« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

マエケン攻略まであと一歩及ばず。11度め完封負け。

20130630 阪神●0-2○広島(甲子園) 勝利打点:丸

ABC→サンテレビのリレー中継。今日の先発は秋山(再昇格)、広島・前田健。良太が1ヶ月ぶりに6番昇格。初回、ルイスにフェンス直撃の2塁打を許すと、1死3塁から丸に特大の犠牲フライを許してカープ先制。2回も2死2塁から石原を敬遠したのですが、マエケンにレフト前タイムリーを許して2点め。

3回、先頭・日高がヒットで出塁。秋山のバント失敗でランナーが入れ替わると、ここから西岡がヒットでつないで1,2塁から大和のレフト前ヒット。秋山が一気に3塁を回りましたが、痛恨のホームタッチアウト。それでも鳥谷がカウント3-0からレフトへ打って行きましたが、ルイスのダイビングキャッチに阻まれました。

隼太がリーグ戦再開後15-1と当たりが出ず、6回から今成と交代。ピッチャーは筒井が少し球数を要しながら、イニングまたぎ。7回、2死1,2塁のピンチを背負った所で渡辺にスイッチしてシンカーで空振り三振。8回からは甲子園初登場のボイヤーが2イニングを無失点。空振りを取れず、タイミングを外しながら抑えてました。

マエケンのスライダーに右打者が苦しんで三振の山。8回、今成西岡の連打で1死1,2塁のチャンスでしたが、大和が意表を突いたプッシュバントが小フライとなってしまい、エルドレッドがスライディングキャッチ。続く鳥谷も初球攻撃に出ましたが、サード堂林がダイビングキャッチ。1塁送球も間一髪アウトで得点できず。

8回まで116球のマエケンが9回も続投。全くというほどタイミングの合っていなかったマートン新井が連打で無死1,2塁のチャンス。バントという声もあるなかで良太が打って行き、打ち損じた感じのレフトフライ。ここで代打・桧山が良い当たりながらライトフライで2アウト。最後は日高が鋭い1塁線の当たりを捕られてしまいゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  渡辺(3) ボイヤー(4)
日高 今成 筒井(2)
西岡 マートン  
鳥谷 大和 新井 秋山[負] 俊介 桧山
新井良 伊藤隼  荒木
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(今季2度めの先発チャンス。現在ウエスタン最多勝。)
OUT 浅井良外野手(右の外野手として出場機会が減少。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月29日 (土)

大和、初のサヨナラ打!連日の3点差逆転勝利!

20130629 阪神○4x-3●広島(甲子園) 勝利打点:大和④

NHK総合、サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、広島・大竹。初回、無死1,2塁のピンチを背負い2アウトまで行きましたが、松山に内角ストレートを弾き返されて2点タイムリーとなりカープ先制。3回にはルイスに左中間スタンドへ放り込まれて3失点。高めに浮く投球が目立ち、苦しみました。

4回、四球で出塁した大和が初球スチール成功。1死3塁からマートンがセンター前タイムリーで1点を返しました。5回は2死3塁のピンチをしのぐと、そのウラ、日高のエンドランで良太が一気に3塁へ。ここでメッセに代打・今成を投入し勝負に出ました。痛烈なファーストゴロで三本間に良太が挟まれて粘る間に、ランナーが2,3塁へ進塁。そして西岡のピッチャーとショートのグラブを弾くタイムリーが飛び出すと、大和が鮮やかなセーフティスクイズ!タイムリー内野安打で3-3の同点!

6回は渡辺。コントロールが定まらず無死1,2塁のピンチでしたが、良い当たりをされながら何とか無失点に抑えました。7回は安藤が抑えて、8回は加藤がマウンドに。外の小さいスライダーが有効的でした。良太の1塁悪送球で嫌なムードになりかけましたが、ここは抑えてくれました。打線は7回、8回と連続してゲッツー。

9回は開幕ローテでもあった左の久本との勝負。1アウトから代打・高山が四球で出塁すると、代走・荒木が盗塁成功!代打・関本も四球を選んで1,2塁のチャンス。西岡は高めボール球に空振り三振で倒れましたが、大和が内角ストレートを狙い済ましてレフトオーバーのサヨナラタイムリー!

「やっちゃいましたね。(サヨナラ)初めてだったので本当にうれしい」by 大和
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大和 安藤[H](3) 加藤[H](4) 福原[勝](5)
マートン 新井良 高山 荒木
  関本
新井  
西岡 伊藤隼 日高 今成 渡辺[H](2)
鳥谷 メッセンジャー
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月28日 (金)

マートン、ミコライオ撃ち!守備ミスから3点差大逆転!

