« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2014開幕】 »

2014年3月18日 (火)

プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2014開幕】

Image14l2 開幕直前、12球団戦力分析。今回は前年パリーグ2位の埼玉西武ライオンズ。11年ぶりの古巣復帰となった伊原監督。機動力を中心にした野球になるが、まずは浅村のセカンドコンバートに着手。故障明けになる“おかわり君”中村の主砲復活が一つのポイントになる。FAで涌井(ロッテ)が抜けたが先発陣の層は厚く、今年も競った場面でのリリーフ勝負に悩まされるか。

【野手編】
Image14lorder 浅村、中村の調整が遅れているが、中軸として2人がチームのカギを握る。共に30発、90打点は超えたい所。オープン戦ではライト争いが熱い。4年目・熊代が小技もできて一歩リードしているが、木村や斉藤も結果を残しており、シーズンでも柔軟な選手の入れ替えは必至。新外国人・ランサムの状態が上がらず、早いうちに脇谷(巨人)や鬼崎といった所が取って替わるとなるとチームとしては厳しいか。2年目・金子侑のショートも送球難があるが我慢して使い続けたい。

注目選手は、秋山。三拍子揃った外野手、さらに飛躍してチームの軸になれるか。

【投手編】
岸が2年連続の開幕投手。7年で6度の2ケタ勝利を挙げる安定感に期待。菊池、牧田の3本柱で挑むことになる。新外国人のレイノルズも動く球を武器に使えそうな予感。リリーフ陣は、右の十亀が先発から再び配置転換され、三振奪取率の高い左の高橋と2人が中心になる。外国人2人はやや不安定さが出ており、競った場面で調子の良い投手から使っていく形になる。41歳の西口も今年はリリーフで進退をかける。

注目選手は、菊池。去年は故障で9勝に終わったが、今年は15勝も狙える。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 菊 池 牧 田 レイノルズ 野 上 岡本洋
中継 ウィリアムス 高 橋 十 亀 岡本篤 豊 田
抑え ボウデン
次点 西 口 武 隈 田 中 中 郷 岩 尾 川 崎 中 崎
故障 大 石 増 田
野手
捕手 炭 谷 上 本
内野 中 村 浅 村 ランサム 金子侑 鬼 崎 脇 谷 山崎浩
外野 栗 山 秋 山 熊 代 坂 田 木 村 森 本
次点 武 山 永 江 渡 辺 大 崎 斉 藤 米 野
故障 岡 田 林 崎
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2014開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2014開幕】:

« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2014開幕】 »