« 虎のゴメス、試合前に離脱。竜虎共演はお預け。 | トップページ | 藤浪、ロッテとの練習試合で3回1失点 »

2014年2月25日 (火)

呉昇桓、155キロ圧巻の対外試合デビュー。

20140225 阪神●3-6○LGツインズ(宜野座)

キャンプ最後の対外試合。先発は能見、LG・リオダン。ゴメスが足の張りを訴えた点を除いて、現時点でのベストメンバーで臨んだタイガース。初回、能見が2アウトから4連打で2失点。真っ直ぐ一本で勝負していった結果なので、問題はないと思います。

試合は4回、新井が実践打率8割を超える猛アピール。この日も2打数2安打となるヒットで1アウト1,2塁とすると、続く福留がライト線へのタイムリー2塁打で1点。さらに今成も犠牲フライで2-2の同点。

5回からは藤浪が3番手で登板。スピードガンの故障もあって、186キロの表示に本人もおどけてました。156キロも計測して参考記録ながら自己記録を1キロ更新。6回、1アウト1塁からセンターオーバーへのタイムリー3塁打で勝ち越されました。

7回、玉置が1アウトも取れずノーアウト満塁となったところで、ルーキー左腕の山本にスイッチ。押し出しで1点を失いましたが、これだけでしのいだことが好材料。8回には福原が2アウトランナーなしから2失点で2-6。

そして9回、呉昇桓(オ・スンファン)が初登板。韓国チームとの対戦とあって、うまく投げ切れた印象です。石直球と呼ばれるストレートも高めに浮きながら空振りをとるスタイルで、155キロを計測。あとは投げる時の左足のダブルステップをNPBが良しとするのかどうか。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 虎のゴメス、試合前に離脱。竜虎共演はお預け。 | トップページ | 藤浪、ロッテとの練習試合で3回1失点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/59204111

この記事へのトラックバック一覧です: 呉昇桓、155キロ圧巻の対外試合デビュー。:

« 虎のゴメス、試合前に離脱。竜虎共演はお預け。 | トップページ | 藤浪、ロッテとの練習試合で3回1失点 »