« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2014開幕】 »

2014年3月21日 (金)

能見、7回2失点で開幕へ万全!ゴメスも打った!

20140321 オリックス●2-4○阪神(京セラドーム
勝利打点:マートン

関西テレビで録画中継。今日の先発は能見、オリックス・金子。ケガの回復が遅れている鳥谷、西岡を除いてベストメンバーが揃いました。初回、清水が弾いたボールを見失う間に糸井が1塁から3塁へ進塁すると、ベタンコートが詰まりながらレフト前へ落とすタイムリーでバファローズ先制。

4回、先頭・今成がライト線への2塁打で出塁すると、ゴメスは内角シュートにどん詰まりのピッチャーゴロ。1アウトからマートンが高めのボールを弾き返して左中間スタンドへの逆転2ラン!

7回、無死1塁からのバントがフィルダースチョイス。続く清水はバント失敗で三振に倒れ、能見もそのまま打席に立たせると、バントが3塁ホースアウトと散々。それでも満塁から大和がタイムリーを放ち3点め。そのウラ、走って足が張った能見の球が上ずりだすと1アウト1,2塁から伊藤にタイムリーを許して1点差。それでもこのピンチはしのいで7回2失点。

8回、ゴメスが真ん中低めの球をセンター横への2塁打。ついに内野安打以外のヒットが出ました。2アウトから代打・関本がライト線へのタイムリー2塁打で再びリードを2点に。そして福原-呉昇桓の必勝リレーでパーフェクトリリーフ。打てないなりに良い形ができるようになってきました。

オープン戦は初の連勝で、3勝8敗3分。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2014開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59335086

この記事へのトラックバック一覧です: 能見、7回2失点で開幕へ万全!ゴメスも打った!:

» 開幕に向けて不安と期待が入り交じり [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
今シーズン初めての観戦。このオリックス3連戦は開幕の予行演習ともいえるカード。 ここまでのオープン戦の戦い方を見ていると、ピッチャーはそこそこ抑えているものの、打線がほとんど繋がらない。 この日も金子千尋が相手なので、どうせ打てんやろと思っていた。しかし、意外と形になってるやんという感じだった。... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 14:12

» 開幕に向けて不安と期待が入り交じり [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
今シーズン初めての観戦。このオリックス3連戦は開幕の予行演習ともいえるカード。 ここまでのオープン戦の戦い方を見ていると、ピッチャーはそこそこ抑えているものの、打線がほとんど繋がらない。 この日も金子千尋が相手なので、どうせ打てんやろと思っていた。しかし、意外と形になってるやんという感じだった。 ... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 14:12

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2014開幕】 »