« 金本、引退試合で激走!後輩に託したメッセージ。 | トップページ | 中日、8回逆転劇で第1S突破!5度めの巨人戦へ。 »

2012年10月15日 (月)

ソフトバンクが敵地で第1S突破。3位から札幌行き。

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は15日、西武ドームで第3戦が行われ、パ・リーグは3位のソフトバンクが2位の西武を3-2で破って2勝1敗とし、リーグ優勝の日本ハムとのファイナルステージ(6試合制、日本ハムに1勝のアドバンテージ)に進出した。ソフトバンクは3年連続のファイナル進出。

第1戦 西武●1-2○ソフトバンク(西武ドーム) 勝利打点:今宮
ソフトバンクが9回の大ピンチをしのいで逃げ切った。2回に今宮のスクイズで先制し、3回は3塁打の本多を内川のタイムリーで2点め。先発の摂津が力強い直球に緩急を織り交ぜ、8回4安打無失点。9回、ファルケンボーグが無死満塁とした所で代わった森福が1点に抑えた。西武は牧田が4回以降1安打に抑えたが、8回1死1,2塁で中島が併殺打に倒れ、9回の好機も生かせなかった。

第2戦 西武○8-0●ソフトバンク(西武ドーム) 勝利打点:秋山
西武は3回1死1,3塁から秋山のショート内野安打で先制。さらに続く中島の2塁打やオーティズ、大崎、炭谷のタイムリーなど打者一巡の攻撃で一挙7点を奪った。4回は中村のタイムリーで加点。先発の岸は6回6安打無失点と好投し、7回以降は4投手をつないだ。ソフトバンクは高卒新人の武田が3回持たず5失点KO。打線は1回のチャンスを逃すなど沈黙した。

第3戦 西武●2-3○ソフトバンク(西武ドーム) 勝利打点:ペーニャ
ソフトバンクの投打がかみ合った。4回、ペーニャのタイムリー2塁打で2点を先取。中村の一発で1点差で迎えた8回に内川のタイムリーで加点した。先発の大隣は球を低めに集め、5回1失点。6回からの継投も決まった。西武は先発の石井を4回途中で十亀に代えたが、早めの継投策が裏目に出た。8回、一発出れば逆転の場面で中村がフェンス際のフライ。9回もオーティズの一発で追い上げたが、及ばなかった。  もしよければ1クリックお願いします。

|

« 金本、引退試合で激走!後輩に託したメッセージ。 | トップページ | 中日、8回逆転劇で第1S突破!5度めの巨人戦へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクが敵地で第1S突破。3位から札幌行き。:

« 金本、引退試合で激走!後輩に託したメッセージ。 | トップページ | 中日、8回逆転劇で第1S突破!5度めの巨人戦へ。 »