« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2012終了】 | トップページ | プロ野球スピリッツ5査定(堂林翔太) »

2012年12月15日 (土)

プロ野球戦力分析【日本ハム編・2012終了】

Image1211f 2012シーズン終了後、12球団戦力分析。最終回はパリーグ1位の北海道日本ハムファイターズ。栗山新監督の下、投手では3年間0勝の左腕・吉川を抜擢。移籍したダルビッシュの穴を埋める活躍でリーグMVP。打者では、なかなか状態のあがらない「4番“中田翔”」を全試合貫きとおした。8月にロッテを逆転して首位に躍り出ると、西武との首位争いを制してリーグ制覇。

【野手編】
Image1211forder 中田が6月まで1割台と低迷も、リーグ2位の24発(.239)。得点圏打率.198のアップが課題か。糸井は故障を抱えながら、後半戦に調子を上げて4年連続の打率3割。2年連続の出塁率のタイトル。2000本安打を達成した稲葉は5番に定着し、ポイントゲッターとして復活。来季はコーチ兼任になる。終盤は陽岱鋼が1番に座り、思い切りの良い打撃と強肩好守で存在感。田中賢は3割をマークしながら、夏場に故障離脱しこのままメジャー挑戦へ。二遊間の世代交代が来季のポイントに。

【投手編】
プロ通算6勝の吉川が14勝、1.71で防御率のタイトル。武田勝(11勝)、ウルフ(10勝)と3人が2ケタ勝利。2年目の斎藤佑は5勝どまりで2軍でも打ち込まれた。夏場からは3年目・中村勝がローテ入り。2勝に終わったが、未来のエース候補。リリーフでは、増井が50HPでセットアッパーとしてフル回転。左の宮西は41HPながら、疲労からかシーズン終盤は石井に勝ちパターンを譲った。武田久がひざの故障から復帰すると、安定感を取り戻して32セーブで2年連続のタイトル。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 吉 川 武田勝 ウルフ 中村勝 斎藤佑 谷 元
中継 増 井 宮 西 石 井 森 内 モルケン 矢 貫
抑え 武田久
次点 多田野 八 木 榊 原 根 本 植 村 糸 数
故障 ケッペル 金 森 退団 松 家
野手
捕手 鶴 岡 大 野 近 藤
内野 稲 葉 西 川 小谷野 金子誠 二 岡 ホフパワー 飯 山
中島卓 杉 谷
外野 中 田 糸 井 陽岱鋼
次点 中 嶋 尾 崎 今 浪 岩 舘 村 田 関 口 鵜久森
故障 田中賢 加藤政 紺 田 退団 スレッジ
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2012終了】 | トップページ | プロ野球スピリッツ5査定(堂林翔太) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/56322776

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【日本ハム編・2012終了】:

« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2012終了】 | トップページ | プロ野球スピリッツ5査定(堂林翔太) »