« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2013終了】 »

2013年12月21日 (土)

プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2013終了】

Image1312l 2013年シーズン終了後、12球団戦力分析。今回はパリーグ2位の埼玉西武ライオンズ。4月は18勝9敗と開幕ダッシュに成功したが、6月には貯金を使い果たした。夏場も若手の疲れから低迷。それでもおかわり君が9月に合流し、涌井も中継ぎで息を吹き返すと、4位から12勝2敗で急浮上を果たし、8連勝でシーズンを終了。最終戦で2位の座を奪ったが、CSで敗退し渡辺監督が辞任。

【野手編】
Image1312lorder 浅村が5月末に4番に抜擢されると、キャリアハイの.317、27本、110打点で打点王。“おかわり君”中村が長期離脱で長打力が計算できない中、チームを救った。ヘルマンが2年連続の40盗塁。1番に座り、リーグトップの出塁率(.418)で塁をかきまわした。栗山、秋山と4人が全試合出場。片岡が9月に故障から復帰すると、打率3割を超える活躍でAクラス入りに貢献。今オフに巨人へFA移籍するため、二遊間の競争へ。ルーキー・金子(94試合)、永江(99試合)ら若手に期待。

【投手編】
4年目・菊池が前半戦で9勝を挙げる活躍も、左肩痛で離脱。岸(プロ7年で6度の2ケタ)、野上(救援で3勝)が11勝でチームトップ。牧田、十亀は8勝どまりも規定投球回に到達。涌井が先発で5点台(3勝)と苦しんだが、リリーフに回るとシーズン終盤は10連投の活躍で再びクローザー昇格。今オフ、先発志願でFA移籍した。リリーフ陣は、右のサファテ(16H)、左のウィリアムス(21H)が共に1点台で勝ちパターンに。ルーキー左腕の高橋がシーズン終盤のチームを救った。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 牧 田 野 上 十 亀 岡本洋
中継 サファテ ウィリアムス 増 田 高 橋 大 石 山本淳
抑え 涌 井
次点 西 口 武 隈 岡本篤 小 石 岩 尾 松 下 川 崎
故障 菊 池 松 永 退団 石井一 坂 元 サファテ シコースキー
野手
捕手 炭 谷 星孝 上 本
内野 浅 村 片 岡 ヘルマン 鬼 崎 金 子 渡辺直 永 江
中 村
外野 栗 山 秋 山 坂 田 大 崎 熊 代
次点 武 山 米 野 林 崎 山崎浩 斉 藤 木 村 石 川
故障 退団 ヘルマン オーティズ カーター スピリー
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2013終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/58796023

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2013終了】:

« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2013終了】 »