« 能見、4戦連続10Kも報われず。カード初戦は10連敗。 | トップページ | 初回9点も虎鷹大荒れ。11カードぶりに初戦勝った! »

2014年6月 7日 (土)

緒方、プロ1号でアピール。オリに連敗で正念場。

20140607 阪神●1-4○オリックス(甲子園) 勝利打点:坂口

毎日放送で8回ウラ途中まで中継。今日の先発は岩田(中5日)、オリックス・東明。今成を2番に入れ、福留が5試合ぶりのスタメン。初回、2回で3四球でチャンスをもらいますが、得点には結びつかず。東明は150キロをマーク。対する岩田は3回までパーフェクトピッチング。

4回、1アウトから平野がチーム初ヒットとなる2塁打。センターが左に寄っていた分、抜かれました。ここでセットポジションに代わった岩田が連続四球で満塁のピンチ。坂口のセカンドゴロ併殺崩れの間にバファローズに先制されると、続くT-岡田の1,2塁間への打球。上本が回り込むもタイムリー内野安打で2点め。

5回、2アウト1,2塁から糸井のライト前タイムリー。福留のバックホームも及ばず、梅野もブロックしきれず。さらにペーニャの打席で暴投の間に4点め。糸井は3塁まで進み、四球で1,3塁となった所で岩田KO。そのウラ、緒方がひじをたたんでコンパクトに振りぬくとライトスタンドへのプロ1号で反撃。

5回途中から代わった筒井が7回までノーヒットピッチング。珍しくカーブも投げてました。7回、馬原との対戦。2アウトから1,2塁のチャンスを作りますが、上本が力のないセカンドフライ。8回は佐藤達から先頭・今成が三塁前へセーフティバントを決めて内野安打。ここから暴投2つで2アウト3塁まで行きますが、マートンがファースト正面のライナー。9回は平野佳が締めて逃げ切られました。

4位ドラゴンズに1ゲーム差まで迫られ、Bクラス転落のピンチに。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  筒井(2) 金田(3)
鳥谷 緒方  
   
今成 ゴメス 岩田[負]  
上本 マートン 新井 福留 梅野  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 能見、4戦連続10Kも報われず。カード初戦は10連敗。 | トップページ | 初回9点も虎鷹大荒れ。11カードぶりに初戦勝った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59780011

この記事へのトラックバック一覧です: 緒方、プロ1号でアピール。オリに連敗で正念場。:

« 能見、4戦連続10Kも報われず。カード初戦は10連敗。 | トップページ | 初回9点も虎鷹大荒れ。11カードぶりに初戦勝った! »