« プロ野球戦力分析【中日編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2014開幕】 »

2014年3月23日 (日)

榎田、最終登板で不安。オープン戦は11位で終了。

20140323 オリックス○3-1●阪神(京セラドーム
勝利打点:谷

オープン戦最終戦は中継なし。今日の先発は榎田、オリックス・ディクソン。西岡が3番セカンドで先発出場すると、さっそく第1打席でヒット。そのウラ、榎田の制球が定まらずに2四球で1,2塁とすると、ダブルスチールを敢行。清水がボールを弾く間に一気にホームを狙ったヘルマンはタッチアウト。

2回、1アウト1塁から福留が左中間を破るタイムリー2塁打でタイガース先制!ただ続く1,3塁の場面で榎田のセーフティスクイズが正面となり、飛び出した3塁ランナーの福留がタッチアウト。そのウラ、2アウト1,2塁から伊藤にタイムリーを許して同点。

3回、大和がヒット&盗塁の後、西岡の進塁打が決まって1アウト3塁のチャンスでしたが、ゴメスマートンが連続三振。そのウラ、2番に入った糸井が滞空時間の長いフェンス直撃の3塁打。続く谷も天井直撃でボールが落ちてきたのが、フェアの判定でこれがタイムリーに。さらに平野にもタイムリーを許し、3回の時点で72球。苦しみました。

5回からは二神が2イニングをパーフェクト。開幕は中継ぎからスタートする見込みで、先発チャンスをうかがう形に。8回、チャンスで回ってきたゴメスが今日3度めの三振。シーズン当初は貧打に苦しみそう。オープン戦は3勝10敗3分の11位で終了。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【中日編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2014開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59343986

この記事へのトラックバック一覧です: 榎田、最終登板で不安。オープン戦は11位で終了。:

» 課題を残したままオープン戦終了 [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
オープン戦最後の試合も落とし、3勝10敗3分の11位に終わった。後は開幕までの僅かの期間に最終調整するだけ。間に合うんかなあ。 [続きを読む]

受信: 2014年3月24日 (月) 20:23

» 課題を残したままオープン戦終了 [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
オープン戦最後の試合も落とし、3勝10敗3分の11位に終わった。後は開幕までの僅かの期間に最終調整するだけ。間に合うんかなあ。 [続きを読む]

受信: 2014年3月24日 (月) 20:23

« プロ野球戦力分析【中日編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2014開幕】 »