« プロ野球戦力分析【中日編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2013終了】 »

2013年11月30日 (土)

プロ野球戦力分析【広島編・2013終了】

Image1311c 2013年シーズン終了後、12球団戦力分析。今回はセリーグ3位の広島東洋カープ。前半戦は貧打に苦しんで一時は借金14まで行ったが、シーズン途中に獲得したキラが4番で活躍すると、これまで苦手としていた夏場にチームが浮上。9月は7連勝を含む15勝7敗(リーグトップ)で16年ぶりのAクラスを決めた。その勢いでCSもファイナルステージまで進出したが、巨人には及ばなかった。

【野手編】
Image1311corder 丸が14本、29盗塁で初の盗塁王を獲得。2番の菊池はセカンドで19失策ながら、補殺の日本記録を更新した守備範囲の広さは攻守にわたって盛り上げた。7月に加入したキラがシーズン約半分の出場で14本。9月に1軍再登録されたエルドレッドの打撃が復活、Aクラスを決めた。廣瀬の15打席連続出塁で沸かせたが故障もあって、6年目・松山が1年間、1軍を守りきり外野の一角に。堂林は昨年よりも数字を落とし、8月には故障で離脱。代役サードの木村、小窪が結果を残した。

【投手編】
エース・前田健が4年連続2ケタとなる15勝(2位)で防御率のタイトル。野村は2年目のジンクスを振り切って12勝。バリントン(11勝)、大竹(10勝)と4人が10勝以上と先発層の厚さを見せたが、今オフには大竹がFA移籍で流出する。リリーフ陣では、横山(15H)、永川勝(13H)の復活で後半戦は勝ちパターンの一角に。左は久本がフル回転の活躍。今村は抑え候補として期待されたが、56試合登板も結果を残せず。抑えのミコライオは27セーブで2年目のシーズンで数字を伸ばした。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 前田健 バリントン 大 竹 野 村 中村恭
中継 永川勝 横 山 今 村 中 田 久 本 今 井
抑え ミコライオ
次点 中 崎 小 野 河 内 福 井 上 野 武 内 梅 津
故障 ソコロビッチ 退団 岸 本 菊地原
野手
捕手 石 原 白 濱
内野 キ ラ 菊 池 木 村 小 窪 上 本
外野 エルドレッド 松 山 廣 瀬 岩 本 赤 松
次点 會 澤 安 部 鈴木誠 中 東 下水流 天 谷 ルイス
故障 栗 原 東 出 堂 林 退団 前田智 ニック
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【中日編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2013終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【広島編・2013終了】:

« プロ野球戦力分析【中日編・2013終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2013終了】 »