« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

能見、初回8失点の大炎上&負傷。5連敗で4位転落。

20140629 阪神●2-10○中日(甲子園
勝利打点:エルナンデス

サンテレビ→朝日放送のリレーで9回表途中まで中継。今日の先発は能見(中6日)、中日・濱田。藤井が先発マスクで大和が7番に上がりました。初回、無死1塁で谷がバスター成功。1,3塁からエルナンデスのタイムリーで先制されると、ルナが初球を3ラン。わずか9球で4点。ただ今日はこれで終わらず、再び1,2塁から藤井の送りバントをゴメスがファンブル。先頭から7人連続出塁の後、濱田の痛烈なファーストゴロの間に5点め。さらに大島のセカンドハーフライナーを上本がトンネルして2点。エルナンデスが2度めのタイムリーで初回8点の惨状。

初回、西岡が復帰3戦めでようやく初ヒットを放ち、1アウト1,2塁のチャンスでしたがゴメスがゲッツー。2回も能見を続投させ、森野のボテボテの当たりを上本が弾き、今日2度目のエラー。打席が回らず3回のマウンドにも上がりましたが、谷に左中間フェンス直撃のタイムリー3塁打で9点め。なお2アウト1,3塁となった所で、能見が脇腹痛を訴えてバッテリーごと交代。2戦連続KOで1度先発を飛ばす可能性も。

4回、マートン福留の連打で1アウト1,2塁のチャンス。ここで大和が1,2塁間を破りそうな当たりでしたが、谷がファインプレー。この後、代打・俊介が四球を選んで満塁としますが、梅野がショートゴロで三者残塁。

チャンスは6回、先頭・ゴメスが2塁打、マートンも連打で続くと、福留が左中間へのタイムリー2塁打!逆に左ピッチャー相手の方が打てそう。ここでドラゴンズが早くもピッチャーを右の祖父江にスイッチ。1アウト後、代打・今成の内野ゴロの間に1点。早めの継投でこの回は2点でストップ。

7回からは榎田が3イニング。4打数4安打の谷に四球を出しますが、続くエルナンデスの右中間への当たりに大和がダイビングキャッチ!テンポよく球にも力がありました。9回、1アウトから大島のセカンドゴロを上本がまたもトンネル。1試合3エラーのリーグタイ記録で今日は眠れないでしょうか。サイクルヒットのかかる谷は強引に振ってサードフライ。その後、エルナンデスにタイムリー2塁打を許して10点め。

1回で試合が決まってしまい、ついに4位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
マートン 福留 渡辺(2) 榎田(4)
ゴメス 大和 俊介
  今成 金田(3)
西岡 梅野 田上 緒方
上本 鳥谷 藤井 能見[負]  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年6月28日 (土)

福原、ストレート勝負が裏目。惜敗で借金生活に。

20140628 阪神●1-2○中日(甲子園) 勝利打点:森野

サンテレビ、NHK総合(サブチャンネル)で完全中継。今日の先発は岩崎(再昇格)、中日・山井。初回、2アウトからエルナンデスが甘く入ったチェンジアップを見逃さず左中間スタンドへ放り込みドラゴンズ先制。立ち上がりは思うコースに行かない岩崎でしたが、2回は武山の鋭いサードゴロを西岡が倒れこみながらキャッチ!

6回、1アウトからプロ0発の谷にレフトフェンス金網直撃の2塁打。2アウト後、ルナを敬遠して森野勝負を選択。外角スライダーで追い込み、最後は内角ストレートで見逃し三振!そのウラ、先頭・上本がヒットを放つと、盗塁成功。ボールが外野に転がっているのを気付かず2、3秒立ち止まった後、3塁へ。1アウト後、ゴメスがレフト前タイムリーを放ち同点!

7回、先頭・和田のサードライナーを西岡がトンネル。一気に2塁へ進まれました。それでも続く藤井に進塁打をさせずに内角ストレートで見逃し三振。2アウト3塁で山井がそのまま打席に入り、良い当たりのレフトフライでピンチ脱出。岩崎はプロ最長タイとなる7回1失点で降板。

8回は福原-藤井のバッテリーに交代。先頭・大島がショート後方へポトリと落とす今季100本めのヒット。1アウト1,2塁でルナのライトフライで大島が3塁へタッチアップ。福留のレーザービームもわずかに及ばず、この後、森野がストレートを逆らわずレフト前タイムリー(おまけにマートンがファンブル)で勝ち越し。そのウラ、代打・今成が技ありのヒット。西岡の送りバントで1アウト2塁のチャンスを活かせず。

1点を追う9回は浅尾がまず登場。1アウトからマートンがヒットを放ったところで、ドラゴンズが岩瀬にスイッチ。ここで福留に代打・新井を投入し、四球を選んで1,2塁のチャンス。谷繁監督がマウンドに行って叱咤の後、代打・関本に期待がかかりましたが初球ショートゴロ併殺でゲームセット。4月9日以来の借金生活に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩崎  
ゴメス 今成 金田(3)
  新井
上本 マートン 榎田(4)
西岡 鳥谷 梅野 大和 藤井 田上 俊介
福留 関本 福原[負](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(先発ローテを守りたい。登板は10日間空けるかどうか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

メッセ、熱投145球!西岡復帰戦は決めれずドロー。

20140627 阪神△2-2△中日(甲子園

サンテレビ、NHK総合(サブチャンネル)で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、中日・大野。3月30日以来、西岡がケガを乗り越えて「1番サード」での復帰。福留も6番で即スタメン。初回、無死1塁からエルナンデスのプッシュバントが内野安打。1アウト1,3塁で森野がカウント3-0から打って、4-6-3併殺崩れの間にドラゴンズ先制。

3回、1アウト満塁のピンチを抑えたメッセですが・・・そのウラ、無死1塁でメッセがキャッチャー前にバントして、2-6-3の併殺。タイガースは2回から4回までで3併殺と打線がちぐはぐ。5回、1アウトから福留のレフトフライを和田が落球し2塁へ。続く梅野のファウルフライを平田が足首をひねってしまい担架で負傷退場。ただこの回は得点できず。

6回、1アウトから新2番の上本がヒット。暴投で2塁に進むと、2アウトからゴメスがレフト前へのポテンタイムリーで同点!両先発が8回まで投げぬき、122球のメッセが9回も続投。先頭・和田がピッチャー強襲のヒット。グラブトスが空振り。1アウトから谷のサードゴロを西岡が弾いてしまい、1,2塁。しかしここから谷繁、代打・小笠原を連続三振に抑えてガッツポーズ!145球の熱投で勝ち越しを許さず。

10回は呉昇桓。ただ2アウトからルナに高めの石直球をバックスクリーンに持っていかれてしまい、1-2と勝ち越し。そのウラ、ドラゴンズはリードの場面で右の福谷を投入。代打・今成がヒットで先頭バッターが出ると、大和が送りバント成功。ここで代打・関本がライト前タイムリーを放ち、起死回生の同点劇!ホームインの間に2塁を狙った本人は挟殺プレーでアウト。次の回からはサードの守備にもつきました。

11回は福原が打球を受けながら3人斬り。12回は安藤が2アウトを取ったところで、加藤がワンポイントで首位打者の大島を打ち取り。そのウラ、岩瀬が登場。先頭・福留がヒットで出塁すると、途中出場の俊介がバント成功。大和敬遠の後、関本がストレートの四球で満塁。ここで代打・新井がフルカウントからピッチャーゴロでホーム封殺、続く上本も痛烈なファーストライナー、森野のジャンピングキャッチに阻まれてドロー。リーグ戦再開後の初戦は4時間19分。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー 関本 福原[H](3) 安藤[H](4) 加藤(5)
大和 今成
福留 上本 田上 俊介
鳥谷 ゴメス  
マートン  藤井 緒方 清水
西岡 梅野 新井 呉昇桓(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 西岡剛内野手(あの重傷から3か月ぶりに復帰。浮上のキーマン。)
IN 福留孝介外野手(進退をかける再昇格。巻き返したい。)
25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 新井良太内野手(少しでも多く打席に立たせる為。調子を上げたい。)
OUT 柴田講平外野手(打撃では鋭さを見せた。緒方、田上に負けられない。)

鳥谷がオールスターファン投票で3年連続5度目の選出。2位に10万票以上の差を付け、29万2995票を獲得。また、25日に新加入した建山(背番号53)が初のブルペン入り。7月上旬の1軍昇格を目指します。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

能見、4回KO。交流戦最下位タイで勝率5割逆戻り。

20140622 阪神●1-5○楽天(甲子園) 勝利打点:ラッツ

朝日放送で完全中継。今日の先発は能見(中7日)、楽天・美馬。午前中で雨も上がり、交流戦最終戦。守備でミスのあった緒方に代わり、田上がライト。2回、無死1塁で新外国人・ラッツが右中間スタンドへの2ランでイーグルス先制。さらに連打と四球で無死満塁の大ピンチ。西田の内野ゴロの間に1点、岡島の当たりはマートンのファインプレーで犠牲フライに。いきなりの4失点。

4回、牧田にバックスクリーンへ放り込まれてしまい5点め。今日は球が低めに集めることができず、奪った三振も3つ。野茂英雄氏の6試合連続の2ケタ奪三振という日本記録にチャレンジしましたが、無念の能見KO。4回5失点でKOされ次回からは気にせず投げてほしいです。

5回、ラッツが猛打賞となるセカンド内野安打。上本の負傷した右手の影響が出たようにも見えました。6回、先頭・上本の2球めストレートが頭部死球となり、美馬が危険球退場。代わった永井が粘る鳥谷をインローで見逃し三振を奪い、1アウト1,2塁となった所で急ピッチで仕上げた福山を投入。ここでゴメスがセンター前タイムリーで23イニングぶりの得点。マートンもヒットでつなぎ満塁。盛り上がってきましたが、今成が初球ショートゴロ併殺。

交流戦の最終戦。明日から4日間試合がないだけに、安藤福原といった勝ちパターンをつぎ込んできました。8回、イーグルスは斎藤隆を投入。140キロ台後半のストレートは健在。球審の福家さんはストライクゾーンが狭く、連続四球でチャンスを作りましたが得点できず。今成の1,2塁間破りそうな当たりでしたが、回り込んで追いつきしかもアウトにする藤田のプレーに脱帽。

9勝15敗と過去最低の勝率で交流戦終了。貯金も使い果たし、勝率5割の3位でリーグ戦再開。西岡もサードで復帰濃厚で再びチームを立て直せるかが今後のポイントに。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
ゴメス  
鳥谷 マートン 安藤(3) 福原(4) 加藤(5)
  柴田 金田(2)
上本 大和 新井 藤井 梅野
今成 田上 能見[負]  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩田稔投手(先発ローテの日程調整の為。岩崎の後に再昇格。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

メッセ、則本に投げ負け。虎2戦連続の完封負け。

20140621 阪神●0-4○楽天(甲子園) 勝利打点:銀次

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、楽天・則本。3回、先頭・岡島のピッチャーゴロをメッセが悪送球。1アウト3塁から銀次のレフト犠牲フライ。マートンのダイレクト返球も及ばず、ノーヒットでイーグルス先制。そのウラ、上本がヒット。試合前の練習で右親指を痛め、ユニフォームに血がついてました。

4回、1軍戦デビューの新外国人・ラッツが2塁打(目測の誤った緒方が弾く)で出塁すると、続くボウカーがライトポール際へのスタンドイン。和田監督のビデオ判定も覆らず、一気に点差が3点に。ボウカーはタイミングが合っており、6回もレフトフェンス際への当たりでしたが、マートンがジャンピングキャッチ!

8回、1アウト1塁でジョーンズがフルカウントから四球。スタートを切っており、藤井が(投げなくてもよかったのに)2塁へ悪送球で1,3塁に。そしてラッツがレフト線への長打。不規則な回転をしていた打球で珍しくエンタイトル2塁打。0-4となった所でメッセKO。なお2,3塁で代わった榎田がボウカーを見逃し三振に抑えて、ワンポイントで渡辺にスイッチ。西田を抑えて追加点は許さず。

9回、2アウトからゴメスが三塁線への内野安打。ワンバウンド送球がこぼれました。続くマートンのライト前ヒットで一気に3塁へ好走塁。1,3塁で場内わっしょいコールが起こりましたが、今成がファーストゴロに倒れて完封負け。則本は交流戦だけで完封勝利4度の新記録。序盤3イニングは制球がばらついて甘かったのに攻略しきれなかった。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
大和 マートン 榎田(2) 渡辺(3)
   
今成 メッセンジャー[負]  
上本 鳥谷 ゴメス 柴田 清水
新井 緒方 藤井  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 榎田大樹投手(今回はリリーフ一本で再出発。キーマンに。)
IN 渡辺亮投手(今や金田より下の位置。まずは結果を残したい。)
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 鶴直人投手(首脳陣の期待に応えられず。再び先発転向も。)
OUT 筒井和也投手(先頭打者への四球が中西コーチに怒りを買ったか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

虎沈黙。甲子園でも160キロ。19歳大谷の前に完敗。

20140618 阪神●0-4○日本ハム(甲子園) 勝利打点:中田

サンテレビ→ABCのリレー中継。今日の先発は岩田(再昇格)、日本ハム・大谷。緒方を2番、大和を9番と打順を入れ替えてきました。2回、中田が右中間スタンドへ放り込んでファイターズが先制。そのウラ、ゴメスの打席と今成を三振に抑えた内角ストレートの2度、160キロをマーク。場内も大谷のピッチングのすごさにどよめき。

4回が始まるところで約20分間の降雨中断。対する岩田も1点以外はゴロを打たせて取るピッチングを展開。5回、2アウト1塁から西川が内角の球をライト線へ痛打。今日はフェンス際、緒方がうまくクッション処理すると、上本-梅野と中継リレーが決まってホームタッチアウト!

5回までパーフェクトに抑えられたタイガース。2アウトから今成が11球粘りを見せましたが、空振り三振。110キロ台のカーブと、140キロ台のフォークをあって、球速差がありすぎ。変化球は抜けた球がストライク高めにも来てましたが、対応できず。6回2アウトから大和がスライダーに食らいついて三遊間を破るチーム初ヒット。

8回、大野にレフトポール際へ低いライナーで放り込まれて痛い2点め。さらに1アウト1,2塁となった所で、にスイッチ。続く大引のレフト前ヒット。ここでマートンが少しファンブルしてしまう間に2塁ランナーがホームイン。続く中田にもタイムリーを許して0-4と試合が決まりました。

大谷は8回に右足に張りが出て、一度はベンチに下がりましたが8回まで投げぬいて被安打1、11奪三振。24人で抑えられました。9回は新井のショートゴロが大きくイレギュラーしたヒット。梅野ゲッツーの後、大和のヒットで“わっしょいコール”発動も最後は上本が凡退してゲームセット。今日は完敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
岩田[負]  
新井 大和  
上本 緒方 筒井(3)
鳥谷 ゴメス マートン 今成 梅野 (2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(10日間で再昇格。今や先発4番手に。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

マートン、12回の死闘制するサヨナラ打!久々連勝!

20140617 阪神○4x-3●日本ハム(甲子園
勝利打点:マートン⑤

関西テレビで3回ウラから8回ウラまで中継。今日の先発は藤浪(中5日)、日本ハム・上沢。誕生日のルーキー梅野が3試合ぶりのスタメン。序盤3イニングは制球がばらついた藤浪。初回に156キロもマークしましたが、3回までで68球費やしました。2回、無死満塁から新井のショートゴロ併殺の間にタイガース先制!

5回、1アウト2塁から西川にセンターフェンス直撃のタイムリー3塁打を許して同点。この後、村田のスクイズはファウルとなって空振り三振。2アウト2,3塁のピンチで中田を空振り三振に抑えてピンチ脱出!5回で102球。続投した7回も先頭バッターを出すと、暴投も重なって1アウト3塁のピンチ。タイミングの合っている西川を抑えて無失点。

7回、1アウトからマートンがフェンス直撃の2塁打。2アウト1,2塁で緒方に代打・関本を送りますが、セカンドゴロ。上沢は7回1失点で降板。逆に藤浪が8回のマウンドにも上がり、クリーンアップを3人斬り。自己最多の13奪三振、136球の熱投。そのウラ、先頭・梅野が2塁打で出塁。1アウト3塁で大和に代打・がレフト犠牲フライ。中田の捕る姿勢も悪く勝ち越しのホームイン!

9回は呉昇桓-清水のバッテリー。2アウトから大野に内野安打を許すと、1,2塁から西川がフルカウントからライト線への2点タイムリー2塁打でまさかの逆転劇。しかしそのウラ、抑えの増井から先頭・ゴメスが2塁打。無死1,2塁から今成が送りバントを決めた後、新井敬遠で1アウト満塁。ここで途中出場の俊介がショートゴロ併殺崩れの間に3-3の同点!続く田上は見逃し三振で延長戦へ。

10回は福原。2アウトから市川の左中間への当たりを俊介がフェンスに激突しながらジャンピングキャッチ!そのウラ、左の宮西が登板。1アウト1,2塁で途中から4番に入った良太が空振り三振。ここで塁が埋まっている場面でマートンを敬遠。野手は藤井しか残っておらず、今成が10球粘りますがショートゴロ。

11回は安藤。先頭バッターをヒットで出しますが、2アウト2塁となった所で加藤にスイッチしてピンチ脱出。12回も2アウトまで投げた所で金田がワンポイント(プロ初勝利!)。そのウラ、カーターが登板。2アウトから鳥谷が四球を選ぶと、良太が詰まりながらヒット。ここでマートンが初球、センターオーバーのサヨナラタイムリー2塁打!!(ここは敬遠しなかった)21戦めでようやく交流戦初の連勝。

「チョットしんどいね。勝って帰りたかった。オオキニ!」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 藤浪  福原[H](3) 加藤[H](5) 金田[勝](6)
新井 俊介
上本 鳥谷 ゴメス 梅野  
今成 柴田 新井良 安藤(4)
大和 清水
緒方 関本 田上 呉昇桓(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

緒方、勝ち越し弾を含む4打点!レオからやっと1勝。

20140615 西武●1-8○阪神(西武ドーム) 勝利打点:緒方①

よみうりTVで3回ウラ途中から中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、西武・野上。新井が9試合ぶりに先発を外れ、左の今成緒方を起用。3回、先頭・藤井(昨年の対野上3打数2安打)がレフト線2塁打で出塁すると、暴投で3塁へ。2アウトから上本のセンター前タイムリーでタイガース先制!

3回、先頭・永江にヒット。ピッチャー野上はスリーバント失敗で抑えましたが、ここから左の秋山、金子に連打で満塁のピンチ。ここで栗山に押し出しの四球を与えて同点。なお炎上寸前の大ピンチでしたが、中村、メヒアを連続三振!メッセが3回で59球費やしましたがアウト9個のうち、すでに三振は7個。

5回、先頭・マートンが右中間への2塁打を放つと、1アウト1,2塁で緒方が真ん中のストレートをコンパクトに振りぬいてバックスクリーン右への勝ち越し3ラン!これで気落ちしたかメッセもフェンス直撃のシングル。ここでライオンズが豊田にスイッチし、再び2アウト満塁のチャンス。ゴメスの打席で暴投となり、キャッチャーの星が大きく弾く間に2塁から大和までホームインし、2点を追加し6-1!

6回、1アウトから連打で1,2塁のチャンス。ここで緒方が打ち損じて本人も打球を見失ってしまい、走り出すのが遅れましたが、サード後方へポトリと落とすタイムリー。ベンチで関川コーチに何か言われてました。7回は1アウト1塁でゴメスがフルカウントから真ん中に入った球をレフト線へ弾き返し、一気に鳥谷が長駆ホームイン!

大量リードのなか、メッセが8回まで続投。クリーンアップを3人で抑えて自己最多の13奪三振(125球)。今季初めてビジターで勝利。ライオンズの田辺監督代行は9回の守備はクリーンアップ3人とも下げました。9回は安藤がロッテ戦の4失点以来、中2日のマウンド。内容はまずまずですが、再び自信を取り戻してほしいです。

「皆さんのおかげで頑張れます。もうやったった、よっしゃという気持ち。」by 緒方
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
緒方 藤井 メッセンジャー[勝]  
   
鳥谷 今成 安藤(2)
上本 大和 ゴメス マートン  
  俊介 
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

生観戦。能見、5戦連続10Kのリーグ新記録も競り負け。

20140614 西武○3-2●阪神(西武ドーム) 勝利打点:中村

よみうりTVでサブチャンネルを使って完全中継。今季4試合めの生観戦試合は埼玉遠征してきました。先発は能見(中7日)、西武・菊池。サードに新井、ライトに良太(12年8月以来)を入れる超攻撃オーダーを組んできました。初回、先頭・上本がヒット。1アウトから鳥谷がライト線へのタイムリーでタイガース先制!

ここまで4試合連続で2ケタ奪三振のリーグタイ記録を継続している能見。初回は中村に特大のレフトフライで無失点の立ち上がり。しかし2回、先頭・メヒアに四球を出すと、続く木村が甘く入った球をバックスクリーンへ放り込まれてしまい、ライオンズ逆転。勢いづきそうな所で新井のダイブで流れを渡さず。追いかける3回、1アウトから大和が2塁打で出塁。鳥谷の痛烈な当たりも渡辺直のダイビングキャッチに阻まれました。

6回、1アウトからゴメスがレフトフェンス際へ飛ばしますが、栗山がジャンピングキャッチ。ファインプレーで阻まれましたが、続くマートンもレフトへ。滞空時間の長い飛球でまたもフェンス際、栗山が飛びますがスタンドイン!そのウラ、先頭・渡辺直が3打数3安打となるヒット。さらに暴投で1アウト2塁とされると、中村がセンター前へ弾き返すタイムリーで勝ち越し。それでも後続を連続三振で抑えて10奪三振。これでリーグ新記録。

1点差の7回、1アウトから藤井に代打・俊介。さらに能見に代打・梅野を送りますが、メヒアがファウルエリアでスライディングキャッチ。あっさり3人で終わり、早くも能見を降板させました。ここまで83球、ここは賛否の分かれる所。

8回、ライオンズは増田にスイッチ。先頭・上本がヒットで出塁すると、制球を乱しているようにも見えましたが…大和がきっちりと送りバント成功。ただ続く鳥谷ゴメスが凡退して同点ならず。9回は抑えの高橋との勝負。先頭・マートンは見逃し三振で球審にイラつき。続く新井も食らいついたのですが、ジャンプ一番のセカンドライナー。またも大事なカード初戦を落として貯金1。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本  
大和  
マートン 能見[負] 加藤(3) 金田(4)
鳥谷 (2)
新井良 新井 俊介 梅野
ゴメス 藤井  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩崎優投手(次回先発はリーグ戦再開後。間隔を空けながら球威を保ちたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

良太、代打の一振り!再逆転で幕張の乱打戦を制す!

20140612 ロッテ●7-8○阪神(QVCマリン
勝利打点:新井良③

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(再昇格)、ロッテ・涌井。今成が今季2度めのライトで先発。藤井も復帰後初マスク。初回、いきなり荻野貴にセンターオーバーの3塁打を許すと、井口が先制タイムリー。続く今江のライトオーバーを今成が弾いて2塁打でつながれると、角中、ハフマンの連続タイムリーで初回3失点。

4回、涌井の暴投で1塁から鳥谷が一気に3塁へ。2アウト後、マートンがストレートの四球を選ぶと、続く新井がライト前タイムリーで1点返しました。さらに5回、先頭・藤井が2打席連続ヒット。1アウト2塁から上本が三塁線を破るタイムリー2塁打で1点差!緒方がストレートの四球で1,2塁のチャンス。鳥谷は三振に倒れますが、ゴメスが高めストレートを見逃さずバックスクリーンへの逆転3ラン!!5-3とゲームをひっくり返しました。

6回から加藤にスイッチ。今成をサードに回し、大和をセンターに入れてきました。7回、無死1塁で上本の送りバントを2番手・古谷が2塁悪送球で1,2塁。緒方が送りバントを決めて1アウト2,3塁のチャンスでしたが、得点できず。レフト・ハフマンのスーパーダイブに阻まれました。するとそのウラ、安藤が大乱調。無死2,3塁から角中が2点2塁打、3連打で同点に追いつかれると、1アウト3塁からクルーズがレフトスタンドへの2ランで5-7とマリーンズ勝ち越し。まさかの4失点で勝負あったかと思いました。

8回、カルロス・ロサとの勝負。先頭の代打・柴田今成の連打で無死1,3塁とすると、1アウトから大和に代打・関本登場。ただ空振り三振に倒れてしまい、この間にフルカウントから投入した代走・田上が2塁へ盗塁成功。この後、上本が四球を選んで満塁。緒方の所で左の松永にスイッチされ、代打・良太の当たりはセンター前へ。岡田のダイブが及ばず、グラブからボールがこぼれる間に走者一掃の3点2塁打で再逆転!

1点リードに代わり、8回は福原。死球でランナーを出しますが無失点で乱打戦のムードのなかで抑えると、9回は呉昇桓。先頭・角中がヒットで出塁し、1アウト2塁のピンチを背負いますが、クルーズ、サブローを連続三振に抑えてゲームセット!話題の「ルーズヴェルトゲーム」で3時間59分の死闘を制しました。

「最高に気持ちいいです。岡田くんマジで落としてくれと思ってました。」by 良太
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  新井良 加藤[H](2) 福原[H](4)
上本 ゴメス 呉昇桓[S](5)
  大和 柴田
緒方 鳥谷 新井 藤井 田上
今成 岩崎 関本 俊介
マートン 安藤[勝](3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(先発ローテの日程調整の為。5月29日以来の先発。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

藤浪、雨のマリンで5回4失点。初戦またも黒星。

20140611 ロッテ○8-3●阪神(QVCマリン) 勝利打点:なし

毎日放送で3回表から8回表途中まで中継。今日の先発は藤浪(中6日)、ロッテ・藤岡。昇格した柴田が左対左ながら8番ライトで先発。試合前から雨が強く振りながらのゲーム。2回、2アウト2塁から根元のファーストゴロをゴメスが後逸していまい、マリーンズ先制。

3回、1アウトから岡田が内野安打で出塁すると盗塁成功。ここから鈴木のヒットで1,3塁のピンチとなり、井口は三振に抑えますが、サブローには四球で満塁とすると、続く角中に追い込んでから押し出しの死球で2点め。さらに今江にレフトオーバーの2点2塁打を許してしまい、早くも0-4。制球に苦しむ藤浪は3回で84球。

4回、先頭・鳥谷がレフトフェンス直撃の2塁打。これがチーム初ヒット。ただ後続に当たりが出ず、ここも無得点。援護のないまま藤浪は5回4失点、110球で降板。2番手の筒井が2イニングめの7回につかまり。先頭の代打・ハフマンにヒットを許すと、2アウト2塁からクリーンアップに3連続四球で角中に押し出し。さらに今江にライトオーバーの走者一掃3点3塁打を許してしまい、0-8。

8回、マリーンズは益田にスイッチ。先頭の代打・田上がセンター前ヒットで出塁すると、続く上本もショート内野安打で出塁。1アウト後、鳥谷が四球を選んで満塁のチャンス。ここでゴメスが左中間へ2点タイムリーを放ち、ようやく得点を挙げるとマートンにもタイムリーが飛び出して3点め。最終回は5点リードながら抑えの西野がマウンドに上がり、3人で抑えられました。

実は2010年からマリンで負けてなかったのですが、やっぱりカード初戦が取れない。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
上本  
  田上 (3)
マートン  
鳥谷 ゴメス 緒方
大和 新井 梅野 柴田 藤浪[負] 新井良 今成 筒井(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤井彰人捕手(右足の故障から復帰。勝負所では必要な男前。)
IN 柴田講平外野手(2度目の昇格。緒方には負けられない。)
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 日高剛捕手(藤井の復帰で降格。得意の打席に立つことはなかった。)
OUT 福留孝介外野手(不振を極めての抹消。2軍の調整で進退をかける。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

メッセ、5回5失点KO。鷹のスタンが古巣相手に完封。

20140609 阪神●0-6○ソフトバンク(甲子園) 勝利打点:李大浩

BS1で完全中継。よみうりTVでも3回ウラから中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、ソフトバンク・スタンリッジ。昨年まで同僚だった2人が対戦。初回、先頭・中村のショートゴロを鳥谷がうまくさばいてアウトにしますが、ここから連続四球。さらに李大浩にタイムリーを許してホークス先制。続く長谷川の特大犠牲フライで2点め。松田のショートゴロが塁審と重なった鳥谷がファンブルしますが、上本のダイビングキャッチで追加点は許さず。

2回、1アウト1塁で中村に11球粘られるも三振ゲッツー。判断が遅れた梅野の送球までワンテンポありましたが、タッチの差で間に合いました。ベンチでいじられてました。3回、2アウト1,2塁から松田に2点2塁打を許して早くも0-4。今日は3回で80球と制球に苦しみました。

4回、四球2つで1アウト1,2塁のチャンスでしたが、ゴメスマートンが連続三振。アウトローへの鋭いスライダーにやられました。すると5回、柳田が左中間スタンドへの一発で決定的な5点め。メッセは5回5失点でKO。

6回、先頭・緒方がフルカウントから四球を選び、上本が右中間オーバーの2塁打。ただ緒方が2塁ベースを踏み忘れたのに気付いて戻った分、3塁ストップ。結果、無得点に終わってしまい、次の回から田上にライトも代えられてしまいました。

金田が6回から3イニングをノーヒット(四球1つ)に抑える好投。ただ9回のが連投でマウンドに上がると、エンドランで1アウト1,3塁のピンチ。ここで柳田の犠牲フライで6点め。結局、スタンリッジが128球で古巣に恩返しする完封で今日は完敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  金田(2)
上本  
  田上
   
大和 鳥谷 今成  
ゴメス マートン 新井 梅野 緒方
メッセンジャー[負]
(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 榎田大樹投手(この炎上劇で次回は中継ぎに回る可能性も。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

初回9点も虎鷹大荒れ。11カードぶりに初戦勝った!

20140608 阪神○14-8●ソフトバンク(甲子園
勝利打点:鳥谷⑦

朝日放送で7回表まで中継。今日の先発は榎田(再昇格)、ソフトバンク・オセゲラ。新井がサードで先発し、良太がプロ初のDH。初回、2アウト1塁で李大浩の三塁線を鋭く破る打球で一気にホークス先制。そのウラ、先頭・上本が四球の後、初球スチール成功。1アウト3塁から鳥谷が内角ストレートを弾き返しライトポール際への逆転2ラン!これで終わらず新井の2点タイムリー、満塁から梅野が左中間オーバーの3点3塁打で7人連続出塁。さらに大和ゴメスのタイムリーで一挙9点の猛攻。

3回、1番からの打順で抑えきれず無死満塁から李大浩がセカンド後方にポトリと落ちる2点タイムリー。長谷川と吉村にタイムリーを打たれ9-5。1アウト1,3塁でにスイッチし、本多の内野ゴロの間に1点。これで試合がわからなくなってきました。そのウラ、アンダースローの山中から鳥谷が鮮やかなタイムリーで10-6。

ここからは点の取り合い。4回、ゲッツーを取った後に四球を出して乗れない。李大浩がランエンドヒットでタイムリー2塁打。そのウラ、新井の左中間オーバーのタイムリー2塁打。5回、1アウトで筒井にスイッチ。連投の疲れから球威を欠く内容。2アウト1塁で代打・江川のセンターフライを大和が見失うアクシデント。記録は左中間へのタイムリー3塁打。そのウラ、千賀を相手に2アウト1,2塁からマートンのタイムリー。鳥谷のタイミング的に微妙でしたが、高代コーチが腕を回して送球もそれました。これで12-8。

流れを断ち切ったのは6回からの安藤。あのサヨナラ被弾から中7日で球に力がありました。7回は清水にキャッチャーが変わり心配されましたが、2アウトから本多にストレートを弾き返されライト線3塁打。ベンチがここで加藤に代えて抑えましたが、安藤が珍しくベンチでグラブを叩き付けて怒ってました。

7回、上本のショート後方のフライ。今宮がジャンプしグラブで弾いたボールを空中でバックハンドで捕りなおすスーパープレイに両チームのファンが拍手。2アウト2塁からゴメスのタイムリー。続くマートンもタイムリー2塁打(4安打)でついにリードを開けました。6点リードながら9回は呉昇桓が3人締め。11カードぶりにカード初戦を取りました。

「きのうも嫌な負け方だったので、先に点取れてよかったと思います。」by 鳥谷
「ヒサシブリネ。オメデトウ。ラッキー!キャプテンとがんばりましょう。」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 マートン ゴメス  
新井 安藤(4) 呉昇桓(6)
大和 梅野 加藤(5)
上本  [勝](2) 筒井(3)
緒方 俊介 清水
新井良 榎田  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 榎田大樹投手(2軍で調整し直しての再昇格。待たれる初勝利。)
IN 田上健一外野手(再昇格。緒方には負けられない。まずは足でアピール。)
OUT 岩田稔投手(交流戦はあと1回先発チャンスがあるかどうか。)
OUT 荒木郁也内野手(一塁の出場機会は今後の起用に幅が広がるか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年6月 7日 (土)

緒方、プロ1号でアピール。オリに連敗で正念場。

20140607 阪神●1-4○オリックス(甲子園) 勝利打点:坂口

毎日放送で8回ウラ途中まで中継。今日の先発は岩田(中5日)、オリックス・東明。今成を2番に入れ、福留が5試合ぶりのスタメン。初回、2回で3四球でチャンスをもらいますが、得点には結びつかず。東明は150キロをマーク。対する岩田は3回までパーフェクトピッチング。

4回、1アウトから平野がチーム初ヒットとなる2塁打。センターが左に寄っていた分、抜かれました。ここでセットポジションに代わった岩田が連続四球で満塁のピンチ。坂口のセカンドゴロ併殺崩れの間にバファローズに先制されると、続くT-岡田の1,2塁間への打球。上本が回り込むもタイムリー内野安打で2点め。

5回、2アウト1,2塁から糸井のライト前タイムリー。福留のバックホームも及ばず、梅野もブロックしきれず。さらにペーニャの打席で暴投の間に4点め。糸井は3塁まで進み、四球で1,3塁となった所で岩田KO。そのウラ、緒方がひじをたたんでコンパクトに振りぬくとライトスタンドへのプロ1号で反撃。

5回途中から代わった筒井が7回までノーヒットピッチング。珍しくカーブも投げてました。7回、馬原との対戦。2アウトから1,2塁のチャンスを作りますが、上本が力のないセカンドフライ。8回は佐藤達から先頭・今成が三塁前へセーフティバントを決めて内野安打。ここから暴投2つで2アウト3塁まで行きますが、マートンがファースト正面のライナー。9回は平野佳が締めて逃げ切られました。

4位ドラゴンズに1ゲーム差まで迫られ、Bクラス転落のピンチに。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  筒井(2) 金田(3)
鳥谷 緒方  
   
今成 ゴメス 岩田[負]  
上本 マートン 新井 福留 梅野  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

能見、4戦連続10Kも報われず。カード初戦は10連敗。

20140606 阪神●3-4○オリックス(甲子園) 勝利打点:T-岡田

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は能見(中5日)、オリックス・金子のエース対決。試合前から強い雨が降りながらのゲーム。先頭・上本が8球粘って四球を選ぶと、2アウト2塁からゴメスのレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに3回、大和が8球粘ってアウトになりますが、続く鳥谷が初球甘く入ったスライダーに反応し、ライトスタンドへの一発!

4回、先頭・新井が足がもつれそうな激走でショート内野安打。続く今成がバントの構えも見せながら、ヒッティングに切り替えて三振。この後、2アウト1,2塁のチャンスで上本がカウント3-0からストライク3つで三振。

ピンチは6回、平野が古巣に恩返しとばかりに猛打賞となるヒット。最初から飛ばした能見が少しバランスを崩しだして1アウト1,2塁のピンチでしたが、坂口、T-岡田を連続三振でガッツポーズ!7回に10個めの三振を取り、江夏氏に並ぶ球団記録、リーグ記録の4試合連続で2ケタ奪三振を達成。

7回、2番手・中山から先頭・上本が右中間へヒット。1アウト2塁から鳥谷が外角の落ちる球に合わせてショートの頭を越えるヒット。落ちるのを確認してから上本がスタートして激走のホームイン!ここで代わった岸田から追加点は取れず。

ここまで108球の能見を8回も行かせて、ヘルマンにストレートの四球。平野が4安打で無死1,3塁。続く糸井の内野ゴロの間に1点。ここで福原-清水のバッテリーに代えますが、2アウトから坂口に四球を出すと、T-岡田にストレートを狙い打たれて逆転3ラン。まだ球威が戻っていない印象です。清水は8回に代打を送られました。9回、止んでいた雨が強く降り出し、抑えの平野佳が2アウトから乱れましたが、代打・関本が惜しくも空振り三振。

8回の頭から福原はまだ不安があっての続投指示なのか。10カード連続の初戦黒星は呪われてる。交流戦ではカード2戦めは5勝1敗なので、明日は期待しましょう。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
能見  
鳥谷 ゴメス  
上本 今成 (3)
大和 梅野 緒方 日高
新井 俊介  荒木 関本
マートン 清水 福原[負](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

藤浪、復活の2連勝!156キロで悪い流れを止めた。

20140604 楽天●1-9○阪神(コボスタ宮城) 勝利打点:鳥谷⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中7日)、楽天・川井。DH制のない試合で初めて新井が6番サードで先発。俊介は7試合ぶりのスタメン。初回、2アウト1,2塁のチャンスでしたが、マートンが凡退で無得点。そのウラ、藤浪が1軍戦最速の156キロをマークしますが、2アウト1塁でジョーンズのピッチャーゴロ。手につかず焦ったか1塁悪送球の間に一気に先制のホームイン。

2回、先頭・新井が左中間への当たりで果敢に2塁を陥れると、続く俊介がバスター敢行しレフト前タイムリーで同点。返球がそれる間に2塁へ進むと、2アウトから連続四球で満塁のチャンス。ここで鳥谷がライト前へ2点タイムリー!川井はKOされ、元タイガースの上園にスイッチ。

3回、1アウト1,2塁から梅野が左中間オーバーの2点2塁打!さらに2アウトから上本がライト線オーバーのタイムリー2塁打。続く大和も詰まりながらセンター前タイムリー。この後、6点差ながら盗塁も決めました。この回4点で7-1とリード。4回、1アウトから連打で1,3塁のピンチを背負った藤浪。代打・小斉にはひざ元へのスライダーがわずかに外れて四球。思わずガクッとしましたが、ここは無失点でしのぎました。

6回、先頭・上本が1塁線フィールドシートに飛び込むエンタイトル2塁打。1アウトから鳥谷がレフトスタンドへの2ラン(今日4打点)。そのウラ、新井の1塁送球が低くなってしまい、ゴメスも捕れず。魔送球ぶりを発揮して今季初エラー。1,2塁のピンチもしのいだ藤浪。7回まで投げぬいて125球で4勝め。

8回は福原が復帰後初登板。キャッチャーも清水に代わりましたが、高めに浮く場面が目立ちました。ゲッツーもあって3人で抑えてまずまずの滑り出し。9回は筒井も再昇格後、初登板を3人で締めてゲームセット。

「60点。流れが悪い中、しっかり自分が流れを作ろうと思って上がりました。」by 藤浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 上本 大和 俊介  
藤浪[勝]  
新井 梅野 福原(2) 筒井(3)
ゴメス  
   清水 緒方 荒木
マートン 新井良
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
同じ日に“二刀流”大谷がプロ最速の160キロをマーク。負けられない。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年6月 3日 (火)

メッセ、敵地で完封目前からの逆転サヨナラ負け。

20140603 楽天○4x-3●阪神(コボスタ宮城) 勝利打点:牧田

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、楽天・則本。少し霧がかかっている中でのゲーム。初回、2アウトから1,2塁のチャンスを作りますが、マートンがサードゴロに倒れて無得点。5回まで両先発が1安打ピッチングを展開。

6回、2アウトから大和が22打席ぶりのヒットとなる左中間を破る3塁打。絶好調の鳥谷は3打席連続出塁となる四球で1,3塁としますが、ゴメスがサードゴロで先制ならず。

7回、先頭・マートン今成が連打。ここで梅野が送りバントを決めて1アウト2,3塁とすると、イーグルスは緒方を敬遠してメッセとの勝負を選びますが、タイガースベンチは続投の判断。そしてフルカウントから押し出しの四球でタイガース先制!2試合連続完封の則本から点を取りましたが、続く上本がピッチャーゴロ併殺に倒れて追加点ならず。

8回、イーグルスは福山にスイッチ。1アウトから鳥谷がピッチャー強襲の内野安打。そしてゴメスが外角スライダーを高々と打ち上げてレフト最前列へ放り込む2ランで3-0!さらに1,3塁のチャンスでしたが梅野がショートゴロ併殺。9回、1アウトから打席に立ったメッセが四球を選び、この後3塁まで行きますが無得点。ベンチに戻れなかったのが響きました。

8回まで108球、1安打ピッチングのメッセですが…先頭・西田がポテンヒット。続く代打・後藤が左中間オーバーのタイムリー3塁打。1点を返された所でベンチは呉昇桓にスイッチ。代打・ボウカーの犠牲フライで1点差。聖澤に痛烈なライトライナーで2アウトまで行きますが、岡島に内野安打を許すと、嫌な流れの中でジョーンズにはストレートの四球。ここで牧田が外角の速球に絞ってライトフェンス直撃。深めに守っていましたが、打球が大きく跳ね返って処理がわずかに遅れる間に2者が還ってまさかのサヨナラ負け。

メッセのビジター初勝利を目前に、9カード連続でカード初戦を落としました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー  
鳥谷 ゴメス  
マートン 今成  
   
大和 梅野 俊介
上本 緒方 呉昇桓[負]
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福原忍投手(内転筋の故障から再昇格。再び8回の男に。)
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩本輝投手(今回も2試合リリーフで降格。先発で見たい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年6月 1日 (日)

岩田、苦しいチームを救う8回1失点!連敗ストップ!

20140601 日本ハム●1-4○阪神(札幌ドーム
勝利打点:鳥谷⑤

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、日本ハム・上沢。大和が1試合でスタメン復帰し、緒方はライトで先発。初回、陽に2塁打を許してから1アウト3塁のピンチを背負いますが、大谷、中田を抑えた岩田が苦手の立ち上がりをしのぎました。2回も2アウト1,3塁のピンチで、ピッチャーの上沢があわやライトオーバーか?という当たりをなんとか止めました。

3回、先頭・緒方が左中間を破る2塁打。この後、岩田の送りバントが3塁フィルダースチョイスとなると、四球で無死満塁のチャンス。大和が三振に倒れますが、続く鳥谷が押し出しの四球を選んでタイガース先制!さらにゴメスが外角のストレートを右中間にはじき返し、走者一掃の3点2塁打で一挙4点!

5回、2アウトからマートンの打席。これまでの2打席で四球こそ選んでますが、ストライクの判定に不満を持っており、打つそぶりもなくイライラをつのらせてました。この打席は初球に外角でストライクを取られると、2球目と3球目でバットを早々と下ろし、打つ気がないジェスチャーも。見かねた和田監督が6回の守備から早くも下げました。

7回、連打と進塁打で1アウト2,3塁のピンチを背負った岩田。大野のセカンドゴロの間に1点を返されますが、低めを突く投球が決まりました。今日は8回まで投げぬいて4勝め。8回にはゴメスが多田野のスカイツリーボール(計測不能の遅球)にカウント1-2から遭遇し苦笑い。意外にもう少しでストライク取られそうでした。

9回は呉昇桓がマウンド。普段のセットポジションからノーワインドアップにフォームを変えてました。4失点以来のマウンドでしたが、3人で抑えて連敗を3でストップ!梅野も初めて守護神をリードできたのも良かったと思います。

「余計なことは考えずに、目の前の相手を倒すことだけを考えました。」by 岩田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩田[勝] 呉昇桓[S]
緒方  
ゴメス  
鳥谷 梅野  
上本 俊介
大和 今成 マートン 新井良
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »