« 柴田、守備固めで落球再び。逆転負けで5連敗。 | トップページ | 岩田、またも立ち上がり失敗で10敗め。虎7連敗。 »

2012年7月27日 (金)

隼太、初マルチで生き残りに光。7月2度めの6連敗。

20120727 阪神●1-5○DeNA(甲子園) 勝利打点:小池

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中10日)、DeNA・高崎。後半戦3試合めで金本がスタメン落ちとなり、レフトは伊藤隼を抜擢。初回は新井のダイブでファーストライナー併殺、2回は3安打で背負った1死満塁のピンチを切り抜け。そのウラ、伊藤隼の左中間への2塁打で1死2,3塁のチャンスでしたが、無得点。

3回、先頭・鳥谷が球足の早い右中間3塁打で出塁すると、大和がレフト線へのタイムリー2塁打でタイガース先制!さらに新井良のバントが譲り合いで内野安打となり、無死1,3塁のチャンスでしたが・・・新井が見逃し三振。続くマートンもサードゴロ併殺。1得点で終わり、流れがおかしくなりました。

6回、1死から金城が2塁打。2アウトとなった所で筒香を敬遠した所で、代打・小池が甘く入ったスライダーをレフトスタンドへ逆転3ラン。悪いなりに粘っていたスタンリッジが力尽きました。

1-3の7回は渡辺。ゲッツーを狙った新井良の2塁悪送球(3試合連続エラー)もあって1死1,2塁のピンチ。ラミレスのライトフライで2者がタッチアップ。この後、満塁から渡辺直がレフト前タイムリーを放ち、手痛い4点め。そのウラ、今成金本の代打攻勢で連続ヒット。無死1,2塁のチャンスでしたが、上位打線が何も出来ず。

9回は小嶋が2死1塁から3連続で四球、四球、死球で押し出し。最後はまで出てきました。そのウラ、途中出場の今成がヒットで出塁しますが、続く代打・桧山がショートゴロ併殺でゲームセット。10安打放ちながら、1得点で6連敗。借金13となり、最下位まで5ゲーム差。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
鳥谷 大和 加藤 
平野 伊藤隼 今成 金本
   
スタンリッジ 柴田
新井良 新井 マートン 小宮山 桧山 渡辺 小嶋
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 柴田、守備固めで落球再び。逆転負けで5連敗。 | トップページ | 岩田、またも立ち上がり失敗で10敗め。虎7連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/55297098

この記事へのトラックバック一覧です: 隼太、初マルチで生き残りに光。7月2度めの6連敗。:

« 柴田、守備固めで落球再び。逆転負けで5連敗。 | トップページ | 岩田、またも立ち上がり失敗で10敗め。虎7連敗。 »