回2アウトからブランコに初球ホームランを許すと、続くバルディリスにも連続して初球ホームランを許してしまい、99球で降板。代わった安藤が1球で打ち取って流れを切ると、7回もイニングまたぎ。心配されましたが、シュートとフォークを多投して無失点ピッチング。

8回、ベイスターズは左の林が登板。2アウトから梅野が外角へ落ちるフォークをライトスタンドへ放り込む、貴重な7号ソロ。右方向への一発は初めて。激ヤセが心配されていますが、今後に期待がもてそうです。そのウラ、福原が登板。いきなりセンターライナーを俊介がスライディングキャッチ。そしてバルディリスのライトへの当たりをこの回から守る福留が地面スレスレでダイレクトキャッチ!9回は呉昇桓が締めて30セーブ達成!

「(ボール)持っときます。2軍でトレーナーと地道にしてきて感謝したい。」by 岩貞
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 梅野 岩貞[勝] 安藤[H](2) 福原[H](3) 呉昇桓[S](4)
鳥谷 新井良 福留
伊藤隼  
俊介 マートン  
  鶴岡 田上 
ゴメス 今成  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「28」。【G●】⇔1.5差⇔【T○】⇔1.5差⇔【C○】⇔2.5差⇔【D○】

17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 玉置隆投手(3か月ぶり昇格。リリーフで競った場面での登板を目指したい。)
OUT 秋山拓巳投手(首脳陣の期待を裏切った。今年はもうないか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月16日 (土)

秋山、久々の1軍先発も3回もたず。谷間埋まらず。

20140816 DeNA○8-2●阪神(横浜) 勝利打点:梶谷

サンテレビで完全中継。今日の先発は秋山(再昇格)、DeNA・モスコーソ。4月5日以来、今季2度目の先発になる秋山。初回、先頭バッターにヒット。送りバントが小フライで助かりましたが、続く梶谷にライトスタンドへ放り込まれる2ランでベイスターズ先制。球自体は良いのですが、タイミングがとりやすいのか。

3回、先頭・梅野がライトへ強い打球を放ち2塁打。秋山も送りバントを決めると、1アウト1,3塁から今成が16打席ぶりのヒットとなるレフト前タイムリーで1点。ただ鳥谷が痛恨のピーゴロ併殺。そのウラ、1アウト3塁から梶谷のレフトライナー性の当たりにマートンが照明の光が目に入ってしまい後逸。1点が入り、記録は3塁打。続くブランコがセカンド後方へポトリと落とすタイムリー。さらに2アウト1,2塁から白崎が左中間オーバーの2点2塁打で1-6となりKO。

4回、先頭・ゴメスマートンの連打。1アウト後、隼太のライト前ヒットで満塁とすると、梅野のセンター犠牲フライで2点め。ここで前の回から投げている渡辺に代打・良太(31歳のバースデー)で勝負に出ますが、レフトフェンス際で下園のジャンピングキャッチに阻まれました。和田監督の抗議でビデオ判定も覆らず。

打順の絡みもあり、渡辺をアウト1つで下げてしまっただけに、筒井が4回から3イニング。先頭のモスコーソにヒットを許しますが、ゲッツーに抑えました。ランナーを出したのはこれだけで打者9人で投げぬきました。先発した方が良かったんじゃないか、と思うくらい。

7回、小嶋がマウンドに上がりますが、持ちこたえていたゲームを壊しました。1アウト2塁から石川がセンター左への長打で背走する隼太がグラブに当てながら落としてしまい、タイムリー3塁打。2アウト後、ブランコの打席でフォークが暴投となり、8点め。8回は金田が敗戦処理で出てきたのがもったいなかった。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  筒井(3)
   
今成 渡辺(2)
伊藤隼 梅野  
上本 ゴメス 新井良 田上 金田(5)
マートン 鳥谷 福留 秋山[負] 小嶋(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「29」。【G●】⇔2.5差⇔【T●】⇔1.5差⇔【C○】⇔2.5差⇔【D●】

16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(2軍戦では結果残せずも、4か月ぶり先発チャンス。)
IN 小嶋達也投手(加藤の降格もあり、内容よりも左。10日間で再昇格。)
OUT 清水誉捕手(能見とのリードが単調に。当面は捕手2人制?)
OUT 建山義紀投手(失点も減ってきていたが、打たれた印象が目立った。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

上本、スタメン落ち危機からの復活!3点決勝打!

20140815 DeNA●4-7○阪神(横浜) 勝利打点:上本④

BS1で完全中継。今日の先発は能見(中5日)、DeNA・井納。清水が前回に続き、能見との先発バッテリーを組み、初回は1アウト3塁のピンチを無失点で切り抜け。2回、2アウト1塁から隼太が右中間オーバーのタイムリー3塁打でタイガース先制!さらに3回、上本が14打席ぶりのヒット(プロ初の100安打)となる2塁打。2アウト後、鳥谷のレフト前タイムリーで2点め。

5回、無死1塁で今成が初球バントが大きく後ろへファウル。ここからランエンドヒットに切り替えますが、結局はファーストゴロ併殺。それでも鳥谷が四球を選ぶと、続くゴメスがライトフェンス直撃のシングルで1,3塁。ここでマートンの打席で暴投の間に1点。なおショートゴロの1塁送球がワンバウンドとなり、ブランコが弾いて逸らす間にもう1点。ミスで2点もらいました。

6回、ここまで2安打に抑えていた能見が急変。わずかに球が浮いた所を痛打され、4連打。梶谷、ブランコの連続タイムリーで2点。2アウト後、バルディリスがフルカウントからレフト線へのタイムリー2塁打で1点差。悪いリズムを立て直せず能見は6回3失点で降板。もったいなかった。7回は安藤が登板しますが、先頭バッターにヒットを許すと、2アウト3塁から松本に今日初めて投げたフォークを打たれ、ライト前タイムリーで同点。

8回、ベイスターズは国吉。2アウトから隼太がヒットで出塁すると、代打・良太が際どいハーフスイングの後で四球。続く代打・関本の浅いレフト前ヒットで満塁のチャンス。ここで上本が高めストレートを振りぬきセンターフェンス直撃の3点2塁打で勝ち越し!そのウラ、福原-鶴岡のバッテリーに交代。ストレートとカットの組み合わせで三者凡退。

9回、3四球で1アウト満塁のチャンスを作り、隼太がやや浅めのレフトフライ。捕球体勢を見て3塁・鳥谷がスタートを切りましたがタッチアウト。黒羽根のひじが頭に入ってしまい、少し動けずに心配しましたが9回の守備につきました。そのウラ、呉昇桓が3人で抑えてゲームセット。フェンス際、福留のジャンピングキャッチも。

「ふがいない打撃が続いていたので少しは貢献できた。そんな余裕なくて。」by 上本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 福原[H](3) 呉昇桓[S](4)
鳥谷 ゴメス 伊藤隼 新井良 関本
能見  
福留  
マートン 清水 鶴岡  俊介
今成 安藤[勝](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「29」。【G○】⇔2.5差⇔【T○】⇔2.5差⇔【C●】⇔2.5差⇔【D●】
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年8月14日 (木)

藤浪、初の巨人戦で好投報われず。3連戦負け越し。

20140814 巨人○4-1●阪神(東京ドーム) 勝利打点:井端

BS日テレで完全中継。今日の先発は藤浪(中5日)、巨人・セドン。関本が去年8月以来の先発サード。外野も俊介良太の右バッターを並べてきました。初回、先頭・長野の1塁線への当たりにバウンドが合わなかったゴメスが逸らしてしまい2塁打。1アウト3塁から坂本が内角高めに抜けたカットを左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打でジャイアンツ先制。

2回、ゴメスが初球ストレートをライトスタンドへの19号ソロで同点!主砲に4試合ぶりのヒットが出ました。続くマートンもライトへ打球が伸びてフェンス際、橋本が激突しながらキャッチ。この後、連続四球で1,2塁のチャンスでしたが梅野がサードゴロ併殺。1塁はセーフのタイミングでしたが、和田監督の抗議も及ばず。

4回、先頭・坂本が9球粘ってアウトローいっぱいの球を取ってもらえず四球。思わず藤浪もしゃがみこみました。1アウト後、高橋由のエンドランが決まって1,3塁となり、続く村田は初球死球で満塁。ここで井端に右中間への犠牲フライで勝ち越し。

6回、2アウトから鳥谷がレフトフェンス直撃の2塁打を放つと、ジャイアンツはここでサイドスローの田原誠にスイッチ。ゴメスは初球ショートゴロで無得点。7回も続投し、マートンは9球粘ってフェンス際まで飛ばすフライ。この回は全員がフルカウントまで行きますが得点ならず。藤浪は7回2失点で降板。6回の4番からの打順で全てフォークで三者連続三振に抑えたのは見事。

1点ビハインドの8回、金田がマウンドへ。いきなりヒットを許して代走・鈴木尚が登場。坂本はバントの構えも見せながら叩き付けてショート内野安打。ここで筒井にスイッチし、阿部も2度バントファウルで追い込んでからフルカウントとなり、強いライトライナー(良太が危なかった)で1アウト1,3塁。続く高橋由の四球となった球を鶴岡が逸らす間にタッチをかいくぐられて3点め。さらに代わった建山から村田のタイムリーで4点め。もっと取られそうでしたが、なんとか抑えました。今日はここの攻防がもったいなかった。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
ゴメス 藤浪[負]  
   
   
鳥谷 関本 新井良 梅野 伊藤隼 福留  建山(4)
上本 俊介 マートン 今成 鶴岡 金田(2) 筒井(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「30」。【G○】⇔2.5差⇔【T●】⇔1.5差⇔【C】⇔2.5差⇔【D●】
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月13日 (水)

岩田、序盤狙われ4失点。巨人の意地で奪首ならず。

20140813 巨人○5-1●阪神(東京ドーム) 勝利打点:長野

BS日テレで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、巨人・小山。勝てば初の首位というゲームでしたが…初回、長野にライトへ先頭打者ホームランを許すと、1アウト2,3塁から村田のサードゴロの間に2点め。前進守備ながらゴロゴーのサインで橋本の好走塁にやられました。ベンチの作戦なのか、低めを振らずに甘いストレートを痛打される場面が目立ちました。

2回、先頭・井端に2塁打。2アウト後、長野を外すような形で歩かせて1,2塁から橋本にタイムリー。なお1,3塁で橋本の2塁盗塁を刺そうとした梅野の送球を上本が弾く間に4点めのホームイン。この4点めは痛かった。

3回、先頭・隼太がライト前ヒット。1アウト後、岩田のバントが小フライになり、ファーストで出場を続ける阿部がダイビングキャッチ。3回、4回は持ち味のゴロで打たせて取るピッチングができた岩田。5回、1アウトから福留隼太の連打で一気に1塁から3塁を陥れる福留の好走塁。最初のチャンスでしたが、梅野がサードゴロ併殺。ネクストに良太は控えていましたが、さすがにここ(8番)での代打起用は難しかったか。

6回、2アウト2塁から鳥谷が緩いカーブをライト線へ弾き返すタイムリー2塁打でようやく1点。ただ続くゴメスがフォークに空振り三振。そのウラ、金田がマウンドへ。いきなり村田が右中間フェンス直撃の長打でしたが、うまくクッション処理ができた隼太が2塁で刺す好プレイ!

7回、先頭・マートンがヒットを放った所で、左の青木にスイッチ。続く福留がファーストへ強い当たりでしたが、阿部が横っ飛びで止めてしまい、痛恨のダブルプレー。抜けていれば…という場面でした。そのウラ、続投の金田が代打・セペダに高めのストレートをとらえられ、ライトへ特大140m弾。再びゲーム差は1.5に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
伊藤隼  
  筒井(3) 建山(4)
鳥谷 マートン 福留  
岩田[負] 新井 清水 金田(2)
上本 今成 ゴメス 梅野 新井良 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「31」。【G○】⇔1.5差⇔【T●】⇔2差⇔【C○】⇔2差⇔【D○】 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月12日 (火)

メッセ、打って走って大活躍のG倒!4年連続10勝!

20140812 巨人●3-4○阪神(東京ドーム) 勝利打点:鳥谷⑪

BS日テレで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・杉内。1.5ゲーム差の2位で迎えた首位攻防戦。マートンが3試合ぶりに復帰。俊介良太を外野で起用してきました。初回、際どい判定をとってもらえず2四球で1アウト1,2塁から阿部にライト前タイムリーを許し、ジャイアンツ先制。後続は連続三振で抑えましたが、初回で31球費やしました。

3回、2アウトから俊介がレフトスタンドへ3年ぶりの一発で同点!毎回ランナーを出しながらのメッセですが、4回の守備では今成の好プレイでゲッツーに打ち取り。そして5回、先頭・メッセが右中間へ2塁打。1,2塁から俊介が初球バント成功で1アウト2,3塁とすると、鳥谷がライト犠牲フライで勝ち越し!強肩の長野でしたがメッセが激走のホームインで泥だらけに。

6回、無死1塁で今成がセーフティバント。焦った小林が2塁悪送球でオールセーフ。続く良太が四球を選んで無死満塁のチャンス。ここで梅野が初球打ち、ピッチャーのグラブを弾いたことで何とかホームアウト1つのみ。それでもメッセが高めに浮いたスライダーを左中間への2点タイムリー!4-1となった所で杉内(中5日でガス欠?)をKOしますが、代わった田原誠から上本が初球ゲッツー。流れを切りました。

6回、息の上がったメッセから3連打。高橋由のタイムリーで1点を返されると、村田にはフルカウントから惜しくも四球で無死満塁の大ピンチ。ここから井端、代打・セペダ、代打・ロペスを三者連続三振!裏をかいた梅野のリードも光りました。もう1回あるかな?とも思いましたが、110球で降板。

7回、安藤がマウンドへ。土曜日のカープ戦でKOされましたが、今日は1番からの打順でも三者凡退でリベンジ。8回は福原-鶴岡のバッテリーにスイッチ。ストレート押しで2アウトを取った後、村田が真ん中ストレートを左中間スタンドへ放り込まれ1点差。それでも9回、呉昇桓が力のこもった投球で三者連続三振!今日の最速は153キロ。球団の外国人セーブ記録を更新する28セーブ。明日勝てば首位です!

「ラッキーです。ランナーも還って良かったです。なんとか優勝したいです。」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
俊介 新井良 メッセンジャー[勝] 安藤[H](2) 呉昇桓[S](4)
今成  
マートン 福留 関本
鳥谷 福原[H](3)
上本 梅野 田上 鶴岡
ゴメス 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「31」。【G●】⇔0.5差⇔【T○】⇔3差⇔【C●】⇔2差⇔【D●】

12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 渡辺亮投手(加藤の降格で緊急昇格。ただ勝負所で使えるか。)
OUT 加藤康介投手(ぎっくり腰で当面は投げれず。左の中継ぎが手薄に。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月10日 (日)

岩貞、プロ初先発はホロ苦4回4失点。追撃及ばず。

20140810 阪神●3-7○広島(京セラドーム) 勝利打点:キラ

朝日放送で1回ウラから6回表まで中継。今日の先発は岩貞(初登板)、広島・福井。台風11号の通過を待って1時間遅れての試合開始。マートンに加え新井も練習回避でベンチスタート。レフトにが入りました。緊張のプロ初登板になった岩貞。いきなり堂林にヒットを許すも、菊池の送りバントで1アウト取れました。ただ制球がバラバラで2アウト1,2塁からキラにセンターフェンス直撃の2点2塁打で先制されると、梵にもタイムリーで3失点。

2回は無死2,3塁のピンチでKO寸前でしたが、粘りました。鶴岡のリードに首を振って得意のスライダーを投げ込む姿も。しかし4回、梵に右中間オーバーの3塁打を許し、上本の3塁返球がそれてカメラマン席に入ってしまい4点めのホームイン。最初はどうなることかと思いましたが、プロ初登板は4回4失点、76球。

5回、先頭の代打・良太が3試合連続の代打ヒット。上本も連打で続いて、1アウト後、鳥谷がストレートの四球を選んで満塁。福井も100球を超えてきました。ここでゴメスがショートゴロ併殺崩れの間に1点を取ると、福留も四球で再び満塁。ここで坂に代打・新井で勝負に出ると、三遊間を破る2点タイムリー!(ゴメスも2塁から好走塁)ただ隼太が三振で追いつけず。4回からマートンも代打スタンバイだけに起用所を逃した形に。

1点差の6回からは金田。梵の三塁線へのゴロを今成がうまくさばいてアウトにする好プレイ。7回、無死1塁からバントの構えをする堂林に四球。続く菊池のバントは3塁でアウトにした所で、加藤にスイッチ。丸、エルドレッドを抑えて無失点。

8回、続投の加藤が先頭・キラにヒット。送りバントの後、代走・赤松が三盗成功。この後、田中、会澤に連続タイムリー2塁打を許してしまうと、1アウト1,3塁で筒井にスイッチ(ゴメスも下げました)。堂林の犠牲フライで7点めを許して勝負アリ。そのウラ、セリーグ相手では25試合で自責点0の一岡から、無死1,2塁のチャンスでしたが得点できず。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  新井
福留  
  関本
上本 今成  新井良 建山(2) 金田(3)
ゴメス 伊藤隼 清水 田上 筒井(5)
鳥谷 鶴岡 岩貞[負] マートン 加藤(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「32」。【G○】⇔1.5差⇔【T●】⇔2差⇔【C○】⇔2差⇔【D●】

10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩貞祐太投手(注目のドラ1がプロ初先発。思い切っていきたい。)
OUT 柴田講平外野手(守備で1試合出たのみ。機会に恵まれなかった。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月 9日 (土)

生観戦。能見、開幕バッテリーで復活!ついに0.5差!

20140809 阪神○5-4●広島(京セラドーム
勝利打点:伊藤隼①

よみうりTVで4回表から8回表途中まで中継。台風11号が接近し警報が出る中、今季5度めの生観戦試合でした。先発は能見(中8日)、広島・大瀬良。マートンが下半身の張りを訴えて欠場。レフトには今成、5番は新井が入りました。2回、1アウト1,3塁から隼太のレフト犠牲フライでタイガース先制!この間に福留も2塁へタッチアップ成功する好走塁を見せてくれました。

点をもらった能見。今日は5月31日以来に清水とのバッテリーを組みました。3回、無死1,2塁のピンチで大瀬良の送りバントをゴメスが猛チャージで3塁ホースアウト。4回も2アウトから1,2塁のピンチを脱出。今日は緩いチェンジアップを多めに使っていた印象。そのウラ、ゴメスのライトフェンス直撃の2塁打で無死2,3塁とすると、新井の犠牲フライで2点め。この後、2アウト1,3塁で清水(.043)がライト前タイムリー!能見にもタイムリーが飛び出し、2アウトからの2点は大きかった。

4回4失点で大瀬良をKOし、5回は代わった小野から先頭・今成が1塁線を破る2塁打。1500試合出場の鳥谷が進塁打の形で1アウト3塁とすると、ゴメスが強い当たりで二遊間を破るタイムリー!7回、前の回でトンネルした新井が今度は1塁悪送球(記録はヒット)。2アウト後、会澤に左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打で1失点。

8回、カープが代打・小窪をコールしたのを見て、安藤にスイッチしますが…ファウルで8球粘られてのヒット。菊池にも連打を許すと、丸が右中間オーバーの2点3塁打で5-3。カープの応援がすさまじく、嫌な流れに。ワンテンポ遅れた形で登場した左の加藤がキラをワンポイント。さらに福原にスイッチし、梵が10球粘って内野ゴロの間に1点差。

9回は呉昇桓-鶴岡のバッテリー。先頭・堂林を初球で打ち取ると、2アウトから中東にヒットを許しますが、最後は小窪を三振に抑えてゲームセット!能見が5月24日以来、久々の6勝(10敗)。

「開幕で10失点したのが清水のせいになっていたので申し訳ない。」by 能見
「能見さんとバッテリーを組むことになって、必ず勝ちたいと思って。」by 清水
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 清水 能見[勝] 加藤[H](3) 福原[H](4) 呉昇桓[S](5)
鳥谷 新井 新井良
  鶴岡
福留  
今成 伊藤隼  俊介 柴田 田上
上本 安藤(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「32」。【G●】⇔0.5差⇔【T○】⇔3差⇔【C●】⇔1差⇔【D○】 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月 8日 (金)

藤浪、マエケンに3戦3勝!呉昇桓またぎで先手。

20140808 阪神○7-5●広島(京セラドーム) 勝利打点:福留⑤

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、広島・前田健。1ゲーム差で迎えた2位・3位対決。鶴岡が7試合ぶりのスタメン。初回、エンドランが決まって無死1,3塁から丸の犠牲フライでカープ先制。さらに3回、マエケン自らのヒットから連打、送りバントで1アウト2,3塁のピンチ。丸の強いゴロが跳ねて前進守備の上本のグラブを弾き2点。

3回、2アウト1,2塁からゴメスの強い打球。バウンドが跳ねてショート田中の顔面に強打して流血、そしてボールがレフトに転がる間に鳥谷も1塁から一気にホームインで1点差!続くマートンもショートの右を抜けるタイムリーで同点!スライダーがバラついて本調子ではないものの、マエケンから3点取りました。

6回、福留がスライダーをライトスタンド中段へ放り込む一発で勝ち越し!続く隼太(プロ初の猛打賞)、鶴岡の連打でチャンスを作りますが、最後は上本がアウトローいっぱいのスライダーに見逃し三振。1点差の7回、無死1塁で打席に立ったマエケンがバスターに切り替えますが、痛恨のピーゴロ併殺。このプレーは藤浪には大きかった。

そのウラ、マエケンキラーの先頭・今成が四球で出塁。鳥谷もヒットで続き、無死1,2塁でゴメスが多投する外のスライダーに食らいついてレフト前。ここでエルドレッドが後逸する間に2点追加!6-3となった所でマエケンKO。代わった中田から無死1,3塁とし、福留の内野ゴロの間に1点追加。

8回は福原。2アウト2塁からキラにバックスクリーン右に放り込まれる2ランを許すと、続く梵に粘られて惜しいファウルチップの後で四球。代打・堂林のランエンドヒットで1,3塁となった所で和田監督がここで呉昇桓を投入。会澤との対戦でしたが、ボテボテのセカンドゴロで間一髪アウト!9回も3人で抑えて見事セーブ。最後は鳥谷の鮮やかなプレーで締めました。

「いい意味でごまかして投げれました。必死のパッチで頑張ります!」by 藤浪
「福原さんから『ごめん』と謝られたけど、自分はなにも気にしていない。」by 呉昇桓
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 福留 伊藤隼 呉昇桓[S](3)
鳥谷 藤浪[勝]  
今成 マートン  
   
上本 鶴岡 俊介  田上
  福原(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「34」。【G○】⇔1.5差⇔【T○】⇔2差⇔【C●】⇔2差⇔【D●】

8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 筒井和也投手(2ヶ月ぶりの昇格。ビハインドの場面では欠かせない。)
IN 加藤康介投手(1ヶ月ぶりの昇格。勝負所でのキレがポイントになる。)
IN 柴田講平外野手(この2試合が勝負。少ないチャンスを生かしたい。)
OUT 榎田大樹投手(左肩の張りを訴えて抹消。今年も故障に泣く。)
OUT 歳内宏明投手(先発で突如崩れた。もう1度先発チャンスなるか。)
OUT 高宮和也投手(好調ツバメ打線では太刀打ちできず。)

7月の月間MVPが発表され、岩田稔投手がセリーグ投手部門で選出。プロ9年目で初めての受賞。7月は4勝1敗、防御率1.25と先発で抜群の安定感を見せてくれました。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

歳内、4回持たずKO。好調ツバメ打線にカード31失点。

20140807 ヤクルト○13-4●阪神(神宮) 勝利打点:森岡

サンテレビで完全中継。今日の先発は歳内(中6日)、ヤクルト・村中。昨日ブレーキの福留はベンチ。左相手ですが1ヶ月ぶりのライト今成隼太も起用。初回、2アウト1,2塁からマートンの左中間へのタイムリーでタイガース先制!4回、先頭・マートンの2塁打、新井の死球で無死1,2塁から隼太が送りバントを決めますが、後続が凡退して追加点ならず。

3回に2アウト2,3塁のピンチをしのいだ歳内ですが、4回につかまり。バレンティンへの死球で無死1,2塁のピンチを背負うと、1アウト後、畠山にフルカウントからレフト前タイムリーを許して同点。続く森岡にライトスタンドへ放り込まれて3ランで1-4。2アウト後、ピッチャーの村中、山田に連打を許した所で歳内KO。代わった榎田が満塁から川端に走者一掃の3点2塁打で一挙7点。

5回、2アウトから森岡のショートゴロを鳥谷がファンブル。ここから中村のヒットとピッチャー村中への四球で満塁となった所で、榎田がマウンド上で肩の異変を訴えて緊急降板。代わった金田が暴投で1点を失いました。6回、先頭・マートンが猛打賞となるヒット。2アウト後、梅野が2塁打で出塁すると、代打・良太がセンター前への2点タイムリーで反撃3-8。この後、上本がレフトフェンス際まで飛ばしますが失速。

6回からは高宮。1アウトから上本のエラーでランナーを出すと、バレンティンのヒットで今日も2ケタ安打を継続。1,3塁から雄平にライトスタンドへの3ランを被弾。7回も2アウトから山田に節目の20号ソロを許すと、連打で川端にタイムリーを許してしまい、計5失点で3-13。

9回、1アウトから今成が猛打賞となるヒットと連続四球で満塁のチャンスを作り、マートンの犠牲フライで1点を返すのがやっと。この3連戦、31失点と好調ツバメ打線にやられてしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 新井良
今成  
鳥谷  
伊藤隼  建山(5)
  田上 清水 金田(3)
上本 ゴメス 新井 梅野 歳内[負] 榎田(2) 高宮(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「35」。【G●】⇔1.5差⇔【T●】⇔1差⇔【C○】⇔2差⇔【D●】

7日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 金田和之投手(手の負傷から復帰。競った場面では欠かせない存在。)
OUT 二神一人投手(抜擢の先発、リリーフでも結果が出せず再調整へ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

岩田、好調ツバメ打線に7失点。グラブ投げつけた。

20140806 ヤクルト○7-6●阪神(神宮) 勝利打点:山田

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中7日)、ヤクルト・石山。2回、先頭・雄平にフェンス直撃の2塁打を許すと、続く畠山にタイムリーを許してスワローズ先制。さらに2アウト後、山田のサードゴロを今成の打球処理が遅れて内野安打で満塁になると谷内に押し出しの死球で2点め。3回にもバレンティンに135mの特大アーチで早くも3点差。3回までで被安打7と苦しみました。

4回、1アウトから今成がチーム初ヒット。ここから満塁のチャンスを作り、マートンがフルカウントからセンター犠牲フライで1点。さらに5回、先頭・隼太が右中間への2塁打。続く梅野が高いバウンドでサードの頭を越えていき、無死1,3塁のチャンス。1アウト後、上本のライト犠牲フライで1点差とすると、続く今成が詰まりながらセンター前タイムリーで同点!

6回、2番手・松岡から無死1,2塁のチャンスを作りますが、福留が痛恨のセカンドゴロ併殺。そのウラ、1アウト1塁から山田のライトオーバーのタイムリー2塁打で勝ち越されると、1,2塁から川端にレフト線、マートンの頭を破られる2点2塁打で3-6となった所で岩田KO。防御率トップから一気に脱落。ベンチでグラブも投げつけていました。代わった建山も左の雄平にタイムリーで7点め。

4点ビハインドの9回、先頭・隼太がヒット。梅野の代打・新井が9球粘って四球を選んで1,2塁とした所で、スワローズがバーネットにスイッチ。代打・関本は三振に倒れますが、この後、上本がフルカウントから四球を選んで1アウト満塁とすると、今成が痛烈に三塁線を破る2点2塁打!続く鳥谷のショートゴロの間に1点差まで詰め寄りますが、最後はゴメスが空振り三振に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
今成  
マートン 伊藤隼 新井
   
上本 ゴメス 建山(2) 高宮(3)
鳥谷 梅野 新井良 田上
福留 岩田[負] 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「35」。【G●】⇔1.5差⇔【T●】⇔2差⇔【C●】⇔1差⇔【D○】

6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高宮和也投手(2ヶ月半ぶりの昇格。左のリリーフで結果を出したい。)
OUT 小嶋達也投手(昨日の失点劇で一発アウト。このままでは厳しい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月 5日 (火)

神宮花火大会。虎4発!20点!でも楽勝ならず。

20140805 ヤクルト●11-20○阪神(神宮) 勝利打点:新井③

テレビ大阪で3回表から9回表途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中8日※2度スライド)、ヤクルト・八木。夏の長期ロードがスタート。先週の対八木と同様、新井兄弟をスタメン抜擢。初回、2アウトから鳥谷のセンターライナーを比屋根が落球。この後、1,2塁となった所で左足を痛めた八木が緊急降板。代わった山中から新井が右中間へ満塁ホームランで先制!

1点返された後の3回、先頭・鳥谷が特大の一発を放つと、1アウトからマートンにも一発。さらに2アウト1塁から梅野がレフト線への人工芝ヒット。跳ねる打球にバレンティンがもたつく間に良太が一気にホームイン!メッセもタイムリーで8-1とリード。ただそのウラ、不運な当たりもあって2失点。

4回、3番手・阿部が登板。連続四球で無死1,2塁からマートンの右中間を破る2塁打で1点。続く新井が10球粘ってのタイムリーで10点め。さらに1アウト満塁からメッセが走者一掃の3点2塁打で13-3。早くもライト良太に守備固めで隼太。しかし再びそのウラ、山田に2ランを浴び連続失点。5回もゴメスの特大2ランでダメを押しますが、そのウラ、2アウト2,3塁から3連打で3失点で15-8。フラフラしたメッセが投げ切り。カーブがほぼなく配球に苦しんだ。梅野もバレンティンの振ったバットが頭に当たるアクシデント。

6回、榎田-鶴岡のバッテリーに交代。バレンティンが内角の判定にほぼ退場寸前で直後に死球。ただテンポの良い投球で悪い流れを断ち切れたのは采配がはまった。そして7回、久古から無死満塁のチャンスを作り、隼太が右中間もう少しで破りそうな当たりを追いつかれて犠牲フライ。続く代打・関本は痛恨のピーゴロ併殺。そのウラ、建山が登板3戦めで初の無失点。

8点リードの8回、二神で逃げ切りを図ったが見事に失敗。1アウトから山田に今日2本めの一発を許し、左の小嶋にスイッチ。ただ2アウトからの4連打でさらに2点を失い16-11。たまらずスイッチした安藤が代打・田中浩をフォークで空振り三振!嫌なムードを断ち切りました。(呉昇桓もブルペンで練習を始めてました)

9回、1アウト1,2塁から代打・今成がタイムリー2塁打。続く隼太も犠牲フライで1点を追加すると、次の関本もタイムリー。さらに岡の打球処理をレフトがもたつく間に関本が一気にホームインして20点め(2010年8月以来)。最終回は福原が3人締め。

「(代打でも4番でも)監督から行け、と言われたところでやるだけです。」by 新井
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
新井 鳥谷 ゴメス マートン 伊藤隼 今成 榎田(2) 安藤(6)
新井良 鶴岡 建山(3) 福原(7)
   
上本 関本
メッセンジャー[勝]  
梅野 俊介 二神(4) 小嶋(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「36」。【G●】⇔1.5差⇔【T○】⇔2差⇔【C●】⇔2差⇔【D○】 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年8月 3日 (日)

プロ野球スピリッツ5査定(マウロ・ゴメス)

マウロ・ゴメス 背番号:5 背名前:GOMEZ
所属:阪神タイガース 一塁手 右投げ 右打ち
ミート右:C(15) ミート左:D(13) 弾道:6
パワー:B(157) 走力:F(10) スローイング:E(11) 捕球:F(10)
肩力:D(13) 疲労回復力:C(16)
【守備レベル】一F(9)
【起用法】スタメン 4番 ファースト
【プロスピ顔コード】QH7 2F6 RW2 I5B Y54 LZR もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(梅野隆太郎)

梅野 隆太郎 背番号:44 背名前:UMENO
所属:阪神タイガース 捕手 右投げ 右打ち
ミート右:F(9) ミート左:F(9) 弾道:5
パワー:D(115) 走力:E(11) スローイング:D(13) 捕球:E(11)
肩力:C(16) 疲労回復力:E(12)
【守備レベル】捕E(11,リードLv.1)
【起用法】8番 キャッチャー
【プロスピ顔コード】293 AFM 6MR WC4 VIH IST もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

福留、今季2度目のサヨナラ打!甲子園90周年に花。

20140801 阪神○5x-4●DeNA(甲子園) 勝利打点:福留④

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、DeNA・井納。甲子園90周年を迎えたメモリアルゲーム。2回、無死1塁からバルディリスに2ランを許しベイスターズ先制。さらにヒットの後、バント処理で空タッチになったゴメスの1塁悪送球もあり、無死1,3塁のピンチでしたが三者連続三振で切り抜け。ここから7者連続三振の球団タイ記録(5人目)も。

3回、1アウトから上本のセンターライナーに飛び込んだ荒波が後逸し、3塁打に。続く今成のタイムリーで1点を返すと、2アウト2塁からゴメスのライト前タイムリー。鋭い打球も回転がかかっていたのか梶谷が後逸して3塁へ。4回、福留隼太の連打で無死2,3塁のチャンス。1アウト後、藤浪自らの2点タイムリーで4-2と勝ち越し。

6回、100球間近の藤浪がヒット3本で1アウト満塁のピンチ。代打・金城の内野ゴロの間に1点。続く代打・後藤武を抑えて切り抜けますが・・・7回も続投させて1アウト2塁からブランコのタイムリーで4-4の同点。この後、満塁の大ピンチでしたが勝ち越しを許さず133球の熱投。不運な当たりもありましたが、相手のまずい走塁にも助けられました。

7回、先頭・上本のライトへの当たりを梶谷が目測を誤って3塁打。ただ勝ち越せなかった。8回も先頭・マートンがヒットで続く福留が送りバントを決めますが、代打・新井梅野が凡退して無得点。同点の9回、呉昇桓がマウンドへ。2アウトから満塁の大ピンチ(フルカウントからのヒットで2塁ランナーを止める福留の猛チャージも)を背負い、黒羽根にカウント3-1まで行きましたが空振り三振で大脱出!

10回、左の大原が登板。先頭・鳥谷がセンター前ヒット。暴投もあって得点圏に進むと、ゴメスが進塁打の形で1アウト3塁へ。途中出場の田上に代打・関本は敬遠されますが、続く福留が追い込まれてから外角スライダーをセンター前へ弾き返すサヨナラタイムリー!

「冷たい水かけられたんで寒いっす。目の前で敬遠されたんで打ってやろう。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 福原[H](2) 榎田[勝](4)
上本 鳥谷 伊藤隼  
マートン 藤浪  
今成 関本 呉昇桓[H](3)
ゴメス 田上 新井 俊介 鶴岡 新井良
梅野  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
虎のCSクリンチは「38」。【G△】⇔2.5差⇔【T○】⇔1差⇔【C△】⇔2差⇔【D●】

1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小嶋達也投手(2度めの昇格。左のリリーフで結果を出したい。)
OUT 山本翔也投手(プロ初登板を果たし、まずは左を抑えること。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »