« プロ野球戦力分析【巨人編・2012終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2012終了】 »

2012年11月25日 (日)

プロ野球戦力分析【オリックス編・2012終了】

Image1211bs 2012シーズン終了後、12球団戦力分析。今回はパリーグ6位のオリックスバファローズ。エース金子、攻守でチームを引っ張る坂口が5月で故障離脱すると、得意の交流戦でも負け越し。シーズン途中で補強も行ったが、8月以降はドロ沼の12連敗を含む11勝28敗で岡田監督が休養に追い込まれた。森脇監督代行(来季の監督就任)が5連勝でシーズンを終えたのがわずかな光か。

【野手編】
Image1211bsorder 李大浩が唯一の全試合出場。24HR、91打点で1年めから打点王のタイトル。T-岡田は4月好調も、故障が響いて10本どまり。坂口のケガで外野もできるスケールズ(元日本ハム)を緊急補強、ルーキー・川端も125試合出場したが、カバーしきれなかった。後藤や大引も低調に終わり、キャッチャーも故障と拙守で首脳陣の怒りを買い、固定できなかった。鈴木、日高が抜けて新監督の下で立て直し。シーズン終盤、宮崎や深江といった足の使える若手を試せた事を来季へ活かせるか。

【投手編】
金子(4勝)や寺原(6勝、FA流出)ら故障に次ぐ故障で先発ローテが回せなくなる事態に。それでも西(8勝)が肩痛から復活して10月にノーヒットノーラン。国内復帰の井川は脇腹痛、ひじ痛で2勝に終わったが、体を作り直せば復活なるか。左の前田(3勝)も足がかりにしたい。左の中山がシーズン途中からリリーフに回り14ホールド。セットアッパーとして期待されたミンチェが5点台と結果を残せなかった。岸田が9月に離脱すると、平野(70試合)が抑えに回る場面も。来季は投手陣の立て直しに。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 木佐貫 西 マエストリ 小 松 前 田
中継 平野佳 中 山 香 月 吉 野 ミンチェ 海 田
抑え 岸 田
次点 フィガロ マクレーン 佐 藤 比 嘉 塚 原 古 川 山 田
故障 金 子 寺 原 井 川 近 藤
野手
捕手 伊 藤 日 高 横 山
内野 李大浩 後 藤 バルディリス 大 引 安 達 縞 田 梶本勇
外野 T-岡田 川 端 スケールズ 野 中 竹 原 宮 崎
次点 斉藤俊 高橋信 山崎浩 小 島 中 村 赤 田 深 江
故障 坂 口 駿 太 退団 鈴 木 北 川 森 山 スケールズ
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【巨人編・2012終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2012終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/56187512

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【オリックス編・2012終了】:

« プロ野球戦力分析【巨人編・2012終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2012終了】 »