« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

生観戦。能見、大谷の一発に沈む。打線が見殺し。

20140531 日本ハム○3x-1●阪神(札幌ドーム
勝利打点:ミランダ

テレビ大阪で3回ウラから中継。今季3試合めの生観戦で初めて札幌遠征しました。先発は能見(中6日)、日本ハム・メンドーサ。不振の大和が今季初のスタメン落ちで、緒方が2番センターで先発。序盤3イニングは両先発が9人パーフェクトで抑える完璧な立ち上がり。メンドーサのスライダーに苦しみました。4回、先頭・上本がチーム初ヒットを放ち、得点圏までいきますが無得点。

6回、先頭・能見が四球を選ぶと、上本がバント成功。ここで緒方がライト前ヒットを放ち1,3塁とすると、中間守備のなかで鳥谷がピッチャー返し。センター前タイムリーでタイガース先制!畳みかける所でしたが、ゴメスが今日3打席連続三振。マートンも凡退。

7回、中盤から低めに決まりだして1安打ピッチングの能見でしたが、大谷に甘く入ったスライダーをライトスタンドへ持っていかれて同点。1球前のスライダーも強いファウルを打っていた矢先、やられました。続く中田もヒットで場内が一気にファイターズムードになりましたが、後続を抑えました。8回まで続投した能見はチーム8年ぶりとなる3試合連続の2ケタ奪三振!

8回、左の宮西が登板。先頭・上本がヒットを放つと、ここで緒方に代打・大和が送りバント成功。鳥谷がピッチャーのグラブを弾く内野安打で1,3塁とした所で右のクロッタへ。球威で押されてしまい、ゴメスマートンが凡退。9回、抑えの増井が同点の場面で登場。福留がサード内野安打(急造・近藤の送球が少しそれました)で、清水がスリーバント失敗。あわや2-6-3でゲッツーでした。ここで代打・新井が球審も手が上がりかかるボールを見極め、四球を選びますが無得点。

9回は加藤が左バッター2人を抑えた所で、安藤にスイッチ。中田には慎重に攻めて四球。この後、ミランダにカウント2-0と悪くしたところで取りにいったフォークを狙われてしまい、右中間スタンドへサヨナラ2ラン。2点めが最後まで取れなかったのが試合を厳しくしました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
能見  
鳥谷 上本 新井 加藤[H](2)
   
緒方 大和
今成 福留 俊介
ゴメス マートン 清水 安藤[負](3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
31日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 筒井和也投手(再昇格。苦しいリリーフ陣を救えるか。)
IN 荒木郁也内野手(内外野でチャンスを伺う。1軍定着にはあとは打撃。)
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩崎優投手(10日間空けて再先発へ。球威の回復を見たい。)
OUT 小嶋達也投手(安定感に欠く内容。5失点で一発アウト。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月29日 (木)

鳥谷、1500安打達成。チームは13失点大敗で連敗。

20140529 阪神●2-13○西武(甲子園) 勝利打点:炭谷

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(再昇格)、西武・菊池。緒方梅野が8試合ぶりのスタメン。初回、鳥谷の右中間へのヒット(通算1499安打)で1アウト1,3塁のチャンス。ゴメスが死球で満塁となると、マートンがセンター前への2点タイムリーでタイガース先制!

2回、メヒアが高く打ち上げたショート後方の当たり。風に流されて鳥谷がグラブに当てることもできず。無死1,2塁のピンチでしたが、大和緒方のファインプレーで切り抜け。4回も1アウト2,3塁のピンチでしたが、浅村を打ち取り。続く木村を三振に抑えてガッツポーズ。しかし5回、1アウトから金子侑が盗塁成功。そして秋山がフルカウントからセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打。2アウト後、栗山のタイムリーで同点とされた所でにスイッチ。

5回、2アウトから鳥谷が三遊間を破るヒットで通算1500安打達成!ところが6回、浅村のショートゴロ併殺コースながら上本が握りなおして1塁セーフ。2アウト後、炭谷にライト線を破られるタイムリー3塁打で勝ち越し。緒方のクッション処理も遅れました。続く金子侑もライトオーバーのタイムリー3塁打。ここで加藤に代えますが、秋山にタイムリーで2-5。

6回、2アウト2,3塁で緒方に代打・関本が四球を選んで満塁としますが、上本が凡退。7回、金田が1アウト満塁から代打・大崎にタイムリー。続く炭谷に犠牲フライでこの回2失点で5点差。8回は小嶋が炎上。中村のタイムリー、2アウト満塁から森本が走者一掃の3点2塁打、続く炭谷もタイムリー。9回は岩本が2アウトから連続2塁打で1失点。

交流戦、初めてカード2戦めを落としてしまい連敗。3位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷  
大和 マートン 関本
   
岩崎  
梅野 緒方 俊介 加藤(3)
上本 ゴメス 新井 新井良 [負](2) 金田(4) 小嶋(5) 岩本(6)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(中10日空けての先発。球威が戻ってくるかどうか。)
OUT 田上健一外野手(緒方の積極起用にしわ寄せが来た形。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

メッセ、初の中4日。3度勝ち越すも、終盤で競り負け。

20140528 阪神●5-7○西武(甲子園) 勝利打点:なし

サン→ABC→サンのリレー中継。BS1も完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中4日)、西武・牧田。初回、2アウト2塁から“おかわり君”中村にタイムリーを許してライオンズ先制。2回、ゴメスがアンダースローから浮き上がる高めストレートをバックスクリーン左へ放り込む10号ソロで同点!

4回、先頭・鳥谷から4連打!無死2,3塁からマートンのライト前タイムリーで勝ち越すと、続く新井が差し込まれながらセンター前へ落とすタイムリーで3-1と勝ち越し。ただこの後がつながらなかった。6回、無死1,2塁で福留がどん詰まりでバットを折られながら、進塁打で1アウト1,3塁から大和がセーフティスクイズも仕掛けますが三振。続く清水は死球でつなぎますが、上本が凡退。ここの仕掛けが悔やまれます。

7回、1アウトから木村がヒットと盗塁が悪送球を呼んで一気に3塁へ。2アウトから代打・大崎のタイムリーで1点差とされると、1,2塁からタイミングの合っている脇谷のタイムリーで同点。ちょうどメッセの100球めでした。そのウラ、岡本洋から無死1,2塁のチャンス。2アウトから新井がレフト前タイムリーを放ち、4-3と勝ち越し!

8回は安藤。連打で無死1,2塁のピンチから2アウトまで行きますが、代打・森本ひちょりに初球タイムリーを許して再び同点。そのウラ、代わった増田から先頭・福留がヒット。続く大和がスリーバントを決めますが、代打・関本はセカンドハーフライナー。上本がレフト前ヒット(前進守備)でつなぎ、1,3塁から今成のセンター前タイムリーで3度勝ち越し!

9回は呉昇桓。先頭・金子侑がヒットを放つと、1点差の場面で単独スチール成功。この後、無死1,2塁から脇谷のバント処理で呉昇桓が叩き付けてしまい3塁悪送球。この間に同点とされると、栗山は落ちる球で三振を取ったものの今季初出場の日高が後逸してしまい、ライオンズが勝ち越し。2アウトからメヒアにフェンス最上部(ビデオ判定)のタイムリー2塁打で勝負アリ。勝ちに行った試合、7カード連続で初戦を落としました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
新井  
今成 鳥谷 ゴメス  
上本 マートン 福留 メッセンジャー  
   
  俊介 緒方 安藤(2)
大和 清水 関本 日高 呉昇桓[負](3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月27日 (火)

藤浪、復活の8回無失点!全勝のロッテを止める。

20140527 阪神○2-0●ロッテ(甲子園) 勝利打点:ゴメス④

50試合めは振替試合で中継なし。今日の先発は藤浪(中6日※スライド)、ロッテ・涌井。今成が初の2番を任され、大和は9番でスタート。内容次第では2軍降格もささやかれた藤浪ですが、ノーワインドアップに戻してきました。最速は155キロ。3回までで2併殺を奪う、打たせて取るピッチング。

4回、先頭・鳥谷が四球を選ぶと、すかさず盗塁成功。そして次の球をゴメスがチーム初ヒットとなるレフト線へのタイムリー2塁打でタイガース先制!1アウトから新井がヒットでつないで1,3塁とすると、福留がフルカウントから7球めをレフト犠牲フライで2点め。

6回、藤浪が2アウトから1,2塁のピンチを背負いますが、井口を得意のカットボールで空振り三振!7回、1アウトからクルーズに死球。手首付近に当たり、明日以降の出場が心配されるとのこと。この後、ちょうど100球付近で球が抜け出したか四球で1,2塁。角中をピッチャーのグラブをはじきながらアウトで2アウトとすると、ここで代打・ブラゼル登場。ピンチの場面ではブラゼルを応援してあげれず、高めのつり球で三球三振!ガッツポーズ!

涌井は4回の2点だけ。得点圏には5回、7回と行きましたが、追加点までは入らず。今季一番良かったのではないでしょうか。対する藤浪も8回まで投げぬき120球。ベストピッチながら和田監督は手堅く9回は呉昇桓を投入。最速の154キロをマークし、2アウトからヒットを許しましたが、最後は今江に粘られ、頭を越されそうなセンターフライで抑えてゲームセット!

交流戦5戦負けなしのロッテに勝利。1試合マスクをかぶった清水にとって、良い経験になったのではないでしょうか。

「ふがいないピッチングが続いたので、必死のパッチで頑張ります!」by 藤浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
藤浪[勝] 呉昇桓[S]
ゴメス 清水  
上本 今成 鳥谷  
福留  
新井 マートン 俊介
大和  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 金田和之投手(再昇格。リリーフとして競った場面まで評価を上げたい。)
IN 日高剛捕手(今季初昇格。交流戦の切り札になれるかどうか。)
OUT 高宮和也投手(制球もバラつき、要所での登板は厳しかった。)
OUT 鶴岡一成捕手(わき腹痛を抱えながらの出場も、ここで離脱。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月25日 (日)

岩田、7回力尽き5失点。甲子園で3失策、DH不発。

20140525 阪神●2-5○ロッテ(甲子園) 勝利打点:荻野貴

朝日放送で8回ウラまで中継。今日の先発は岩田(再昇格)、ロッテ・藤岡。今年は甲子園でDH制を敷くことになり、ゴメスがDH。新井がファーストで今季初スタメン。7試合ぶりに良太俊介の右を起用。初回は三振ゲッツーで無失点で切り抜けた岩田。対する藤岡はバラつきながら、緩い変化球にタイミングをずらしてきました。

3回、先頭・角中に四球を出すと、1アウト2塁から江村のサードゴロを良太がバウンド合わず後逸。1,3塁から荻野貴のレフト線タイムリー2塁打でマリーンズ先制。さらに井口を敬遠ぎみに歩かせて満塁とした後、サブローにフルカウントからライト前へ2点タイムリーを許して3失点。

4回、連打で無死2,3塁の大ピンチ。加藤の三塁線への当たりを良太が止めて、ホームタッチアウト。続く江村を1-6-3のゲッツーに抑えると、そのウラ、1アウト満塁のチャンスでしたが良太鶴岡が凡退。5回、エラーも重なって1アウト1,2塁のピンチでしたが、新井が1塁線破りそうな当たりをスライディングキャッチ!そのウラ、1アウト1,2塁のチャンスで鳥谷が低めストレートを見切ったのですが…見逃し三振。

106球の岩田を7回も続投。ここは頭から代えてほしかったですが、1アウト1,3塁となった所でにスイッチ。カウント3-0からサブローが犠牲フライ。さらにクルーズにレフトオーバーのタイムリー3塁打で0-5。前進守備のマートンの頭を越えていきました

8回、疲れの見えた藤岡から鳥谷がライト線への2塁打を放ち、無死2,3塁となった所でカルロス・ロサにスイッチ。1アウトからマートンの内野ゴロの間にようやく1点。新井が四球を選ぶと、続く良太が1,2塁間を破るタイムリー!1,3塁で途中出場の梅野に代打・関本で勝負をかけますが、初球大きなレフトフライでチェンジ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
新井  
   
大和 鳥谷 新井良 岩田[負] 小嶋(3) 岩本(4)
上本 ゴメス 清水 今成 (2)
マートン 鶴岡 俊介 梅野 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(満を持しての交流戦での先発。長いイニングを投げたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月24日 (土)

鳥谷、猛打賞で再浮上の兆し!鷹との接戦制す!

20140524 ソフトバンク●3-4○阪神(ヤフオクドーム
勝利打点:清水①

毎日放送で3回ウラ途中から9回ウラ途中まで中継。今日の先発は能見(中7日)、ソフトバンク・中田。清水が4月6日以来、3度めのスタメンマスク。初回、先頭・上本がヒット。1アウト2塁から鳥谷のレフト前タイムリーでタイガース先制!しかし3回、1アウト満塁から李大浩にストレートの押し出し四球で同点。続く松田のショートライナーにジャンプした鳥谷のグラブを弾くタイムリーで勝ち越し。

4回、中田も制球が定まらず。1アウト満塁から福留がフルカウントから押し出しの四球を選んで同点。続く清水がセカンドゴロ併殺コースでしたが、ショート今宮が1塁悪送球でボールがこぼれる間に2者が還って、4-2と逆転!福留がゲッツーをブロックする走塁をしていた点を解説の矢野さんが評価してました。そのウラ、2アウト1,2塁から長谷川のタイムリーで1点差。

5回、無死1塁で大和のプッシュバント。ヘッスラで内野安打をもぎとると、鳥谷が猛打賞となるショートの頭を越えるヒットで無死満塁。ところがゴメスが3-2-3のゲッツー。マートンも凡退してまさかの無得点。ここからは両チームが次の1点を狙う攻防。能見も調子が良いようには見えなかったですが、自己最多タイの13奪三振。6回112球で降板。

7回は安藤。2アウトからヒットと盗塁でピンチを背負いましたが、不振の本多を空振り三振。8回は左の代打・明石を先頭バッターで送った所で加藤にスイッチ。先発を外れた内川は登場せず、ここは無失点で抑えました。9回は代打・良太がレフトポール際への大ファール。和田監督がビデオ判定を申し入れましたが、判定は覆らず。

9回は呉昇桓鶴岡のバッテリーに交代。先頭・長谷川にヒットを許し、李大浩との韓国の至宝対決(2人は同い年)。やや泳ぎながらレフト前ヒットで無死1,2塁の大ピンチ。ここで松田は差し込まれてセカンドフライ。ここから石直球の連続で粘られながらも、最後は2アウト1,3塁を抑えてゲームセット!ホークスは13残塁。

「その日その日っていう感じですけど、まあいい形で打てたと思います。」by 鳥谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 安藤[H](2) 加藤[H](3)
上本 今成 能見[勝] 呉昇桓[S](4)
大和 福留  
ゴメス 鶴岡
清水 新井良 新井
マートン  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 榎田大樹投手(明日先発する岩田と入れ替え。次回はどう起用するか?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年5月23日 (金)

メッセ、6回に落とし穴。ビジター0勝5敗の内弁慶。

20140523 ソフトバンク○4-2●阪神(ヤフオクドーム
勝利打点:李大浩

47試合めで初の中継なし。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、ソフトバンク・岩嵜。初回、2アウトから鳥谷が四球を選ぶと、続くゴメスが高めに浮いたスライダーを豪快にレフトスタンドへ。2試合連続の9号2ランでタイガース先制!

ここまで2試合連続完封のメッセ。3回、先頭・柳田に四球を出して2アウト3塁まで行きましたが、明石をショートライナーに打ち取り。4回は先頭・今宮にヒットを出しますが、続く内川が三振ゲッツー。5回には65球の岩嵜に代打を送り、早めにホークスが継投に切り替えてきました。

6回、先頭・明石、今宮の連打で無死1,3塁の大ピンチ。ここで内川の強めのサードゴロにバウンドを合わせられず、今成が今季初エラーがタイムリーに。内川は走塁中に足を痛めたようで交代。さらに李大浩にはカウント3-0からファウルで追い込みますが、最後はバックスクリーンに持っていかれて逆転3ランで2-4。

7回、続投の千賀が連続四球で無死1,2塁のチャンス。ここで鶴岡がバントできずバスターに切り替えて空振り三振。代打・関本がフルカウントから死球で満塁になった所で、セットアッパーの五十嵐登場。上本がフルカウントからカーブに空振り三振。さらに大和に代打・新井を送りますが、フルカウントから内角高めのボール球に手が出てしまい空振り三振。ここの3三振はすべてボール球ということもあり、厳しかった。

9回、サファテとの勝負。先頭・福留がヒットで出塁。ただ1アウトから盗塁を仕掛けて失敗してしまい、このままゲームセット。流れをかえれず後味の悪い試合に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷  
   
ゴメス 関本 小嶋(2) (3)
福留 メッセンジャー[負]  
上本  
今成 大和 マートン 鶴岡 田上 新井 新井良 緒方
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月21日 (水)

ゴメス、乱戦制す決勝弾!0点台リリーフ陣を攻略!

20140521 オリックス●6-7○阪神(京セラドーム大阪
勝利打点:ゴメス③

朝日放送で1回表途中から7回表途中まで中継。今日の先発は榎田(再昇格)、オリックス・東明。初回、先頭・上本がライト線2塁打で出塁すると、1アウト3塁から鳥谷のポテンタイムリーでタイガース先制!さらに2アウト2塁でマートンのショートゴロを半身の安達が弾く間に2点め(記録はヒット)。

0点に抑えながら1回に30球投げた榎田。2回は安達に大きく開いた左中間を破られ、タイムリー2塁打+大和のファンブルで3塁へ。さらに暴投であっさり同点。直後の3回、先頭・上本がヒット。1アウト2塁から鳥谷が右中間へのタイムリー2塁打で勝ち越し!

5回、連打で無死2,3塁とされると、ペーニャの内野ゴロで同点。竹原のセンターフライで3塁ランナーは自重しますが、2アウトから坂口に四球を出して1,3塁となった所でにスイッチ。代わり端、安達が初球スライダーをレフトスタンドまで持っていき、3-6と逆転。これが首位オリックスとの勢いの差なのか。

6回、0点台の比嘉が登板。先頭・マートンのショートゴロを安達が弾くと、1アウト1,3塁から鶴岡の代打・のゲッツー崩れの間に1点。続く鶴の代打・新井も初球、外よりのスライダーを豪快に振りぬいて同点2ラン!さらに上本が猛打賞となる2塁打でつなぎますが、勝ち越せず。

7回、加藤がこの回も続投。いきなりT-岡田に2塁打を許すと、1アウト1,3塁となった所で安藤にスイッチ。暴投で2,3塁から安達のセカンドゴロでホームタッチアウト。後続を抑えてピンチ脱出!8回も先頭バッターを四球で出しますが、2アウト2塁で糸井を敬遠。続くT-岡田を三振に抑えてここも切り抜けた!すると9回、0点台の佐藤達からゴメスが打った瞬間!5階席に放り込む130m弾でバットを放り投げました。最後は呉昇桓が締めてゲームセット。この試合を取れたのは大きい!

「いい仕事をしてくださった安藤さんの所に行きました。オオキニ!」by ゴメス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 上本 マートン 新井 安藤[H](4) 呉昇桓[S](5)
ゴメス  
大和 清水 関本
  加藤[H](3)
今成 鶴岡  俊介
福留 榎田 (2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 榎田大樹投手(10日間空けての再昇格。交流戦はリリーフも。)
IN 岩本輝投手(ロングリリーフ要員で再昇格。アピールしたい。)
IN 小嶋達也外野手(今季初昇格。貴重な左、抜け出せるか?)
OUT 秋山拓巳投手(リリーフは向いていないのか…。崩れ方がひどかった。)
OUT 二神一人投手(悪い流れを止めることができず。再調整。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

藤浪、プロ最短2回6失点KO。上本復帰戦は大敗。

20140520 オリックス○12-2●阪神(京セラドーム
勝利打点:ヘルマン

関西テレビで3回表から7回表まで中継。今日の先発は藤浪(中6日)、オリックス・西。10年めの交流戦がスタート。今年はビジターでDH制がない新たな取り組み。右手親指の骨折からわずか17日で復帰の上本が1番で即スタメン。

初回、先頭・平野恵に四球を出すと、続く安達のバント処理で藤浪が1塁悪送球で無死2,3塁。ヘルマンの内野ゴロの間に先制されると、2アウトから坂口の2点タイムリーでいきなりの3失点。2回も立ち直れず、平野恵が14球粘ってヒットを放ち、ここで藤浪の心が折れたか。1アウト1,3塁から安達がスクイズ成功。続くヘルマンに2ランを浴び、プロ最短の2回6失点KO。

3回、藤浪の代打・緒方がヒットで出塁すると、上本が右中間を破るタイムリー3塁打。0点台の西から得点すると、1アウトから鳥谷が犠牲フライで2-6。緒方をセンターに入れ、不振の大和が3回で下がりました。ただ代わった秋山が1アウトから炎上。ストレートの連続四球の後、伊藤に初球を3ラン。これで反撃ムードがなくなりました。4回は7点リードながらヘルマンが盗塁の後、坂口のタイムリーで2-10。ゲストのますだおかだ・岡田圭右(オリックスファン)も大喜び。

5回、鶴岡に代打・梅野を送って育成モードに。1アウトから緒方が今日2安打めのヒット。続く上本が三振の際、エンドランがかかっており、盗塁成功も無得点。3番手は二神が上がりますが、2イニングめの6回2アウトから3連打。坂口に今日5打点となるセンター前への2点タイムリー。

西は6回2失点で降板。7回、代わったマエストリから緒方が四球で出塁しますが、上本のピッチャーライナーで1塁も戻れずゲッツー。今日は打線も3併殺。藤浪は次回のロッテ戦が1軍生き残りをかけたマウンドに。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
マートン 緒方
   
上本 高宮(4) 加藤(5)
鳥谷 ゴメス 今成  田上
大和 福留 鶴岡 藤浪[負] 梅野 新井良 秋山(2) 二神(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 上本博樹内野手(17日で親指の骨折が治ったのか。スピード復帰。)
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩崎優投手(交流戦でも10日に1度のペースで先発に。)
OUT 柴田講平外野手(緒方の抜擢により、外野の一角を奪えず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

良太ダメ押し!5月初の勝ち越し。貯金6で交流戦へ。

20140518 阪神○4-1●DeNA(甲子園) 勝利打点:鳥谷④

朝日放送、BS1で完全中継。今日の先発は岩崎(再昇格)、DeNA・加賀美。梅野が9試合ぶりの先発マスク。2回、無死1,2塁のピンチを抑えると、そのウラ、ゴメスがレフトスタンドへの7号ソロでタイガース先制!さらに梅野がレフトフェンス際まで飛ばしますが、多村がジャンピングキャッチ。

キレのある直球で内角をどんどん突いていた岩崎ですが、5回につかまり。筒香に2塁打を許すと、多村に10球粘られて三振。しかし金城にレフトオーバーの2塁打で同点。さらに1,3塁で加賀美に代打・井手で勝負に出ましたが、セカンドライナー併殺。そのウラ、1アウト1,3塁で岩崎の代打・新井でこちらも勝負をかけますが、空振り三振。さらに代打・俊介も送りますが、ショートゴロで無得点。

6回は高宮。いきなり石川にライト線3塁打を許すと、1アウトから梶谷のセカンドゴロ。前進守備の大和がバックホームし、足が入ったかに見えましたがタッチアウト。中畑監督の猛抗議も実らず。ここで代わったが後続を抑えると、そのウラ、鳥谷がレフトポール際への2号ソロで勝ち越し!

7回、2アウトから梅野がセンターフェンス直撃の2塁打。ここから連続四球で満塁まで行きましたが、大和が空振り三振とブレーキ。8回、マートンがバース超えの虎通算744安打。この後、福留が四球でつなぎ満塁とすると、代打・良太がセンター前への2点タイムリーで貴重な追加点。9回は呉昇桓大和のエラーもありながら3人締め。貯金6、3ゲーム差の2位で10年めの交流戦に。

「本当…本当にまぐれです。ヒーローは鳥谷さん。やっぱカッコいいっすね。」by 良太
「カムサハムニダ。韓国からも一生懸命応援してくれて力になります。」by 呉昇桓
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  新井良
[勝](3) 安藤[H](4) 呉昇桓[S](5)
ゴメス 福留 梅野 岩崎
鳥谷 関本
今成 俊介
緒方 マートン 田上 清水  高宮[H](2)
大和 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(10日間空けて、開幕からの疲れが抜けるかどうか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月17日 (土)

生観戦。メッセ、2試合連続完封!甲子園で4勝無敗。

20140517 阪神○4-0●DeNA(甲子園) 勝利打点:今成①

関西テレビで4回ウラから中継。今季2度めの生観戦試合でした。先発はメッセンジャー(中5日)、DeNA・モスコーソ。連日の右投手との対戦ですが今日は今成福留を起用。両先発ともに150キロ前後の速球で序盤3イニングは0-0で立ち上がり、投手戦の様相。

4回、1アウトからゴメスがチーム初ヒットとなる痛烈なレフト線シングル。続くマートンがセカンド後方へポトリと落とすヒット(バースに並ぶ球団助っ人安打記録)を見て、ゴメスが3塁へ好走塁!ここで今成が1,2塁間を破るタイムリーでタイガース先制!福留もヒットで続き4連打で満塁とすると、鶴岡には初球のデッドボール押し出し。さらにメッセがピッチャーゴロ併殺コースでしたが、モスコーソの手につかずオールセーフで3点め。ただ1,2番でダメ押しはできず。

5回、1アウト1塁でマートンが右中間へのフライ。ここでゴメスのリードが大きく、あわや1塁ホースアウトという場面でしたが、送球もそれてヘッドスライディングで帰塁。ここから2アウト満塁とすると、鶴岡がまたも押し出しの四球を選んで貴重な4点め。モスコーソはこの回で降板。

7回、梶谷のサードファウルフライを捕った今成。実はこれが甲子園で初めてフライを捕ったそうで、お立ち台でも不安なコメントを残してました。7回まで1安打ピッチングのメッセが8回、1アウトからヒットを許したところで代打・ブランコ登場。カウント3-0から打って、やや詰まったレフトフライで助かりました。メッセは3安打に抑えて2試合連続の完封勝利!甲子園に限っては3試合連続完封、4勝0敗とホームで強い!

「甲子園球場、イチバン!完封は気分がいいです。」by メッセ
「先発のランディ・バースが・・・(笑)(サードは)打球がめちゃめちゃ怖いです。」by 今成
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
今成 メッセンジャー[勝]  
鶴岡  
ゴメス 福留  
   
緒方 マートン 鳥谷 俊介
大和  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

Rimg1417

Rimg1423

Rimg1426

Rimg1435

Rimg1444

Rimg1447

Rimg1452

Rimg1463

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月16日 (金)

能見、序盤3失点が響き自身3連敗。貧打が深刻。

20140516 阪神●1-3○DeNA(甲子園) 勝利打点:筒香

NHK総合でサブチャンネルで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、DeNA・井納。初回、いきなり石川が1塁前セーフティバントで出塁。2アウトからバルディリスに10球粘られて四球を出すと、続く筒香が初球レフト前タイムリーでベイスターズ先制。そのウラ、先頭・緒方が痛烈なライト前ヒット。1アウト2塁のチャンスでしたが、鳥谷ゴメスが連続三振。

3回、1アウト2塁からバルディリスのセンター前タイムリー。さらに2アウトから金城にもタイムリーを許して、早くも3点のビハインド。4回、2アウトからマートンがポテンヒットで出塁。さらにキャッチャーが前へ弾くスキをついて2塁へ好走塁でしたが、良太が空振り三振。井納の150キロ前後の球、スライダー、フォークの組み合わせに手が出ず。

5回、筒香のファウルフライをマートンがフェンス際、スライディングキャッチ!中盤以降は、能見がほぼ完ぺきなピッチングで逆に立ち上がりの失点が悔やまれます。8回まで投げぬいて131球、11奪三振。そして8回、代打・今成がレフトポール際へ放り込む2号ソロでようやく反撃。

9回、先頭・鳥谷がヒットで出塁。続くゴメスが浅いレフトフライ(金城が深い位置から猛ダッシュで捕球)に倒れ、ついに打率3割を切りました。それでもマートンのヒットで1,2塁のチャンス。ここで完投目前の井納が降板し抑えの三上にスイッチ。良太の代打・関本を送りますが、追い込まれてから痛恨のショートゴロ併殺でゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  今成
マートン (2)
能見[負]  
緒方  
大和 鳥谷 鶴岡 柴田 田上
ゴメス 新井良 俊介 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 鶴直人投手(今回は競った場面でのリリーフに入る形に。)
15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩田稔投手(先発で続けて結果を残しており、交流戦も期待。)
OUT 玉置隆投手(さほど悪くはなかったが、次回は安定感が求められる。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月14日 (水)

岩田、省エネ投法の復活。8回2失点でコイ料理!

20140514広島●3-4○阪神(どらドラパーク米子
勝利打点:マートン④

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中5日)、広島・小野。今成がライトでスタメンし、今季初の「Wリョウタ」が先発。初回、1アウト3塁から丸がレフト戦へのタイムリー2塁打でカープ先制。立ち上がりが心配される岩田が打者3人、わずか3人で1点を失いました。

3回、大和が粘って11球め。プロ9年目、1172打席めでのプロ初アーチ!これはロッテ岡田、巨人松本に続く現役3位。そして4回、マートンが高々と打ち上げながらレフト場外に消える勝ち越しの一発。さらに良太の当たりは丸のダイビングキャッチで阻まれますが、続く鶴岡がセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打で3-1とリード。

4回からは毎回、先頭バッターを塁に出すピンチの連続ですが、4回・5回・7回とダブルプレーに抑えて打ち取りました。6回は2アウト3塁のピンチでしたが、エルドレッドを空振り三振。昨日、延長でリリーフをつぎ込んだ分、78球で7回を投げぬいた岩田が8回も続投。先頭の上本弟にピッチャーのグラブをかすめるヒット。さらにストレートの四球で1,2塁のピンチを背負いますが、1アウト2,3塁から菊池の犠牲フライの1点のみ。

9回、大和がピッチャー強襲のゴロ。永川の左足に当たり、ここは続投しますが・・・鳥谷が初球、左中間を破る2塁打。野村監督がマウンドに上がり、中田にスイッチ。ここで当たりのなかったゴメスがセンターオーバーのタイムリー2塁打!そのウラ、呉昇桓がキラに場外への特大アーチ。前の球、ファウルフライを鶴岡が落球した直後の石直球でした。それでも後続を抑えてなんとか逃げ切り。

ヒーローインタビューなかったですが、岩田が3試合続けて結果を残したのは大きい。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩田[勝]  
大和 鳥谷 マートン 呉昇桓[S](2)
ゴメス 今成 鶴岡  
   
緒方 俊介  柴田
新井良  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月13日 (火)

呉昇桓、初のイニングまたぎ成功も・・・サヨナラ負け。

20140513 広島○2x-1●阪神(どらドラパーク米子
勝利打点:梵

テレビ大阪で10回ウラ途中まで中継。今日の先発は藤浪(中6日)、広島・九里。緒方が1番ライトでプロ初スタメン。3回、2アウトから緒方が左中間への2塁打(プロ初ヒット)を放つと、ボークの後で大和が二遊間を破るタイムリーでタイガース先制!

6回、2アウト2塁のピンチで好調エルドレッドを三振に抑えて3打席3三振。自己最多の10奪三振に抑えた藤浪。100球を超えてきた7回、先頭・キラにヒットを許すと、代走・赤松を投入。盗塁を決められた後、松山にセンター右へタイムリーを許して同点。なお無死1,2塁で会澤のバント処理。藤浪があわや3塁悪送球でしたが、今成が体を伸ばしてキャッチ!この後、セカンドゴロ併殺で切り抜けました。

9回、先頭・鳥谷が四球を選ぶと、ゴメスマートンが連続三振。2アウト2塁となった所でカープは今成を敬遠。ここで鶴岡に代打・新井で勝負に出ましたが、空振り三振。そのウラ、安藤が8回から2イニングを抑えて延長戦へ。

10回、玉置が2アウトから四球とヒットで1,2塁。ここで加藤にスイッチするも丸が三遊間への内野安打で満塁。絶体絶命のピンチで和田監督が呉昇桓を投入。エルドレッドとの真っ向勝負で空振り三振(今日は5打席連続三振)!初のイニングまたぎとなり、11回は1アウトからルーキー・田中にセンターオーバーの3塁打。この後、敬遠で1,3塁とすると、石原がサヨナラを狙ってスクイズ敢行。呉昇桓のグラブトスが決まってホームタッチアウト!清水もナイスブロック。

タイガース打線は12回までやって5安打。12回表も3人で終わって勝ちがなくなると、そのウラは二神がマウンドに上がりますが、先頭の梵が甘く入ったスライダーをレフトスタンドへサヨナラアーチ。カード初戦、4時間半のゲームを落としました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  安藤[H](2) 呉昇桓[H](5)
緒方 鳥谷 藤浪  
大和 清水
マートン  
今成 鶴岡 福留  俊介 玉置[H](3) 加藤(4)
ゴメス 柴田 新井良 新井 二神[負](6)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

メッセ、菅野との投手戦を制し完封!連敗ストップ!

20140511 阪神○1-0●巨人(甲子園) 勝利打点:鶴岡②

朝日放送で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、巨人・菅野。マートンが下痢で点滴を打つほどの体調不良で、今成が5番昇格。レフトには田上が入りました。2回、先頭・ゴメスのライトフライが浜風に流されて、長野が捕球できずヒット。続く今成の左中間へのヒットを見て、ゴメスが一気に3塁ヘッドスライディングの好走塁!1アウト後、鶴岡が2塁ベースをかすめて二遊間を破る渋いタイムリーでタイガース先制!

今日のメッセはフォークで空振りが取れなくて6回まで三振が取れず、内野ゴロの山。球数も少なく回を進めました。特に大和が守るセカンドに一番飛んできました。5回1アウトからロペスがチーム初ヒット。この後、2アウト1,2塁のピンチでしたが、菅野をセカンドゴロに打ち取り。

ポイントは6回、先頭・坂本にヒットを許しますが、片岡が初球バントファウルフライ。ここからアンダーソン、阿部を連続三振に抑えて無失点。そのウラ、1アウト1塁でゴメスの6-4-3の併殺コースでしたが、片岡が1塁悪送球。カメラマン席に入り、2アウト2塁の場面で今成を敬遠。続く福留はインスラに空振り三振で場内ため息。

菅野(今季6勝無敗)は8回の打席に代打を出されて、7回1失点の好投ながら初黒星。虎の子の1点をメッセが守り切りました。坂本の難しいゴロを鳥谷がさばくなど、バックの守りも堅かった。レフト方向への強い浜風の中、9回は3番からクリーンアップを3人で抑えて、今季2度めの完封勝利!GW9連戦は3勝6敗で終了。

「(お母さんのファンに)いろんな人を産んでくれてありがとう(笑)」by 鶴岡
「鶴岡さんは冗談でファウルボールマシーン。ハッピーマザーズデー。」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鶴岡 メッセンジャー[勝]  
今成  
ゴメス  
大和 鳥谷  
田上  
柴田 福留  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(今回の再昇格はロングリリーフのテストも兼ねる。)
IN 緒方凌介外野手(2軍の試合前から緊急合流。4試合がチャンス。)
OUT 榎田大樹投手(当初から一度抹消の予定。次は交流戦。)
OUT 福原忍投手(内転筋の張りを訴える。連日の救援失敗はこれか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年5月10日 (土)

榎田、6回1失点の好投も・・・連夜の逆転で4連敗。

20140510 阪神●3-6○巨人(甲子園) 勝利打点:アンダーソン

BS-TBS→毎日放送→BS-TBSのリレー中継。今日の先発は榎田(再昇格)、巨人・内海。セカンド大和、センター柴田で組んできました。3回、先頭・大田に四球を出してしまうと、2アウトから盗塁を決められた後、片岡のセンター前タイムリーでジャイアンツ先制。

4回、1アウトからゴメスがレフトフェンス金網直撃のタイムリー2塁打。2アウト1,2塁から鶴岡が粘ってフルカウントの8球め、ライト前タイムリーで同点!さらに1,3塁で柴田があまり良い当たりではないが、二遊間を破るタイムリーで勝ち越し!なお榎田のヒットで満塁まで行きましたが、KOまであと一歩及ばず。5回は大和の3塁ベースをかすめる2塁打と鳥谷の進塁打で1アウト3塁から、ゴメス。三遊間に3人守るシフトのなか、ボテボテのショートゴロで3点め。

榎田が6回101球で代打を送られ、7回は安藤が無失点に抑えると、2点リードで8回は福原が登板。1アウトから坂本に初球2塁打を許すと、続く片岡が初球ライト前タイムリー。2球で1点差に迫られ、アンダーソンには高め直球で三振に抑えますが、2アウト満塁から村田にタイムリー2塁打を許して同点。福原は2試合連続でリードを守れず。

同点の9回は呉昇桓が3人で抑えると、9回ウラは山口との勝負。先頭・柴田が猛打賞となるヒットで出塁すると、代打・田上が見事にバント成功。ここで原監督がマウンドに行き、1番俊介の代打・新井は敬遠。続く大和に期待がかかりましたが、初球サードファウルフライ。それでも鳥谷がレフト前ヒットで満塁まで行きますが、ゴメスが外角シュートに空振り三振。関本も居ただけにここで決めれなかった事が苦しい。

10回は二神が登板しますが、いきなり坂本、片岡の連続ヒット。鳥谷が逆を突かれながらダイブで打球を止めるのがやっと。左の高宮にスイッチし、アンダーソンにはカウント2-0からライトスタンドへの3ランで万事休す。初の4連敗で明日は菅野との対決。GW9連戦、2勝6敗で最後の戦いに。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
柴田 榎田 安藤[H](2) 呉昇桓[H](4)
  田上
鳥谷 ゴメス マートン  
大和 鶴岡 新井 玉置(7)
   今成
俊介 新井良 梅野 福原(3) 二神[負](5) 高宮(6)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 榎田大樹投手(満を持しての巨人戦先発。再びローテ入りしたい。)
OUT 荒木郁也内野手(上本が抜けたセカンドの代役チャンスを活かせず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月 9日 (金)

能見、7回に逆転負け。貧打の緑虎、初の3連敗。

20140509 阪神●2-4○巨人(甲子園) 勝利打点:長野

BS1で完全中継。今日の先発は能見(中5日)、巨人・大竹。甲子園90周年の限定ユニフォームで登場。柴田が8番ライトで今季初スタメン。さっそく初回のスライディングキャッチで魅せました。2回、無死1塁で今成の1,2塁間を破りそうな当たりに、しゃがんだマートンに当たって1人アウト。2アウトから柴田が15球粘って四球を選びましたが、惜しくも無得点。大竹は2回で51球。

4回、ゴメスが初球を豪快に振りぬいて左中間スタンドへの6号ソロで先制!坂本には良い当たり(大和のフェンス際キャッチ)をされながら、実はパーフェクトピッチングを続けていた能見が5回2アウトからロペスにライト前ヒットを許して、場内からため息。そのウラ、能見がセンター右を破る2塁打も無得点。

6回、2アウトから坂本にヒット&盗塁を許すと、片岡のタイムリーで同点。続くアンダーソンのボテボテの打球処理で能見がわずかにスリップして顔をしかめました。続投させた7回、いきなり阿部にストレートの四球を出すと、1アウト2,3塁で長野のタイムリーで勝ち越し。さらに満塁で代打・井端が痛烈なサードゴロ。追いついた今成が尻もちをついてタイムリー内野安打。さらに坂本の犠牲フライで1-4。

7回、西村を攻めて1アウト1,2塁のチャンスで、1番荒木の代打・新井がセンター前タイムリー!ここで3塁側ベンチとブルペンの電話が故障で混乱のなか、久保にスイッチされて、大和鳥谷がフォークに連続三振。次の守備からセンターには柴田が回りました。ビハインドの展開で8回からは高宮二神が格上のバッター相手にパーフェクトで抑えたのは大きい。

9回、山口を相手に2アウトから代打・良太がヒットを放ちますが、ここまで。初の3連敗で苦しくなってきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  新井
柴田 高宮(2) 二神(3)
ゴメス 能見[負] 福留 新井良
大和 鳥谷 梅野
マートン 今成 鶴岡 田上  俊介
荒木 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月 8日 (木)

岩田、連続好投で復活も・・・逆転サヨナラ負け。

20140508 中日○2x-1●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:荒木

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(再昇格)、中日・雄太。今季2度めのセカンド大和で対左投手の時はそれでいくのか。初回、立ち上がりが苦手な岩田が無死1,2塁のピンチを切り抜けると、両先発による投手戦に。4回、平田の左中間への当たりは、俊介がスレスレでのダイレクトキャッチ&一回転。さらに大和もセカンドでダイビングキャッチも決めました。

7回、先頭・鳥谷が死球。ここから1アウト1,2塁のチャンスで良太が1,2塁間を破るタイムリーでタイガース先制!なお1,3塁のチャンスで福留がファーストゴロ併殺。ゴロゴーのマートンがホームでアウトに。岩田が7回122球で降板し、8回は福原がマウンドに上がりますが・・・2アウトからルナにライト最前列に放り込まれて、まさかの同点。

9回、ルーキー・又吉が前の回から4者連続三振に抑えていましたが、鳥谷への四球から急変。3連続四死球で1アウト満塁のチャンスでしたが、良太がタイミング合わずに空振り三振。続く福留もセカンドゴロで三者残塁。これで流れが厳しくなりました。

そのウラ、安藤が登板。苦手の森野にいきなりレフトフェンス最上部への2塁打。和田を敬遠し、堂上直のバントをうまく処理して3塁ホースアウト。続く谷繁監督に代打・小笠原が出てきた所で加藤にスイッチ。1,2塁でセカンドゴロ併殺コースも1塁ランナーが立ち止まったことで、先に1塁アウトを狙った大和が高く悪送球。このまま1,2塁間で挟殺プレーの間に2塁・和田がホームを狙うもタッチアウト。この後、2アウト満塁で和田監督が初めてマウンドに行きますが、荒木が初球レフト前タイムリーでサヨナラ負け。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩田  
   
鳥谷 新井良  
俊介 マートン 鶴岡
大和 福留 今成 安藤[負](3) 加藤(4)
ゴメス 福原(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(前回が良かっただけに、続けての結果が求められる。)
OUT 岩崎優投手(開幕ローテから疲れが出てきたか。新人で大活躍。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月 7日 (水)

岩崎、3度めで竜が攻略。代役濱田に完封負け。

20140507 中日○7-0●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:ルナ

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(中5日)、中日・濱田。昨夜のヒーロー梅野が先発マスクで12年ぶりに新人バッテリーが実現。試合前、予告先発の川上が腰の張りを訴え、和田監督の了承もあって2年目左腕の濱田が先発。藤浪と同級生で初先発とのことですが・・・なぜか打てない。ストレートとスライダーのコンビネーションで3回までで早くも5三振。

3回、2アウト1,2塁のチャンスで鳥谷が凡退すると、そのウラ、2アウトから荒木がヒット&盗塁成功。1,2塁でルナがレフトフェンス直撃のタイムリーでドラゴンズが先制すると、続く平田にも2点タイムリーが飛び出して、ドラゴンズ戦3度目の先発で岩崎がつかまりました。

5回には1番に入った俊介が今日2つめの盗塁で気を吐きますが、後続が連続三振。そのウラ、2アウトからルナ、平田に連続四球を出すと、森野にセンター前タイムリーを許して4点め。110球で岩崎がKO。このまま抹消の可能性も出てきました。代わった玉置がいきなり和田にスライダーが浮いたところを3ラン。一気に試合が決まりました。

得点のチャンスは7回、2アウトから大和が14打席ぶりのヒットとなる2塁打で2,3塁のチャンスを作りましたが、鳥谷が合わせる形のショートゴロで無得点。7回、8回と高宮が2イニング行ってくれたことで、投手3人で試合を終わらせたのは9連戦中ということで少し大きかった。

代役の濱田が133球、11奪三振でプロ初完封のおまけつき。育成モードに入ってしまったタイガース、今日は完敗。明日の岩田(再昇格)にカード勝ち越しを託します。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
俊介  
   
ゴメス マートン 高宮(3)
大和  
  柴田 今成 新井 玉置(2)
鳥谷 新井良  梅野 岩崎[負]  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月 6日 (火)

梅野、強攻策で決勝弾!最後の野手が延長戦制す!

20140506 中日●3-6○阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:梅野①

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中5日)、中日・山井。荒木を1番セカンドに抜擢。2回、先頭・ゴメスが1塁線を破る2塁打。1アウト3塁から今成のレフト前タイムリーでタイガース先制!そのウラ、藤浪が荒れだしますが和田を三振に抑えた150キロのスプリットが圧巻で三者連続三振。ただ3回、2アウト2塁からルナに内角高めをレフト線へ持っていかれて同点。

5回、谷繁監督が14球粘って死球でひとにらみ。続く山井のバントで鶴岡が重なるようにタッチ後に2塁送球し、2塁はタッチプレーで2-6-3と渡るも2塁は残る形に。この後、2アウト3塁のピンチで岩崎のショートライナーに鳥谷が横っ飛び!これで藤浪が疲れたか、6回の先頭・ルナに四球。100球を超えてくると1アウト2,3塁から和田の内野ゴロの間に勝ち越し。

7回、2アウトから鶴岡が左中間オーバー。少しお見合いする形で2塁打に。ここで代打・新井が四球を選ぶと、荒木の代打・関本がフルカウントからライト線を破った!1塁から走った新井がホームタッチアウトで同点どまり。代走の判断は難しいところ。そのウラ、加藤-清水のバッテリーになり、2アウト1塁で安藤にスイッチ。ただ1,3塁から平田、森野に際どい所を取ってもらえず連続四球で押し出し。

1点を追う9回、岩瀬との勝負。先頭・マートンが粘って9球めをヒット。続く今成もバント成功。2アウト3塁で代打・良太登場も前回ホームランされたこともあってか敬遠され、続く代打は俊介。追い込まれて低めのボール球を叩き付けてサード内野安打!執念のヘッドスライディングで追いついた。梅野以外の野手を使い果たし、大和がまたセカンドするのかなと思いきや、ここで今成がプロ初のセカンドに回る緊急事態に(笑)

セカンドに打球が飛ばないもので9回ウラは福原が3人で抑え、10回からは再昇格の二神。球速がなかなか出てこなかったですが、打者5人パーフェクト。11回2アウトから高宮がワンポイント(全部ボール球ながら打ち取って、6年ぶりの勝利投手に)。

12回、先頭・良太がヒットで、最後の野手・梅野が代打で登場。(次の清水、大和が音なしで)バントさせず強攻策が大成功!打った瞬間とわかる2ランで勝ち越し!清水も乗せられて2塁打でつなぐと、1アウト3塁から鳥谷のタイムリー2塁打でダメ押し。最後は呉昇桓が3人締め。セカンド今成にもハーフライナーが。今季最長4時間47分。

「先輩達が粘ってここまでしてくれて、自分がここに立てたんだと思います。」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  関本 俊介 梅野
玉置(4) 福原[H](5) 二神[H](6) 呉昇桓[S](8)
鳥谷 今成 ゴメス  
マートン 鶴岡 藤浪 清水 新井良 加藤(2) 高宮[勝](7)
福留 田上 新井
   安藤(3)
荒木 大和 柴田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 二神一人投手(2度めの昇格。苦しい右のリリーフ陣を助けたい。)
IN 玉置隆投手(初昇格。今年で10年めで念願の初勝利なるか。)
OUT 金田和之投手(開幕から頑張っていたが、安定感がほしい。)
OUT 伊藤和雄投手(炎上劇で1度出直し。背番号92には期待したい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月 5日 (月)

大和、セカンド復帰の緊急事態。またも神宮で大敗。

20140505 ヤクルト○13-1●阪神(神宮) 勝利打点:荒木

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、ヤクルト・八木。2012年7月以来に大和がセカンド復帰。センターには俊介が入りました。初回、1アウト1,3塁から4番に入った畠山の犠牲フライであっさりとスワローズ先制。2回、1アウト1,3塁で福留のファーストゴロの間にマートンが間一髪ホームイン。

2回、荒木の今季1号ソロでスワローズが再び勝ち越し。4回、2打席続けてのマートン良太の連打で2アウト1,3塁のチャンスでしたが、福留がセカンドゴロで無得点。するとそのウラ、雄平がバックスクリーンへの特大アーチ。これで切れたか、連続四球と中村のタイムリー。さらには山田の犠牲フライで1-5。前回の完封劇とは別人のメッセ、フォークを振ってもらえず苦しみました。

5回からは金田-梅野のバッテリーに。しかし雄平に2打席連続の一発を許して2失点で1-7。ここからさらに3連打(計5連打)で無死満塁とされますが、福留のバックホームもあって犠牲フライを阻止。5試合無失点を続けていましたが、今日はやられました。

7回、良太(猛打賞)、福留の連打で無死1,2塁のチャンス。ここで代打・新井登場もレフトフライ。2アウトから俊介がストレートの四球を選んで満塁としますが、大和が高めのストレートに差し込まれて凡退。そのウラ、伊藤和が大炎上。フォーム修正でストレートのキレは戻っても、コントロールがバラバラ。敗戦処理として2イニングで6失点、一度ファームに落とされる可能性も。

9回、2アウトから代打・荒木がセンター前へプロ初ヒット。救いはこれぐらいか。大和はセカンド守備を無難にこなしたかに見えますが、打線は機能せず。5カード連続の勝ち越しを逃し、この9連戦は厳しい戦いになりそうです。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
新井良  
マートン 福留 荒木
俊介 ゴメス 高宮(3)
  柴田 
大和 鳥谷 鶴岡 メッセンジャー[負] 梅野 新井 金田(2) 伊藤和(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 柴田講平外野手(初昇格。外野陣の一角に再び入れるか。)
OUT 鶴直人投手(好投もチーム事情で抹消。再び先発チャンスを。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月 4日 (日)

鶴、初先発は6回1失点で初勝利。連敗ストップ!

20140504 ヤクルト●1-4○阪神(神宮) 勝利打点:関本②

サンテレビで完全中継。今日の先発は(再昇格)、ヤクルト・ナーブソン。西岡の代役として大活躍の上本が右手親指の骨折で離脱し、荒木が8番で昇格即スタメン。左相手ということもあり、大和俊介の新1,2番を組んできました。2回、2アウト2塁から梅野が高々と叩き付けるピッチャーゴロで、ナーブソンが1塁悪送球の間にタイガース先制!そのウラ、2アウト1,2塁から中村にレフト線へのタイムリー2塁打で同点。

3回、1アウト2塁のピンチで川端のファウルフライを梅野が落球。失点につながらなかったものの、相手の3番、4番相手という所だったのでヒヤヒヤしました。逆に4回、ゴメスが鋭いレフト線へのシングル。1アウト1,2塁で良太がいい当たりのセカンドライナー。山田がジャンプで捕ってしまいゲッツー。

1-1の7回、1アウトから梅野が左中間オーバーの2塁打。ここで荒木に代打・新井を送りますが、高々と打ち上げるセカンドフライに倒れて声を上げて怒ってました。さらに好投の(6回105球)に代打・関本で勝負。初球、ど真ん中に入ってきたチェンジアップを弾き返し、前進守備のセンターを越えていくタイムリー2塁打で勝ち越し!

そのウラ、安藤梅野のリードに首を振りながら、1アウト2塁のピンチで連続三振!8回は福原が3人で抑えるナイスピッチ。3アウトめの雄平から通算1000奪三振の記録も達成。足を痛めているバレンティンが8回の守備から下がっていたのも実は大きかった。

1点リードの9回、1アウト1塁で代打・今成。スワローズも左の久古に代えましたが、初球のスライダーをライトスタンドへ放り込む貴重な2ラン!そのウラ、呉昇桓がボールが高めに上ずりながらも無失点で抑えて7セーブめ。谷間ので試合を取れたのが大きい。1日で2位復帰。

「梅ちゃんがしっかり引っ張ってくれてインコースを使ってくれた。」by 鶴
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 [勝] 関本 今成 安藤[H](2) 福原[H](3)
ゴメス 呉昇桓[S](4)
   
マートン  
鳥谷 荒木  田上 鶴岡
大和 俊介 新井良 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 鶴直人投手(今回は先発での昇格。谷間からローテを狙う。)
IN 荒木郁也内野手(二塁手が不足して緊急昇格。アピールしたい。)
OUT 渡辺亮投手(2度めの降格。球威が戻ってこないと苦しい。)
OUT 上本博紀内野手(西岡の抜けた穴を十二分に埋めたが、無念の骨折。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年5月 3日 (土)

能見、8回に力尽き9連戦黒星スタート。上本負傷。

20140503 ヤクルト○5-2●阪神(神宮) 勝利打点:飯原

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、ヤクルト・木谷。今成が8試合ぶりのスタメン。初回、上本がカウント3-0から追い込まれて凡退。3回、連打と送りバントで1アウト2,3塁のピンチを背負いましたが、山田のライトライナー性の当たりを福留がダイレクトキャッチで先制を許さず。

4回、1アウト1塁で雄平のセカンドライナー。目の前で打球が揺れたか上本が右手に当ててセンター方向へ大きく後逸。5回の守備からが入り、右手にタオルを巻いて球場を後にする姿が見られました。親指の負傷とのことで折れてなければいいのですが・・・。5回、1アウト2塁から山田のタイムリーでスワローズ先制。

7回、先頭・ゴメスがバックスクリーンへ行ったかに見えましたが、逆風に押し戻されてフェンス直撃のヘッドスライディング3塁打。1アウトから今成がふらふら~っとレフト前へポトリと落とすタイムリーで同点!ボールが転がる間に2塁まで行きますが、勝ち越すことはできず。

8回、2アウトから大和が四球を選んで、久古にスイッチ。ただ牽制で誘い出されてアウト(対戦打者0で勝利投手に)。これで流れが変わったか、続投の能見が1アウト2塁からバレンティンを敬遠。この後、代打・飯原に変化球が浮いた所をライトオーバーのタイムリー2塁打で勝ち越し。畠山も敬遠して満塁となり、続く荒木が初球をセンター前へ2点タイムリーで能見降板。急きょ交代した金田も中村にタイムリーで5点め。何とか抑えました。

9回、抑えの山本哲との勝負。2アウトからマートンがヒットで出塁すると、1塁ベースを空けて記録の残らない盗塁成功。それでも今成が猛打賞となるショート後方へ落とすタイムリーで1点を返しました。9連戦は黒星スタートで3位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
今成  
   
ゴメス 能見[負]  
大和 マートン  金田(2)
鶴岡  
上本 鳥谷 福留  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

プロ野球スピリッツ5査定(大瀬良大地)

大瀬良 大地 背番号:14 背名前:OHSERA
所属:広島東洋カープ 投手 右投げ(オーバースロー) 右打ち
球速:153km/h スタミナ:C(46) 先発調整力:D(14) 疲労回復力:D(13)

【ストレート】球威:C コントロール:C
【スライダー】球威:C コントロール:D 変化レベル:3
【カットボール】球威:D コントロール:D 変化レベル:3
【スローカーブ】球威:E コントロール:E 変化レベル:2
【フォーク】球威:E コントロール:E 変化レベル:2

【起用法】先発 8回以上 4~6点 スタミナ超え-
【プロスピ顔コード】249 6XO GNE BYS XVH LY9 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

岩崎、またも大瀬良に完敗。プロ初完投を献上。

20140501 阪神●1-6○広島(甲子園) 勝利打点:ロサリオ

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(中6日)、広島・大瀬良。勝てば初の単独首位というゲーム。序盤は静かに立ち上がったかに見えましたが、3回、ロサリオにバックスクリーンへ持っていかれてカープ先制。今日は4打数4安打の大当たり。この後、堂林のレフト線への当たりにマートンがフェンス際スライディングキャッチ!そのウラ、福留鶴岡の連打で無死1,2塁のチャンスでしたが、岩崎のスリーバント失敗を含めて後続が凡退。

4回、先頭・菊池にヒットを許すと、バッテリーエラーもあって1アウト3塁からエルドレッドにレフト前タイムリーを許し、痛い2点め。さらに2アウトからロサリオに左中間へタイムリー2塁打を許して0-3。苦しい投球が続きましたが、5回も続投させ、連打で1アウト1,2塁となった所で岩崎KO。代わった渡辺がエルドレッドに3ランを許してしまい、今日はこれで勝負アリ。

6回からは伊藤和梅野のバッテリーに交代。2アウト3塁から梅野がボールを前に弾くスキに、がら空きのホームをロサリオが狙いましたがタッチアウト。見る角度によってはセーフの気も。球速は130キロ台後半ですが、次第にうまくストレートを叩いて投げてスピンが効いていた印象です。なんと3イニングを投げぬきました。

6回、先頭・上本が右中間オーバーの2塁打。ただ大和のピッチャーゴロに飛び出してしまい、チャンス拡大には至らず。完封ペースの大瀬良から、8回2アウトから連続四球でチャンスを作りますが、鳥谷が初球セカンドライナー。9回、ゴメスがバックスクリーンへ放り込む5号で完封を免れるのがやっと。2アウト2,3塁のチャンスを作りますが、代打・新井がセカンドゴロに倒れて、148球のプロ初完投。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   伊藤和(3)
ゴメス 福留  
上本 鶴岡 高宮(4)
大和 鳥谷 マートン 梅野 田上 俊介
新井良 岩崎[負] 今成 新井 渡辺(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »