« プロ野球戦力分析【広島編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2014開幕】 »

2014年3月24日 (月)

プロ野球戦力分析【阪神編・2014開幕】

Image14t 開幕直前、12球団戦力分析。今回は前年セリーグ2位の阪神タイガース。新外国人・ゴメスが調整遅れの上、オープン戦で鳥谷、西岡が故障しベストオーダーを組めないまま開幕を迎える。今年は2年目を迎える藤浪にチームの運命を託すことになる。スタンリッジ(ソフトバンク)、久保(DeNA)が移籍したが、韓国球界を代表するクローザー・呉昇桓を獲得。競ったゲームを取っていきたい。

【野手編】
Image14torder 出塁率の高い鳥谷を1番に据える新オーダーが和田監督の構想。実戦から遠ざかっており体の状態が上がるまでは苦しい戦いになる。ゴメスは三振が多く、早い段階で見極められる可能性が出てきた。サード争いは巧打の今成が一歩リード。相手投手を見て新井良太との併用になるが、ライトを守る福留の状態次第で全てが変わってくる。キャッチャーは清水を抜擢し、藤井はリリーフキャッチャー。新人の梅野(福岡大)も豪快な打撃で沸かせたい。

注目選手は、今成。体力面で不安があるが、ミート力はリーグトップクラスに。

【投手編】
能見、メッセンジャーの2人は順調な仕上がりを見せているが、藤浪がオープン戦で打ち込まれた。今年も左打者への対策がポイントになる。榎田、岩田がローテ入りしたが4番手以降は流動的で、若手投手の活躍が待たれる。リリーフ陣は、先発争いをしていた二神が好調。ただ左のリリーフが不安で厳しい戦いに。今年は福原が8回に入り、9回は呉昇桓。150キロ台の“石直球”と鋭い変化球で、課題だった“ポスト球児”に。

注目選手は、岩田。立ち上がりの悪さを克服し、苦しい先発事情を救えるか。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 能 見 メッセンジャ 藤 浪 榎 田 岩 田
中継 福 原 安 藤 加 藤 二 神 金 田
抑え 呉昇桓
次点 秋 山 岩 本 筒 井 吉 見 山 本 渡 辺 伊藤和
故障 久保田 岩 貞 松 田
野手
捕手 清 水 藤 井 梅 野
内野 ゴメス 西 岡 今 成 鳥 谷 新 井 新井良 関 本
上 本
外野 マートン 大 和 福 留 俊 介 緒 方
次点 鶴 岡 森 田 西 田 田 上 柴 田 伊藤隼
故障
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【広島編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2014開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59349600

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【阪神編・2014開幕】:

« プロ野球戦力分析【広島編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2014開幕】 »