« 藤浪、敵地で5回2失点と結果。援護なく初黒星。 | トップページ | WBCアメリカラウンド。プエルトリコ戦、準決勝敗退。 »

2013年3月17日 (日)

プロ野球戦力分析【楽天編・2013開幕】

Image13e 2013シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ4位の東北楽天ゴールデンイーグルス。昨年はあと1ゲーム差という所でAクラス入りを逃した。ヤンキースからメジャー434発のA・ジョーンズ、マギーを獲得したことで、長打力不足を解消できるか。今シーズンから本拠地(Kスタ宮城)にラッキーゾーン設置した効果をプラスにしたい。投手陣では43歳の斎藤隆が国内復帰、最後に華を添えたい。

【野手編】
Image13eorder 新外国人のジョーンズには30発の期待がかかるが、後ろを打つ巧打の銀次(チームトップ打率.280)、マギーの内容も今年のカギになってくる。トップバッターの聖澤(昨シーズン盗塁王)から打線がつながりだすと、上位も狙える。移籍2年目の藤田が出遅れているが、故障から復帰すれば二遊間の守備が固まる。2番または9番で打線のつなぎ役として期待される。それまでは2番もポイント。外野陣はセンター以外が固定できず、今年もシーズンに入ってからも併用に。

注目選手は、嶋。プロ野球選手会の会長就任で、プレー以外でも注目される。

【投手編】
WBC代表の田中将大に続く先発陣が課題。オープン戦はダックワース、ルーキー・則本が結果を残して開幕ローテ入りを果たしたが、まだまだコマ不足。去年活躍した釜田、辛島の復調が待たれる所。故障明けの永井にかつての球威が戻れば、厚みを増してくる。リリーフ陣ではラズナーが故障で出遅れたが、左サイドの星野(西武)が加わってきた。青山が縦の変化球を増やし、今年は抑えでスタートする。シーズン半ばでベテランの斎藤隆がリリーフに入ってくれば心強い。

注目選手は、田中。WBCの為に行った早めの調整がシーズンにどう影響するか。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】 
投手
先発 田 中 ダックワース 辛 島 釜 田 則 本 菊 池
中継 ハウザー 小山伸 片 山 星 野 高 堀
抑え 青 山
次点 美 馬 永 井 加藤大 戸 村 武 藤 川 井
故障 塩 見 ラズナー 斎藤隆
野手
捕手 伊志嶺 岡 島
内野 マギー 銀 次 高 須 松井稼 枡 田 西 田 小 斉
外野 聖 澤 ジョーンズ 牧 田 鉄 平 島 内 中 島
次点 小 関 中 川 岩 崎 仲 澤 森 山 島 井 柿 澤
故障 西 村 藤 田 阿 部 榎 本
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 藤浪、敵地で5回2失点と結果。援護なく初黒星。 | トップページ | WBCアメリカラウンド。プエルトリコ戦、準決勝敗退。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【楽天編・2013開幕】:

« 藤浪、敵地で5回2失点と結果。援護なく初黒星。 | トップページ | WBCアメリカラウンド。プエルトリコ戦、準決勝敗退。 »