« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014開幕】 | トップページ | 今成、巧打で開幕スタメン濃厚。あとはポジション。 »

2014年3月15日 (土)

プロ野球戦力分析【オリックス編・2014開幕】

Image14bs4 開幕直前、12球団戦力分析。今回は前年パリーグ5位のオリックスバファローズ。主軸の李大浩(ソフトバンク)、バルディリス(DeNA)がチームを離れたため、長打力のダウンは必至。今年は外国人野手3人で挑むことになる。投手陣はまずまずの仕上がりだが、野手では攻守の軸となる糸井が故障で開幕直前の復帰見込み。今年は苦しいスタートになる。

【野手編】
Image14bsorder 2年連続40盗塁のヘルマン(西武)が1番での出塁率が求められる。糸井の足の状態次第では、1,2番を組む可能性もある。新戦力のベタンコートは二遊間での出場が有力で、調子が上がってくれば3割20発を期待。DH枠は流動的でペーニャ、竹原、高橋あたりが収まるか。古巣復帰の谷やトレードで加入した鉄平も出場機会をもらえそう。キャッチャーは山崎勝(ソフトバンク)がFA移籍で加入したが、打力のある伊藤が一歩リードか。

注目選手は、T-岡田。再び中軸として和製大砲の復活なるか?

【投手編】
エース・金子千尋がインフルエンザで調整が遅れたが、開幕へ仕上げてきた。故障がなければ15勝を狙える。西、ディクソンまでは先発確定。井川が不安定な内容ながらローテ入りが有力。ただコマ不足は否めず、2年目の松葉、ルーキー・東明ら若手も使わざるを得ない状況。リリーフ陣では、馬原がケガなく仕上げて今年は1軍で開幕の見込み。セットアッパー佐藤達との剛球リレーで、抑えの平野佳につなげたい。

注目選手は、金子千尋。順調にいけばFA権の取得。結果を出して争奪戦に。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 金 子 西 ディクソン 井 川 松 葉 東 明
中継 佐藤達 比 嘉 馬 原 小 松 海 田
抑え 平野佳
次点 岸 田 マエストリ 東 野 前 田 桑 原 大 山 吉田一
故障
野手
捕手 伊 藤 山崎勝 伏 見
内野 T-岡田 ベタンコート ヘルマン 安 達 高橋信 山本和 原拓
外野 平野恵 坂 口 糸 井 川 端 駿 太
次点 斎藤俊 三ツ俣 縞 田 丸 毛 深 江 鉄 平 竹 原
故障 ペーニャ
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014開幕】 | トップページ | 今成、巧打で開幕スタメン濃厚。あとはポジション。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【オリックス編・2014開幕】:

« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014開幕】 | トップページ | 今成、巧打で開幕スタメン濃厚。あとはポジション。 »