« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

能見、6連敗で10敗到達。今日も左投手が打てない。

20140731 阪神●1-8○ヤクルト(甲子園
勝利打点:バレンティン

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は能見(中7日)、ヤクルト・村中。今季3度目のライト良太を敢行。初回、2アウト1塁からバレンティンに高めに浮いた変化球をバックスクリーンに持っていかれてスワローズ先制。3回もヒット3本で1アウト満塁の大ピンチでしたが、畠山をセカンドゴロ併殺に抑えて切り抜け。3回までで7安打と能見がKO寸前と苦しみました。

3回、先頭・良太がサード前へボテボテの内野安打。これがチーム初ヒットで、この後2アウト2塁のチャンスでしたが上本が変化球をカットできず着払いのような空振り三振。村中に6回まで2安打と完璧に抑えられました。逆に7回、中盤持ち直した能見が2アウトから村中にヒットを許すと、1,3塁で今日大当たりの谷内(これで4打数3安打)がセンター前タイムリーで痛い3点め。

最大のチャンスは7回、先頭・鳥谷のショートゴロを谷内がファンブルと悪送球で出塁すると、続くゴメスがフォークを連続してファウルで粘って7球めを左中間へのヒット。2塁までは行けず無死1,3塁のチャンスで盛り上がりましたが、マートンが良い当たりの初球セカンドゴロ併殺の間に1点を入れるのがやっと。

8回は建山が今季2試合めのマウンド。先頭・バレンティンにヒットを許し、代走・比屋根が盗塁、タッチアップで1アウト3塁まで進んで畠山に犠牲フライで1失点。梅野が盗塁を刺して3アウトを取りましたが、このままでは競った場面で使えない。

9回は昨日プロ初勝利の歳内。山田にヒットを許しリベンジされると、1アウト1,2塁で谷内がセンターオーバーの2点2塁打。前進守備の俊介が懸命に戻って飛び込みましたが、わずかに及ばず。ここで山本にスイッチしても、同じく左の川端、雄平にタイムリーを許してしまい結果を残せず。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
ゴメス  
能見[負]  
上本 俊介 新井良 新井 伊藤隼
鳥谷 マートン 今成 梅野 建山(2) 歳内(3) 山本(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

歳内、無死満塁で三人斬り!逆転でプロ初勝利!

20140730 阪神○5-4●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑩

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は二神(中2日)、ヤクルト・石山。発熱のゴメス、左手負傷の梅野がスタメン復帰。初回、先頭・山田に四球を出すと、続く森岡にセンターオーバーのタイムリー2塁打(隼太が横を抜かれました)でスワローズ先制。さらに川端にもタイムリーでアウトを取れず今季初先発の二神が炎上寸前でしたが、雄平のゲッツーで助かりました。そのウラ、1アウト1,2塁からゴメスが三塁線を破るタイムリー2塁打で1点反撃。

4回、連打と四球で無死満塁の大ピンチを背負い、相川のタイムリーで1-3となった所で和田監督が歳内にスイッチ。3人で抑えて三者残塁。打率の高い山田、森岡を得意のフォークで抑えてくれました。最速は147キロ。

そのウラ、1アウト1,2塁のチャンスで代打・良太のサードゴロ併殺コースでしたが、山田の1塁悪送球の間に1点。さらに上本が四球でつなぎ、2アウト1,2塁から今成がレフトフェンス金網直撃のタイムリー2塁打で同点!続く鳥谷の技アリのセンター前2点タイムリーで5-3と逆転!ここで石山をKO。

5回からは榎田。テンポよく投げ込んでましたが、6回2アウトから連打で1,2塁とした所で安藤にスイッチ。ただ山田にカウント2-0からレフト前タイムリーを許してしまい、1点差。8回、福原が武内にレフトポール際への大ファール。2アウトから相川にフェンス直撃の2塁打の後、山田の強いサードゴロを今成が半身で捕りピンチ脱出!

1点リードの9回は呉昇桓。キャッチャーは鶴岡に代わりました。1アウトから森岡にヒットを許しましたが、最後はバレンティンに外角へのカットで空振り三振!球児に並ぶ月間10セーブで連敗ストップ。

「(プロ初勝利)終わってから言われて驚きました。(誰に渡すか)考えます。」by 歳内
「腕も振れていましたし、何とかしてくれると思っていました。」by 鳥谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 歳内[勝](2) 福原[H](5) 呉昇桓[S](6)
今成 榎田[H](3) 安藤[H](4)
上本 伊藤隼  
ゴメス 鶴岡 新井良
マートン 梅野 田上
福留 二神 俊介
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

岩田、8回2失点も無援護。下り始めた3連敗で正念場。

20140729 阪神●0-4○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:畠山

テレビ大阪で4回ウラから中継。今日の先発は岩田(中7日)、ヤクルト・八木。「ウル虎の夏」限定のユニフォーム6連戦がスタート。今季90試合めで暑さから疲れの見えるゴメスが初めて欠場し、4番に八木キラーの新井!ファーストには良太が入りました。梅野も2試合欠場。2回、先頭・バレンティンにストレート四球を出すと、暴投も重なって無死1,3塁から今日1軍復帰した畠山のタイムリーでスワローズ先制。1アウト後、相川の犠牲フライで2点め。

5回、先頭・マートンのピッチャー強襲ヒット。続く良太がフルカウントから四球を選んで無死1,2塁のチャンス。1アウト後、鶴岡が三塁線を破りそうな当たりでしたが…川端がダイブ。何とかゲッツー崩れとなり、続く岩田も1,2塁間破りそうな当たりでしたが横っ飛びで山田に追いつかれてしまい、間一髪アウト。

6回は2つめの暴投で1アウト3塁のピンチをしのぎ、味方の援護なく、8回まで2失点で投げぬいた岩田。規定投球回に到達し、防御率1.97でリーグトップに躍り出ました。そのウラ、8番から代打攻勢。左の八木に左の今成を当てましたが、外角スライダーに空振り三振。続く代打・関本も凡退してしまい、ここまで3安打と完封ペース。今日はストレートに力がありました。

9回は途中入団の建山が初登板。キャッチャーは清水が入りました。1アウトから連打で1,2塁とされた後、雄平が真ん中に入ってきたスライダーを右中間オーバー。走者一掃の2点3塁打で勝負アリ。実戦から遠ざかっていることもあり、勝負所でボールが甘く入ってきました。

そのウラ、先頭・俊介がヒットを放ったところで八木が左手の中指を伸ばすしぐさを見せて、このまま降板。代わったバーネットから鳥谷が際どいハーフスイングを取られて三振。2アウト後、マートンが猛打賞となるヒットでつなぎますが、最後は良太が空振り三振。今日のオーダーでは新井兄弟が機能しなくては厳しい。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
マートン 岩田[負]  
   
   
俊介 鳥谷 関本 清水
上本 新井 新井良 福留 鶴岡 今成 建山(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 建山義紀投手(調整を経て初昇格。後半戦の切り札の1人。)
IN 清水誉捕手(いまや第4の捕手。リードと打撃で再アピールしたい。)
OUT 藤井彰人捕手(右ひじ痛で離脱。大事な所で必要な男前。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

メッセ、マツダでまたも炎上。ミス続出で7月初の連敗。

20140727 広島○6-1●阪神(マツダ) 勝利打点:菊池

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中4日)、広島・福井。鶴岡が10試合ぶりの先発マスク。初回、先頭・上本が三塁線を破る2塁打で出塁すると、今成は三塁線セーフティ気味の送りバント成功。1アウト3塁から鳥谷が右中間オーバーのタイムリー3塁打でタイガース先制!この後、1,3塁でマートンがゲッツーに倒れてしまい追加点を取れず。

2回、キラから左が3人続く所で3連打で無死満塁のピンチ。続く会澤にフルカウントから押し出しの死球で同点とされると、2アウトから菊池のライト前タイムリーで2点。福留の返球を鶴岡が後ろにそらしてしまい、メッセもカバーに行っておらず…さらにもう1点追加。一気に1-4とゲームをひっくり返されました。

4回、1アウト1,2塁のチャンスで鶴岡がカウント2-0からサードゴロ併殺。仮に四球で1アウト満塁ならメッセに代打もあり得たが、交代機を逃しました。5回も1アウト1,3塁のチャンスを逃すと、そのウラ、丸に左中間へのタイムリー2塁打。無死1,2塁となった所でメッセKO。代わった山本がプロ初登板を果たし、キラをスライダーで三振。続く田中にヒットで満塁となり、歳内にスイッチしてピンチ脱出。

6回、2アウトから菊池がヒット。続く丸のボテボテのピッチャーゴロでしたが、歳内が1塁へ悪送球。スタートも切っていた菊池が一気にホームに返ってしまい、これが決定的な6点めに。結局、タイガースから見て好相性の福井相手に3年ぶりの完投勝利を許す始末。初戦、マエケンの日に勝てただけにもったいないカード負け越し。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
今成  
鳥谷 新井
上本 山本(2) 二神(4)
   
マートン 福留 伊藤隼 歳内(3)
ゴメス 鶴岡 メッセンジャー[負] 新井良 田上
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 歳内宏明投手(今季3度目の昇格は右のロングリリーフから。)
OUT 岩崎優投手(2回KOで決断。間隔を空けて球威を戻したい。)
OUT 金田和之投手(昨日3イニングで疲れた。次回は先発の可能性も。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月26日 (土)

上本、連夜の同点弾も…2ランスクイズが決勝点に。

20140726 広島○7-5●阪神(マツダ) 勝利打点:菊池

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(再昇格)、広島・大瀬良。大和の離脱で2番に今成が入り、センターには隼太がスタメン。初回、先頭・上本が10球粘ってヒット。1アウト後、盗塁を決めた後で鳥谷がレフト前へ。果敢に3塁を蹴って間一髪のホームインで先制!続くゴメスマートンの連続タイムリー2塁打で3点先行。

初回、1アウト1,3塁からエルドレッドにタイムリーを許して1点を返されると、2回も8番会澤に四球を出した後、2アウト2塁から堂林にタイムリーで1点差。思うように内角をつけず、和田監督が早めの決断。3回からは金田がマウンドに上がりますが、3連打で同点。1アウト後、梵のピッチャーゴロ併殺コースでしたが…2塁へ悪送球してしまい、ついに逆転。2アウトを取ってから満塁策で大瀬良を見逃し三振。

4回のマウンドに上がった大瀬良ですが、全身がつったようでベンチに下がり再び投球練習をしますが、足に力が入らず野村監督は交代を告げました。前の回に打席に立たせた分、ここはもったいなかった。代わった中崎から2アウト3塁のチャンスは無得点。3回こそバタついた金田ですが、5回まで3イニングを投げてゲームを作り直し。72球投げてしまい明日は無理。

6回(隼太のバント失敗)、7回(ヒットの今成が2塁を狙うもアウト)のチャンスを潰し、イニングまたぎで三者連続三振に抑えていた榎田ですが、エルドレッドに被弾。3-5と先に点を取られて嫌なムードに。それでも8回、2アウトで中田から代打・新井がヒットの後、続く上本が内角ストレートを弾き返し、レフト最前列へ二夜連続の同点アーチ!

そのウラ、福原が準備不足からかヒットと四球で無死1,2塁のピンチ。バント成功後、菊池がウエストの後にカウント1-1からセーフティスクイズ敢行!1点は仕方ないが、1塁送球がセーフの間に2塁ランナーまでホームインする2ランスクイズを鮮やかに決められた。それでも9回、ミコライオ相手に1アウト満塁のチャンス。隼太を打席に立たせて良い当たりのサードライナー(3塁・鳥谷が間一髪で帰塁)。続く代打・関本も粘りますが不規則回転のセカンドゴロでゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 鳥谷 福留  
マートン 新井良 新井
ゴメス  
  金田(2)
今成 田上 関本 榎田(3)
梅野 伊藤隼 岩崎 福原[負](4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(ルーキーには夏場は正念場。先発に残りたい。)
IN 田上健一外野手(大和の離脱で再びチャンス。足のスペシャリストに。)
OUT 大和内野手(昨日の練習中に左腹斜筋の肉離れ。長引きそう。)
OUT 荒木郁也内野手(セカンドの補充よりも、チームは外野を優先。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

今成、V打の敵地で広島弁!マエケンの日に勝った!

20140725 広島●3-4○阪神(マツダ) 勝利打点:今成②

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(球宴から中5日)、広島・前田健。今季初対戦のマエケン相手に相性の良いを2番センターで初先発、今成も6番で起用。初回、が三振ゲッツーでチャンスを潰すと、そのウラ、先頭・天谷が内野安打。2アウト3塁でエルドレッドにストレートの四球を出すと、苦手のキラ、ルーキー・田中に連続タイムリーを許していきなり2点のビハインド。

4回、1アウトからゴメスが粘って四球。続くマートンが内野安打で1,2塁。ここで今成のセカンドゴロ併殺コースでしたが、菊池がファンブルして満塁のチャンス。続く福留がレフト前タイムリーで1点。6回、1アウト1塁で今成が痛烈なセカンドライナーに1塁・マートンが戻れずゲッツー。そのウラ、田中が3打数3安打となるホームランで痛い3点め。

7回、100球を超えてきたマエケン。1アウトから梅野に代打・隼太が初球ヒット。続く代打・良太がカウント3-0から打ってファウル。フライアウトで倒れた後、上本が粘って9球めのスライダーが真ん中に入ってきてレフトスタンド上段への同点2ラン!去年1年間で2点しか取れなかったマエケンから今日3得点!

同点の7回は榎田。いきなり代打・堂林にヒットを許しますが、左の丸を見逃し三振に抑えて2アウト2塁となった所で、エルドレッドを敬遠。続く左のキラを打ち取りました。8回、ワンポイントで左の河内から鳥谷がヒット。カープは中田にスイッチ。1アウト後、マートンがカウント3-0からヒットで1,2塁とすると、今成がレフト線へ落とすタイムリー2塁打で勝ち越し!

8回は福原が500試合登板(球団12人め)を三者凡退。9回、先頭・上本がヒット。7回から2番に入っていた鶴岡が送りバントを決めると、カープは鳥谷を敬遠。暴投で1アウト2,3塁のチャンスでゴメスが痛烈なレフトライナー。強烈なラインドライブがかかり、見誤った2塁・鳥谷が戻れず。そのウラ、呉昇桓が3人で抑えて1点差を守りゲームセット。左バッター外角へ逃げるフォークかツーシーム系が有効でした。

「ビハインドから追いついて、ぶちうれしいです。暑い中で必死にやります。」by 今成
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 今成 榎田[勝](2) 福原[H](3) 呉昇桓[S](4)
マートン 伊藤隼 鶴岡
福留  
鳥谷 ゴメス 藤浪  
  新井良 俊介 新井
 梅野 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

能見に託した一戦、9回に力尽きる。完投も5連敗。

20140723 阪神●2-3○巨人(甲子園) 勝利打点:なし

BS朝日で完全中継。朝日放送でも9回表途中まで中継。今日の先発は能見(再昇格)、巨人・小山。勝てば巨人を3タテ、首位に0.5ゲーム差と迫る大事な一戦。初回、2アウト1塁からゴメスが外角ストレートに詰まりながらレフトスタンドへ放り込む17号2ランでタイガース先制!入ると思わなかったのか、首をひねってました。

3回、先頭・ロペスにフォークが甘く入った所を被弾。続く井端にヒットを許してしまうと、2アウト2塁から2番に入っている橋本に右中間へのタイムリーを許して2-2の同点。そのウラ、鳥谷のエンドランが決まって2アウト1,3塁のチャンスでしたが、ゴメスは低めフォークに空振り三振。

4連敗中の能見。ルーキー梅野とのバッテリーは2度めでしたが、球速を少し上げて曲がりの小さいスライダーが目につきました。前回の巨人戦でフォークを振ってもらえず苦しみましたが、今日は早打ちにも助けられて7回まで80球、4奪三振と省エネで投球スタイルを変えてきました。7回、1アウト1塁で能見に打席が回りましたが、鮮やかに初球バント成功。ただ上本(前の打席に自打球、死球の2球連続)で勝ち越せず。

同点の7回からジャイアンツは香月が登板。8回、1アウト1塁でゴメスが行ったか?と思うようなスイングでしたが、内角高めのシュートにわずかに詰まってしまい、レフトフェンス際で失速。

9回、先頭・亀井にヒットを許して代走・鈴木尚が登場。1アウトから盗塁を仕掛けてきて、梅野のワンバウンド送球がタイミング的にはアウトでしたが、上本のタッチが甘くセーフの判定。この後、暴投で3塁まで進まれました。それでもフォークを多投する能見の球を懸命に梅野が止めていましたが…四球2つで2アウト満塁から代打・矢野の場面。初球フォークの反応が遅れて暴投の間にジャイアンツが勝ち越し。悔しい敗戦完投に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
鳥谷 能見[負]  
ゴメス  
上本  
大和 マートン 梅野 新井 新井良
福留 今成  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 能見篤史投手(巨人戦で再び昇格。白星から2か月遠ざかっている。)
OUT 西岡剛内野手(背中の張りを訴えて抹消。早期復帰からの再発か?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

福留、ドロー寸前あと1人でサヨナラ弾!あと1.5差!

20140722 阪神○3x-2●巨人(甲子園) 勝利打点:福留③

BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、巨人・杉内。西岡が背中の張りを訴えて25人のベンチ入りメンバーから外れました。初回、2アウトから亀井がレフトポール直撃の一発でジャイアンツ先制。逆にタイガースは2回にゴメスが粘って四球を選んだのが唯一のランナー。今日スタメン新井のゲッツーもあって、5回までノーヒット。15人で抑えられました。

6回、2アウトからメッセがレフトフェンス最上部に当てる…シングル。でも待望のチーム初ヒットが飛び出すと、上本がレフト線への2塁打にメッセも激走。2,3塁で大和に代打・良太を送ると、外角から入ってくるスライダーにおっつけてライト前へ2点タイムリーで逆転!鮮やかな3連打でひっくり返しました。

7回、1アウト1,3塁のピンチで井端をショートゴロ併殺に抑えたメッセ。今日は107球で降板。1点リードの8回は福原が3人で抑えて、9回は呉昇桓。2アウトを取った所で原監督がなんと村田に代打・高橋由を投入。カウント1-2と追い込んでから高めのストレートをライトスタンドへ持っていかれて同点。そのウラ、2アウトからゴメスが死球。フルカウントから代走・を出して勝負に出ますが、延長戦へ。

10回は安藤。今日は球に力がありました。井端、代打・ロペスを連続三振で2アウトを取った後、坂本に内野安打。この後、片岡にフェンス際まで飛ばされますが、途中出場の俊介がキャッチ。11回は榎田。無死1塁で長野の送りバントを榎田が2塁ホースアウト!さらに長野の盗塁を梅野が刺して救いました。

11回、続投の山口から先頭・上本がレフト線2塁打!ここで原監督が動いて、送りバントの俊介を敬遠。無死1,2塁で鳥谷が三振に倒れ、4番に入っていた坂に代打・藤井をコール。マシソンにスイッチされ痛恨のショートゴロ併殺。12回、1アウト1塁で金田にスイッチ。初球、バントの構えをした井端めがけたボールを逆に転倒しながらバントしてしまい、1-6-3のゲッツー完成!

そのウラ、今成がレフトフェンス際まで飛ばしますが、亀井が塀に座りながらのキャッチで2アウト。ドロー寸前で最後のバッター福留が狙っていた。152キロストレートを豪快に振りぬいてライトポールへ突き刺さる劇的サヨナラホームラン!!最多タイの貯金9。

「ライトスタンドのファンも絶対勝つぞという雰囲気をいただいた。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 メッセンジャー 新井良 福原[H](2) 安藤[H](4)
上本 榎田[H](5) 金田[勝](6)
   
梅野 俊介
ゴメス  鶴岡 荒木 呉昇桓(3)
大和 鳥谷 マートン 新井 関本 今成 藤井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 荒木郁也内野手(まずは代走要員から。西岡をカバーする臨時昇格か。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

岩田で後半戦開幕!G倒で首位に2.5ゲーム差!

20140721 阪神○3-0●巨人(甲子園) 勝利打点:梅野②

BS1で完全中継。今日の先発は岩田(中7日)、巨人・澤村。後半戦は3.5ゲーム差の2位で迎えた首位攻防戦からスタート。初回、先頭・坂本の三遊間いっぱいのショートゴロを鳥谷が間一髪アウトにするファインプレー!2回、無死1塁から福留が四球を選んで1,2塁とすると、今成はヒッティング。ライト前ヒットで無死満塁とすると、梅野が緩やかに三遊間を破る2点タイムリーで先制!2塁から一気に駆け抜けた福留の好走塁も光りました。

3回は下位打線ながら三者連続三振に抑えた岩田。ところが4回、2アウトから1,2塁のピンチ。ここで阿部をファーストゴロに抑えてピンチ脱出。最大のピンチは5回、先頭・ロペスにヒットを許して橋本との場面。粘られて10球めを二遊間へ強い当たり。鳥谷がベースを踏んで1塁送球がハーフバウンドとなり、ゲッツーならず。2アウト2塁から坂本のライト前ヒットでしたが、福留の猛チャージで三塁ストップ。続く片岡をライトライナーに抑えてピンチ脱出!

