« プロ野球戦力分析【阪神編・2014開幕】 | トップページ | ゴメス、菅野撃ちで一安心も…能見が開幕10失点。 »

2014年3月26日 (水)

プロ野球戦力分析【巨人編・2014開幕】

Image14g 開幕直前、12球団戦力分析。今回は前年セリーグ1位の読売ジャイアンツ。あと1勝で日本一を逃した昨シーズン。FAで先発の大竹(広島)、野手では片岡(西武)を獲得。さらに自由契約の井端(中日)まで獲得し、選手層は厚い。リーグ3連覇に向けて死角はないか。キャンプで肩痛を訴えた山口の状態がシーズンを左右することになる。東京ドームの新素材の人工芝にも注目したい。

【野手編】
Image14gorder 坂本が1番で開幕する予定がフライデー報道の前後から調子を落とした。片岡は打撃好調だが両足に不安があり、守備でもミスが目立っている。二遊間のサブで井端が控えるが、スタメン機会は十分ある。阿部が首痛を訴えたが、クリーンアップの破壊力は今年も健在。新加入のアンダーソンは左投手に難があるが、原監督の柔軟な起用でそこそこの打率は残せる。新人の小林(日本生命)も強肩で“ポスト阿部”として活躍の予感。

注目選手は、井端。新天地での現役続行、いぶし銀の働きで坂本を刺激したい。

【投手編】
2年目の菅野が初の開幕投手。球のキレ、制球ともに昨年より良く、15勝前後は計算できる。大竹は4番手で開幕する。長いイニングは投げれないが、低めのコントロールがポイント。韓国最多勝のセドンはセットポジションが課題で時間がかかる。リリーフ陣は、久保が復活をかけたが結果を残せず。6年連続60試合以上登板の山口が出遅れており、マシソン、抑えの西村健との必勝リレーにほころびが出ると一気に苦しくなる。

注目選手は、杉内。昨シーズン後半は打ち込まれ、巨人3年めの今年はどうか。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 菅 野 内 海 杉 内 大 竹 宮 國 セドン
中継 マシソン 山 口 青 木 笠 原 香 月
抑え 西村健
次点 今 村 小 山 高木京 久 保 江柄子 田 原 阿 南
故障 澤 村 福 田 越 智 高木康
野手
捕手 阿 部 小 林 実 松
内野 ロペス 片 岡 村 田 坂 本 井 端 藤 村 石井義
外野 アンダーソン 橋 本 長 野 高橋由 矢 野 鈴木尚
次点 加 藤 坂 口 大 累 立 岡 大 田 松本哲 隠 善
故障 寺 内 中 井 亀 井
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【阪神編・2014開幕】 | トップページ | ゴメス、菅野撃ちで一安心も…能見が開幕10失点。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【巨人編・2014開幕】:

« プロ野球戦力分析【阪神編・2014開幕】 | トップページ | ゴメス、菅野撃ちで一安心も…能見が開幕10失点。 »