« メッセ、6回1失点で間に合った。あとは左のリリーフ。 | トップページ | 榎田、最終登板で不安。オープン戦は11位で終了。 »

2014年3月23日 (日)

プロ野球戦力分析【中日編・2014開幕】

Image14d 開幕直前、12球団戦力分析。今回は前年セリーグ4位の中日ドラゴンズ。今年から谷繁選手兼任監督として新体制に。ヘッドに森繁和氏、GMに落合博満氏が入り、かつての“オレ竜”野球が復活の予感。エース・吉見、浅尾が開幕絶望だが復帰するまで総合力で乗り切りたい。井端(巨人)が移籍したことで、ここ数年課題である野手の世代交代もポイントになる。

【野手編】
Image14dorder 大島が手術明けながら、結果を残して再びレギュラーに。ルナは足の状態が心配だが、今年も打率3割以上を期待。4番は平田を抜擢、調子の波があるが我慢して使い続けたい。今年は5番がポイントになる。森野、小笠原(巨人)、ゴメスの左打ち3人が入れ替わりながらの起用か。また、二遊間は新加入のエルナンデス、堂上直で開幕するが、ベテラン・荒木や2軍には3年目・高橋周平も控えており、シーズンでも競争になる。

注目選手は、小笠原。出場機会をもらえれば打棒復活の可能性。燃え尽きたい。

【投手編】
昨年10勝の大野が開幕投手か。今年は貯金(勝ち負けの差)が求められる。また、66試合投げた岡田が先発転向しブレイクの予感。2人を中心に前半戦を戦いたい。48歳の山本昌は惜しくも2軍スタート。リリーフ陣は、田島が代役セットアッパーに浮上し、あとは左が課題。再入団したパヤノの調子が上がらず、小林正や高橋聡の復活に頼る。抑えの岩瀬も今年は400セーブがかかるが、インフルエンザによる調整遅れが不安。

注目選手は、川上。戦力外からの再契約。1年間投げれなくてもキーマンの一人。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 大 野 カブレラ 岡 田 山 井 川 上 山 内
中継 田 島 武 藤 小林正 高橋聡 又 吉
抑え 岩 瀬
次点 山本昌 朝 倉 雄 太 パヤノ 福 谷 鈴木義 若 松
故障 吉 見 浅 尾
野手
捕手 谷 繁 松井雅 福 田
内野 森 野 エルナンデス ル ナ 堂上直 小笠原 荒 木 森 越
外野 和 田 大 島 平 田 ゴメス 工 藤 野 本
次点 小 田 田 中 岩崎恭 高橋周 堂上剛 藤 井 松井佑
故障 中田亮
もしよければ1クリックお願いします。

|

« メッセ、6回1失点で間に合った。あとは左のリリーフ。 | トップページ | 榎田、最終登板で不安。オープン戦は11位で終了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【中日編・2014開幕】:

« メッセ、6回1失点で間に合った。あとは左のリリーフ。 | トップページ | 榎田、最終登板で不安。オープン戦は11位で終了。 »