テンポの良いピッチングで無失点を続ける岩田。7回の打席でもジャイアンツは澤村を打席に立たせて続投。タイガース打線も4回以降は完全に抑えられて13人連続アウト。こう着状態の中で8回、先頭・坂本が再び三遊間への当たり。今度も鳥谷がファインプレーを見せて、三者凡退。岩田は8回103球で無失点ピッチング。

8回、打順は9番から。完封も見えた岩田ですがベンチは代打・西岡をコールすると、右中間オーバーの2塁打。続く上本がスリーバントを決めると、和田監督は今日3打席ノーヒットの大和をそのまま打席へ。すると初球、低めに引っかかってしまい暴投。この間に3点めのホームイン。

9回は呉昇桓。ヒット2本で1アウト1,2塁のピンチを背負いますが、ロペスを高いファーストフライで2アウト。ここで代打・高橋由が出てきますが、強いファーストゴロ。前にこぼしたゴメスが落ち着いて処理してゲームセット!呉昇桓は日韓300セーブを達成!

「テンポよくいけたことと、梅野のリードですね。(梅野に)もっと行くで!」by 岩田
「打ったコースがよかった。抜けてくれて“持ってるな”と思いました。」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩田[勝] 梅野  
鳥谷 福留 西岡 呉昇桓[S](2)
   
ゴメス マートン 今成  
上本  
大和  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

メッセ、中4日で8回13K!貯金7の2位で後半戦へ。

20140716 中日●0-2○阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:上本③

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中4日)、中日・吉見。新井が2試合連続のスタメン。初回、ヒットと連続四球で2アウト満塁のピンチでしたが、藤井がフルカウントからライトへのハーフライナー。福留がよく追いついて三者残塁。3回にも工藤のライトフェンス際への高いフライに、福留がジャンピングキャッチ!

4回、先頭・上本がチーム初ヒット。続く大和が送りバントを決めて1アウト2塁のチャンス。ここで鳥谷のセンターライナーに上本が飛び出してしまいゲッツー。既に3塁を回っていました。それでもメッセも2回以降は立ち直り、5回までで10奪三振。フォークも決まりだしました。両先発による投手戦に。

6回、先頭・新井のヒット、続く梅野の左中間オーバー2塁打で無死2,3塁のチャンス。1アウト後、上本の2球めでスクイズもファール。追い込まれてから、低めのフォークをしぶとくレフト前へ弾き返すタイムリーでタイガース先制!続く大和がショートゴロ併殺崩れのヘッスラで1塁セーフの間に2点め。7回、無死1塁で福留が意表をついて初球送りバント成功。この後、2アウト3塁から梅野を歩かせてメッセ勝負に出ますが、タイガースは続投を選択して無得点。

7回、中4日で100球を超えてきたメッセ。1アウトから藤井にヒットを許しますが、梅野が盗塁を刺して助けました。結局8回まで投げぬいて自己最多タイの13奪三振。2点リードの9回は呉昇桓。石直球とカットの組み立てで連続三振を奪い、最後は好調・和田をサードフライに抑えてゲームセット!6月末は借金2まで行きましたが、7月の快進撃で貯金7、3.5ゲーム差の2位でオールスター休み。

「梅野がいいリードで引っ張ってくれた。福留さんの守備にも助けられた。」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー[勝] 呉昇桓[S](2)
福留 梅野  
  今成
上本 新井  
大和 鳥谷 マートン  俊介
ゴメス  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

藤浪、プロ初完投勝利!新井兄弟も先発で結果!

20140715 中日●1-8○阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:鳥谷⑨

テレビ大阪で2回表から中継。今日の先発は藤浪(中5日)、中日・雄太。攻撃力アップを狙い新井兄弟をサード、ライトで起用してきました。初回、先頭・上本がヒットで出塁すると、初球スチール成功。無死1,2塁から鳥谷が右中間スタンドへの先制3ラン!球団5人めの10年連続の100安打を達成!

4回、1アウト1,2塁のチャンスでしたが、良太のサードハーフライナーに2塁ランナーが戻れずゲッツー。それでも6回、2アウトから1,2塁のチャンスを作ると、新井が外角のチェンジアップをやや泳ぎながら右中間へ落とすタイムリー!続く良太もフルカウントで粘って8球めを三遊間を破るタイムリーで5点め。

去年、ナゴヤドームで9回無失点も延長戦になり完封がつかなかったのですが、今日はプロ初完封も視野に入ってきた藤浪。6回、2アウト2塁のピンチで和田がセンターへ抜けそうな当たり。これを鳥谷がギリギリで追いつき、送球も決まってファインプレー!6回を投げ終えて86球。

7回、1アウトから上本が四球を選ぶと、今日2つめの盗塁成功。1,2塁で鳥谷がピッチャーゴロ併殺コースでしたが、伊藤が2塁へ悪送球の間に1点。2アウト後、マートンがカウント3-0から打っていきタイムリー。さらに新井も痛烈にレフト線へ弾き返すタイムリー2塁打(猛打賞)で8-0。そのウラ、1アウト1塁から高橋周の1塁線への当たりをゴメスが後逸してしまい、完封ならず。さらに守備固めに入った今成がファウルフライを落とすも、傷口は広がらず。

8回、1アウト1,2塁から和田のライトフライで6回の守備から入っていた俊介がアウトカウントを間違えて、返球しない間にランナーがそれぞれ進塁する珍プレイ。バックが藤浪の足を引っ張りましたが、9回まで投げぬいて143球のプロ初完投勝利!9回の前にベンチに戻ってきた福原がこの試合を任せた、と託したのが印象的でした。

「素直にうれしい。あと一人、あと一球コールは特別な思いはありました。」by 藤浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 鳥谷 新井 藤浪[勝]  
   
マートン  
大和 新井良  
ゴメス 梅野  伊藤隼
  今成 俊介
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩崎優投手(打球を受けた影響は大丈夫か?後半戦も先発で。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

今年もナゴドで誤審。判定が覆り、後味悪い敗戦。

20140714 中日○8-4●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:藤井

82試合めは地上波中継なし。今日の先発は岩崎(中8日)、中日・朝倉。初回、上本が得意の内角高めをレフトスタンドへ初の先頭打者アーチ。さらに大和がヒットの後で初球スチールを決めると、鳥谷のタイムリーで2点め。

2回、森野の打球が岩崎の右足に当たり、治療して再びマウンドに上がりましたが、松井佑に2塁打を許すと、1アウト2,3塁から藤井に逆転3ラン。2アウトから朝倉にヒットを許してしまい、この後の四球で1,2塁となった所で2回持たずKO。代わった金田が谷にレフト線へ2点2塁打を許して、2-5。3回以降、金田二神が無失点ピッチングでゲームを作り直し。

