« プロ野球戦力分析【オリックス編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ロッテ編・2013開幕】 »

2013年3月16日 (土)

岩田、5回5失点で開幕に不安。西岡は千葉凱旋。

20130316 ロッテ○6-4●阪神(QVCマリン) 勝利打点:井口

今日の先発は岩田、ロッテ・成瀬。立ち上がりからコントロールが悪く、初回は1死満塁、2回は1死1,2塁とピンチを切り抜けた岩田でしたが・・・3回につかまりました。無死1,3塁から井口のタイムリーで先制されると、1死満塁から細谷にライト線へ2点2塁打、続く江村にセンター前へ2点タイムリーを許してしまい、打者11人の猛攻でこの回だけで5失点。オープン戦ということもあり、予定の5回まで投げぬきました。

4回、先頭・大和がヒット&盗塁で2塁に進むと、マートンがレフト線へタイムリー2塁打を放ち、1点を返すと・・・良太がヒットでつないで、続く福留がタイムリー。さらにコンラッドの内野ゴロの間に1点を返しました。

6回、二神が1アウトから今江に2塁打を許した所で、左の藤原にスイッチ。2死1,3塁から岡田にタイムリーを許してしまい、3-6とリードを広げてしまいました。

7回、先頭・西岡がセカンドのエラーと盗塁で2塁に進むと、1死1,3塁から良太がタイムリーを放ち、再び反撃もここまで。8回は先日4失点と炎上した加藤がいきなり2塁打こそ許しましたが、無失点で抑えました。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【オリックス編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ロッテ編・2013開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/56968127

この記事へのトラックバック一覧です: 岩田、5回5失点で開幕に不安。西岡は千葉凱旋。:

« プロ野球戦力分析【オリックス編・2013開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ロッテ編・2013開幕】 »