« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2013開幕】 »

2013年3月25日 (月)

プロ野球戦力分析【中日編・2013開幕】

Image13d 2013シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ2位の中日ドラゴンズ。ブランコ、ソト、ソーサの助っ人3人をDeNAへ引き抜かれて戦力ダウンは必至。さらにオープン戦では先発陣が総崩れで最下位に沈んだ。守りのチームだけに不安を残したままシーズンを迎える。WBCでは「井端の右打ち」が代名詞に。これまで11年連続でAクラスを守ってきているが、今年は正念場に。

【野手編】
Image13dorder WBCで勝負強さを発揮した井端が5番に入り、貧打の打線で得点を狙う。今年はルナ、クラークの両外国人がチームを左右する。ルナは打率、クラークは長打が期待されるが、首脳陣がどこまで我慢できるか。ここ2年は不振の森野が控えにまわり、調子次第では内外野で出場のチャンス。高卒2年目の高橋周平も打撃面で非凡な所を見せ、成長しているが代打から。外野では、4年目の松井佑が開幕レギュラーをつかみそう。守備は荒削りではあるが、打撃面で期待。

注目選手は、大島。ひじ痛でWBC代表から外れた悔しさをシーズンにぶつけたい。

【投手編】
手術明けのエース・吉見は球威が本調子ではないが、高いレベルでの結果が求められる。オープン戦では2番手以降が結果を出せず、自慢の投手陣ながら開幕ローテのメドが立たない状況。それでもペナントレースの勝負所では必ず上がってくる。リリーフ陣では、浅尾が肩痛で開幕絶望。右の田島、左の小林正を中心に今年も継投で戦うことになる。抑えの岩瀬も不安を残しているが、権藤コーチが退団したことで山井との配置転換に踏み切れない可能性もある。

注目選手は、大野。3年目で初の開幕ローテをつかんだ左腕。2ケタ勝利の可能性。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 吉 見 山 内 大 野 中田賢 カブレラ
中継 山 井 田 島 小林正 高橋聡 小 熊 岡 田
抑え 岩 瀬
次点 ブラッドリー 山本昌 武 藤 朝 倉 雄 太 岩 田 川 上
故障 浅 尾 福 谷
野手
捕手 谷 繁 田 中
内野 クラーク 荒 木 ル ナ 井 端 山崎武 森 野 中田亮
堂上直 高橋周
外野 大 島 和 田 松井佑 平 田 藤 井
次点 小 田 松井雅 岩崎恭 柳 田 野 本 ディアス 堂上剛
故障
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2013開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【中日編・2013開幕】:

« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2013開幕】 »