« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

鶴岡、先発で驚異の勝率。乱戦制し甲子園10連勝!

20140430 阪神○8-4●広島(甲子園) 勝利打点:鶴岡①

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は藤浪(中7日)、広島・野村。2回、先頭・マートンが日米通算1000安打となるヒット。1,2塁で福留の当たりが2塁ホースアウトになる珍しいライトゴロ。この後、鶴岡のタイムリーで先制すると、2アウト満塁から大和タイムリー、鳥谷2点タイムリー、ゴメスがバックスクリーン左への3ランで7-0!しかしこれが波乱の幕開け。

3回、先頭のピッチャー野村に四球を出すと、田中のセカンドゴロ併殺コースでしたが・・・上本が2塁へ悪送球。続く菊池のタイムリーで1点。マートンの中継が乱れる間に2,3塁とされ、丸に2点タイムリー。1アウトから松山にもタイムリーを許し、7-4と試合がわからなくなってきました。この後、セカンドゴロでボールが手につかない上本。焦りました。

そのウラ、福留のヒットを足掛かりに2アウトから藤浪自らヒット。1,3塁で上本が汚名返上とばかりに三遊間を破るタイムリーで1点追加。5回は制球がバラバラになった藤浪。四球と内野安打で無死1,2塁とされ、タイミングの合っている松山がピッチャー強襲。グラブに収まり、状況判断で2塁送球もボールが引っかかりましたが鳥谷が何とか止めて1アウト。ここで梵をフルカウントからカットボールで三振ゲッツー!

5回、鶴岡がバントを決めて1アウト2,3塁のチャンスとした所で藤浪に代打・新井をコール。追い込まれてから難しい内角球をひっかけてサードゴロ。三本間に挟まれました。この後、2アウト満塁で大和に回りましたが、惜しくもピッチャーゴロ。6回は金田良太のエラーと自らの暴投で、2アウト2,3塁のピンチを背負いましたが無失点。

7回は加藤。丸のファーストゴロでゴメスのトスを受けれず、今日4つめのエラー。1アウト1,2塁のピンチとなった所で安藤にスイッチ。梵を4-6-3のゲッツーに抑えてピンチ脱出!8回は福原が足に打球を受けながら抑えると、9回は呉昇桓。高めの石直球でエルドレッドを空振り三振に抑えたのは圧巻!あの2003年以来、甲子園10連勝!首位カープとゲーム差なしに。

「鶴岡です、よろしくお願いします。2003年…?すいません覚えてません。」by 鶴岡
「(リーグトップの33打点に)チームの勝利につながる一つで満足してます。」by ゴメス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鶴岡 安藤[H](4)
ゴメス 鳥谷 上本 福原(5) 呉昇桓(6)
福留 金田(2) 加藤(3)
新井良  
大和 マートン 藤浪[勝]
  新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月29日 (火)

福留、投手戦を制する一発!メッセ12Kで初完封!

20140429 阪神○1-0●広島(甲子園) 勝利打点:福留①

関西テレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、広島・バリントン。首位カープと2ゲーム差で迎えた首位攻防戦。試合前から雨が降る中、阪神園芸さんの尽力もあり30分遅れて試合開始。今日から統一球が規定値に収まるものが供給されて、打球が飛ばなくなるのか?今後の影響が注目されます。

雨の試合は先制点がポイントになることもあってか、両先発がテンポの良いピッチングを展開。球審杉本の両サイドに広いストライクゾーンに打線が苦しみました。5回を終わってメッセが9奪三振(被安打1)。バリントンはパーフェクトピッチング。

6回、先頭・バリントンがヒットで出塁。続く堂林がバスターに切り替えますが、前進守備の良太が反応して5-4-3のゲッツー完成。抜けていれば苦しい展開でした。そのウラ、福留がレフト線へ良い当たりを放ちますが、ロサリオに一直線で追いつかれました。

7回、2アウトから鳥谷がレフト線への2塁打を放ち、ついに完全試合を破りました。ただゴメスが初球サードゴロに倒れて今日は3打席凡退。連続試合出塁の記録が27で止まりました。打てる気配がなかったのですが・・・8回、2アウトから福留が外角低めのツーシームをバックスクリーン右へ放り込む一発でタイガース先制!これが甲子園15打席めで今季初ヒット。日本球界200号のメモリアル。

9回もメッセンジャーがマウンドへ。先頭のバリントンの代打・田中が四球を選びますが、続く堂林がバントフライ。この後、代走・赤松を送りますが、カウント1-1からサインを見破り、ウエストして鶴岡が盗塁を刺す好プレイ!メッセが119球で今季初完封!被安打2、自己最多タイ12奪三振で、試合時間は2時間ジャスト。

「福留さんのおかげで勝ちがつきました。アリガト、フクドメさん。」by メッセ
「人のいない所に打てたら。鳥谷や関本が自分の事のように喜んで。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 メッセンジャー[勝]  
鶴岡  
   
鳥谷   
新井良
上本 大和 ゴメス マートン  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高宮和也投手(初昇格。貴重な左のリリーフで結果を出したい。)
IN 清水誉捕手(開幕スタメンだっただけに、今回は奮起したい。)
28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 歳内宏明投手(2度目の先発もゲームを作れず。下でやり直し。)
OUT 筒井和也投手(ここまで悪いなりに抑えたが、日曜のゲームをぶち壊した。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月27日 (日)

梅野、最後の打者でプロ初アーチ。ベイに一矢。

20140427 DeNA○8-4●阪神(横浜) 勝利打点:バルディリス

よみうりTVで3回ウラから8回表まで中継。今日の先発は歳内(再昇格)、DeNA・モスコーソ。初回、大和が2塁へ盗塁を決めた後、1,2塁でゴメスの三振の際にスタートがかかっており、鳥谷とのダブルスチール成功も無得点。そのウラ、先頭バッターを牽制で刺した歳内ですが、制球が定まらず2アウト満塁からバルディリスにレフト線への3点2塁打を許し、ベイスターズ先制。

3回、歳内のベースカバーが遅れて内野安打にしてしまうと、1アウト3塁から筒香にタイムリーを許した所でKO。代わった渡辺が連続四球で満塁の大ピンチでしたが、靍岡をゲッツーに打ち取り。すると4回、2アウトからマートンがチーム初ヒットを放つと、続く良太が外角高めストレートをライトスタンドへの2ラン!

5回、1アウトから上本大和の連打で1,3塁のチャンスを作ると、鳥谷が崩されながら犠牲フライで1点差。続くゴメスもセンター前へ良い当たりを放ちますが、荒波がダイビングキャッチ。そのウラ、3番手・筒井が大乱調。1,3塁からバルディリスに4打点めとなるタイムリー。ここから3連続四球で2人を押し出し。代わった金田がセカンドゴロに打ち取るも、上本のバックホームがそれてオールセーフ。計4点で3-8と苦しい展開。

6回、ベイスターズ・大田が無死1,2塁としてゲーム展開が落ち着かず。ただ福留がミスショット気味のライトフライで1アウト1,3塁とすると、鶴岡のサードゴロが悪夢。三本間にマートンが挟まれた後、良太が三遊間に挟まれる変則ゲッツー。ネクストに新井が控えていただけに残念。

8回、3打席凡退のゴメス。連続出塁の記録が止まるかもしれない最終打席で、カウント3-0からレフトポール際への大ファール。この後、ライトへのヒットで今日も出塁。9回には2アウトから梅野が左中間スタンドへのプロ第1号!今日はこの2つに尽きます。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  梅野 渡辺(2) 金田(4)
大和 鳥谷 新井良  
マートン 伊藤和(5)
上本 ゴメス 田上
福留 鶴岡 歳内[負] 今成 筒井(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 歳内宏明投手(今季2度めの先発チャンス。今回もベイスターズ戦。)
OUT 岩田稔投手(GW明けに復帰見込み。次の先発は結果が求められる。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月26日 (土)

岩田、3年ぶりの完投!ローテ復活への第一歩。

20140426 DeNA●1-7○阪神(横浜) 勝利打点:新井良②

よみうりTVで4回ウラから中継。今日の先発は岩田(中5日)、DeNA・井納。田上が5試合ぶりのスタメン。立ち上がりが不安視される中、三者凡退で立ち上がった岩田鶴岡が大きく構えて、テンポの良い投球を展開。2回、良太がやや詰まりながらレフトスタンドへ放り込んで、タイガース先制!

4回、ゴメスのライトへのヒットで無死1,3塁のチャンスを作ると、マートンの犠牲フライで2点め。5回、1アウトから上本が11球粘ってのヒットを放つと、続く大和の所でエンドランにサインがかかっており、顔面付近に来る球をよけながら空振り。それでも盗塁成功。鳥谷が3打席連続の四球を選ぶと、ゴメスのレフト前タイムリーで3点め。6回、良太がカーブを左中間スタンドへ放り込む今日2本目!井納は6回4失点で降板。

7回、先頭・上本がヒット&盗塁成功。1アウト3塁で鳥谷の強いショートゴロで、ゴロゴーのサインがかかっていた上本がホームタッチアウト。それでも続くゴメスの初球で鳥谷が盗塁、悪送球の間に3塁まで進むと、センター前タイムリーで5点め。4回~7回に毎回1点ずつ取って相手が嫌がる攻撃。

早打ちもあって1安打(無四球)に抑えていた岩田が、7回に初めて先頭打者にヒット。2アウト3塁まで行きながら、筒香にレフト前タイムリーを許して1失点。ただ前回振ってもらえなかったフォークで空振りも取れていました。

9回、4点ビハインドの場面でベイスターズは抑えの山口が登場。無死1塁で大和の送りバント。勢いのあるダッシュで2塁アウトも狙えるなか、諦めて1塁送球に切り替えたのをベースカバーの宮崎が気づかず背中を通過。ボールがファウルグラウンドへ転々とする間に1点追加。大和も3塁まで進むと、鳥谷が初球タイムリー。岩田は110球で、11年10月以来の完投勝利!2008年7月以来の月間16勝。

「完投は遠い昔ですね。久しぶりです。まだまだ頑張るんで。」by 岩田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 新井良 上本 ゴメス 岩田[勝]  
大和  
  俊介
マートン 鶴岡  
 
田上  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 渡辺亮投手(谷間の先発でリリーフ補充。ただ明日すぐ落ちる可能性も。)
OUT 藤井彰人捕手(長打を放ち、加速したところでの右足甲の負傷。痛い。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月25日 (金)

鳥谷、全開4安打!今季2度め20安打で三嶋KO!

20140425 DeNA●4-14○阪神(横浜) 勝利打点:鳥谷③

関西テレビで3回表から7回表途中まで中継。今日の先発は能見(中6日)、DeNA・三嶋。藤井が6試合ぶりのスタメン。初回、鳥谷が前でさばきながらライトスタンドへ入れる1号で先制!3回、上本が9球粘って四球を選ぶと、大和のバントヒットで無死満塁。ここから鳥谷ゴメスの連続タイムリーとマートンの押し出しで4-0となった所で虎キラー三嶋をKO。さらに良太のゲッツー崩れの間に1点、福留のセカンドゴロで良太がタッチをかいくぐるタイムリー内野安打で6点め。

4回、無死2塁から鳥谷のセンター前で大和がタッチをかいくぐってのホームイン!5回、先頭・福留がセンターフェンス一番上に当てる2塁打。藤井がレフト線のフェンス直撃タイムリーも、1塁を回った所で右足を痛めて途中交代。この後、1アウト1,2塁から大和が勝負強さを見せつけるセンターオーバーの2点2塁打で10-0!積極的に3塁を狙うもタッチアウト。

鶴岡とのバッテリーに代わった能見がいきなりバルディリスに被弾。さらに6回、無死1塁から梶谷が内角ストレートをコンパクトに振りぬいて、ライト中段まで飛ばす2ランで10-3。低めに来だした所でのキャッチャー交代で中盤からリズムを崩しましたが、7回3失点でまとめた能見が4月4勝め。

7回、ここまで4打数4安打の鳥谷が5打席連続出塁となる四球で2アウト満塁とすると、ゴメスの高く打ち上げたセンターフライを荒波がまさかの落球。これでランナー3人がすべて還って13点め。8回に1点を取られますが、9回には途中出場の田上のタイムリー。そのウラ、金城のセンターへ抜ける当たりを鳥谷がギリギリで追いつき、流れた体勢で1塁送球を決めるファインプレー!今日は20安打で圧倒。

「きょうだけで終わらずに明日も10本、20本打てるように頑張りたい。」by 鳥谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 大和  
上本 マートン 田上
福留 能見[勝] 今成  伊藤和(3)
ゴメス 新井良 藤井  
  鶴岡 筒井(2)
  梅野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ゴメスが開幕から25試合連続出塁の球団新記録。97年の和田監督の球団記録を更新しました。開幕からの連続試合出塁のセリーグ記録は金本が広島時代に残した「35」。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月24日 (木)

岩崎、7回無失点の快投で2勝!竜キラー誕生!

20140424 中日●0-3○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:マートン③

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(中7日)、中日・岡田。良太俊介が揃って4試合ぶりにスタメン復帰。鶴岡とは初のバッテリーを組みましたが、内角と緩急を使えて4度めの先発で一番良かったと思います。2回、平田がフェンス際まで飛ばしますが、俊介がジャンピングキャッチ!

5回、2アウトから鶴岡がチーム初ヒットとなる2塁打。続く俊介が敬遠ぎみに歩かされて、岩崎は空振り三振。そのウラ、先頭バッターを出しましたが、2アウト2塁のピンチも無失点で切り抜け。

6回、1アウトから大和が左中間オーバーの2塁打。ゴメスが四球でつなぎ、2アウト1,2塁でマートンの打席。2球めの内角ストレートのストライク判定に対して球審に何か抗議してました。退場寸前で良太が止めに入ってくれました。イライラしながらフルカウントから外角やや低めの球をセンター前タイムリーでタイガース先制!そのウラ、無死1,2塁のピンチで平田を逆球ストレートで見逃し三振。森野の強いゴロもゴメスが半身で止めて2塁ホースアウト。ここの守りは大きかった。

意外にも7回も岩崎を続投。1アウト1塁から代打・谷が痛烈な当たりでしたが、上本がジャンピングキャッチ。8回、代わったルーキー・又吉から先頭・上本がヒット。1アウト2塁から鳥谷のライト前タイムリーで貴重な2点め。バックホームの間に2塁まで進むと、暴投も重なって2アウト1,3塁から良太のタイムリーで3点め。

8回は福原。先頭バッターを出しますが、後続を3人で打ち取り。珍しくフォークを多投させた鶴岡のリードもドラゴンズ打線を翻弄させれた気もします。9回は呉昇桓が良い当たりもありましたが3人で抑えてゲームセット。今季初のビジターカードでの勝ち越しは、しかもナゴヤドーム。

「中日戦12イニング連続無失点につながって、良かったと思います。」by 岩崎
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩崎[勝] 福原[H](2) 呉昇桓[S](3)
上本 マートン 鶴岡  
大和 鳥谷 新井良  
ゴメス  
俊介  今成 田上
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月23日 (水)

梅野、初のフル出場は高い授業料に。攻守で課題。

20140423 中日○4-1●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:森野

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、中日・川上。ルーキー・梅野が初めてメッセとのコンビ。タイガースは1回から3回まで毎回ランナーを出しながら無得点。2回、1アウト1,2塁のピンチでしたが・・・ここは切り抜け。

4回、先頭・鳥谷が8球粘って四球。マートンへの死球もあり、2アウト満塁のチャンスでしたが、梅野が凡退して三者残塁。そのウラ、先頭打者を出しますが、梅野が刺して助けました。6回、1アウトからゴメスが四球で今日も出塁。続くマートンのレフト線2塁打で2,3塁のチャンス。ここでタイミングのあっていない今成に代打・新井を送りますが、四球で満塁。しかし福留梅野が相次いで打ち上げてしまい三者残塁。