20130628 阪神○7-4●広島(甲子園) 勝利打点:マートン⑨

NHK総合でサブチャンネルも使って完全中継。今日の先発はスタンリッジ(再昇格※スライド)、広島・武内。日高が2試合連続のスタメンマスク。初回、四球で出た先頭・西岡が続くバントの場面で盗塁失敗。ちぐはぐな攻めで先制のチャンスを逃しました。3回、堂林のエンドランで4-6-3の高速ゲッツーを取った自慢の二遊間。

しかし4回、先頭・ルイスに四球を出すと、1死2塁から丸のタイムリーでカープ先制。さらに2アウトから会澤のタイムリーで2点め。スタンリッジも調子が良さそうだっただけに、もったいなかった。6回には丸の盗塁で2死2塁から松山のタイムリーで3点め。ボークもとられて完全にイラついてました。

プロ4年目の武内の前に打線が沈黙。序盤は荒れながらの投球、要所で落差のあるフォークも効果的でした。7回、先頭・大和がようやくチーム初ヒット。1アウトから初球スチールを決めると、マートンがセンター前タイムリーを放ち1点を返しました。代打で出た今成が8回からマスクを被りました。ただ2死1塁から代わった渡辺がエルドレッドに右中間を破るタイムリーで1-4と苦しい展開。

8回、1死1塁で代打・桧山のコールを見て、左の河内を投入しますがストレートの四球でチャンス拡大。ここで抑えのミコライオを出してきた野村監督。西岡のファーストゴロ併殺コースでしたが、松山が2塁悪送球の間に1点。続く大和もプッシュバントが正面へ・・・ミコライオの2塁送球も安部がこぼしてオールセーフ。地味に大きかった鳥谷の内野ゴロが進塁打で1点差に迫ると、2,3塁でマートンがセンター前へ逆転の2点タイムリー!新井も四球でつなぐと、今成が初球をセンターオーバーの2点3塁打!一挙6点でゲームを決めました。

9回は加藤が3人で抑えてプロ13年めで初セーブ!藤井もリリーフキャッチャーで1イニング出場。この逆転勝利は大きい!

「甲子園、メッチャスキヤネン。明日もがんばりましょう。」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 加藤[S](4)
  今成
新井 桧山 筒井(2)
西岡 大和 鳥谷 伊藤隼 俊介 藤井
スタンリッジ 関本 
日高 新井良 渡辺[勝](3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN スタンリッジ投手(リーグ戦再開で満を持しての再昇格。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2013年6月25日 (火)

良太弾で決めた!能見も投打で活躍し連敗ストップ!

20130625 中日●1-2○阪神(富山アルペン
勝利打点:新井良②

テレビ大阪で3回表からサブチャンネルも使って中継。今日の先発は能見(中9日)、中日・ブラッドリー。5連敗を受けてか日高が6番に入り、初めて能見とのバッテリー。相手先発のブラッドリーが前日に指を虫に刺されたのか腫れを訴えて1回で降板。2回から左の岡田がスクランブルで登板しますが、4イニングを無失点。

5回、2アウトから能見がなんと右中間オーバーの2塁打で出塁。トップの西岡も四球でつないで1,2塁となりましたが、大和がショートゴロに倒れて無得点。そのウラ、ヒット2本で2死1,2塁のピンチを背負い、岡田に代打・井端を送ってきましたが、ショートゴロに抑えてここは切り抜け。

7回、先頭・良太がフルカウントから四球で出塁すると、続く隼太はバスターに切り替えて進塁打。さらに能見がマルチヒットとなるセンター前ヒットで1,3塁。ここで西岡のショートゴロ、中間守備で2塁ベースカバーが遅れた分、6-6-3のゲッツーとならず1塁セーフの間にタイガースが先制!

好投の能見でしたが、8回2アウトから落とし穴。代打・山崎武に四球を出すと、藤井、荒木に連打を許してしまい、1-1の同点。なお2,3塁と場面が変わって不気味なクラークでしたが、フルカウントからミスショットとなりショートフライ。そして9回、代わった中田賢から良太が起死回生の勝ち越しアーチ!

9回の打席にも立ち完投を狙った能見。少し打率の下がってきたルナを三振に抑えますが、和田の当たりが左すねに当ててしまい・・・弾いた打球も良太が後ろに逸らしましたが1塁ストップ。4連続完投を目前にここで降板。ここでスイッチした福原が平田を4-6-3のゲッツーに抑えてゲームセット!ついに連敗を5でストップ!

