« プロ野球戦力分析【楽天編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2013開幕】 »

2013年3月18日 (月)

WBCアメリカラウンド。プエルトリコ戦、準決勝敗退。

20130318 WBC準決勝
日本●1-3○プエルトリコ(AT&Tパーク

毎日放送で完全中継。今日の先発は前田健、プエルトリコ・サンティアゴ。初回、連続四球もあって2死1,2塁からタイムリーを許してしまい、プエルトリコが先制。2回以降は無失点ピッチングを展開。80球で5回を投げきったところで降板。

2番手は能見。6回はヒット1本許しましたが、無失点で味方の反撃を待ちました。そのウラ、井端がタイムをかけたのに認められず三振。続く内川のセンター前への当たりに突っ込んで後逸する間に一気に3塁まで進塁しましたが、阿部が凡退。そして・・・7回、リオスに2ランを許してしまいました。

3点を追う8回ウラ、1死から鳥谷が右中間オーバー。相手の返球が山なりでそれる間に再加速して3塁へ!井端がタイムリーでようやく1点を反撃し、内川も連続ヒット。1,2塁のチャンスでしたが、ダブルスチールのサインに反応した内川が飛び出してしまい・・・無念の挟殺タッチアウト。阿部もセカンドゴロで凡退。

満塁のピンチで登板した山口が9回も続投して無失点で抑えましたが、反撃できずにゲームセット。日本時間では午前10時プレーボール、お昼休みに盛り上がりながら観戦していましたが・・・。でも1次ラウンドの崖っぷちから、ここまでチーム状態を上げていった姿勢に感動しました。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【楽天編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2013開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBCアメリカラウンド。プエルトリコ戦、準決勝敗退。:

» 日本1−3プエルトリコ〜痛恨、だが〜 [虎哲徒然日記]
どんなチームでも、勝ち続けることなどできない。 とはいえ、それを期待させるところまではもってきた。WBCでは未知の相手である、中米・プエルトリコ。 先発は満を持して前 ... [続きを読む]

受信: 2013年3月19日 (火) 19:51

» 侍ジャパン、3連覇ならず [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
大会が始まった頃は大半の選手が調子を落としていて、一部の選手は身体の違和感を訴えているという最悪の状態だった。予選ラウンドで終わってしまうかもと思ってたのが、底力を見せて見事決勝ラウンド行きを決めてくれた。日本代表の皆さん、本当にお疲れさまでした。 ... [続きを読む]

受信: 2013年3月20日 (水) 09:36

» 侍ジャパン、3連覇ならず [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
大会が始まった頃は大半の選手が調子を落としていて、一部の選手は身体の違和感を訴えているという最悪の状態だった。予選ラウンドで終わってしまうかもと思ってたのが、底力を見せて見事決勝ラウンド行きを決めてくれた。日本代表の皆さん、本当にお疲れさまでした。... [続きを読む]

受信: 2013年3月20日 (水) 09:36

« プロ野球戦力分析【楽天編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2013開幕】 »