« プロ野球スピリッツ5査定(松井裕樹) | トップページ | ついに勝った!関本、値千金の勝ち越し弾! »

2014年3月10日 (月)

伊藤和、球威増で育成枠から開幕1軍へ。虎7連敗。

20140310 巨人○7-6●阪神(伊勢) 勝利打点:小林

「伝統の巨人阪神戦80周年企画」で改修中の伊勢市の倉田山公園野球場のこけら落とし。今日の先発は、巨人・宮國。先発予定の秋山が昨日の練習中に打球を受けて登板回避。初回、先頭・上本がヒットと盗塁でチャンスを作ると、2アウト1,2塁から良太のタイムリーでタイガース先制!

そのウラ、村田の犠牲フライとロペスがレフトオーバーのタイムリー2塁打で逆転。タイガースは3回、1アウト1,3塁から新井のタイムリーで同点。4回、筒井が2番手で登板した途端、雪が強く降ってきて中断。再開後、コントロールがつかず坂本のレフト線タイムリー2塁打で勝ち越し。

6回、2アウトから梅野がヒットで出塁すると、ここから満塁のチャンス。そして大和がライト前への2点タイムリーで逆転すると、俊介今成の3者連続タイムリーで6-3とひっくり返しました。そのウラ、連投の伊藤和でしたが球威のあるストレートでアウト3つはすべて三振。育成枠からの復活劇が見えてきました。

ゲームは8回、左の山本が登板すると、先頭バッターに四球。バントヒットも重なって無死満塁の大ピンチを背負うと、ルーキー・小林がレフト場外への逆転満塁アーチ。勝てないときはこういうものなのか。これでオープン戦7敗1分け。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球スピリッツ5査定(松井裕樹) | トップページ | ついに勝った!関本、値千金の勝ち越し弾! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59271313

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤和、球威増で育成枠から開幕1軍へ。虎7連敗。:

« プロ野球スピリッツ5査定(松井裕樹) | トップページ | ついに勝った!関本、値千金の勝ち越し弾! »