« 伊藤和、球威増で育成枠から開幕1軍へ。虎7連敗。 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014開幕】 »

2014年3月11日 (火)

ついに勝った!関本、値千金の勝ち越し弾!

20140311 阪神○3-2●DeNA(甲子園) 勝利打点:関本

サンテレビで7回表まで中継。今日の先発はメッセンジャー、DeNA・尚成。鳥谷1番、西岡3番という新たなパターンでオーダーを組んできましたが、まだ状態が上がってこないので手探りか。両先発は共に無失点ピッチングで格の違いを見せつけました。

3回、ルーキー・梅野がチーム初ヒットとなるレフト線への2塁打で無死2,3塁のチャンスを作りましたが、後続がつながらず無得点。5回、ベイスターズの2番手・加賀美が登板。いきなり相手ショートのエラーで先頭バッターが出塁すると、1アウト2塁から不振の鳥谷がピッチャー強襲ヒット。この後、満塁から途中出場の上本の犠牲フライでタイガース先制!

5回終了後、東日本大震災から3年を迎え、両チームの選手が整列し黙とう。

8回、金田が2アウトから不振の梶谷にタイムリーを許してしまい、同点。しかしそのウラ、代打・関本が左中間への勝ち越しホームラン!さらに2アウト2塁から俊介のタイムリーが飛び出して貴重な3点め。9回の守備でもフェンス際の当たりを捕ってくれました。2アウトから宮崎のタイムリーで1点差まで迫られましたが逃げ切り。

オープン戦9試合めにして、タイガース初勝利!(1勝7敗1分) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 伊藤和、球威増で育成枠から開幕1軍へ。虎7連敗。 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59276502

この記事へのトラックバック一覧です: ついに勝った!関本、値千金の勝ち越し弾!:

« 伊藤和、球威増で育成枠から開幕1軍へ。虎7連敗。 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014開幕】 »