« 第1戦は巨人が圧倒。試合間隔の差が出たか。 | トップページ | 巨人、4勝2敗で3年ぶりの日本一。 »

2012年10月28日 (日)

投手戦。武田勝、1失点好投も味方の援護なく連敗。

20121028 日本シリーズ第2戦
巨人○1-0●日本ハム(東京ドーム
勝利打点:長野

よみうりTVで完全中継。先発は巨人・澤村、日本ハム・武田勝。初回、陽岱鋼中田にそれぞれ死球を出して荒れ気味の澤村でしたが、無失点に抑えての立ち上がり。するとそのウラ、長野が右中間スタンドへ放り込む先頭打者アーチでジャイアンツ先制。

4回、1死1塁で小谷野のセンター前、ハーフバウンドの当たりでしたが、長野が2塁送球でホースアウト。珍しいセンターゴロで流れを渡さず、逆にそのウラの守備から中田が退きました。診断の結果、左手甲の打撲で火曜日以降の出場は経過を見て判断するとのこと。稲葉、糸井、陽の3人で外野を1つずつズラした配置に。

6回、澤村自らが左中間へ落とす2塁打で出塁しますが、ここから武田勝が三者連続三振!シーズンを上回る10奪三振で、この回でマウンドを降りました。澤村はストレート押しで8回も三者連続三振。

9回、ジャイアンツは山口が登板。2アウトから稲葉小谷野の連打で1,3塁とした所で、ベンチは西村ではなくマシソンを投入。代打の切り札・二岡を送りましたが、初球ライトフライでゲームセット。

第3戦は札幌に舞台をかえて日本ハム・ウルフ、巨人・ホールトンの先発予想。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 第1戦は巨人が圧倒。試合間隔の差が出たか。 | トップページ | 巨人、4勝2敗で3年ぶりの日本一。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/55992844

この記事へのトラックバック一覧です: 投手戦。武田勝、1失点好投も味方の援護なく連敗。:

« 第1戦は巨人が圧倒。試合間隔の差が出たか。 | トップページ | 巨人、4勝2敗で3年ぶりの日本一。 »