« ドラ1岩貞、先発ローテ名乗り 和田監督が好評価 | トップページ | 清水、攻守に存在感。若トラに訪れた魔の7回。 »

2014年2月14日 (金)

2014年初の対外試合。先発候補がピリッとせず。

20140214 阪神△5-5△サムスン(宜野座)

11日の日本ハム戦が中止となり、今日が初の対外試合。先発は筒井、サムスン・ペク・チョンヒョン。ところが筒井が3回で66球を費やしてしまい、一発を含む2失点。2番手のも3回3失点(3四死球)と結果を残せず。ルーキー梅野とのバッテリーでまだしっくりこないのか。

5点を追う5回、3番サードでスタメン出場の今成がレフトスタンドへの一発を放ち、これがタイガース2014年の第一号。風にも乗ったのでしょうが、掛布DCによる指導の効果が表れているのでしょうか。

投手では3番手に登場した二神が3回無失点のピッチング。ヒット3本こそ許しましたが、前に投げた2人よりもキレが良く結果を残しました。

試合は4点を追う9回、注目株の緒方が快足を飛ばして2塁を陥れると、1アウト1,3塁から代打・俊介のタイムリーで1点。さらに満塁のチャンスを作ると、森田がライト線への走者一掃となる3点2塁打で一気に同点!ただ打った森田は三塁でタッチアウト。続く隼太にヒットが出ただけにもったいなかった。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« ドラ1岩貞、先発ローテ名乗り 和田監督が好評価 | トップページ | 清水、攻守に存在感。若トラに訪れた魔の7回。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59153817

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年初の対外試合。先発候補がピリッとせず。:

« ドラ1岩貞、先発ローテ名乗り 和田監督が好評価 | トップページ | 清水、攻守に存在感。若トラに訪れた魔の7回。 »