« プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2014開幕】 »

2014年3月22日 (土)

メッセ、6回1失点で間に合った。あとは左のリリーフ。

20140322 阪神●3-7○オリックス(京セラドーム
勝利打点:ベタンコート

朝日放送で録画中継。今日の先発はメッセンジャー、オリックス・井川。昨日に引き続き、鳥谷と西岡が欠場。2回、ゴメスの打球が伸びていきましたが、センターフェンス際で失速。しかし続くマートンがチェンジアップが浮いた所をバックスクリーン左への一発でタイガース先制!

3回、谷に2塁打を許すと、1アウト3塁から山崎のセカンドゴロ。上本がバックホームしましたが、フィルダースチョイスとなり同点。それでもメッセンジャーが6回3安打に抑えて、順調な仕上がり。

バファローズは2番手・マエストリが5回から登板。代わり端、福留がヒットで出塁すると、制球を乱しており死球、四球で無死満塁のチャンス。ここでメッセンジャーに打たせてきましたが、浅いライトフライを糸井に捕られると、後続が打てずに無得点。

7回、ルーキー・山本がワンポイントで交代し、代わった安藤が苦しみました。2,3塁のピンチを背負うと、2アウトから2塁へ牽制悪送球。がなんとか止めましたが、3塁ランナーのベタンコートがスキを見逃さずにホームイン。そのウラ、福留がライトスタンドへの一発で追いつくと、無死2塁から代打・今成が粘って左中間へのタイムリー2塁打!ただ追加点は入らず。

1点リードの8回、加藤が炎上。1アウト2塁からヘルマン、ベタンコート、山本のタイムリーで計4失点。9回は吉見が鉄平にタイムリーを許して1失点。リリーフ左腕がそろって結果を残せず、開幕に不安を残しました。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2014開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59338179

この記事へのトラックバック一覧です: メッセ、6回1失点で間に合った。あとは左のリリーフ。:

» 拙攻と中継ぎ崩壊で逆転負け [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
前日の試合で打線が繋がるようになったと思ったら、1日でまたダメダメ打線に逆戻り。 ランナーを溜めるところまでは出来ても、その後決定打が出んのよね。 おまけに中継ぎ投手陣が試合をぶっ壊すし、悪いところが一気に噴出したわ。... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 14:08

» 拙攻と中継ぎ崩壊で逆転負け [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
前日の試合で打線が繋がるようになったと思ったら、1日でまたダメダメ打線に逆戻り。 ランナーを溜めるところまでは出来ても、その後決定打が出んのよね。 おまけに中継ぎ投手陣が試合をぶっ壊すし、悪いところが一気に噴出したわ。 ... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 14:08

« プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2014開幕】 »