「有言実行です。力がないから2軍に落ちた。明日は価値あるヒットを。」by 良太
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
新井良 能見[勝] 福原[S](2)
   
鳥谷 マートン  
西岡 日高  
  俊介
大和 新井 伊藤隼  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
25日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 関本賢太郎内野手(足の故障から復帰。代打の切り札として期待。)
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 黒瀬春樹内野手(交流戦の最後で登録されたが、結果を残せず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月23日 (日)

藤浪、4四死球&5失点KOで5連敗。ボイヤー登場。

20130623 DeNA○6-4●阪神(横浜) 勝利打点:なし

よみうりTVで3回ウラ途中から中継。今日の先発は藤浪(中6日)、DeNA・三浦。初回、西岡が左中間へのヒットで果敢に2塁を陥れる好走塁。1死3塁で鳥谷がライトフライで先制点・・・という所でしたが、荒波がノーバウンドでバックホームしタッチアウト。そのウラ、先頭・石川をストレートの四球で出すと、ブランコが右中間への弾丸ライナーで2点先行。

3回、良太がレフト最前列への一発で1点を返すと、2アウトから西岡もライト最前列へ放り込む一発攻勢で2-2の同点。しかしそのウラ、またも先頭・石川に四球。1死1,2塁でカウント0-2と追い込んでからブランコの左ひじ付近にプロ初の死球を与えた藤浪。ブランコは負傷交代しましたが、満塁で中村紀をカウント0-2と追い込んでからフォークが抜けて暴投となり勝ち越されると、荒波の当たりはレフトへ。マートンのダイブも及ばず2者が帰って、2-5と散々。

4回、高城が振り逃げで出塁して2塁まで進まれました。2アウトから暴投で3塁まで行くと、山崎がセーフティスクイズ。ヒヤリとしましたがここは無失点で切り抜け。次の回からバッテリーごと交代。7回からはボイヤーが初登板。150キロ前後の投球ながら、空振りが取れず粘られたのが気がかり。打者4人で27球。カーブもさほど鋭くなく、抑えを任せるとなると不安。

8回、日高の連打で無死1,2塁のチャンス。西岡が良い当たりのレフトフライに倒れた所で、代打・桧山登場。番長の余力もありましたが、ベイスターズは右の井納にスイッチ。四球で満塁となると、鳥谷の内野ゴロ、マートンのタイムリーで1点差。たまらず大田をつぎ込んで新井はセンターフライ。そのウラ、加藤が先頭・荒波にストレートの四球を出すと、高城にライトオーバーのタイムリー2塁打で今日も8回に失点。

9回、ソーサとの勝負。先頭・隼太が四球で出塁しましたが、良太がフルカウントから痛すぎる三振ゲッツーで一気にチャンスがつぶれました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
西岡  
新井良  
マートン  桧山 渡辺(2) ボイヤー(3)
  日高
大和 新井 荒木
鳥谷 伊藤隼 藤井 藤浪[負] 加藤(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月22日 (土)

リーグ戦再開。メッセ乱調、拙攻とミスで逃がし4連敗。

20130622 DeNA○5-3●阪神(横浜) 勝利打点:ブランコ

テレビ大阪で1回ウラから6回ウラ途中まで中継。リーグ戦再開となった初戦の先発はメッセンジャー(中8日※スライド)、DeNA・藤井。初回、2死満塁から6番でスタメンの高山が押し出しの四球を選んでタイガース先制!満塁になるまでの四球の際どい判定が重なり、藤井は38球費やしましたが1点のみ。そのウラ、無死2,3塁から2つの内野ゴロでベイスターズが逆転。

3回、2死2塁から新井のレフト前ヒットで3塁を回ったマートンがホームで体当たりも及ばずタッチアウト。松本の強肩にやられました。4回、無死1塁で藤井のバントシフトという場面で、牽制のところが1塁ベースに誰もおらずボーク。さらに送りバントもフィルダースチョイスとなり、イライラがつのるメッセ。ここで石川に左中間を破る2点3塁打で4回4失点KO。リズムをつかめないまま、この回で降板。

5回、1死2,3塁でマートンがレフト線への2点2塁打で3-4と再び詰め寄りました。ところが続く新井がライトフェンス際へのフライでマートンが2塁から大きく離れておりタッチアップできず。この後、高山のサード内野安打でつなぐと、良太の四球で満塁となった所でベイスターズが大田(阿斗里)にスイッチ。藤井がショートゴロに倒れて同点ならず。

筒井がイニングをまたいで5回から投げて、ここからは継投で1点差のまま。しかし迎えた8回、安藤が2死3塁から山崎にタイムリー内野安打を許してしまい、痛い5点め。9回は抑えのソーサから鳥谷が2塁打でチャンスメイクをしますが、マートンが打ち取られてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
マートン 大和 鳥谷 渡辺(3) 加藤(4)
高山 筒井(2)
   
藤井 浅井 黒瀬 今成
西岡 新井 新井良 メッセンジャー[負] 安藤(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ボイヤー投手(抑え役で緊急補強した助っ人。まずは中継ぎからか。)
IN 新井良太内野手(リフレッシュできたか?フルスイングに期待。)
IN 伊藤隼太外野手(柴田の離脱でライト争いに再び挑戦。)
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 玉置隆投手(敗戦処理で登板機会にも恵まれず。)
OUT 清水誉捕手(接戦のゲーム終盤で出場でき、経験値は積めた。)
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 野原将志内野手(今季まだヒットが出ない。ファームで仕切り直し。)
OUT 柴田講平外野手(レギュラーのチャンスも足の故障で逃した。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

藤浪、5回途中3失点KO。マー君が完封で見せつけた。

20130616 楽天○3-0●阪神(Kスタ宮城) 勝利打点:松井

よみうりTVで録画中継。今日の先発は藤浪(中6日)、楽天・田中。交流戦最終戦で大和が2度めの9番降格。初回、内野安打で出塁した2番の柴田でしたが、盗塁を決めた際に左足を痛めて負傷交代。1回の守備から今成が入りました。

2回、新井の連打でチャンスを作ると、藤井の送りバントが三塁前への内野安打となって無死満塁。ところが今日スタメンの荒木が三振。続く大和の当たりはファースト銀次が横っ飛び。西岡もショートライナーに抑えられてまさかの無失点。

3回、2アウトから藤田にチーム初ヒットとなる2塁打を許すと、松井稼もライト線へのタイムリー2塁打でイーグルス先制。続く銀次もレフト前タイムリー、左打者への3連打で2失点。さらに5回、1死3塁から藤田にタイムリーを許したところで56球KO。藤浪はプロ最短、5回持たずに降板。

8回、2アウトから西岡が変化球が高めに浮いた所を弾き返し、17打席ぶりとなるヒット。この後、今成鳥谷が粘って連続四球となり満塁のチャンスでしたが、マートンがショートゴロで万事休す。2度の満塁機をしのいだマー君の前に完封負け。12勝11敗1分の7位で交流戦が終了。首位ジャイアンツと2.5ゲーム差の2位でリーグ戦へ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  筒井(2) 渡辺(3) 加藤(4)
新井  
藤井 今成
西岡 柴田 鳥谷  浅井 黒瀬
マートン 荒木 大和 藤浪[負] 日高 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

生観戦。能見、3連続完投も惜敗。序盤の拙攻が痛い。

20130615 楽天○2-1●阪神(Kスタ宮城) 勝利打点:松井

サンテレビで完全中継。今季3試合めの生観戦試合は初の仙台遠征してきました。ABCラジオでおなじみの道上洋三さんが球場の外でイベントもしており番組のグッズを配ってましたが、虎ファンが続々と集まってきました。試合前にはスタメンのオーダー発表までアナウンスで読み上げてました。スタンドは小雨まじり。

先発は能見(中6日)、楽天・永井。初回、先頭・西岡が四球で出塁。少しもったいないと思ったのですが大和がバント成功。コントロールがまだ定まらず鳥谷も四球で1,2塁。ただここから持ち直して先制できず。2回も2死1,2塁のチャンスを活かせず。

2回、先頭・ジョーンズを四球で出した能見。2アウトからヒットを許した後で、嶋への相次ぐ内角攻めがわずかにコースを外したかフルカウントから四球で満塁のピンチ。ここで藤田への初球が暴投となってしまいイーグルス先制。この後、ファーストゴロ(新井との呼吸があわず)で打ち取った後に両ひざを押さえて悔しがってました。

3回、2死1,2塁からがセンター前タイムリーを放ち同点に追い付きましたが・・・そのウラ、松井稼が初球のチェンジアップを打った瞬間、とわかる一発で勝ち越し。第1打席の三球三振でかまされたか。永井も悪いなりに立ち直ってしまい、6回まで1失点ピッチング。対する能見は4回以降パーフェクトに抑えて味方の援護を待ちました。

1点差の9回、ラズナーとの勝負。先頭の代打・今成が12球粘って四球を選ぶと、すかさず代走・荒木を投入。藤井が絶妙なバントを決めて、代打・桧山を送りましたがセカンドゴロで2アウト3塁。不振が続く西岡に全てを託しましたが、粘って最後はアウトコースのストレートに見逃し三振。終了後に雨が強く降ってきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
鳥谷 能見[負] 今成
 藤井 柴田  
   
新井 荒木
西岡 大和 マートン 野原 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

Rimg1135

Rimg1137

Rimg1141

Rimg1152

Rimg1154

Rimg1156

Rimg1162

Rimg1169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

メッセ、好投むなしく完封負け。再び2位転落。

20130613 日本ハム○3-0●阪神(札幌ドーム) 勝利打点:中田

関西テレビで5回表から中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、日本ハム・木佐貫。足の痛みをおして出場する西岡はDHでスタメン。代わりにが6番セカンドに入りました。2回、中田がライトポール際へのソロホームランでファイターズ先制。さらに4回、2死2,3塁でめまいを訴えた小谷野に代打・大谷登場も四球。満塁のピンチはしのぎました。

5回、先頭・マートンがチーム初ヒットとなる2塁打で出塁。続く新井がピッチャーのグラブを弾いて、処理した木佐貫が1塁悪送球。1,3塁とチャンスが広がりましたが、が初球ショートゴロ。ただマートンが飛び出して三本間に挟まれてアウト。そして続く藤井がショートゴロ併殺でまさかの無得点。

木佐貫のフォークがキレて空振りの山。6回以降も四球のランナー1人のみに抑えられました。7回、2アウトから鶴岡にポテンヒットで出塁されると、1,3塁から大引がセンター前タイムリーを放ち、手痛い2点め。8回も続投しましたが、中田が今日2本めの一発で試合が決定づいたか。ここでメッセが降板。

2安打完封負けで今日は完敗。ジャイアンツが勝利したので、再び2位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
メッセンジャー[負]  
  筒井(2)
マートン 新井  黒瀬 日高
西岡 大和 鳥谷 藤井 野原 柴田 今成
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 黒瀬春樹内野手(残り3試合でチャンス。存在感をアピールしたい。)
OUT スタンリッジ投手(交流戦での登板終了。夏まで好調を維持したい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月12日 (水)

スタン、メンタル面を抑え1ヶ月ぶりの勝利!5連勝!

20130612 日本ハム●1-6○阪神(札幌ドーム
勝利打点:鳥谷⑤

毎日放送で3回ウラから9回表まで中継。今日の先発はスタンリッジ(中8日)、日本ハム・吉川。6番以降は浅井高山野原と右バッターを並べてきました。初回、先頭・西岡がヒットで出塁すると、大和がバント成功。1死2塁から鳥谷が左中間へのタイムリーでタイガース先制!

3回、1アウトから大和がヒットで出塁。1塁ベース上で吉川を揺さぶると、鳥谷が四球。1,2塁となるとマートンがライトポール際への3ランで一気に4-0とリード。また4回の守備から陽岱鋼が退くアクシデント。そして5回、2アウトからマートンがヒットで出塁すると、続く新井が高めボール球を弾き返して左中間へのタイムリー2塁打!この回で吉川をマウンドから下ろしました。

5回、スタンリッジがノーアウトのランナーを出すと、2死3塁から途中出場の佐藤が叩きつけるようなセカンド内野安打がタイムリーとなり1失点。さらに大引のヒットでつながれて嫌なムードになりかけましたが、今日合っていないアブレイユを空振り三振に抑えてピンチ脱出。

6回以降はなかなかランナーが出ない状態でしたが・・・9回、左の根本から高山がバックスクリーンへの2号ソロ!今季ヒット3本のうち、2本がホームランという離れ業。スタンリッジが7回1失点で投げきると、8回は福原、9回は加藤が締め。今季2度めの5連勝で首位キープ!

「(1ヶ月ぶりの4勝めに)ヒサシブリ!」by スタンリッジ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン スタンリッジ[勝]  
大和 鳥谷 新井 高山 福原(2) 加藤(3)
藤井  
   
西岡 俊介 
浅井 野原  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 白仁田寛和投手(今季初昇格。まずは右の敗戦処理からか。)
IN 野原将志内野手(三塁での出場チャンス。早く今季初ヒットを。)
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 鶴直人投手(ボールは良いが要所で甘く入る悪いクセを直したい。)
OUT 新井良太内野手(メンタルで追い詰められた。復帰はリーグ戦再開時か。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月 9日 (日)

マートン、逆転サヨナラ弾!藤浪神話を止めず奪首!

20130609 阪神○4x-3●ロッテ(甲子園) 勝利打点:マートン⑧

朝日放送で7回ウラ途中まで中継。今日の先発は藤浪(中6日)、ロッテ・大嶺。初回、2アウトから鳥谷がショート悪送球で出塁すると、1,3塁から新井のレフトライナーを角中が弾いて落とす間にタイガース先制。2回、藤浪が2アウトから3連打で満塁とされ、大嶺にはカウント3-1まで行きながら切り抜け。しかし3回、2アウトから井口にシュート回転で甘く入った球を被弾。

4回、5回と先頭バッターを出しますが、マリーンズの強攻策でいずれもピッチャーゴロ併殺。ただ5回からキャッチャーが日高に代わり藤井にアクシデントか?6回、先頭・鈴木にヒットを許すと、清田は三遊間への内野安打。さらに岡田のサードゴロもオールセーフで無死満塁。ここで江村が前進守備の4-2-3でゲッツーで2アウトまで行きますが、代打・サブローの2点タイムリーで勝ち越され藤浪降板。プロ最多の118球、12被安打も粘りました。

6回、2死3塁で左の服部にスイッチ。代打・高山が追い込まれてから死球でつなぐと、代打・浅井が右中間へのタイムリーで1点差。7回からは安藤が抑えてリズムを作り直しました。そのウラ、左のルーキー・松永との勝負。1アウトから鳥谷のレフト前ヒット。打球回転を見誤った角中が後逸する間に2塁へ。2死後、新井が敬遠されて日高に代打・俊介を送るも空振り三振。

8回、連打で無死1,2塁のピンチでしたが、ヒッティングに切り替えた岡田の当たりを2塁ベースの真上で捕った鳥谷が6-6-3のゲッツー(今日4つめ)。追加点を許さず救われました。そのウラ、カルロス・ロサが150キロ連発。代打・浅井の連打で1,2塁のチャンスでしたが・・・無得点。最後は大和に代打・桧山まで出しましたが三振。

9回、がセンターに入って総動員。加藤がボテボテの内野安打から1死2塁のピンチを背負いますが、代打・細谷の風に流されるサードフライを良太がキャッチ。今日は良いとこ無しでも助けました。井口敬遠の後、福原にスイッチして今江を打ち取り。そのウラ、抑えの益田から先頭・鳥谷がヒットで出塁。そしてマートンが肩口から入ったスライダーをレフトスタンド中段への逆転サヨナラアーチ!マリンサポーターの中に放り込んだ。

「9回はラッキーイニング。(巨人)ワカリマセン。首位イイデスネ。」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン 鳥谷 浅井 筒井(2) 安藤(3) 福原[勝](5)
   
新井  高山
藤浪 清水 加藤(4)
大和 西岡 藤井 日高
新井良 柴田 俊介 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2013年6月 8日 (土)

新井、通算1000打点は逆転弾!能見も連続完投!

20130608 阪神○3-1●ロッテ(甲子園) 勝利打点:新井⑤

よみうりTVで9回表途中まで中継。今日の先発は能見(中6日)、ロッテ・成瀬。初回、西岡が初球をセーフティバントでヘッスラ内野安打。ただ顔面を強打して動けなくなる場面も。この後、2死3塁のチャンスでしたが無得点。逆に3回、連続三振で2アウトを取った後、1番の根元が初球ストレートをバックスクリーンへ放り込み、マリーンズ先制。

4回、先頭・井口に四球を出すと、ここから1死2,3塁の大ピンチ。前進守備で荻野貴のショートゴロで、三本間にランナーが挟まれて2アウト。無失点で切り抜けると、そのウラ、先頭・マートンがフルカウントから際どい判定で四球を選ぶと、続く新井がやや内よりのストレートを弾き返し、左中間スタンドへ逆転2ラン!これが通算1001打点め。さらに浅井もヒットで続いたのですが、良太の右中間へのフライで浅井がすでに3塁まで行っておりボーンヘッド。

6回、連続四球で無死1,2塁となり、浅井のバントが正面へ。成瀬の3塁送球も今江のグラブからこぼれてオールセーフ。良太は見逃し三振に倒れますが、藤井の4-6-3ゲッツーコースで間一髪1塁セーフ。微妙なタイミングでしたが、ゲッツー崩れで貴重な3点めが入りました。

6回以降はパーフェクトピッチングで魅せた能見。前回の完封劇と同様、低めにコントロールされだすと安心して見れました。成瀬は8回に代打を送られて交代。そのウラ、南から3四球で2死満塁のチャンスでしたが、ベンチはそのまま能見を打席に送りました。ここは凡退しましたが、ほぼ全打席で良い当たりでベンチも盛り上がってました。

9回、今日は勝負を避け気味だった井口がライトフェンス際まで飛ばされましたが、途中から守っていた柴田がジャンピングキャッチ!結局3人で抑えてゲームセット。エース対決を制しました。

「(完投は)疲れます。投げる時は(リリーフ陣が)休んでもらえるように。」by 能見
「引っ張ったらゲッツーこわいので、センター方向を心がけてました。」by 新井
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
新井 能見[勝]  
藤井 柴田
マートン  
西岡 大和 新井良  
  俊介
鳥谷 浅井  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月 6日 (木)

マートン、4番の一振り!西武に連続サヨナラ!

20130606 阪神○2x-1●西武(甲子園) 勝利打点:マートン⑦

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、西武・牧田。初回、先頭・西岡がヒットで出塁すると、大和は浮き上がる球に苦戦してバント失敗。ところがゲッツーを狙った牧田が1塁悪送球。2塁に進むと鳥谷がスローカーブをためてライト線へ弾き返すタイムリー2塁打でタイガース先制!

2回、1死1塁で鬼崎の1,2塁間への緩いゴロながら、足を痛めている西岡が回り込めず・・・1,3塁のピンチでしたが、炭谷をピーゴロ併殺に抑えて無失点。そのウラ、良太の左脚への死球と藤井のポテンヒットで1死1,2塁のチャンスでしたが、メッセがバント失敗。なぜかヘルマンが1塁送球をしなかった分、ゲッツーにはならなかったのですが追加点ならず。

4回、浅村がライトポールをわずかにかすって、ファウルグラウンドに打球が入りながらホームランの判定。2試合連続の一発で同点に追い付かれました。5回、先頭・炭谷の2塁打から1死3塁の大ピンチでしたが、センターフライを捕った大和の強肩バックホームでタッチアップを許さず。

7回、先頭・今成が内野安打で出塁。1アウトから藤井が送って、代打・桧山で勝負に出ましたが、ピッチャーハーフライナーで勝ち越せず。8回は加藤、9回は福原が無失点に抑えると、そのウラ、続投の牧田からマートンがレフトスタンドへのサヨナラホームラン!初球の後でバットを代えた直後の球でした。

「オオキニ。イイデスネ。モウイッチョ、オネガイシマス!」by マートン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン メッセンジャー 加藤[H](2) 福原[勝](3)
鳥谷 藤井  
   
   
西岡 今成 大和 柴田
新井 新井良 桧山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 日高剛捕手(左手の負傷から復帰。左の代打としても期待。)
OUT 榎田大樹投手(レギュラーシーズンを見据えての降格。リフレッシュ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月 5日 (水)

西岡、今季2度めサヨナラ打!逆転勝ちで追走。

20130605 阪神○3x-2●西武(倉敷マスカット
勝利打点:西岡③

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は榎田(中6日)、西武・野上。“男前”藤井がなんと6番昇格。初回、良太のエラーもあって2死満塁の大ピンチでしたが、木村を空振り三振に抑えて榎田ガッツポーズ。3回には浅村の痛烈なショートゴロを鳥谷が背中から後ろに倒れこみながら、6-4-3のゲッツー完成。

4回、2四球で1死1,2塁のチャンスでしたが、新井藤井がアウトコースの際どい攻めに相次いで見逃し三振。すると5回、2死1塁から浅村に甘く入ったストレートをレフトスタンドへ放り込まれる2ランでライオンズ先制。そのウラ、先頭・良太が5試合ぶりのヒットとなる2塁打で出塁。1死3塁で榎田の代打・今成が低めの難しい球をライトまで持っていく犠牲フライで1点差。

6回、四球の鳥谷が盗塁を決めて1死2塁とすると、マートンが3塁線を鋭く破るタイムリー2塁打で2-2の同点!さらに新井の四球と藤井の初球ヒットで満塁のチャンスでしたが・・・良太が外のつり球に空振り三振。柴田もセンターフライに倒れて勝ち越しできず。

同点の8回からは安藤が延長戦も見すえて2イニング。今日はフォークが効果的でした。9回、ライオンズ3番手の大石から先頭・良太がライトフェンス金網直撃の3塁打!ただ柴田が初球をカンタンに打ち上げて浅いレフトフライ。1アウトをとったことで、代打・桧山は敬遠。1,3塁で回ってきた西岡(ここまで4タコ)が高めに浮いたストレートを弾き返し、右中間へのサヨナラタイムリー!

「3割切った西岡です。打てないときはヤジってください。」by 西岡
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  渡辺(2) 加藤[H](3) 安藤[勝](4)
西岡 大和 藤井 今成
マートン 鳥谷 新井良  
榎田 荒木 桧山
新井 浅井 
柴田  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日、5月度日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が発表されました。投手部門は、能見篤史投手が3勝負けなしの好成績で、2シーズンぶり自身3度目の受賞となりました。防御率は3点台ながら自身のホームランも評価されたか。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月 2日 (日)

初物パディーヤから鮮やか逆転劇!409日ぶり奪首!

20130602 ソフトバンク●3-4○阪神(ヤフオクドーム
勝利打点:柴田①

サン→ABCで9回表途中まで中継。今日の先発は藤浪(中6日)、ソフトバンク・パディーヤ。昨日ヒーローの大和が再び2番復帰。2回、連打で無死1,2塁のピンチを背負った藤浪ですが、ここから三者連続三振!さらに3回も1死1,2塁で内川という場面で内角に抜けたスライダーで三振ゲッツー!

5回、先頭・柳田に四球を出すと、2死3塁から1番の中村にレフト前タイムリーを許してホークス先制。許したヒットの大半が左バッターからで課題が残りました。対するタイガース打線は初物に苦戦。パディーヤのツーシームが左打者の内角でストライクを奪い、見逃し三振の連続。

6回、2アウトから大和がプッシュバントでヘッスラ内野安打。これがチーム2本めでした。さらに送球がそれる間に2塁まで行きましたが、得点できず。そのウラ、1死1塁からラヘアにフェンス直撃のタイムリー2塁打を許した所で藤浪降板。先発7試合めで初めて6回を投げきれず。

7回、マートン新井の連打で無死1,2塁とすると、のバントが決まって1死2,3塁。ここで不振の良太に代打・今成が犠牲フライで1点。さらにベンチが動いて藤井に代打・桧山を投入。高めに浮いた球をとらえて右中間を破っていくタイムリー2塁打で同点!さらに柴田も苦しんでいた内角ツーシームがやや甘く入った所をライト前タイムリーで勝ち越し!ついにパディーヤをマウンドから下ろしました。

8回、森福が1塁ランナー・大和を気にするあまり、鳥谷がライト前ヒット。エンドランがかかっており無死1,3塁のチャンス。代わった五十嵐からマートンが犠牲フライを放ち、貴重な4点め。そのウラ、続投させた渡辺が松田に一発を打たれてから降板。代わった加藤が3人で抑えると、1点リードの9回は安藤が登板。変化球を多投して3人で抑えて9年ぶりのセーブ。7回からマスクを被った清水も良い仕事。409日ぶりの単独首位!

「ご両親と祖母と兄が来てます。いつもありがとうございます!」by 柴田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  桧山 筒井[勝](2) 加藤[H](4) 安藤[S](5)
大和 柴田 今成
鳥谷 マートン 新井  清水 荒木
藤浪  
  俊介 渡辺[H](3)
西岡 新井良 藤井  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2013年6月 1日 (土)

生観戦。大和、降格発奮の3連打!能見1安打完封!

20130601 オリックス●0-2○阪神(京セラドーム
勝利打点:大和③

朝日放送で完全中継。今季2戦めの生観戦試合でした。今日の先発は能見(中6日)、オリックス・金子。足の状態が思わしくない西岡がDHに回り、不振の大和も9番降格。2回、高橋信のなんでもないサードゴロを良太が1塁悪送球。それでも能見が後続を抑えました。

3回、先頭・大和がセカンド後方へポトリと落とす当たりで一気に2塁へ進み、この後1死3塁のチャンスでしたが・・・柴田鳥谷で得点できず。そのウラ、先頭・後藤に初ヒットを許して2死3塁まで行きましたが、安達がカウント3-0から打って行きセンターフライでピンチ脱出。

0-0で迎えた7回、先頭・新井がレフトフェンス直撃の2塁打で出塁。の送りバントが1塁悪送球を誘ってオールセーフ。ただ良太の高く跳ねたピーゴロを金子が捕ったために三本間に挟まれてしまいアウト。この後、2死2,3塁から大和がフルカウントから三塁線を破る2点2塁打でタイガース先制!18打席ノーヒットから一転、猛打賞!

そのウラ、イ・デホの強烈な当たりを鳥谷がダイブ!さらに続く糸井もセンターへ良い当たりを放ちますが、大和がダイレクトキャッチ!相次いで好プレイが飛び出すと、8回にもロッティーノの当たりを鳥谷がまたもダイブ!良い当たりをされ始めた能見をバックが助けました。 金子も133球を投げ抜いて敗戦完投。能見はなんと1安打の完封勝利で連敗ストップ!巨人が敗れてついに0.5差まで詰め寄りました。

「(金子には)過去結構負けてて、チームも連敗中だったのでよかったです。」by 能見
「入る前につよぽん(西岡)が気楽にいけと言ってたので気楽にいけました。」by 大和
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大和 能見[勝]  
鳥谷  
 藤井  
   
新井 柴田 俊介
西岡 マートン 新井良  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

Rimg1099

Rimg1109

Rimg1112

Rimg1115

Rimg1116

Rimg1125

Rimg1130

Rimg1133

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »