« プロ野球戦力分析【広島編・2012終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2012終了】 »

2012年11月18日 (日)

プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2012終了】

Image1211s 2012シーズン終了後、12球団戦力分析。今回はセリーグ3位の東京ヤクルトスワローズ。開幕前は巨人の対抗チームとして、4月は1位。5月の10連敗で一気に崩れたが、その後は5割をやや下回る所でキープ。9月は16勝8敗でカープとのCS争いを制した。主力の故障者が続出するも、代わりの選手が穴を埋めるリーグトップクラスの打撃力でシーズン終盤を勝ち抜いた。

【野手編】
Image1211sorder 助っ人野手が故障もありながら大活躍。バレンティンが31発で規定打席に未到達ながら2年連続のホームラン王。ミレッジが3割、21発でポスト青木として十二分の活躍。一時は4番も座った。福地、宮出が現役引退したが、シーズン終盤まで活躍。外野枠を固定できず、起用される場面も目立った。センターでは上田、雄平、松井淳、比屋根といった所での競争に。キャッチャーでは4年目・中村が強肩を武器に90試合マスクを被っており、ポスト相川として成長してきた。

【投手編】
先発5人が規定投球回に到達。2ケタ勝利は館山(12勝)、村中(10勝)の2人。エース石川は8勝(12敗)どまり。新外国人のロマンも谷間を埋めた。リリーフ陣では2人の若手を抜擢。右の3年目・山本哲が1点台、19HPで8回を任された。左では4年目・日高が66試合登板でフル回転、去年の久古の例もある分、あとは来季への疲労が心配。イムが開幕前の故障で登板できず今季限りで退団、バーネットが抑えで33セーブ。18試合連続無失点など安定感を見せた。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 館 山 石 川 ロマン 村 中 赤 川
中継 山本哲 押 本 日 高 増 渕 正 田 松井光
抑え バーネット
次点 七 条 平 井 阿 部 久 古 中 澤 八 木 フェルナンデス
故障 由 規 松 岡 林昌勇 山本斉 退団 一 場 小野寺
野手
捕手 相 川 中 村 新 田
内野 畠 山 田中浩 宮 本 川 端 森 岡 三 輪
外野 ミレッジ バレンティン 雄 平 福 地 上 田 武 内 飯 原
次点 川 本 藤 本 山 田 荒 木 水 田 野 口 ユウイチ
故障 川島慶 松井淳 比屋根 退団 福 川 福 地 宮 出
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【広島編・2012終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2012終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2012終了】:

« プロ野球戦力分析【広島編・2012終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2012終了】 »