« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

投手戦。武田勝、1失点好投も味方の援護なく連敗。

20121028 日本シリーズ第2戦
巨人○1-0●日本ハム(東京ドーム
勝利打点:長野

よみうりTVで完全中継。先発は巨人・澤村、日本ハム・武田勝。初回、陽岱鋼中田にそれぞれ死球を出して荒れ気味の澤村でしたが、無失点に抑えての立ち上がり。するとそのウラ、長野が右中間スタンドへ放り込む先頭打者アーチでジャイアンツ先制。

4回、1死1塁で小谷野のセンター前、ハーフバウンドの当たりでしたが、長野が2塁送球でホースアウト。珍しいセンターゴロで流れを渡さず、逆にそのウラの守備から中田が退きました。診断の結果、左手甲の打撲で火曜日以降の出場は経過を見て判断するとのこと。稲葉、糸井、陽の3人で外野を1つずつズラした配置に。

6回、澤村自らが左中間へ落とす2塁打で出塁しますが、ここから武田勝が三者連続三振!シーズンを上回る10奪三振で、この回でマウンドを降りました。澤村はストレート押しで8回も三者連続三振。

9回、ジャイアンツは山口が登板。2アウトから稲葉小谷野の連打で1,3塁とした所で、ベンチは西村ではなくマシソンを投入。代打の切り札・二岡を送りましたが、初球ライトフライでゲームセット。

第3戦は札幌に舞台をかえて日本ハム・ウルフ、巨人・ホールトンの先発予想。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

第1戦は巨人が圧倒。試合間隔の差が出たか。

20121027 日本シリーズ第1戦
巨人○8-1●日本ハム(東京ドーム
勝利打点:阿部

よみうりTVで完全中継。先発は巨人・内海、日本ハム・吉川のチーム最多勝、左腕対決。どちらも緊張感がありながら、ストレートのキレは十分。少し吉川のほうがスライダー多めで制球を乱しながら投げていた感じ。初回から、日本ハムは杉谷(足に死球を受けながら盗塁失敗)、巨人は長野が果敢に盗塁を仕掛けてきました。

4回、坂本がレフト線2塁打で出塁すると、阿部がセンター前タイムリーを放ち、ジャイアンツ先制。さらに2死後、8番に入っていたボウカーが真ん中高めをライトスタンドへ放り込む3ランで、4点先行。

5回、日本ハムも無死1,2塁のチャンスでしたが、金子誠がバント失敗。結局無得点に終わると、そのウラ、代わったモルケンから阿部高橋由のタイムリーで6-0と一方的な展開に。7回にはボウカーが満塁でまたもタイムリーを放ち、今日5打点の大暴れ。今シーズン通算で10打点の選手だが・・・。

9回、ゴンザレスが調整登板。初球、いきなり陽岱鋼にライトスタンドへ放り込まれましたが、後続を打ち取ってゲームセット。日本ハムは糸井、稲葉の左の巧打者が阿部のリードに抑え込まれただけに、今後に響いてこないかが心配。

第2戦は巨人・澤村、日本ハム・武田勝の先発予想。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

和田監督の大仕事!28年ぶりドラ1当たりくじ。

なんと28年ぶり、しかも連敗を12で止める・・・・・・

タイガースのドラフト1位抽選。大阪桐蔭の藤浪クン。

4チームの競合から交渉権を引き当てた和田監督も
はじめて良い仕事したのではないでしょうか(笑) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年10月22日 (月)

巨人、がけっぷちからの3連勝で3年ぶりCS突破。

20121022 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は22日、東京ドームで最終戦が行われ、リーグ覇者の巨人が、2位中日を4-2で下して4勝目(1勝のアドバンテージを含む)を挙げ、日本シリーズに進出した。巨人の日本シリーズ出場は3年ぶり33度目。

第5戦でサヨナラ打を放った石井が最優秀選手に選ばれた。日本シリーズは27日に巨人の本拠地の東京ドームで開幕し、パ・リーグ覇者でCSを突破した日本ハムと対戦する。両チームが日本一を争うのは2009年以来で、同年は巨人が4勝2敗で制した。

第1戦 巨人●1-3○中日(東京ドーム) 勝利打点:平田
中日が競り勝った。3回に大島のタイムリーで1点を先制。4回に追い付かれたが、6回に平田の2塁打で勝ち越し。9回には谷繁の2塁打で追加点を挙げた。先発の大野は6回途中まで1失点と好投し、継投も決まった。巨人は内海が6回2失点。4回に高橋由のタイムリーで追いついたが、4番阿部と5番村田がともに無安打に終わり、打線がつながらなかった。

第2戦 巨人●2-5○中日(東京ドーム) 勝利打点:大島
中日が快勝した。伊藤が8回途中まで2失点と好投。2回から6回までは、一人の走者も出さなかった。打線は1点を追う2回、伊藤の内野安打などで2点を奪って逆転。4回は荒木のタイムリー、6回には大島のソロで加点。9回に谷繁の犠牲フライでダメ押し。巨人は初回に坂本が先制2塁打を放った後は沈黙し、8回のチャンスも長野のタイムリーの1点に終わった。

第3戦 巨人●4-5○中日(東京ドーム) 勝利打点:堂上剛
中日が競り勝った。4-4で迎えた延長10回、代打・堂上剛のセンター前タイムリーで勝ち越し、そのウラを岩瀬が抑えた。中日は2回に谷繁の2点タイムリーで先制し、3回は井端の犠牲フライ、6回には和田のソロ本塁打で加点するなど常に先行。巨人は4回に村田のソロで追い上げ、6回に高橋由の2ランで追い付いたが、終盤は継投にかわされて沈黙。最後は西村がつかまった。

第4戦 巨人○3-1●中日(東京ドーム) 勝利打点:坂本
巨人が逃げ切った。3回1死2塁から坂本と阿部の連続タイムリーで2点を先制。阿部は8回にも貴重なタイムリーを放った。沢村は6回を無失点。終盤を3投手の継投でしのぎ、9回は西村が締めた。中日は巨人を上回る11安打を放ったがつながりが悪く、7回に井端のタイムリーで挙げた1点だけ。4,6回は満塁機を生かせず、終盤の好機も2併殺でつぶした。

第5戦 巨人○3x-2●中日(東京ドーム) 勝利打点:石井義
巨人は9回、代打・矢野のヒットなどで1死満塁とし、代打・石井義がレフト前へサヨナラ打を放った。2回に古城の2点タイムリーで先制。中3日の内海が5回、ブランコに同点2ランを浴びたが、救援の2投手が無失点でつないだ。中日は序盤の拙攻が響いた。先発の山内が4回に負傷降板後、小刻みな継投でしのいだが、9回は岩瀬がピンチを招き、8番手の山井がサヨナラ打を許した。

第6戦 巨人○4-2●中日(東京ドーム) 勝利打点:寺内
巨人が快勝した。2回に寺内と長野のタイムリーなど5安打を集めて3点先制。5回に村田のソロで加点した。継投策も的中。先発のホールトンは5回2安打無失点と好投。その後は沢村、山口とつなぎ、9回は西村が締めた。中日は伊藤が2回途中降板で3失点。6回にブランコの2塁打を足場に1点を返し、9回も代打・堂上直の2塁打から得点したが、反撃が遅かった。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

ハム、無傷で日本シリーズ進出!小久保、涙のラスト。

20121019 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は19日、パリーグの第3戦が札幌ドームで行われ、リーグ覇者の日本ハムが3位ソフトバンクを4-2で下して3連勝。アドバンテージの1勝を加えた対戦成績を4勝とし、3年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。第2戦までに2本塁打の糸井が最優秀選手に選ばれた。


第1戦 日本ハム○3-2●ソフトバンク(札幌ドーム) 勝利打点:二岡
日本ハムが逆転勝ち。2点を先制された直後の7回、1死から糸井の2ランで同点。さらに2死1,3塁と攻め立て、代打二岡のライト前タイムリーで決勝点を奪った。先発の吉川は150キロ台の直球を生かし、7回2失点。9回は武田久が締めた。ソフトバンクは多村の2点タイムリーで先行したが、好投していた陽耀勲が7回につかまり、救援投手も踏ん張れなかった。

第2戦 日本ハム○3-0●ソフトバンク(札幌ドーム) 勝利打点:なし
投打がかみ合った日本ハムが快勝。1回に中田のレフトライナーを内川が落球。1点を先制し、7回には糸井の2試合連続となる2ランで加点した。投手陣は4人で零封リレー。先発の武田勝はコーナーに球を散らして6回を3安打に抑える好投。最後は武田久が締めた。ソフトバンクは3番手の森福が痛い一発を浴び、打線も相手を上回る6安打を放ったが、チャンスで1本が出なかった。

第3戦 日本ハム○4-2●ソフトバンク(札幌ドーム) 勝利打点:中田
日本ハムが逃げ切った。1回2死から糸井が四球で出塁し、中田が先制二塁打。さらに小谷野、ホフパワーの連続適時打で計3点。6回は相手のエラーで加点した。ウルフが7回途中まで1失点と好投し、石井-増井-武田久の継投で反撃をしのいだ。ソフトバンクは先発の摂津が、1回途中にけがで降板。打線は終盤にペーニャのソロなどで追い上げたが及ばなかった。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

中日、8回逆転劇で第1S突破!5度めの巨人戦へ。

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は15日、ナゴヤドームで第3戦が行われ、セ・リーグは2位中日が8回にブランコの満塁本塁打で、3位のヤクルトに4-1で逆転勝ち。リーグ制覇の巨人とのファイナルステージ(6試合制、巨人に1勝のアドバンテージ)に進出した。

第1戦 中日○6-1●ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:和田
中日が11安打で快勝した。4回に和田の2ランで先制し、6回は堂上剛のタイムリーで加点。7回は和田、平田のタイムリーなどで3点を加えた。和田は3安打3打点。先発の中田賢は立ち上がりから飛ばして5回無失点。6回以降は田島ら4人をつないで、反撃を許さなかった。ヤクルトは石川が4回2失点。7回にバレンティンがソロを放ったが、その後のチャンスで攻め切れなかった。

第2戦 中日●0-1○ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:バレンティン
ヤクルトが1点を守って競り勝った。4回、バレンティンの2試合連続ソロ本塁打で先制。先発の館山が丁寧にコーナーを突いて6回無失点と好投。7回のピンチではカウント1-0で先発要員の赤川にスイッチするなど、執念の采配。8回からはバーネットが2イニングを無失点に抑えて逃げ切った。中日は1番の大島が4安打を放つなどチャンスを築いたが、打線がつながらなかった。

第3戦 中日○4-1●ヤクルト(ナゴヤドーム) 勝利打点:ブランコ
中日がブランコの逆転満塁本塁打で試合を決めた。7回まで打線のつながりを欠いたが、1点を追う8回、安打と2四球で1死満塁とし、ブランコが左翼席へ打ち込んだ。先発の山本昌は制球が不安定ながらも3回1失点と粘り、その後は川上、山井、浅尾が無失点でつないだ。ヤクルトは2回に相川のタイムリーで1点を先制したが、8回途中で登板した5番手のバーネットが誤算だった。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ソフトバンクが敵地で第1S突破。3位から札幌行き。

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は15日、西武ドームで第3戦が行われ、パ・リーグは3位のソフトバンクが2位の西武を3-2で破って2勝1敗とし、リーグ優勝の日本ハムとのファイナルステージ(6試合制、日本ハムに1勝のアドバンテージ)に進出した。ソフトバンクは3年連続のファイナル進出。

第1戦 西武●1-2○ソフトバンク(西武ドーム) 勝利打点:今宮
ソフトバンクが9回の大ピンチをしのいで逃げ切った。2回に今宮のスクイズで先制し、3回は3塁打の本多を内川のタイムリーで2点め。先発の摂津が力強い直球に緩急を織り交ぜ、8回4安打無失点。9回、ファルケンボーグが無死満塁とした所で代わった森福が1点に抑えた。西武は牧田が4回以降1安打に抑えたが、8回1死1,2塁で中島が併殺打に倒れ、9回の好機も生かせなかった。

第2戦 西武○8-0●ソフトバンク(西武ドーム) 勝利打点:秋山
西武は3回1死1,3塁から秋山のショート内野安打で先制。さらに続く中島の2塁打やオーティズ、大崎、炭谷のタイムリーなど打者一巡の攻撃で一挙7点を奪った。4回は中村のタイムリーで加点。先発の岸は6回6安打無失点と好投し、7回以降は4投手をつないだ。ソフトバンクは高卒新人の武田が3回持たず5失点KO。打線は1回のチャンスを逃すなど沈黙した。

第3戦 西武●2-3○ソフトバンク(西武ドーム) 勝利打点:ペーニャ
ソフトバンクの投打がかみ合った。4回、ペーニャのタイムリー2塁打で2点を先取。中村の一発で1点差で迎えた8回に内川のタイムリーで加点した。先発の大隣は球を低めに集め、5回1失点。6回からの継投も決まった。西武は先発の石井を4回途中で十亀に代えたが、早めの継投策が裏目に出た。8回、一発出れば逆転の場面で中村がフェンス際のフライ。9回もオーティズの一発で追い上げたが、及ばなかった。  もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

金本、引退試合で激走!後輩に託したメッセージ。

20121009 阪神○3-0●DeNA(甲子園
勝利打点:メッセンジャー①

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は能見(中3日)、DeNA・三浦。最終戦で行われた金本の引退試合は「4番レフト」で先発出場。初回、奪三振のタイトルを狙って先発した能見が2三振をとって、杉内と並んだ所で早くも降板。そのウラ、1死1,2塁で金本の第1打席はファーストゴロ。

2回からは10勝めを目指すメッセンジャーが登板。そのウラ、藤井のエンドランが決まって1死1,3塁からメッセンジャー自らが内角高めをレフト線に弾き返す2点2塁打でタイガース先制!金本の第2打席は高めストレートに空振り三振。

6回、先頭・金本がセンター前ヒットで出塁すると、意表を突いた盗塁成功!続く新井がセンター前ヒットを放ちますが、一気にホームを狙ったアニキがタッチアウト。この後、良太がセンター前タイムリーを放ち、貴重な3点め。7回、2死1,3塁で金本の最終打席。三浦も全力勝負で今日最速の143キロに詰まってキャッチャーフライ。凡退でしたが笑顔でした。

ベイスターズ打線は2塁すら踏めない状態。8回は2つ金本にフライが飛んで場内が大盛り上がり。この回からサードの守備に入った関本のファインプレーもありました。最終回、簡単に2アウトをとって最後の荒波が速球に押されてレフトフライ。ウイニングボールを金本がつかんでゲームセット!10勝到達のメッセがボールを拒否した後、抱きついていたのが印象的でした。

55勝75敗14分の5位でシーズン終了。試合後は首脳陣、選手がマウンド上で一礼した後、金本選手の引退セレモニーに。ベイスターズから三浦、金城が。タイガースからは関本選手会長、球児、鳥谷の両キャプテン。最後は清原氏が花束贈呈。サプライズでお子さんも出てきました。スピーチの後は、新井、平野が張り倒されていました(笑)
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
能見 メッセンジャー
藤井 関本
鳥谷 伊藤隼  
金本 新井 新井良  
大和  
上本  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2003年にタイガースに移籍してきまして、いきなり感激の優勝を味わわせていただきました。立て続けに2005年も4番としてリーグMVPを獲得し、また優勝させていただきました。2003年からは常にこの甲子園球場、毎年300万人の観客を動員し、あのジャイアンツにも10年間で2回しか負け越していません!この甲子園球場というのは、自分の持っている力以上のものを引き出してくれました。

悔いや心残りはたくさんあります。チームとして2回優勝を経験しましたが、最後にもう一度優勝したかったです。そして、阪神ファンが一番喜ぶ瞬間である日本一という瞬間を、この甲子園球場でどうしても達成したかったです。残念ながらその悔いと心残りは、今日ここにいる後輩たちに託すことにします。

外野を守っていると、『アニキ、夢をありがとう』とか、いろいろなボードが目につきます。それは僕がファンの皆様に言いたい言葉です。タイガースに移籍してきて、本当に快く迎え入れてくれたファンの皆さん、たまにきつい野次もありましたが、こんな僕でも、成績が落ちた時でも、大多数のファンは『頑張れ、頑張れ』と背中を押してくれました。阪神ファンはあったかかったです。優しかったです。

最後に、ファンの皆様に一言。本当に夢をありがとうございました!心から、ありがとうございます。そして野球というスポーツ、野球の神様、ありがとうございました。 201210092 9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 新井貴浩内野手(アニキの引退試合に肩痛をおして出場。)
IN 林威助外野手(アニキを超えれなかった左の大砲。出場なし。)
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩本輝投手(今シーズンは0.00。来季に新人王の資格が残る。)
OUT 清水誉捕手(消化試合の2試合のみの出場に終わった。正念場。)
OUT 中谷将大捕手(期待の大砲もプロ初ヒットは来季におあずけ。)
OUT 野原将志内野手(1軍デビューもまだ物足りないハンカチ世代。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »