« プロ野球戦力分析【中日編・2013開幕】 | トップページ | 西岡、大和の1,2番が躍動!6年連続で開幕負けなし! »

2013年3月26日 (火)

プロ野球戦力分析【巨人編・2013開幕】

Image13g 2013シーズン開幕直前、戦力分析。最終回はセリーグ1位の読売ジャイアンツ。昨シーズンは圧倒的な強さで日本一の座に輝き、今年は各チームからの包囲網を張られるシーズンになる。原監督の甥である本格派右腕の菅野が1年越しの入団を果たし、即戦力として期待される。若手の育成も着実に進んでおり、主力選手の故障さえなければ、今年も優勝争いの最有力になる。

【野手編】
Image13gorder WBCでは機能しなかった阿部の打順がポイント。4番が想定されるが、少しでも楽な場面で打たせれるよう、村田や新加入・ロペスの活躍が必要になる。故障で育成枠に降格していた脇谷が支配下登録され、再び開幕レギュラーを奪う所まで復調してきた。ミート力ではチーム上位の持ち主であり、2番で機能しだすと手がつけられない。代走のスペシャリストである鈴木尚が開幕絶望となり、松本哲や橋本といった俊足選手にはここぞという得点シーンでの走塁が求められる。

注目選手は、脇谷。再びセカンドのポジション取りへ。甲子園でのブーイング再び。

【投手編】
WBC代表組の疲れも考慮して、実質5番手の宮國が開幕投手を務める。ルーキー・菅野も浪人のブランクがあるが制球良く、大崩れしないピッチングで開幕ローテ入りを果たし、新人王も期待される。先発4枚は2ケタ勝利が計算できる。リリーフ陣では、先発転向も構想された左の2年目・高木京がセットアッパーに。マシソン、アコスタも調子を見ながらの併用になるが、150キロ台の速球を武器に勝ちパターンに入ってくる。絶対的なリリーバー・山口が健在で終盤は手堅い。

注目選手は、菅野。150キロ台の速球と横の変化で打ち取るピッチングは新人離れ。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 内 海 杉 内 ホールトン 澤 村 宮 國 菅 野
中継 山 口 マシソン 高木京 香 月 高木康
抑え 西村健
次点 小 山 アコスタ 福 田 田 原 江柄子 小 野 野間口
故障 久 保 越 智 辻 内
野手
捕手 阿 部 実 松 河 野
内野 ロペス 脇 谷 村 田 坂 本 寺 内 石井義
外野 長 野 高橋由 松本哲 ボウカー 矢 野 大 田 橋 本
次点 加 藤 小笠原 藤 村 古 城 横 川 加治前
故障 亀 井 鈴木尚
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【中日編・2013開幕】 | トップページ | 西岡、大和の1,2番が躍動!6年連続で開幕負けなし! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【巨人編・2013開幕】:

« プロ野球戦力分析【中日編・2013開幕】 | トップページ | 西岡、大和の1,2番が躍動!6年連続で開幕負けなし! »