6回、ルナの三遊間抜けそうな当たりを鳥谷が追い付いて内野安打。ここから1アウト満塁のピンチになると、森野が初球センター右への2点タイムリーでドラゴンズ先制。さらに2アウトから堂上直のライト前タイムリーで3点め。勝負所で首を振る場面が多く、106球のメッセは7回に代打を送られ、ベンチでヘルメットを投げつけてました。

8回、3番手で伊藤和が登板。1アウトから連打で2,3塁のピンチを背負い、和田のショートゴロの間に4点め。ここからバランスを崩して連続四球で満塁。代打・小笠原まで出てきましたが、ここは空振り三振。途中から球速が出なくなり、肩の故障が再発したのかヒヤヒヤしました。オープン戦の球威とは程遠い内容。

9回、4点差ながら岩瀬が登場。代打・良太がレフトスタンドへの一発を放ち、ただでは終わらないのが今年のタイガース。一矢報いてくれました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  新井良
マートン 新井
鳥谷 メッセンジャー[負] 金田(2)
上本 ゴメス  
福留 梅野  田上 関本
大和 今成 伊藤和(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月22日 (火)

新井、もつれた終盤の決勝打!笑顔なきお立ち台。

20140422 中日●4-10○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:新井①

テレビ大阪で3回ウラから中継。今日の先発は藤浪(中6日)、中日・山井。4試合ぶりに福留がスタメン復帰でこの3連戦が正念場。2回、今成のエンドランが決まって1アウト1,3塁とすると、福留が右中間への犠牲フライ(平田のジャンピングキャッチで阻まれました)でタイガース先制!さらに1,3塁から藤浪自らタイムリーを放ち、2点め。そのウラ、1アウト1,3塁から堂上直のタイムリーで1点差。

3回、1アウト1塁からゴメスが初球、バックスクリーンへ放り込んで2点を追加!連続試合出塁の球団記録を更新!序盤から全体的に球数を費やした山井が5回で100球超え。ゴメスが8球、鶴岡が10球粘ったりと渋い効果。4回、藤浪が高校の先輩である平田に死球。吠えられて動揺も見られましたが、続く森野をショートゴロ併殺。

7回、いきなり森野、和田への連続四球でピンチを背負った藤浪。続く堂上直の送りバントで逆を突かれ、落ち着いて処理したかに見えたのですが…1塁悪送球で1点。2点差でなお無死2,3塁となり、104球で無念の降板。被安打2、四死球6でした。代わった安藤が初球、内野ゴロの間に1点を返されると、加藤にスイッチ。代打・小笠原の犠牲フライで4-4の同点。

8回、田島との勝負。1アウトからマートンがストレートの四球を選ぶと、制球が乱れ始めました。今成が低めをうまくはじき返すヒット、福留もストレートの四球で満塁とし、鶴岡の代打・新井登場!初球、三遊間を破るタイムリーで勝ち越し!続く代打・関本は空振り三振に倒れますが、上本がレフト前への2点タイムリー!3点取り返しました。

9回、2アウトからマートンが17打席ぶりのヒット。今成も初の猛打賞となるヒットでつなぎ、福留が二遊間への懸命の内野安打で満塁。ここで代打・良太が押し出しの四球。途中出場の藤井にも2点タイムリーが飛び出して、2ケタ得点!リードが6点となり、最後は筒井が締めてゲームセットで4連勝!

「自分に与えられた場所でしっかり結果を残せるようがんばってます。」by 新井
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 今成 新井
鳥谷 マートン 新井良 藤井 福原[H](4) 筒井(5)
  安藤[H](2) 加藤[勝](3)
上本 ゴメス 鶴岡 藤浪  
大和 田上 俊介 
  関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年4月20日 (日)

ゴメス、球団記録の21戦連続出塁!ツバメを3タテ!

20140420 阪神○8-7●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:ゴメス②

朝日放送で8回表途中まで中継。今日の先発は岩田(初登板)、ヤクルト・木谷。ルーキー梅野が初スタメンを果たし、今成(14試合ぶり)と田上(9試合ぶり)もスタメン。初回、無死2塁からバント処理を焦った岩田が3塁悪送球の間にスワローズ先制。さらにダブルスチールも決められますが、上本のダイブが決まりなんとか2点で食い止めました。そのウラ、鳥谷のセンター前で厳しいタイミングながら2塁から上本が好走塁でホームイン。

2回、田上のファンブルもあって1アウト1,3塁から上田のファーストゴロ(ゴメスがダイブ)の間に3点め。そのウラ、1アウト1,2塁で田上が汚名返上となるレフト前タイムリーで2-3。これで続投が決まった岩田ですが、散々なバント空振り。状態もバラバラで苦しい投球が続く中、5回にバレンティンに甘いツーシームをスタンドイン。5回4失点。

5回、代打・が四球を選んで先頭バッターが出塁。ここから1アウト満塁のチャンスを作ると、ゴメスが左中間オーバーの3点2塁打で逆転!助っ人の球団記録(1989年フィルダー)に並ぶ開幕から21試合連続出塁で、苦しんだ岩田に勝利投手の権利が転がり込みました。この回途中で木谷をKO。6回も2アウトから上本がセンターオーバーの3塁打。続く大和のタイムリーの後、1,2塁からゴメスが痛烈なレフト線への長打。鳥谷も1塁からホームインし、今日5打点で8-4!

7回、加藤が2アウトからバレンティンに2打席連続アーチを許すと、続く代打・田中浩にも一発を許して8-6となり、試合がわからなくなってきました。ここで安藤(3連投)にスイッチして痛烈な2塁打を出すも切り抜け。

8回は福原が3連投。キャッチャーも鶴岡に。1アウトから飯原が一発を放ち1点差。そのウラ、2アウト2塁でゴメスを敬遠し、マートン勝負。初球のボール球をひっかけてしまい、12打席ノーヒット。神がかった打撃も陰りが出てきました。9回は呉昇桓も3連投。バレンティンを外のカットボールで三振を奪って、3人斬り。初の1点差でのセーブ。

「とにかく勝てたので非常にいいゲームだった。オオキニ!オオキニ!」by ゴメス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 上本 大和 鳥谷 筒井[H](2) 呉昇桓[S](6)
今成  安藤[H](4)
  新井良
  福原[H](5)
梅野 田上 岩田[勝] 鶴岡 俊介
マートン 福留 加藤(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(開幕ローテ直前のはく奪劇。待望の初昇格。)
OUT 榎田大樹投手(前回が良かっただけに悔やまれる。再びローテ入りへ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年4月19日 (土)

ゴメス、甲子園初アーチは規格外!5点差逆転!

20140419 阪神○7-5●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:上本②

毎日放送で8回表途中まで中継。今日の先発は榎田(中5日)、ヤクルト・石川。初回、制球の定まらない榎田が1アウト満塁のピンチ。2アウト後、畠山に詰まりながらセンター前へ2点タイムリーでスワローズ先制。続く中村にもタイムリーでいきなりの3失点。3回も1アウト1,3塁から畠山、中村の連続タイムリーで5点めを奪われKO。不運な当たりも重なりました。金田梅野にバッテリーごと交代して1アウト満塁のピンチを脱出。

3回、梅野がセンターフェンス直撃の2塁打。これで流れが変わりました。2アウトから大和が1塁線へのタイムリー2塁打で反撃すると、鳥谷も左中間へタイムリー2塁打。そしてゴメスも強い打球で二遊間を破るタイムリーで一挙3点!金田も4回の打席にも立ち、5回まで無失点に抑えてゲームを立て直し。

5回、1アウトから鳥谷が8球粘って四球。球審白井のストライクゾーンの判定も辛かった。続くゴメスがレフト大ファールの後、打ち直して打った瞬間とわかる140m弾!甲子園初アーチで5-5の同点!

6回、代打で関本が意外にも先頭打者で登場して四球。続く俊介のバントが強めでしたが、石川が尻もちをついてアウトは1個のみ。苦笑いに解説のアニキ金本氏が怒ってました。ここで梅野を敬遠ぎみに歩かせて、タイミングのあっていない上本勝負に出ますが、センター前タイムリーで勝ち越し。さらに満塁から鳥谷の犠牲フライで7点め。

7回は安藤。先頭・畠山に猛打賞となるヒットを許しますが、2アウト3塁のピンチを抑えました。8回は福原。守備固めに入ったがサードゴロを弾き1アウト1,2塁となり、バレンティンとの勝負。この回から藤井がマスクをかぶり、高めストレートで三球三振!この後、満塁で畠山も打ち取り。9回は呉昇桓が2四死球も無失点でゲームセット!

「ホームランが出ないことについては心配は無かった。オオキニ!」by ゴメス
「いいチームです(場内から笑い)。諦めない応援が勝たせてくれました。」by 上本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 鳥谷 梅野 金田(2) 安藤[H](4)
  加藤[勝](3)
大和 上本 関本 福原[H](5) 呉昇桓[S](6)
俊介 藤井
新井良  福留 田上
マートン 鶴岡 榎田  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月18日 (金)

鳥谷、3安打&2盗塁で復活!ライアン小川を粉砕。

20140418 阪神○4-2●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:鳥谷②

BS1で完全中継。今日の先発は能見(中5日)、ヤクルト・小川。俊介が6試合ぶりに8番でスタメン。初回、先頭・上本がヒットで出塁すると、1アウト2塁から鳥谷のレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに盗塁を決めると、ゴメスのショートゴロを西浦がセンター方向へ弾く間に鳥谷が一気にホームイン!2アウト後、藤井のショートゴロを西浦が2度めのファンブルで3点め。

2回、2アウト1塁で鳥谷がピッチャー強襲。顔面付近に出した右手に当たり、ライト方向へ転がる間に1塁から大和がホームイン!ライアン小川はここで降板。代わった石山が4回まで無失点に抑える好投でゲームを作り直し。4回、2アウト1,3塁でゴメスが空振り三振。昨日、初アーチが出たせいか振りが大きくなってる。

良い当たりをされながら、実はパーフェクトに抑えていた能見。少し腕を振る位置が変わったような気も。5回、2アウトから畠山にバックスクリーンへ持っていかれて4-1。7回、2アウトから畠山に四球を出すと、中村、西浦の連打で1点を失った所で降板。左肩を回していたのが気がかり。代わった安藤が1,3塁のピンチを抑えてくれました。

7回、鳥谷が四球を選んで4打席連続出塁。盗塁も決めたのですが、2イニングめのカーペンターがここで覚醒。最速157キロの速球とスライダーが急に決まりだし、三者連続で三球三振。8回、ルーキー・秋吉との初対戦。無死1塁で俊介がバント失敗。ランナーが入れ替わる形となり、ここで代打・今成が11試合ぶりのヒットとなる左中間への2塁打を放ちますが、俊介が三塁ストップ。続く上本のサードゴロで本塁タッチアウトと散々。

9回は呉昇桓が登板。1アウトから雄平にレフトポール際の大ファールを許しましたが、今日は鶴岡とのバッテリーでカットボールと石直球で空振りを奪うなど、3戦連続の三人斬りで連敗ストップ!

「(1,2番が好調で)4,5,6に任せっきりなんで、もっと打っていきたいです。」by 鳥谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 安藤[H](2) 福原[H](3) 呉昇桓[S](4)
大和 能見[勝] 今成
藤井  
  鶴岡
上本 ゴメス マートン  田上
新井良 俊介  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月17日 (木)

メッセ、6失点で完敗。救いはゴメスの初アーチ。

20140417 広島○8-2●阪神(マツダ) 勝利打点:松山

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、広島・バリントン。初回、先頭・上本がヒット。1アウト2塁のチャンスを生かせず無得点。ゴメスはライトフェンス際まで飛ばしますが失速。そのウラ、2アウトからコントロールを乱して、ヒットと連続四球で満塁になると、松山にレフト線への2点タイムリーでカープ先制。

3回、丸が1塁線を破って一気に3塁打。続くエルドレッドが初球の真っ直ぐをバックスクリーンへ持っていかれて0-4。ただこれで開き直ったのか、ここから6者連続三振。逆に4回、ゴメスが78打席めで待望の一発。やや外よりのストレートをバックスクリーンまで飛ばし、ベンチで大はしゃぎ。6回の打席では振りが大きくなったのか、ショートゴロ併殺。

6回、キラが9球粘ってライト線への2塁打。1アウトから堂林がライトオーバー。前に守っていた福留の頭を越されてタイムリー3塁打。続く白濱のショートゴロを前進守備の鳥谷が半身で止めますが、1塁送球がワンバウンドでゴメスが弾いてしまいました。記録は鳥谷の悪送球で今季初エラーに。この後、バリントンがバスターで犠牲フライ。

5点差となり、7回は金田が連投テスト。この回から今成がライトに入りました。ただ2アウトから丸に内野安打を許すと、エルドレッド、キラに連続タイムリーを許してしまい2失点。8回は伊藤和が支配下復帰後、初登板。真っ直ぐと変化球のコンビネーションがはまり、今日は三者凡退。次回も楽しみです。

9回、鳥谷ゴメスの連打。ただマートンは少しタイミングがずらされてしまい、ファーストフライ。2アウト1,2塁から良太が食らいついてライト線へのタイムリーで1点返すのがやっと。カープに連敗で、10勝8敗で対戦カードが一周。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
鳥谷 ゴメス 伊藤和(3)
新井良  
上本 大和 マートン 藤井 梅野 今成 新井
福留 メッセンジャー[負] 金田(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月16日 (水)

岩崎、悔やまれる敬遠策。打った大瀬良プロ初勝利。

20140416 広島○3-1●阪神(マツダ) 勝利打点:なし

関西テレビで4回表から中継。今日の先発は岩崎(中6日)、広島・大瀬良。勝てば今季初の単独首位に立つ一戦。藤井が3試合ぶりの先発マスク。初回、先頭・上本がヒット。大和が送ってチャンスメイクしますが、後続が打てずに無得点。2回、エルドレッド、キラの連続ヒットで無死1,3塁のピンチを背負うと、続く梵のショートゴロ併殺の間にカープ先制。

3回、岩崎が止めたバットに打球が当たって三塁後方に落ちる、ラッキーなプロ初ヒット。ここから2アウト1,2塁のチャンスでしたが、鳥谷がセカンドゴロ。4回、ヒットのマートンがキャッチャーがわずかに弾くスキに2塁へ進む好走塁を見せますが、良太が良い当たりのライトフライ。この後1,2塁のチャンスでしたが、藤井がピッチャーゴロを高く叩き付けるも1塁アウト。

5回、1アウト1塁で廣瀬が左中間への長打。返球の判断ミスで梵が三本間でストップしてしまい、挟殺プレーに。2アウト3塁となり、石原を敬遠して大瀬良との勝負を選んだバッテリーですが、緩いスラーブを痛打されてしまい2点タイムリー。岩崎は2回、5回だけランナーを出していずれも失点。

6回、無死1塁からゴメスの17試合連続出塁となるヒット。センターの丸がボールが手につかず、お手玉をして弾いている間に鳥谷が一気にホームイン。ただ後続が凡退してしまい、反撃はこれだけ。虎の恋人だったドラ1ルーキー大瀬良にプロ初白星を献上し、連勝は6でストップ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
大和 筒井(2) 金田(3)
鳥谷 ゴメス 岩崎[負]  
上本 マートン 福留 田上 鶴岡
新井良 藤井 今成
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

藤浪、プロ1号も含む大活躍。20歳初勝利の美酒!

20140415 広島●2-8○阪神(マツダ) 勝利打点:鳥谷①

関西テレビで3回表途中から8回表まで中継。今日の先発は藤浪(中6日)、広島・野村。まだシーズン序盤ですが、1ゲーム差の2位で迎えた首位攻防戦。鶴岡が2試合連続のスタメンマスク。初回、2四球でチャンスを作りながら無得点に終わりますが、大和が11球粘るなど打者5人で34球費やしました。自己最速タイの155キロをマークした藤浪ですが、2回、エルドレッドに低めストレートをスタンドに持っていかれ、カープ先制。

3回、先頭・上本がヒットで出塁。鳥谷が2打席連続の四球を選んで、1アウト1,2塁からゴメスが16試合連続出塁となるセンター前タイムリーで同点!続くマートンはライトポール際に大ファールを放ちますが、惜しくもインローのシュート系に見逃し三振。

5回、早くも100球を超えてきた野村を攻めて、1アウトから大和(レフト線)、鳥谷(左中間フェンス直撃)の連続2塁打でタイガースが勝ち越すと、ゴメスは9球粘ってゴロアウト。マートンが敬遠されて燃えた良太が得意の外角低めを右中間スタンドへ弾き返す3ランで5-2!さらに6回、ルーキー・九里から藤浪が右中間スタンドへプロ1号ソロ!!!

そのウラ、先頭バッターを出してしまい、2アウトからキラのタイムリーで1点を失った藤浪。過去2回、終盤につかまっただけに今日は7回2失点で降板。7回、良太が猛打賞となるヒットで出塁。ここから2アウト2,3塁のチャンスを作ると、上本がレフト前へ2点タイムリーを放ち、ダメ押し。

リードが6点を開いたこともあり、8回は安藤(中1日)、9回は筒井(中8日)が登板。それぞれ無失点に抑えてゲームセット。タイガース6連勝で首位カープにゲーム差なし。なんとセリーグ10勝一番乗り!

「振ったら、たまたま当たって飛んでくれました。ラッキーだったと思います。」by 藤浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 鳥谷 新井良 藤浪[勝]  
大和 安藤(2) 筒井(3)
   
ゴメス 福留 鶴岡  
マートン  俊介 今成 田上
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月13日 (日)

関本、必死のパッチでサヨナラ!G3タテ&虎5連勝!

20140413_2 阪神○2x-1●巨人(甲子園) 勝利打点:関本①

朝日放送で完全中継。今日の先発は榎田(中2日)、巨人・大竹。鶴岡が3試合ぶりの先発マスク。木曜日のリリーフでも結果が出ず、背水のマウンドに上がった榎田。フォームを戻したようでテンポの良い投球が戻ってきました。3回、初ヒットを許しますが、大竹のバントに猛ダッシュした良太が5-6-3のゲッツー完成!

5回、4回まで32球で来た榎田。2アウトから阿部のライトへの当たりを止めようとした福留がファンブル&転倒。2塁に進まれますが、タイガースベンチは坂本敬遠。続く橋本を打ち取りました。そのウラ、先頭・マートンがチーム初ヒットを放つと、暴投で2塁に。ここで良太が10球粘ってファーストゴロ。ここでロペスが3塁アウトを狙った送球がオールセーフ。続く福留の犠牲フライでタイガース先制!

6回、1アウト1塁から片岡が意表を突いて引っ張り、レフト線を破るタイムリー2塁打。シフトが右に寄っていた分、一気に1塁から同点のホームイン。それでも榎田が崩れず、8回1アウトを取った所で降板。信頼を取り戻したか。代わった福原が井端、長野を抑えました。

9回は呉昇桓が登場。首を振る場面もありましたが、アンダーソンを三振に抑えた曲がりの大きい縦スライダーが効果的でした。2アウトから村田に右中間に飛ばされますが、福留がダイビングキャッチ!そのウラ、マシソンとゴメスの力勝負で高めストレートを左中間へ弾き返す2塁打。ここから満塁となり、ジャイアンツもインフルから復帰の山口が登板。好プレイを見せた福留に代打・新井を投入も、3-2-3のゲッツー。

10回は安藤が3人斬り。148キロをマークし不調から抜けたか?そのウラ、1アウトから俊介が1塁線後方へ落とす2塁打。上本は敬遠気味に歩かされ、大和は内角ズバッと見逃し三振。それでも鳥谷が三遊間を破るヒットで満塁とすると、4番ピッチャーの打順に代打・関本。初球、真ん中低めのストレートをレフト前へサヨナラタイムリー!2011年8月以来の山口打ち。甲子園での巨人3タテは2010年5月以来。

「ここ何年も山口からヒット打ってないので、必死のパッチで打ちました。」by 関本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 新井良 榎田 関本 福原[H](2) 呉昇桓[H](3) 安藤[勝](4)
福留 俊介
鶴岡  
鳥谷 ゴメス  
上本 田上
大和 今成 新井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年4月12日 (土)

生観戦。能見がG完封でリベンジ。大勝で4連勝!

20140412 阪神○9-0●巨人(甲子園) 勝利打点:新井良①

よみうりTVで4回表途中から中継。今季初の生観戦試合でした。先発は能見(中8日)、巨人・内海。福留が7試合ぶりのスタメン。2回を投げた時点で能見が1000投球回に到達。そのウラ、良太がバックスクリーン左へ放り込む1号ソロでタイガース先制!

4回、村田のエンドランが決まって無死1,3塁のピンチ。ロペスが1塁ファウルフライに倒れ、阿部が三振。苦手の坂本もストレートで見逃し三振に抑えてピンチ脱出!ここは大きかった。そのウラ、1アウト1塁でゴメスがレフトフェンス際まで飛ばすも失速。それでもマートンがストレートの四球でつなぐと、良太の高々と打ち上げたフライがレフト線にポトリと落とすタイムリーで2点め!

6回、守備で再三の好プレイを見せた先頭・鳥谷が9球粘ってヒット。続くゴメスもヒットでつなぐと、マートンが得意の高めを見逃さず。三塁アルプスで見てたので、ものすごい打球スピードで目の前を通過しレフトスタンド中段へ突き刺さる3ラン!2試合連続の一発で内海はこの回で降板。

7回、ジャイアンツが今村-小林のバッテリーに。いきなり上本が右中間への2塁打。大和の進塁打の後、鳥谷が左中間を破るタイムリー2塁打!なんとこれが今季初打点。2アウトからマートンが今日4打点めとなるタイムリーでお役御免。14戦で29打点。

8回、代わった笠原から藤井がセカンドゴロエラーで出塁しますが、能見がバント併殺。それでも2アウトから1,2塁のチャンスを作ると、鳥谷が今日4安打めとなるタイムリー。さらにゴメスも右中間へのタイムリーで9点め。1塁ランナーの鳥谷が一気に3塁を狙うもタッチアウト。9回も3人で抑えた能見がチーム初完封!開幕戦10失点の悪夢からリベンジ成功!

「スタメンじゃないときは(良太は)マジでへこんでます。」by 能見
「能見さんの投げる試合で初めてスタメンだったのでマジで燃えました。」by 良太
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 新井良 マートン 上本 能見[勝]  
   
大和 ゴメス 藤井  
   
  俊介 田上 
福留  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

Rimg1382

Rimg1386

Rimg1394

Rimg1399

Rimg1404

Rimg1407

Rimg1408

Rimg1410

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月11日 (金)

メッセ、快投で583日ぶりG勝!カード初戦取った!

20140411 阪神○5-1●巨人(甲子園) 勝利打点:マートン②

関西テレビで4回ウラから8回ウラまで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・杉内。初回、両チームが2四球でチャンスを作りましたが、得点には結びつかず。次第に低めに集まりだして投手戦を展開。4回まで両チームがノーヒットで、5回に杉内自らが初ヒット。

6回、無死1塁でアンダーソンの当たりをゴメスが弾きましたが、上本がうまく後ろでカバーしてアウト。この後、2アウト3塁のピンチを抑えると、そのウラ、先頭・上本がチーム初ヒットで出塁。2アウトからゴメスが際どいハーフスイングで四球を選ぶと、マートンが低いライナーでライトポール際へ放り込む3ランで先制!13戦で25打点。

1安打ピッチングのメッセが8回も続投。1アウトから連打で1,2塁とされると、アンダーソンに低めのボール球をライト前へ落とされるタイムリーで1失点。打線がつながって嫌な雰囲気でしたが、続く村田がセカンドゴロ。上本の2塁送球がそれましたが、鳥谷が懸命に体を伸ばして4-6-3のゲッツー完成!

そのウラ、左の高木京が登板。先頭・上本が四球を選ぶと、大和が今日2つめのバント。鳥谷がカウント3-0から打っていきましたがアウト。それでもゴメスがファウルで粘って9球めを左中間オーバーのタイムリー2塁打!続くマートンを敬遠したところで香月にスイッチしますが、代打・新井が初球ライト前タイムリーでダメ押し!

4点リードの9回は呉昇桓。1アウトから阿部の痛烈な当たりを新井が回転レシーブ。守備でもアピールして、無失点でゲームセット。登板6試合で初めて3人斬り!開幕4カードめで初めて初戦を取りました。

「アリガト、アリガト。 いちばん下の子が疲れて早く帰りたがってます。」by メッセ
「ハイテンショ~ン!ラクニラクニ、ガンバリマス。」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 上本 メッセンジャー[勝] 新井
大和 ゴメス 呉昇桓(2)
   
鳥谷 藤井 田上
   関本
俊介 新井良  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 伊藤和雄投手(肩の状態も見て支配下復帰。背番号92から剛腕リリーフに。)
OUT 歳内宏明投手(20歳で子どもがいたのか。再び先発チャンスを狙いたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月10日 (木)

上本、サヨナラ打で5割復帰!首位巨人を迎え撃つ。

20140410_3 阪神○6x-5●DeNA(甲子園) 勝利打点:上本①

サンテレビで完全中継。今日の先発は歳内(初登板)、DeNA・三嶋。初昇格の鶴岡がスタメンマスクをかぶりました。3回、先頭・鶴岡がヒットで出塁すると、続く田上も四球。歳内の送りバントが決まり、1アウト2,3塁のチャンス。2アウトから大和がライト前への2点タイムリーでタイガース先制!

4回、1アウト3塁からバルディリスにフェンス直撃の2塁打で1点を返されると、続く荒波にまさかのポール直撃の2ラン。逆方向へ持っていかれました。5回からは先発要員の榎田が中3日で登場。ただ1アウト1,3塁とした所で、早くも金田にスイッチ。ライトも福留が入りました。この後、ブランコにレフト前へ2点タイムリーを許してしまい、2-5。

6回、クリーンアップが無死満塁のチャンスを作ると、良太がレフト横への2点2塁打を放ち1点差に迫ると、続く鶴岡もセンター前タイムリーを放ち、5-5の同点!さらに代打・新井が登場し、わずかにボールを弾いたスキに3塁ランナーの良太がタッチをかいくぐろうとしたのですが、アウト。この後、ショートゴロが守備妨害となり1塁に残った新井も盗塁失敗。

同点の9回、呉昇桓が連投のマウンド。ランナーを1人出しましたが、無失点ピッチング。そのウラ、ベイスターズも抑えのソーサを投入。先頭・良太が2塁打で出塁しましましたが、鶴岡がバント失敗。それでも2アウトから福留がストレートの四球を選ぶと、上本が初球をライトフェンス際へのサヨナラタイムリー!

「最高です。これからも、勝ち・・・がんばります!」by 上本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
新井良 加藤[H](4) 福原[H](5) 呉昇桓[勝](6)
上本  
鳥谷 鶴岡  
大和 歳内 福留 金田(3)
ゴメス マートン 田上 俊介  関本
  新井 榎田(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 歳内宏明投手(今季初昇格。先発テストを兼ねて、アピールしたい。)
IN 鶴岡一成捕手(清水がアピールできず、古巣相手のマスク。)
OUT 渡辺亮投手(落とすのがもったいないが、貴重な右腕。)
OUT 清水誉捕手(開幕スタメンも影をひそめ、巻き返したい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月 9日 (水)

岩崎、7回1失点。先発2度めも好投で救世主に!

20140409 阪神○4-3●DeNA(甲子園) 勝利打点:なし

サンテレビ→ABCのリレー中継。今日の先発は岩崎(中6日)、DeNA・尚成。初回、2アウトから不振の鳥谷が左中間を破る2塁打。ゴメスも四球(11戦連続出塁)で続くと、マートンがレフト前タイムリーを放ちタイガース先制!初回で35球投げさせました。逆に毎回ランナーを出しながら抑えていた岩崎でしたが、4回、ブランコに左中間スタンドへの一発を許して同点。

4回、先頭・マートン(今日も3安打で、ここ5試合で4度の猛打賞)がヒットで出塁。さらにキャッチャーがはじく際に2塁を狙うもタッチアウト。ここから1,3塁のチャンスを作って藤井がセーフティスクイズを試みましたが、正面に転がってしまい良太が三本間に挟まれてアウト。結局この回も無得点。尚成は5回1失点で降板。

今季2度めの先発だった岩崎が7回1失点。今回も好投でチームを助けると、同点の8回は福原が3人でピシャリ。そのウラ、鳥谷のショート横を破るエンドランが鮮やかに決まり、無死1,3塁のチャンス。ここでゴメスの打席で暴投の間にタイガース勝ち越し。さらに四球でつなぐと、マートンの前進守備の1,2塁間を破りそうなセカンドゴロの間に3点め。代走・田上が初盗塁の後、また暴投。三塁を狙った所でキャッチャー悪送球の間に4点めのホームイン。

3点リードで呉昇桓が9回のマウンドへ。ただ2アウト1,2塁から黒羽根にタイムリーを許してしまうと、変化球がバラついて暴投でボールデッドとなり1点差。中西投手コーチもマウンドに。なお同点のランナーを2塁に置きながら、金城を打ち取ってヒヤヒヤのゲームセット。

「甲子園球場イチバン。タイガースファン、イチバン。イツモアリガトネ。」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 岩崎 福原[勝]
鳥谷  
大和 ゴメス 俊介 田上
新井良  
藤井  関本 呉昇桓[S]
上本 今成
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月 8日 (火)

藤浪、7回2アウトから落とし穴。4点差逆転負け。

20140408 阪神●5-6○DeNA(甲子園) 勝利打点:ブランコ

サンテレビで完全中継。甲子園開幕戦の先発は藤浪(中6日)、DeNA・久保。田上が8番で今季初スタメン。古巣との対戦となった久保相手に、1回、2回と得点圏にランナーを進めますが先制できず。対する藤浪は5回まで1安打ピッチング。3四球と荒れてましたが、いつもより球速が出ていました。最速は154キロ。

5回、先頭・田上がヒットで出塁しますが、藤浪がスリーバント失敗。ただ上本が11球粘って四球を選ぶと、1,2塁から大和がショート後方へ落とすタイムリーでタイガース先制!2アウトからゴメスが三塁線を破るタイムリー2塁打(10戦連続ヒット)で2点め。6回、藤浪のバントが3塁フィルダースチョイスとなり、1アウト満塁のチャンス。ここで上本が初球ライト前タイムリーの後、大和が押し出しの四球で4点め。118球の久保が続投も追加点があげれず。

7回、2アウトから連打で1点を失うと、満塁にピンチが広がってしまい・・・ブランコに初球バックスクリーンへの逆転満塁ホームラン。たまらずジェット風船が飛んでしまいました。2戦続けて引っ張っりすぎた藤浪には辛いマウンドに。そのウラ、相手エラーで先頭打者が出ましたが、7回の守備から登場のがバント失敗。しかもベンチに下げられました。2アウト1,2塁で代打・新井はショートフライ。

8回は安藤が上がりますが、2アウト2塁から金城に右中間へのタイムリーで点差が2点に。そのウラ、山口が無死1,2塁のピンチを作った所で中畑監督が左の大原にスイッチ。不振の鳥谷が初球バントファウルの後、ヒッティングに出ましたが結局見逃し三振。精彩を欠く内容で3番がブレーキ。ただ代わった高崎からゴメスが初球タイムリー!なお1,3塁で続くマートンはピッチャーライナー併殺。

9回はソーサとの勝負。先頭の代打・俊介がヒットで出塁すると、場内がラッパをやめて“う~っ”という昔のクルーン劇場のような空気に。今成が四球を選び、田上がバントを試みましたが・・・1塁に回っていたバルディリスのダッシュがすごく3塁アウト。ここで代打・関本がライトオーバーかという当たりを捕られ、最後は上本が見逃し三振でゲームセット。攻略した久保に勝利が付くところが複雑。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 大和 田上  
  俊介 福原(3)
ゴメス  
藤浪[負] 今成
マートン 新井良 藤井 新井 清水 関本
鳥谷  安藤(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月 6日 (日)

マートン、9戦20打点!虎20安打で4点差大逆転!

20140406 ヤクルト●8-15○阪神(神宮) 勝利打点:マートン①

NHK総合で完全中継。今日の先発は榎田(中6日)、ヤクルト・中澤。高代コーチがインフル感染で3塁コーチが山脇コーチに。清水が開幕戦以来の先発マスク。序盤は雨が降りながらのゲームに。

2回、1アウト2,3塁から上本の2点タイムリーで先制。初回も3四球で苦しみ、立ち直れないままこの回途中でKO。ただ他人事ではなく、榎田もバントの構えをしているピッチャー押本相手に四球。1アウト満塁から山田に二遊間への当たり。鳥谷が弾く間に2点、川端に犠牲フライを許した所で早くも榎田KO。珍しく和田監督も怒ってました。

代わった渡辺が3回、2アウトで相川のフライをマートンが落球。ここから1,2塁で代打・岩村が3ランで2-6。4回からは筒井梅野のバッテリーへ。無死1,2塁でバレンティンにカウント2-0から高めストレート3つすべて空振りで三振に抑えると、吹っ切れたか。5回のピンチはゴメスのダイブも決まりました。

4点を追う7回、2イニングめの八木を攻略。1アウト1,3塁でゴメスがレフト線(ほぼ線上)への2点2塁打で9試合連続ヒット!ワンテンポ遅れる形で石山にスイッチも流れを止めれず、良太のショート後方へ落とすタイムリーで1点差!ただ代打・新井が5-5-3のゲッツー。そのウラ、加藤が2アウトから4連打。2,3塁で山田が前進守備のはるか後方、レフトフェンス直撃の2点2塁打。試合が決まりかけたと思いました。ただミレッジのライトフェンス際、田上がジャンピングキャッチ!

3点を追う8回、田上梅野の連続ヒット。上本も9球粘って四球を選んで無死満塁とすると、大和が三遊間を破る2点タイムリーで1点差!1アウトを取った所で昨日2イニング投げた山本哲。ゴメスの三遊間へのタイムリー内野安打で同点に追いつくと、続くマートンが内角やや高めのストレートをレフトスタンドへ逆風を切り裂く勝ち越し3ラン!そのウラ、昨日打たれた福原が全員に痛打されながら3人で抑えてくれました。

9回、1アウト1,3塁からゴメスがライト前タイムリー。マートンも(右中間オーバーのシングル)タイムリーで続き、代打・関本は四球。満塁で途中出場のが2点タイムリーでチーム20安打!7点リードながら、呉昇桓が登場。いきなりヒットは許しましたが、今日は低めのカットボールが鋭く2三振。今日も4時間ゲーム。何とか3タテを免れました。

「ワカリマセン。Maybe、ラッキーボーイ!いつもオオキニネ!」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 上本 大和 ゴメス 田上 
  関本 金田(4) 福原[H](6) 呉昇桓(7)
  梅野 筒井(3)
鳥谷 俊介  
新井良 藤井 福留 渡辺(2)
清水 榎田 新井 加藤[勝](5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 渡辺亮投手(リリーフで頼りになる存在。復活してほしい。)
OUT 秋山拓巳投手(満を持しての先発も2回KO。2軍でやり直し。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年4月 5日 (土)

マートン、2発7打点。両軍30安打の打ち合いも連敗。

20140405 ヤクルト○12-11●阪神(神宮) 勝利打点:森岡

関西テレビで3回表から8回表まで中継。今日の先発は秋山(初登板)、ヤクルト・石川。左相手とあって、良太俊介が先発出場。初回、2アウト2塁からゴメスの先制タイムリーとマートンの2ランで3点先行も・・・そのウラ、雄平に左中間へ2ラン。さらに畠山の内野ゴロ、相川タイムリーで3-4と逆転。2回にも2アウト1,2塁でバレンティンの打球処理で中継が乱れる間に3-6となりKO。

3回、1アウト満塁でマートンがレフトへライナー性の当たり。ミレッジのダイブも及ばず3点2塁打で6-6の同点!金田がフォークとツーシームを武器に抑えてましたが、4回、1アウト1,3塁でミレッジのピッチャー強襲タイムリーで勝ち越し。それでも5回、マートンがライトフェンス際への2ラン(今日は2発7打点)で逆転!2アウト1,2塁で石川降板。「代打関本」のコール前にスイッチした為、代打は今成。セカンド後方のフライを山田が落球。タイムリーと中継が乱れる間に1塁から藤井が激走ホームインで10-7。

昨日2イニングの筒井は使えず、5回から安藤が早めの登板も球威がなく苦しんだ。代打・ユウイチのサードゴロを良太が弾いてしまい1アウト満塁。山田の犠牲フライと雄平のサード後方へポトリと落とすタイムリーで1点差。二遊間で挟殺プレーとなり、しかもアウトが捕れず。でも打った雄平が2塁でアウトになるボーンヘッド級なプレーも。ただ6回も続投せざるを得なく、2アウト1,2塁から相川のタイムリーで10-10の同点。52球投げ、明日は休んでほしい。

山本哲が6回、7回を完璧に抑えて流れがスワローズに。7回、加藤が2アウトから2,3塁のピンチを背負い、バレンティンを敬遠。続く川端を三振に抑えました。そして8回、福原の球が上ずってしまい、1アウト3塁から森岡にライト線へタイムリー2塁打を許し勝ち越し。さらに山田にもタイムリーでリードが2点差に。

9回、カーペンターとの勝負。四球2つで1アウト1,2塁のチャンスでしたが、坂の代打・新井が空振り三振で2アウト。それでも俊介の代打・関本がここでセンター前タイムリーで1点差。1,3塁まで行きましたが、最後は藤井が三振。ネクストに福留が控えており、起用所をミスしたのか、状態がひどいのか・・・。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 関本
   
上本 ゴメス 今成 加藤[H](4)
鳥谷 田上 金田(2)
大和 新井良 梅野 
藤井 俊介 秋山 新井 安藤(3) 福原[負](5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(ローテ争いを勝ちきれず、大事な初先発。)
OUT 岩本輝投手(リリーフ不足な時に落として大丈夫なのか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月 4日 (金)

メッセ、燕キラーがまさかの敗戦。ライアンに完敗。

20140404 ヤクルト○5-2●阪神(神宮) 勝利打点:森岡

関西テレビで3回表途中から7回ウラまで中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、ヤクルト・小川。2回、1アウト1,2塁から森岡にセンター前タイムリーを許し、スワローズ先制。さらに満塁の大ピンチでしたが、ここは切り抜け。

5回、ライアン小川の前にヒットが出るのはマートンだけ。2安打めとなる2塁打でチャンスを作るも、本調子ではない福留今成が続けて凡退。1,3塁でメッセが打席に入りますが、初球バットを折られました。そのウラ、2アウトから四球を出すと苦手のミレッジ(昨年対戦16-8 .500)に低めの変化球をレフトスタンドへ運ばれ、0-3。100球も超えました。

6回、先頭・上本がヒット。1アウトから不振の鳥谷もヒットでつなぐと、2アウト1,3塁からマートンが猛打賞となるライト前タイムリーで1点返しました。この時点で、対小川14打数11安打 .786と驚異的な打率。続く福留は三振に倒れ、今日は得点圏で3度凡退。

7回から筒井清水のバッテリーに交代。2つの四球でピンチを作りましたが、バレンティンを三振に抑えた良い球もたまにありました。8回、ヒットの大和が盗塁成功。さらに悪送球で一気に3塁まで進むと、1アウト1,3塁からゴメスが7試合連続ヒットとなるタイムリーで1点差!さらに好相性のマートンでしたがショートゴロ併殺。継投を選ばず勝負を選んだスワローズベンチに完敗。

そのウラ、続投の筒井が中村に2ランを浴びてダメ押し。9回はバーネットが故障離脱して代役のカーペンターが登板。福留がヒットで出たのですが、今成のショートフライの際にエンドランがかかっており、1塁戻れずゲッツー。ついに打率1割を切りました。ビハインド時に投げる2番手投手、左バッターの不振が気がかり。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
マートン  
鳥谷 メッセンジャー[負]  
上本 大和 ゴメス  
藤井 関本 新井良 清水 
福留 今成 筒井(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月 3日 (木)

上本、猛打賞で新1番に!久々お立ち台で大緊張。

20140403阪神○7-4●中日(京セラドーム) 勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中5日)、中日・山内。開幕戦で10失点されたこともあり、藤井がマスク。初回、3つの四球で2アウト満塁とすると、福留の打席で暴投の間にタイガース先制。さらに満塁のチャンスで今成が決めれず。山内は初回、ノーヒットながら34球。2回、ヒットの上本がチーム初盗塁を決めると、大和のサードゴロを飛びついたルナが1塁悪送球の間に1点。満塁からマートンのセンターオーバーで4-0。

3回、先頭・今成のショートゴロをエルナンデスが弾くエラー。盗塁の後、1アウト2塁から能見が低めのボール球をレフト前に落とすタイムリー。4回は連打でピンチを背負いましたが、和田の痛烈な当たりを鳥谷がダイブ!この後、ゲッツーで切り抜けると、そのウラ、福留の1号2ラン(日本球界199号)で7-0とリード。

大量リードながら、能見が6回に乱調。連打と四球で無死満塁のピンチを背負うと、和田に初球を2点タイムリー。1アウト後、代打・小笠原が登場して2球めのストレートが高めに抜けて記録はパスボールの間に1失点。後続にも良い当たりを許しながら抑えましたが、本調子には程遠い内容。

4点リードの7回は加藤。いきなり大島にヒットを許し、続く荒木のセカンドゴロ。ここで上本がファンブルしてしまい間一髪で1塁をアウトにできました。安藤にスイッチしてピンチ脱出。9回は呉昇桓がマウンドに上がりますが、先頭・野本にヒット。1アウトから大島に右中間を破られてタイムリー3塁打。2試合めで初失点。やはり左バッターに難があるのか今日は24球費やし、空振りが取れたのは1球。

2試合連続の2ケタ安打で、初の連勝。勝率5割復帰!明日からは神宮でスワローズ“表ローテ”との3連戦。

「西岡さんが帰ってくるまで、しっかりいい状態で迎えたいと思います。」by 上本
「ニシオカサン、イナイ、サミシイ。イエスサマに希望がある。」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 マートン 福原(4)
福留 安藤(3)
大和 鳥谷 ゴメス 能見[勝]  
今成 藤井 加藤(2)
  梅野 俊介 新井良 呉昇桓(5)
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月 2日 (水)

岩崎(いわざき)、虎の窮地を救ったプロ初勝利!

20140402 阪神○15-0●中日(京セラドーム
勝利打点:ゴメス①

サン→ABCの完全中継。今日の先発は岩崎(プロ初登板)、中日・岡田。左相手ということもあり、良太俊介が先発出場。大敗から一夜が明け、ルーキー左腕に託した大事な一戦。初回、良太のダイビングキャッチで助けました。直球は130キロ前後、シンカー系のチェンジアップが高めに浮く不安定な面もありましたが、コースを狙って打たせて取るピッチング。3回の2,3塁のピンチは危なかったが、ルナがカウント3-1から打ち上げ。

4回、大和のバスターエンドランが決まり、無死1,3塁のチャンス。満塁でゴメスが押し出しの四球で先制すると、続くマートンがフェンス際まで飛ばす犠牲フライ。そして良太がバットを放り投げてセンターオーバーのタイムリー2塁打(今季初ヒット)、俊介もタイムリーで4点先行!岡田はこの回でマウンドを降りました。

6回は安藤。これがまたハラハラした(笑)8球粘られて荒木にヒットを許すと、ルナにも連打。苦手の森野にもヒットで1アウト満塁の大ピンチでしたが、和田、野本を抑えて無失点!ピンチの後にチャンスあり、とばかりに鳥谷のフェンス直撃2塁打から無死満塁のチャンス。良太のタイムリーの後、2アウトから代打・新井が追い込まれてから甘く入ったスライダーをセンターオーバーの3点2塁打!これで試合を決めました。

7回は左キラーの小林正を相手に猛虎打線が爆発。ゴメスが内角打ちの2塁打でお役御免。1アウト2,3塁からマートンの2点タイムリー。良太の猛打賞の後、俊介がライト線へうまく運ぶタイムリー2塁打。藤井もタイムリー。上本もタイムリーでここまで7者連続出塁。大和の犠牲フライでこの回一挙6点。途中、デニー投手コーチがマウンドで胸を叩き、気合いを入れてましたが・・・。

8回は連打とボークで1アウト2,3塁とし、良太が今日3打点となる犠牲フライで15点め。岩崎がプロ初登板で初勝利!1日で最下位脱出し明日が大事な一戦。早くも中5日でエース・能見が10失点以来のマウンド。

「最初は緊張もあったが、良太さんがファインプレーで救ってくれた。」by 岩崎
「(岩崎は)雰囲気はモゾモゾしているけど、マウンドでは頼もしい。」by 良太
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
新井良 大和 ゴメス 岩崎[勝] 新井
マートン 俊介 藤井 関本 田上 
上本 鳥谷 加藤(3) 筒井(4) 岩本(5)
   
  今成 清水 安藤(2)
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(先発5番手に躍り出たルーキー。救世主に。)
OUT 緒方凌介外野手(開幕4試合で得た経験を活かしたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月 1日 (火)

藤浪、エースへの第一歩。無援護で力尽き最下位に。

20140401 阪神●0-10○中日(京セラドーム) 勝利打点:ルナ

BS1で完全中継。今日の先発は藤浪、中日・山井。NHK朝ドラ「ごちそうさん」でおなじみ東出昌大の始球式。西岡が長期離脱となり、「1番上本、3番鳥谷」の新オーダー。2回、森野の打球が藤浪の右手に当たり、アウトにはなったものの状態が心配。そのウラ、ゴメスがやはりインコースをレフト前へ弾き返すヒットの後、マートンがゲッツー。

3回、曲がりの大きい山井の変化球では藤浪もスリーバント失敗。4回は1アウト1塁で森野のセカンドゴロ、ゲッツーコースでしたが、上本がファンブル。こぼれた球が2塁ベースの鳥谷の方へ転がっていき、6-6-3のゲッツー完成。5回には、エルナンデス(スイッチ)がライトへ強い打球を放ちますが、福留がジャンピングキャッチ!

6回、1アウトから大島がヒット。ランナーを気にしすぎたか荒木に四球を出して1,2塁。ここでルナにはフルカウントからレフト前タイムリーで先制。エンドランがかかり1,3塁に場面が代わると、平田にタイムリーで2点め。そのウラ、藤浪自ら左中間オーバーの2塁打(ヒットはプロ2本目)を放ちますが、後続は沈黙。

リリーフ陣が不安なこともあり、104球の藤浪を8回も続投。大島、ルナにそれぞれ猛打賞となるヒットを許すと、平田には低めのカットボールがわずかに外れて1アウト満塁。森野犠牲フライの後、和田にタイムリーを許して4点目を取られた所で130球KO。完全に交代機を逃しました。代わった金田も谷繁監督に2点タイムリー、代打・野本に3ランを許して一気に点差が0-9と開きました。

9回は岩本が今季初登板を果たしますが、ルナが4安打。1アウト1,3塁から工藤の犠牲フライで10点め。3敗すべて2ケタ失点と投手陣が崩壊。打線も3安打(うち1本は藤浪)と沈黙。まだ1勝3敗ですが、2011年6月以来の単独最下位に転落。明日はルーキー左腕・岩崎に託します。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
藤浪[負]  
福留 藤井  
上本 鳥谷 ゴメス 緒方 新井良
大和 マートン 今成 梅野 金田(2) 岩本(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤浪晋太郎投手(カード初戦を任される2年目は先発の軸に。)
IN 筒井和也投手(先発挑戦に失敗し、リリーフから再スタート。)
IN 岩本輝投手(炎上が続く右のリリーフ争いでアピールしたい。)
IN 田上健一外野手(まずは守備固めから。緒方と交代か。)
OUT 西岡剛内野手(わき腹の骨折も判明。復帰時期は夏場か。)
31日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 鶴直人投手(オープン戦は良かったが、勝利の方程式に入れず。)
OUT 二神一人投手(ファームでは先発調整をお願いしたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »