« プロ野球戦力分析【オリックス編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2014開幕】 »

2014年3月15日 (土)

今成、巧打で開幕スタメン濃厚。あとはポジション。

20140315 DeNA△2-2△阪神(横浜

TBSニュースバードで無料中継。今日の先発は能見、DeNA・三嶋。鳥谷が背中の張りを訴えて欠場し、ショートは上本。2回、2アウトから今成が右中間フェンス直撃の3塁打で出塁すると、1,3塁から清水のライト前タイムリーでタイガース先制!

能見も少し球が上ずる場面もありましたが、ストレートのキレもよく、5回無失点の好投。2回のピンチは西岡のジャンピングキャッチに救われました。さらに4回は三者連続で見逃し三振を奪うなど、開幕に向けて万全の状態。6回、ベイスターズ2番手の安部に代わると、先頭・大和が左中間への2塁打。2アウト1,2塁から今成がセンター前タイムリーを放ち、2-0とリード。

しかしそのウラ、代わった藤原がコントロールを乱して1アウトからヒットと四球2つで満塁になったところで、にスイッチ。ベイスターズも代打・中村紀が登場してフルカウントからライト犠牲フライで1点差。続く筒香にタイムリーも許してしまい、2-2の同点。

9回、呉昇桓が登板。1アウトから金城に2塁打を許しましたが、アウトローに150キロの石直球が決まる場面もあり、高めの空振りも取れました。アウト3つは全て三振で、なんとか引き分けに持ち込みました。オープン戦は1勝8敗2分。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【オリックス編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2014開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59297820

この記事へのトラックバック一覧です: 今成、巧打で開幕スタメン濃厚。あとはポジション。:

« プロ野球戦力分析【オリックス編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2014開幕】 »