7回、先頭・マートンが四球。ここで左の岡田にスイッチしますが、福留も四球。今成に代打・西岡をコールした所で、ドラゴンズも右の又吉にスイッチ。ヒットで無死満塁のチャンスを作ると、梅野の犠牲フライで3-5。なお1アウト1,2塁で代打・関本(昨日の満塁男)で勝負に出ますが、アウトローに見逃し三振。続く上本も空振り三振に倒れて1点どまり。

7回からは榎田がマウンドに上がりますが、2イニングめの8回。ヒット2本で1アウト1,3塁のピンチ。ここで和田のライトへの痛烈な打球。一度は福留がダイレクトで捕球し、2塁から1塁へ送球されゲッツーの判定(東塁審)でチェンジになりますが、谷繁監督の抗議が通ってしまい…協議の結果、タイムリーヒットに。よく見るとハーフバウンド、福留本人は口を濁してますが2塁に投げた時点で地面に落ちてから捕ったのでしょう。

一旦はチェンジ。でも1アウト1,2塁でプレーが再開され、森野がセンターオーバーの2点2塁打でダメ押し。上本のバックホームもそれる間に打った森野は3塁へ。9回は5試合連続失点中の浅尾が調整登板。しかし、先頭・マートン福留のヒットで無死1,2塁のチャンス。2アウトから代打・新井のタイムリーで抑えの岩瀬を引きずり出すも、上本のライトフライでゲームセット。岩瀬は398セーブ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  新井
マートン 二神(3)
大和 福留  
  西岡 金田(2)
上本 鳥谷  
ゴメス 今成 梅野 岩崎[負] 伊藤隼 関本 榎田(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 山本翔也投手(プロ初昇格。左のリリーフでまず初登板を。)
IN 新井良太内野手(2軍では実戦でライトの練習も。どう使う?)
OUT 加藤康介投手(勝負所で不安定な内容が続き、リフレッシュ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

関本、神の一振り!勝負をかけた代打逆転満塁弾!

20140713 巨人●4-6○阪神(東京ドーム) 勝利打点:関本④

BS日テレで完全中継。今日の先発は岩田(中4日)、巨人・澤村。2回、1アウト3塁で福留が11球粘って四球を選びますが、続く今成がサードゴロ併殺。難しいバウンドを村田に捕られました。そのウラ、1アウトからロペスに一発を許し先制されると、アンダーソンは1塁線イレギュラーで破っていき3塁打。続く橋本のファーストゴロでバックホームを焦ったゴメスの悪送球の間に2点め。

4回、ゴメスの今日2本めのヒットで1アウト1,3塁とすると、マートンがライトファウルフライ。大和がタッチアップでホームインもタイミングはギリギリ。長野の強肩ぶりにヒヤリとしました。1点差に詰め寄ったそのウラ、2アウトを取ってからアンダーソンに内角低めのツーシームを右中間スタンド中段まで運ばれ、1-3。

7回、100球を超えてきた澤村相手に2アウト1塁から、岩田の代打・新井がライト前へポトリと落とすヒットで1,3塁。ここで上本がフルカウントから四球を選んで満塁とすると、大和に代打・関本を送って勝負に出たタイガース。カウント2-1から高めストレートを振りぬいて代打逆転満塁ホームラン!!2年前の開幕戦以来の一発が飛び出しました。代打満塁弾は07年8月の「代打の神様」桧山以来、代打逆転満塁弾は02年7月の「代打の神様」八木以来。

2点リードの7回、まず加藤が上がりますが・・・四球とヒットで無死1,2塁。代打・寺内が初球バント成功で1アウト2,3塁となった所で安藤にスイッチ。坂本に低めフォークを振らせてサードゴロの間に1点。ここから代打・亀井のヒット(福留のチャージで3塁ストップ)、長野にはインハイを突いた攻めも及ばず四球。2アウト満塁の大ピンチで村田をフォークで空振り三振!

9回、ジャイアンツは香月。7回の守備から入っている先頭・俊介が左中間オーバーの2塁打。上本が送りバントを決めて1アウト3塁で関本が超前進守備の中、がら空きの二遊間を転がすタイムリーで貴重な6点め。そのウラ、呉昇桓が3人で締めてゲームセット。ネクストに2番の打順で代打・高橋由が控えており、怖かった。再び2位浮上!

「(7回は)身震いというか、武者震いというか。必死のパッチで頑張ります!」by 関本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  関本 福原[H](4) 呉昇桓[S](5)
上本 岩田[勝] 新井 俊介 安藤[H](3)
福留  
ゴメス マートン 大和  
鳥谷 梅野  
今成 加藤[H](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 二神一人投手(再昇格。リリーフでまずは結果を残したい。)
OUT 能見篤史投手(ゲームは作れた。後半戦は再びローテの軸に。)
OUT 鶴直人投手(試合を壊す内容に首脳陣の期待を裏切った。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

能見、復帰戦は6回2失点。杉内に完敗で連勝ストップ。

20140712 巨人○5-0●阪神(東京ドーム) 勝利打点:長野

BS日テレで完全中継。今日の先発は能見(再昇格)、巨人・杉内。8連勝中は梅野がずっと被っていたが、鶴岡がマスク。9試合ぶりに西岡がサードで先発し、今成が6月12日以来のライト。初回、先頭・上本の三塁線へ痛烈な当たりを村田に止められました。そのウラ、坂本が初球をフェンス直撃の2塁打。1アウト3塁から長野に右中間オーバーのタイムリー2塁打でジャイアンツ先制。さらに阿部がカウント3-0から打ってサードフライ。

4回、先頭・上本が四球で出塁。続く大和がエンドランの形でショートゴロ。ランナーを得点圏に進めますが、得点できず。しかも16人連続アウトと完全に杉内に抑えられ、試合前に残り3としていた2000奪三振も6回に能見上本を連続三振に抑えて達成。

4回以降は次第に調子を上げてきた能見。今日はフォークを見極められており、苦しみながら打たせて取るピッチングに切り替え。逆に球数は少なく回を進めました。6回、1アウト1塁から村田がエンドラン。外角のボール球を軽打して1,3塁とすると、阿部に内角ストレートを痛打されタイムリー2塁打。ただこの後の1アウト満塁の大ピンチは抑えました。復帰戦は6回2失点とまずまず。

7回からは2日前の先発が流れた金田。2イニングめの8回、1アウト1塁となった所で榎田にスイッチしますが、阿部のランエンドヒットで1,3塁に。タイガースもにスイッチしますが、ロペスに代打・高橋由を投入されてしまい、暴投の間に3点め。2アウトから代打・亀井にライトポール直撃の2ランを浴びてとどめ。

今日は杉内に2安打完封され完敗。連勝も8で止まり、3位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
能見[負] 関本
今成 金田(2)
上本 大和 マートン 鶴岡 新井 伊藤隼
鳥谷 ゴメス 西岡 榎田(3) (4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 能見篤史投手(故障は癒えたのか。まずは先発でゲームを作りたい。)
OUT 渡辺亮投手(大量リードの横浜戦での失点で信頼を欠いた。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

西岡、東京ドーム生還。原の奇襲シフトを破り8連勝!

20140711 巨人●5-12○阪神(東京ドーム
勝利打点:ゴメス⑦

BS日テレで9回表途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・大竹。珍しい18時半の試合開始。初回、2アウト1,2塁からマートンのセンター前タイムリーでタイガース先制!そのウラ、2アウト3塁から村田にタイムリーを許して同点。さらに2回、阿部に一発を許して1-2。

3回、1アウトから上本が10球粘ってヒット。続く大和のレフト前ヒットでエンドランがかかっており、上本が一気に3塁へ好走塁。ここで鳥谷のセカンドゴロ。大和が1,2塁間に挟まれる間に上本がホームインして同点(記録はダブルプレー)。そのウラ、1アウト3塁で亀井が初球セーフティスクイズを試みてキャッチャーフライ。これで流れが変わった。

6回、先頭・大和が猛打賞となるヒット。続く鳥谷の詰まりながら二遊間を破る当たりで、大和が一気に3塁へ好走塁。この後、ゴメスがサードのグラブを弾くレフト前タイムリーで勝ち越し!さらにマートンがフルカウントからレフトフェンス最上部に当てるタイムリー2塁打で大竹KO。代わった青木が1アウトをとった所で原監督が内外野の選手を全員集めて「内野5人シフト」の奇襲。今成に代打・西岡でシフトは一度は解けましたが、カウント2-2で再び内野5人シフト。ここでがら空きのセンターへタイムリー2塁打を放ちガッツポーズ。6-2!

7回、2アウトから鳥谷がヒットを放つと、ゴメスが特大の16号2ランで試合の大勢が決まりかけますが、そのウラ、先頭・長野がセンター右への一発。さらに連打で嫌な流れになりかけますが、代打・矢野をカーブで三振に抑えると後続も打ち取り。8回には梅野が高校の先輩・笠原から一発で9-3!

6点リードながら8回は福原が7連投。ただ途中出場のロペスにカーブを続けて被弾。この後、ゲッツーもあって2アウト1塁で左の加藤にスイッチ。阿部の1,2塁間を破りそうな当たり。ダイブで追いついた上本が握り直してタイミングはセーフでしたが、アウトの判定に塁審の胸を突いた阿部が一発退場。

9回、先頭・上本の一発で10点め。さらに大和が4安打めの2塁打を放つと、鳥谷もタイムリー。1アウト1,3塁から福留の犠牲フライで追加点。そのウラ、寺内がヒットと盗塁(記録なし)で2塁に進むと、代打・井端のタイムリー。ただここで代わった安藤が最後はダブルプレーでゲームセット。7年ぶりの8連勝で2位浮上!

「これからも選手を支え続けてほしいと心から思います。」by 西岡
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大和 ゴメス 鳥谷 マートン 西岡
上本 メッセンジャー[勝] 安藤(4)
梅野  
   
  伊藤隼 俊介 鶴岡 
福留 今成 福原(2) 加藤(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

GM砲、初のアベック弾!コイ追撃を振り切り7連勝!

20140709 阪神○6-5●広島(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑧

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は藤浪(中7日)、広島・九里。試合開始の直前に二冠王のエルドレッドが先発メンバーから外れる緊急事態。昨日のハーフスイングで痛めたそぶりもありました。2回、ゲッツーを取った藤浪ですが、田中にヒットと盗塁で2塁に進まれた後に木村のタイムリーでカープ先制。そのウラ、1アウト2塁から梅野のライト前タイムリーで同点。

3回、先頭・上本がヒット。大和が送って1アウト2塁から鳥谷が左中間へのタイムリーで勝ち越し!打った本人は1,2塁間で挟まれてアウトになりますが、ゴメスがレフトスタンドへの15号ソロで3-1!さらに4回、先頭・梅野がライトオーバーの3塁打を打った時点でチームが24イニング連続ヒットのプロ野球新記録を達成!(この回は無得点)

5回、カープは2番手の河内にスイッチ。1アウトからゴメスのサードフライを田中が落球。そして続くマートンが高めの変化球を振りぬいて左中間スタンドへの10号2ラン!初のアベックアーチ!さらに6回、藤浪自らのヒットから無死1,2塁が大和が送りバント。この後、1アウト満塁となりゴメスが差し込まれながらライト前タイムリーで6-1。6回79球の藤浪にプロ初完投の期待がかかりました。

8回、1アウトから連打と丸に10球粘られての四球で満塁のピンチを背負うと、岩本に2点タイムリーを許してしまい、藤浪が120球で降板。1,3塁で代わった加藤が盗塁の後、キラへの四球で再び満塁。田中の犠牲フライと木村にショート後方へのポテンタイムリーで6-5と1点差。さらに福原(6連投)にスイッチし、代打・梵に良い当たりのライトフライでピンチ脱出。そのウラ、3者凡退で連続イニング安打記録は「27」でストップ。

9回、呉昇桓が6連投のマウンドへ。高めの石直球で連続三振を奪いますが、菊池のヒット、丸のセカンド内野安打(上本のダイブも惜しくもセーフ)。さらに暴投で2,3塁となり、ヒヤヒヤの場面でしたが…4番岩本がベンチに下がっており、途中出場の会澤が外のカットボールに空振り三振!

「しっかり打てたので、ホームランになったのかなと思います。」by ゴメス
「オオキニ!今日チョット蒸し暑いね!2人はヒゲの友達。」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス マートン 福原[H](3)
上本  
大和 鳥谷 福留 梅野  
今成 藤浪[勝] 呉昇桓[S](4)
  加藤[H](2)
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

梅野、ルーキー対決で大瀬良撃ち!拙攻も6連勝!

20140708 阪神○3-1●広島(甲子園) 勝利打点:福留②

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中5日)、広島・大瀬良。2位カープを2ゲーム差で追いかける直接対決。今日から9連戦が始まり、タイガースもローテを入れ替えてきました。初回、無死2塁のピンチを背負いますが、ここから粘って無失点の立ち上がり。2回、2アウト2塁から岩田自らの右中間へポトリと落とすタイムリーでタイガース先制!

3回、先頭・大瀬良に四球を出してしまうと、1アウト1,2塁から丸のセカンドゴロ併殺コースでしたが、ベースを踏みながら投げた上本の1塁送球が高めに大きく浮いてしまい、この間に同点。岩田は3回で70球超え。そのウラ、2アウトからゴメスがヒットを放つと、意表をついて盗塁成功!マートンの四球で1,2塁とすると、福留のセンター前タイムリーで勝ち越し!

4回、先頭・梅野がルーキー対決を制するレフトスタンドへの一発!(甲子園でプロ初アーチ)この後、大和のピッチャーゴロが大瀬良に当たって負傷交代。左の河内から2アウト1,2塁のチャンスでしたが無得点。ここからはあと1本が出ない残塁祭り。5回、無死1塁から福留のファーストライナー併殺でランナーがいなくなってから、連打で2,3塁のチャンスでしたが無得点。岩田が5回から7回までパーフェクト。

7回、カープは4番手の今村。先頭・マートン(3戦連続の猛打賞)、福留が連打。ここで今成の送りバントで今村がファンブルしてしまい、無死満塁の大チャンス。しかし梅野、代打・関本上本が三者連続三振に倒れてしまい、嫌なムードに。8回も2アウト1,2塁のチャンスを活かせず、2試合連続の毎回安打で15安打ながら15残塁と苦しみました。

2点リードの8回は福原が5連投。2アウトから丸に2塁打を許しますが、続くエルドレッドを空振り三振。ハーフスイングで途中でスイングを止めたことで痛めた様子。9回は呉昇桓も5連投のマウンドを3人で締めてゲームセット!4月以来の6連勝!

「序盤は情けない。5回から湿気のせいか汗が出きって楽になりました。」by 岩田
「(甲子園で初アーチ)今日打てて最高です。歴史を変えていける選手に。」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 マートン 今成 梅野 岩田[勝] 福原[H](2) 呉昇桓[S](3)
福留  
ゴメス  
   
  俊介 
上本 大和 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

マートン、絶好調!ベイの猛追跳ね返した虎5連勝!

20140706 DeNA●6-12○阪神(横浜) 勝利打点:マートン⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発は(再昇格)、DeNA・加賀美。隼太が7番ライトで今季初先発で生き残りをかけたテスト。初回、2アウト1,2塁からマートンがライトオーバーの2点2塁打でタイガース先制!そのウラ、先頭・石川にストレートの四球を出すと、梶谷のセンター前タイムリーで1点。早くも中西コーチが出ますが、ここはしのぎました。

3回、1アウト1,2塁からマートンが今度はレフト線へ。タイムリー2塁打で3-1とした所で加賀美をKO。代わったソト(今季初登板)が左2人を抑えてゲームを崩さず。4回、1アウトでの打順で早くも代打・西岡が登場。立ち直る気配がないと首脳陣が見た模様。2番手の金田が4回から2イニングを無失点。

5回、2アウトから今成隼太の連打で満塁のチャンスでしたが、梅野がサードファウルフライで三者残塁。6回、先頭の代打・鶴岡がピッチャー強襲。林の頭部に直撃して内野安打となりますが、しばらく動けず担架で負傷交代。代わった萬谷に2アウト2塁から鳥谷がショートの頭を越えるタイムリー2塁打で4点め。そのウラ、安藤がいきなりグリエルに2塁打。筒香には粘って9球めをアウトローで見逃し三振。2アウト1,2塁で代打・多村がセンターへ抜けそうな当たりを鳥谷がスーパーダイブ!大ピンチをしのぎました。

7回、ベイスターズは6番手で安部。1アウト1塁から隼太が高めのツーシームを振りぬき、ライトスタンドへの1号2ラン!以前よりも積極性がありライト方向への風にも乗りました。8回には上本もライト最前列への一発が飛び出し、7-1とリード。

しかし8回の渡辺が大誤算。無死1,2塁から後藤にセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打で1点を返されると、2アウトからルーキー・嶺井にタイムリー。上位に戻るところで福原(4連投)にスイッチしますが、石川に特大3ランでもう1点差。

9回、ベイスターズは長田(大原、三上の勝ちパターンは継ぎ込まず)。先頭・マートンが2試合連続の猛打賞。今成が送りバント成功の後、隼太にはカウントが悪くなった所で敬遠。この後、2アウト1,3塁から鶴岡がライト線へのタイムリーで再びリードを2点に。満塁となってから大和のレフト前タイムリー、鳥谷がセンターオーバーの3点2塁打で勝負アリ。最終回は呉昇桓が4連投もクリーンアップを3人で締めました。

「スゴイ、ゼッコウチョウ!」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 マートン 上本 伊藤隼 鶴岡 金田[勝](2)
今成 加藤(4) 呉昇桓(7)
大和 関本
ゴメス 安藤[H](3)
  西岡 新井 俊介  福原[H](6)
梅野  渡辺(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 鶴直人投手(能見の離脱で急きょ回ってきた先発チャンス。)
OUT 田上健一外野手(俊足外野手は緒方に続いての抹消。アピールしたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

岩崎、7回0封で4月以来の勝利!薄氷の虎4連勝!

20140705 DeNA●0-3○阪神(横浜) 勝利打点:ゴメス⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(中6日)、DeNA・モスコーソ。初回は20球投げさせながら三者連続三振に抑えられたタイガース。2回以降はヒットは出てもゲッツーもあって2塁すら踏めず。6回まで19人(ヒット3本、2併殺)でゼロ行進。

4回、1アウトから多村のライトへの当たり。福留が前へチャージして及ばず後ろにそらす間に3塁へ。続くバルディリスには死球で1,3塁とすると、黒羽根が初球スクイズもファール。この後、ピッチャーゴロで併殺も狙えましたが、3塁ランナーを岩崎自らタッチアウト。5回には2安打のグリエルに大ファールもありますが、ここは四球。それでも4番に入った筒香を3打席抑えました。

7回、先頭・大和がヒット。1アウト後、ゴメスが高めに浮いたスライダーを弾き返し、バックスクリーン左への先制2ラン!ベンチ前で今成とヒップアタックとコマネチの共演!は独りでコマネチ(笑)続くマートンも左中間へのヒットで2塁を狙いますがタッチアウト。岩崎は7回まで投げぬき最長の131球。あまり狙っているように見えなかったけど、高めで空振りを取れるのがすごい。8回、長田の代わり端で今成がライトスタンドへの一発で貴重な3点め。

9回は呉昇桓。1アウトから代打・石川にストレートの四球を出すと急変。続く代打・梶谷のヒットで1,2塁とすると、途中から1番に入っている金城の1塁線の当たり。イレギュラーしながら捕ったですが、無理して2塁送球してランナーに当たってオールセーフ。ここは先にアウト1個ほしかった。満塁で代打・白崎がカウント3-1からボール球を2つ振ってくれて空振り三振。そして一発出れば逆転サヨナラの場面でグリエルが初球、センターフライで薄氷のゲームセット。

「打ち取るだけに徹しました。絶対に抑えてくれると信じてました。」by 岩崎
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス マートン 岩崎[勝] 福原[H](2)
今成 梅野  
大和  
  呉昇桓[S](3)
  伊藤隼 俊介
上本 鳥谷 福留
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(グリエル)

ユリエスキ・グリエル 背番号:10 背名前:GURRIEL
所属:横浜DeNAベイスターズ 三塁手 右投げ 右打ち
ミート右:D(14) ミート左:D(13) 弾道:5
パワー:C(135) 走力:C(16) スローイング:C(15) 捕球:E(12)
肩力:C(16) 疲労回復力:C(16)
【守備レベル】三C(15) 二C(15)
【起用法】スタメン 3番 セカンド(サード)
【プロスピ顔コード】R2H ICS A6K VFY WOI Q6 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

関本、福留の代打で決勝打!メッセ今日も142球。

20140704 DeNA●2-3○阪神(静岡草薙) 勝利打点:関本③

BS-TBSで8回表途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、DeNA・井納。誕生日の上本がバースデーソングが流れている間に初球、頭部付近へあわやというボール。2四球で作ったチャンスは無得点。バルディリスに11球、桑原に9球粘られ、2回で50球費やしたメッセ。3回、2アウトから連打。グリエルの2塁打で2,3塁とされると、暴投の間に先制。さらに筒香のタイムリーでこの回2失点でもう79球。4回で100球を超えてしまいました。

6回、1アウトから鳥谷がヒット。続くゴメスが右中間の深い所まで飛ばしますがアウトで2アウト。ただマートンが初球の抜けたフォークを振りぬいてレフトスタンド中段への同点アーチ!6回まで123球のメッセを7回の打席に立たせて、ここは続投。

しかし7回、先頭・桑原に10球粘られて四球(この打者には今日3打席で29球費やしました)。そして黒羽根のバント処理をメッセがファンブルしてしまい無死1,2塁。ただベイスターズも井納を打席に立たせて初球バントフライで助かりました。後続をメッセが抑えて勝ち越しは許さず。

8回、先頭・大和がストレートの四球で出塁し、鳥谷の強いファーストゴロを後藤が弾いて後逸。1,3塁のチャンスでゴメスは空振り三振。この間にランエンドヒットのサインで1アウト2,3塁と場面が変わり、続くマートンは敬遠。ここで左の大原にスイッチしたのを見て、福留に代打・関本で勝負に出てライト犠牲フライで勝ち越し!さらに代打・新井は死球で満塁となり、梅野に代打・西岡が3試合ぶりに出場もサードゴロで三者残塁。

8回からキャッチャーは鶴岡。代わった福原がクリーンアップ相手に無失点で抑えると、9回は呉昇桓。先頭・桑原の当たりを鳥谷がダイビングキャッチ!3人で抑えてタイガース3連勝で貯金1!

「(代打の準備は)何も考えてません。必死のパッチでやるだけです。」by 関本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 関本 福原[H](2) 呉昇桓[S](3)
マートン メッセンジャー[勝]  
  新井
福留 大和  
上本 ゴメス 鶴岡 俊介
今成 梅野 西岡
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

岩田、粘って7回無失点!スミ1で梅野も初完封!

20140702 阪神○1-0●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:ゴメス⑥

サンテレビ→朝日放送のリレー中継。今日の先発は岩田(再昇格)、ヤクルト・石山。初回、2アウト1塁でランナーの鳥谷が逆を突かれて牽制で刺されそうになりますが、これが悪送球で2塁へ。ここでゴメスがレフト前タイムリーを放ち、タイガース先制!

立ち上がりから制球にバラつきが目立つ岩田。3回、1アウトから中村がレフト左へのヒットで2塁を陥れると、この後2つの四球もあって2アウト満塁の大ピンチでしたが、山田を3球続けたフォークで空振り三振。梅野もショートバウンドをよく止めました。4回、セカンド前、ファースト上と叩き付ける不運な打球で頭を越され無死2,3塁の大ピンチ。それでも連続三振、8番を敬遠してピッチャー石山も初球で打ち取って無失点。

5回、先頭・森岡の左中間へのヒット。大和のチャージで2塁進塁を許さず。さらにヒットで無死1,2塁のピンチ。山田のバント小フライに梅野が素早く反応してダイブもグラブからこぼして惜しくもファール。バントを決められて1アウト2,3塁のピンチですが、川端、雄平を打ち取り。7回まで投げぬいた岩田は11残塁に抑えました。

1点リードの8回は福原。リリーフ失敗して勝ち越されたドラゴンズ戦以来のマウンド。先頭・田中浩にヒットを許しますが、後続を3人で抑えて無失点。2アウトから代打・岩村の所で左の加藤もあるのかな?と思いましたが、結果的にOK。9回は呉昇桓。こちらも2試合連続失点中で不安もありましたが、3人で抑えてゲームセット。梅野も最後までマスクをかぶって初の完封。連勝で5割復帰し、3位ドラゴンズと並びました。

「追い込んでからのフォークが決まってくれて。身を引き締めて頑張ります。」by 岩田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩田[勝] 福原[H](2) 呉昇桓[S](3)
鳥谷 梅野  
ゴメス  
大和  
福留 今成 新井
上本 マートン  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(能見の故障で一躍、先発左の軸に。ゴロを打たせたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

梅野、乱打戦を制する2打席連発!倉敷で6連勝!

20140701 阪神○12-6●ヤクルト(倉敷マスカット
勝利打点:新井②

関西テレビで3回表途中から7回表まで中継。今日の先発は藤浪(中12日)、ヤクルト・石川。復帰して3試合こなした西岡が右ひじの張りを訴えて欠場。サードには新井が入りました。初回、2アウト2,3塁から雄平に2点タイムリーを許しスワローズ先制。そのウラ、復活した「1,2番コンビ」上本大和の連打。3連打で無死満塁のチャンスを作ると、ゴメスの犠牲フライ。さらにマートンのタイムリー2塁打、新井のセンター前タイムリー+後逸、福留タイムリーと3連打で5-2とすると、梅野の一発で初回7点!

しかし2回、2アウトから3連打。森岡のタイムリーで1点を返され、藤浪もピリッとせず。ストレートのシュート回転が目立ち、マウンドも合わなかったと思います。3回のピンチは抑えましたが、4回に1アウト1,3塁から上田の犠牲フライで7-4と試合がわからなくなりつつありました。

ここで突き放せたのが4回の梅野の2打席連続アーチ。これが大きかった。さらに1アウトから上本大和の連打で1,3塁としたところで石川KO。代わった松岡から鳥谷が右中間オーバーの2点3塁打で10点め。続くゴメスも甘く入ったスライダーを振りぬいてレフトスタンドへの13号2ラン!

ふらふらの状態ながらベンチは藤浪を続投。6回、1アウト3塁から上田にタイムリー3塁打、山田に犠牲フライを許しました。6回6失点、129球で降板。7回からは加藤-榎田-渡辺で反撃を抑えました。倉敷でのゲームはこれで6連勝。連敗を5で止めて再浮上するキッカケになれば良いのですが。

「(新人で1試合2発は岡田、連発は田淵以来)本当に光栄だなと思います。」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 梅野  
上本 大和 ゴメス 福留  
新井 榎田(3) 渡辺(4)
マートン 加藤(2)
藤浪[勝] 俊介 今成
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 鶴岡一成捕手(わき腹痛から1か月ぶり復帰。再びチームを救えるか。)
IN 伊藤隼太外野手(今季初昇格。2軍では中軸を担い、結果を出したい。)
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 能見篤史投手(わき腹の違和感を訴えて、次回先発を飛ばすことに。)
OUT 清水誉捕手(ベテランの復帰で再びファームに。巻き返したい。)
OUT 緒方凌介外野手(福留の再起用で弾き出された形。守備を鍛えてほしい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »