« プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2014開幕】 »

2014年3月16日 (日)

大和、あと1人からの同点打。連日ドローでまた勝てず。

20140316 西武△1-1△阪神(西武ドーム

今日の先発は榎田、西武・レイノルズ。昨日に続いて鳥谷が欠場。2度めの対戦となった新外国人レイノルズですが、3回、4回のチャンスをモノにできず。逆に榎田も4回まで1安打ピッチングを展開。

しかし5回、西田のエラーで先頭バッターを出してしまうと、2アウト2塁から熊代に左中間へのタイムリー2塁打を許して、ライオンズ先制。俊介西田の中継プレーが乱れる間に3塁まで進まれました。榎田は6回まで投げて1失点と開幕ローテ入りを確実に。

7回は吉見が1軍合流後、初登板。ランナーを1人出しましたが無失点ピッチング。筒井や藤原が結果を残せない中で、開幕1軍を目指して上々の滑り出し。次回のピッチングがポイントに。

9回、ライオンズは左のウィリアムスが登板。先頭・西岡がマルチヒットで出塁も、代走・田上が盗塁失敗。それでも2アウトから良太がピッチャー強襲ヒットで出塁すると、1,2塁から途中出場の大和がセンター前タイムリーで同点!そのウラ、連投の呉昇桓が1アウト1,3塁のピンチを背負いましたが、なんとか逃げ切っての引き分け。

連日のドローでオープン戦は1勝8敗3分け。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2014開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59303165

この記事へのトラックバック一覧です: 大和、あと1人からの同点打。連日ドローでまた勝てず。:

« プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2014開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2014開幕】 »