« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

新井&金本、久々お立ち台。見せた和田の積極采配!

20120731 阪神○7-2●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:金本⑤

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、ヤクルト・石川。初回、ミレッジに10球粘られてヒットを許すと、1死1,3塁から畠山、松井淳に連続タイムリーを許してしまい、いきなり2点のビハインド。2回も1死1,3塁のピンチでしたが、田中浩をショートゴロ併殺に抑えて切り抜け。

3回、2死から満塁のチャンスを作りましたが、新井がセカンドゴロで三者残塁。そして4回、相川の右中間への当たりを大和がスーパーダイブ。流れを変えました。そのウラ、マートン良太の連打で1死1,2塁とすると、藤井が内角を逆方向へおっつけてライト前ファンブル込みのタイムリーで1点差。なお2,3塁で和田監督が積極的に早めの仕掛け、メッセの代打・浅井が四球で満塁としましたが・・・平野が前進守備でのショートゴロ併殺。

1点差の5回、が3人で片付けると、そのウラに打線爆発。鳥谷が2塁打で出塁すると、新井が右中間真っ二つのタイムリー2塁打で同点!続く金本はバットを折りながらライト線を破り、クッション処理にもたつく間に一気に3塁へ!石川KOとなり、マートンも2塁打で続いて3連続タイムリーで4-1。2死後、代打・ブラゼルも代打では15打席めで初ヒットとなるタイムリーで5点め。

6回、鳥谷が猛打賞となるヒット。新井も続くと、2死満塁(今日3度めとなる満塁のチャンス)から良太が三遊間を破っていく2点タイムリーでダメ押し。守備では6回から投げている加藤新井のダイブで助けました。8回にも左中間へ飛び込んだ大和でしたが、グラブからボールがこぼれて2塁打。それでも福原が無失点ピッチング。最後は途中出場の隼太がジャンピングキャッチで魅せました。

7月は本当に苦しみぬきましたが、最後に良い形での連勝。打線も底から抜け出した感もあり、月間5勝14敗、借金12から虎の逆襲が始まるかどうか。

「(タイムリーの金本に)いまさら何も申し上げることはございません」 by 新井
「新井が打つとは全く思ってなかったので(笑)」 by 金本
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
鳥谷 新井 マートン 金本 新井良 ブラゼル  加藤
  渡辺 福原 筒井
大和 藤井 浅井
  伊藤隼
メッセンジャー 関本 上本
平野  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月29日 (日)

新井兄弟、初アベック弾で紡ぐ逆襲のプロローグ!

20120729 阪神○9-2●DeNA(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑥

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(再昇格)、DeNA・三浦。7連敗脱出へ、良太を7番へ降格し、平野を1番、鳥谷を3番。金本も3試合ぶりに先発復帰。原点回帰か。初回、先頭・荒波がいきなりの3塁打(アニキ追いつけず)で出塁すると、藤井が牽制悪送球でベイスターズ先制。この後も連続四球でピンチでしたが、平野良太の相次ぐファインプレーで切り抜け。

4回、先頭・平野が9球粘って四球。チーム初のランナーが出塁すると、1死2塁から鳥谷がバックスクリーン右へ放り込む逆転2ラン!7月29日でチーム月間2発め。この後、マートンが球足の早い左中間2塁打で1死2,3塁とすると、7番降格の良太が真ん中のフォークをバックスクリーンへ3ラン!打者10人、6安打の猛攻で一挙5点!こんな攻撃はいつ以来か(笑)

6回、能見がラミレスに一発こそ許しますが、そのウラ、マートンが左中間スタンドへ放り込む一発で貴重な追加点で6-2。立ち上がりは心配された能見ですが、7回2失点と復調気配。ラミレスを三振に抑えたフォークや中村紀への直球勝負など、良い点もありました。

7回、ベイターズは左の林が登板。2死から鳥谷が鮮やかなヒットで出塁すると、新井が5月5日以来の一発。低めのスライダーでしたが、レフトスタンドへ放り込んでついに新井兄弟のアベックアーチが実現(ただ次の守備から退きました)。続けて、守備から入っている隼太も左ピッチャーからヒットを放ちました。

8回、7月17日以来の出場となった関本も四球で出塁すると、3連続四球で1死満塁。ここで鳥谷の内野ゴロの間に9点め。大量リードながら9回は球児が締め。長かった連敗7でストップ。

「良かったです。良太が打った試合は今まで勝った事なかったので(笑)」 by 鳥谷
「良かったです。トリさんは背中で引っ張ってくれる偉大な先輩です」 by 良太
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
鳥谷 新井良 マートン  
平野 新井 能見 藤川
  伊藤隼 福原
大和 関本
藤井  
金本 ブラゼル
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 能見篤史投手(7月調子を落としたが、後半戦エースの奮起に期待。)
OUT 柴田講平外野手(ナゴヤの落球劇が響いたか。ベンチは隼太残し。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年7月28日 (土)

岩田、またも立ち上がり失敗で10敗め。虎7連敗。

20120728 阪神●1-3○DeNA(甲子園) 勝利打点:ラミレス

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中10日)、DeNA・藤井。金本は今日もベンチスタートで浅井を6番で起用。初回、フルカウントから先頭・荒波を四球で出すと、牽制悪送球も重なり、1死2,3塁からラミレスがライト前へポトリと落とすタイムリーでベイスターズ先制。続く後藤の詰まったサードゴロの間に2点め。

3回、荒波の好走塁(マートン追いつけず転倒)で2塁まで進まれてしまい・・・1死3塁から中村紀の痛烈なサードゴロ。良太が止めた所までは良かったのですが、バックホームがそれてしまいオールセーフで3点め。そのウラ、岩田が自らヒット。2アウトから大和がレフト線2塁打で2,3塁のチャンスでしたが、得点できず。

3点差ながら、5回の打席にも立った岩田。リリーフ陣も疲れが見えてきており、今日は続投。中盤以降は立ち直りました。6回、大和がヒット&盗塁成功。新井良のサードゴロで3塁ベースが空いたのを見て、大和が3塁まで進むと、新井が三遊間を破っていくタイムリーでようやく1点。早くもベイスターズが加賀にスイッチし、マートン三振でリリーフ成功。

8回、2死1,3塁となった所で粘投の岩田が降板。代わった福原が中村紀に今日2つめの死球を与えましたが、ラミレスを打ち取ってピンチ脱出。

2点差の9回、山口との勝負。先頭・良太がヒットで出塁しますが、新井が痛恨の初球ゲッツー。それでもマートン今成の連続ヒットで場内が盛り上がり。ここで平野に代打で登場した金本でしたが、ライトフライでゲームセット。ワースト7連敗で、真弓監督時代に並ぶ借金14。最下位まで4ゲーム差。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
大和 福原
岩田 今成 渡辺
鳥谷  
新井 柴田 上本
マートン 新井良 平野 浅井 藤井 ブラゼル 伊藤隼 金本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩本輝投手(高卒プロ2年めで初昇格。2軍の先発ローテ。)
IN 藤井彰人捕手(3度の抹消から復帰。でもチームが変わってしまった。)
OUT 小嶋達也投手(この制球難では使えない。再調整。)
OUT 岡崎太一捕手(第3の捕手からポジションを上げれず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月27日 (金)

隼太、初マルチで生き残りに光。7月2度めの6連敗。

20120727 阪神●1-5○DeNA(甲子園) 勝利打点:小池

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中10日)、DeNA・高崎。後半戦3試合めで金本がスタメン落ちとなり、レフトは伊藤隼を抜擢。初回は新井のダイブでファーストライナー併殺、2回は3安打で背負った1死満塁のピンチを切り抜け。そのウラ、伊藤隼の左中間への2塁打で1死2,3塁のチャンスでしたが、無得点。

3回、先頭・鳥谷が球足の早い右中間3塁打で出塁すると、大和がレフト線へのタイムリー2塁打でタイガース先制!さらに新井良のバントが譲り合いで内野安打となり、無死1,3塁のチャンスでしたが・・・新井が見逃し三振。続くマートンもサードゴロ併殺。1得点で終わり、流れがおかしくなりました。

6回、1死から金城が2塁打。2アウトとなった所で筒香を敬遠した所で、代打・小池が甘く入ったスライダーをレフトスタンドへ逆転3ラン。悪いなりに粘っていたスタンリッジが力尽きました。

1-3の7回は渡辺。ゲッツーを狙った新井良の2塁悪送球(3試合連続エラー)もあって1死1,2塁のピンチ。ラミレスのライトフライで2者がタッチアップ。この後、満塁から渡辺直がレフト前タイムリーを放ち、手痛い4点め。そのウラ、今成金本の代打攻勢で連続ヒット。無死1,2塁のチャンスでしたが、上位打線が何も出来ず。

9回は小嶋が2死1塁から3連続で四球、四球、死球で押し出し。最後はまで出てきました。そのウラ、途中出場の今成がヒットで出塁しますが、続く代打・桧山がショートゴロ併殺でゲームセット。10安打放ちながら、1得点で6連敗。借金13となり、最下位まで5ゲーム差。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
鳥谷 大和 加藤 
平野 伊藤隼 今成 金本
   
スタンリッジ 柴田
新井良 新井 マートン 小宮山 桧山 渡辺 小嶋
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

柴田、守備固めで落球再び。逆転負けで5連敗。

20120726 中日○4-1●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:森野

サンテレビで完全中継。今日の先発は久保(再昇格)、中日・ソト。後半戦2戦めも昨日と同じ新オーダーで挑むタイガース。2回、6番のマートンがレフト線2塁打で出塁しますが、後続が凡退。4回、先頭・新井良が四球を選び、新井兄がヒットで無死1,2塁のチャンスでしたが、1死後、マートンがカウント3-0からゲッツーと散々。

5回、先頭・平野がセカンド内野安打で出塁。小宮山が送って、久保が三振に倒れて2アウト2塁。それでも鳥谷が左中間オーバーのタイムリー2塁打でタイガース先制!そのウラ、谷繁のサードゴロを良太が弾いてしまうと、暴投もあって1死2,3塁。堂上兄のタイムリーで同点となり、さらに満塁の大ピンチでしたが・・・大島、野本を打ち取り。

6回、和田がフェンス直撃の2塁打で出塁。この後、1死1,3塁となった所で筒井にスイッチ。そして森野の当たり。この回からライトの守備に入っていた柴田がライナーをグラブの土手に当ててしまい、記録はタイムリーでしたが・・・痛恨のミスでドラゴンズが勝ち越し。

反撃のできないまま、8回には福原が谷繁に2ランを打たれてしまい・・・万事休す。3点差の9回は連続無失点を続けているソーサが登板。新井、代打・桧山(11打席ぶり)の連続ヒットで1,2塁のチャンスを作りましたが、ここまで。6ゲーム差こそありますが、明日からDeNAとの最下位攻防戦に。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
  桧山
鳥谷 新井 久保 加藤
  筒井 
新井良 平野 小宮山 上本 今成
マートン 大和 金本 伊藤隼 柴田 福原
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 久保康友投手(後半戦、右の先発として復活なるか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月25日 (水)

メッセ無残。ミスから5回に力尽き・・・ナゴヤで勝てず。

20120725 中日○6-0●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:森野

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、中日・吉見。後半戦がスタートし、鳥谷を1番、良太を3番に入れる新オーダー。初回、なんでもないサードゴロに見えましたが、良太が1塁悪送球。失点につながらなくて良かった。2回にはマートンがヒットで出塁しますが、平野がエンドラン失敗。

4回、先頭・和田に2塁打を許すと、2死3塁から森野が1,2塁間を破っていくタイムリーでドラゴンズ先制。5回、1死からマートンが2塁打で出塁すると、続く平野は敬遠ぎみに歩かし。1,2塁で小宮山が強攻策に出ますが、ゲッツー崩れにするのがやっと。ただメッセンジャーが四球を選んで満塁とすると、トップの鳥谷。ファウルで粘りフルカウントから、ボール球になるフォークを振ってしまい・・・三者残塁。

そのウラ、堂上兄の当たりを鳥谷がまさかの後逸。無死1,3塁とピンチが広がり、和田が右中間を破っていく2点3塁打で万事休す。続く山崎武の浅いレフトフライでしたが、金本からの中継プレイは痛々しい。さらに井端に2塁打を打たれたところでメッセンジャーKO。5回の攻防が明暗を分けました。

0-4となり、6回、7回とピンチの連続ながらリリーフ陣が無失点に粘っていたのですが・・・8回の渡辺が捕まり。いきなりストレートの四球を出すと、無死1,2塁で和田。ホームランが出ればサイクルという打席で、カウント3-0からヒッティングでセンターフライ。この後、柳田、井端に連続タイムリー。

タイガース打線は4安打に抑えられて、吉見が今季初完封。まだナゴヤドームで勝利なし。若手起用に切り替える時はすぐそこに来ているか。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
   
マートン  加藤
平野 小嶋
新井 メッセンジャー 柴田 ブラゼル
新井良 大和 鳥谷 金本 小宮山 今成 渡辺
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 川崎雄介投手(出番のないまま再びファームに降格。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

生観戦。京セラD2度めのオールスターでセ勝利。

オールスター第1戦
全パ●1-4○全セ(京セラドーム) 勝利打点:中村紀

4年ぶりの京セラでのオールスター。前回(久保田がサヨナラ負け)に引き続き行ってきました。試合前のホームラン競争で李大浩(オリックス)が優勝。準決勝のおかわりvsバレンティン(8-8)もヘビー級の対決でした。

試合は、パ・斎藤佑(日本ハム)、セ・杉内(巨人)の両先発でスタート。陽岱鋼(日本ハム)の先頭打者アーチから始まり、2回には中村紀(DeNA)が打った瞬間とわかる逆転2ランでセリーグが優勢。

タイガースでは鳥谷平野がそれぞれヒット。6回からは能見が2回パーフェクトに抑えて敢闘賞(100万円)で復活の兆し。球児の登板はなかったですが、良い形で勝利。

当日の写真をアップしておきます。 もしよければ1クリックお願いします。

Rimg0823

Rimg0837

Rimg0841

Rimg0844

Rimg0851

Rimg0853

Rimg0855

Rimg0856

Rimg0866

Rimg0868

Rimg0870

Rimg0871

Rimg0875

Rimg0877

Rimg0880

Rimg0885

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月18日 (水)

メッセ、155キロ続投失敗。痛恨ドローで前半戦折り返し。

20120718 阪神△2-2△巨人(甲子園

BS1で完全中継。サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、巨人・澤村。伊藤隼が2試合連続のスタメン。小宮山が5試合ぶりの先発マスク(メッセ用捕手?)。初回、鳥谷のヒットで長野がファンブルする間に2塁まで進みますが、得点できず。

3回、1死1塁から鳥谷のヒットで1,3塁とすると、新井がレフト前タイムリーを放ちタイガース先制!さらに金本もレフト線へのタイムリー2塁打で2点め。敬遠ぎみに新井良を歩かせて1死満塁となりますが、ここは伊藤隼(今日は5回で下げられました)、小宮山と凡退してしまい追加点ならず。

今日のメッセンジャーは低めへのフォークが効果的でした。普段はコントロールが効かないのですが・・・。4回は2死1,2塁のピンチをしのぎましたが、6回に捕まり。連打で無死1,3塁とされると、村田の内野ゴロで1点。この後、高橋由のディレードスチールで2死2,3塁まで行きましたが、エドガーをなんと155キロで三振!

ただ111球のメッセンジャーを続投した7回、2死1,2塁から坂本にレフト前タイムリー(金本を下げておらず)を許してしまい、同点となった所で降板。そのウラ、福田が2四球。今日3四球の新井良がピッチャーのグラブを弾くと、坂本が逆をつかれて内野安打。満塁で途中出場の平野でしたが、力のないピーゴロ。

8回は筒井。1死から高橋由が2つめの盗塁を決めると、ここで代走・藤村。完全なストライクコースでしたが、四球の判定でエドガー出塁。1,2塁で代打・谷でしたが、6-4-3のゲッツーで切り抜け。同点の9回は球児が2度、カウント3-0になりましたが3人で抑えました。そのウラ、山口から先頭・鳥谷がヒットで出塁しますが、新井が痛恨のゲッツー。借金10で前半戦折り返し。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
新井良 福原 藤川
鳥谷 金本 メッセンジャー  
  筒井
マートン  
大和 新井 小宮山 柴田 岡崎
伊藤隼 平野 今成 ブラゼル 浅井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月17日 (火)

良太、7月13試合めでチーム1号。隼太プロ初ヒット。

20120717 阪神●3-4○巨人(甲子園) 勝利打点:阿部

よみうりTVで3回表から8回表まで中継。今日の先発は岩田(中5日)、巨人・ゴンザレス。不振の平野がついにスタメン落ち。セカンドに大和が入り、ルーキー・伊藤隼太がセンターで先発出場。初回、連続四球で1死満塁から阿部にライトへの2点タイムリーを許し、ジャイアンツ先制。

2回、新井良のヒットで無死1,2塁のチャンスでしたが、後続が凡退して無得点。すると3回、坂本の2ランが飛び出してしまい、早くも0-4と大量リード。立ち直れないまま岩田は4回の打席で代打を送られました。その関本が死球で出塁して1死満塁となると、マートンの内野ゴロの間に1点。

5回、新井のサードゴロを村田がトンネル。この後、2死2塁から新井良が低めの変化球をすくってレフトスタンドへ放り込む4号2ラン!ついにホームラン数で兄に並びました。7月チーム初アーチで、球団7000号のメモリアル。続く伊藤隼もライト前ヒットでこれがプロ初ヒット!2アウトということで思い切って盗塁も仕掛けましたが、ここは楽々アウト。第4打席も10球粘る姿勢も見せて今後が楽しみ。

5回からはが2回パーフェクトに抑えて、ゲームを落ち着かせましたが・・・両チームによるリリーフ勝負。タイガース打線も6回以降はノーヒットに抑えられました。1点ビハインドの9回、球児が初のビハインドでの登板。先頭・エドガーがヒットを許しましたが、無失点ピッチング。

マシソンは体の張りを訴えて、ジャイアンツは西村が8回から2イニング。最後のバッターに大和に代打・桧山も送りましたが、セカンドゴロで万事休す。借金10到達。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
新井良
  筒井 福原
大和 関本 藤川
マートン  
伊藤隼 今成 小宮山 平野 桧山
鳥谷 新井 金本 岩田 浅井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

生観戦。スタン、1球に泣き・・・内海の前に零封負け。

20120716 阪神●0-2○巨人(甲子園) 勝利打点:エドガー

BS1、サンテレビで完全中継。今季5試合めの生観戦は4万7006人と今季最多。先発はスタンリッジ(中5日)、巨人・内海。2回、1死1塁からエドガーに甘く入ったストレートを左中間スタンドへ放り込まれ、ジャイアンツ先制。対するタイガースはそのウラ、先頭・新井の左中間オーバーの2塁打も・・・後ろが続かず。

4回、先頭・村田にヒットこそ許しますが、続く阿部を三振ゲッツーに抑えて切り抜け。スタンリッジも毎回のようにランナーこそ出しますが、そんなに悪い内容には思いませんでした。ただ今成がストレート系の球を何度も後逸していたのが気になりました。ランナーがいない場面なので良いかもしれませんが・・・。

6回には阿部のセンターへ抜けそうな当たりを平野のジャンピングスローが決まって、ここも無失点。そのウラ、スタンリッジの代打・上本が左中間フェンス際まで飛ばしますが、長野に捕られました。この後、2死1,3塁のチャンスでしたが新井がライトフライ。

8回、内海が続投。1死から代打・浅井がライト打ちで3試合連続ヒット。2死1塁で「こうなったらやけくそでブラゼル出せ!」と思ったら大和(レフトの定位置までダッシュで捕球したフライもありました)の代打で本当に登場(笑)スタメンを外れる原因になった・・・またも死球。1,2塁で山口が登場し、鳥谷がセカンドゴロで凡退。ここで周りが席を立ち始めました。

9回はマシソンとの勝負。いきなり158キロでどよめくと、新井を三振に取った球は159キロ。フルスイングで応酬しましたが、金本新井良も打ち取られてゲームセット。10度めの完封負けで再び借金9に。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
スタンリッジ 浅井 加藤 福原 筒井
  ブラゼル
   
新井 鳥谷 マートン 大和 平野 今成 柴田 小宮山 上本 関本
金本 新井良  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 川崎雄介投手(今季初昇格。左のワンポイントでアピールなるか。)
OUT 能見篤史投手(疲労と心労が重なったエース。後半戦巻き返したい。) もしよければ1クリックお願いします。

Rimg0783

Rimg0784

Rimg0786

Rimg0794

Rimg0796

Rimg0799

Rimg0801

Rimg0806

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月15日 (日)

能見、3回KOで見切り。レフト狙いのツバメ打線が圧倒。

20120715 阪神●2-5○ヤクルト(甲子園) 勝利打点:畠山

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中7日)、ヤクルト・村中。昨日、同点2ランを食らった榎田が登録抹消のアクシデント。初回、ミレッジが先頭打者アーチでスワローズ先制。そのウラ、無死1塁で大和のファースト後方へのフライを捕れずヒット。ここから無死満塁のチャンスで、新井金本の連続犠牲フライでタイガースが逆転。大和の3塁タッチアップも光りました。

2回、2アウトランナーなしから中村に四球を出すと、村中にもヒット。さらに満塁とピンチが広がって田中浩にサード強襲(良太のダイブも及ばず)のタイムリー内野安打で同点。3回には畠山に特大の一発を許し、スワローズが再び2-3と勝ち越し。和田監督が早めに動いて、4回からはにスイッチ。ゲームを作り直しました。

毎回ランナーを出しながら、バント失敗やゲッツーを繰り返すタイガース打線。4回、1死から新井良が右中間オーバーの2塁打。平野が進塁打の形で2死3塁としますが、バッテリーは敬遠せず今成勝負でショート後方へのフライを捕られてしまいました。

6回、渡辺がピッチャー村中にストレートの四球を出してしまう始末。続くミレッジにも四球を与えて2死満塁とピンチを広げると、田中浩がピッチャー強襲のタイムリーで痛い4点め。代わった加藤が7回も続投して、1死から松井淳が左中間への3塁打。今成からの3塁牽制タッチアウトで魅せますが、ここから3連続のレフトへのヒット。中村のタイムリーで5点め。

8回からは小嶋が危険球退場した4月8日以来の登板。2イニングめの9回、2死から3連打で満塁のピンチを背負いましたが、無失点で切り抜け。そのウラ、2死から平野の2塁打でチャンスを作りましたが、代打・関本がピッチャーゴロに倒れて、前半ふらついた村中が完投勝利。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
 
大和 浅井
金本 小嶋
平野 鳥谷 新井  
マートン 新井良 今成  
能見 上本 関本 渡辺 加藤
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小嶋達也投手(ロングリリーフもいける貴重な左腕。4月以来の1軍。)
IN 伊藤隼太外野手(2軍で積んだ経験を。ドラ1ルーキーの逆襲なるか。)
OUT 久保康友投手(後半戦で使えるメドが立った。あとは勝ち癖。)
OUT 榎田大樹投手(左ひじ関節痛を訴え。今年も登板過多か。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年7月14日 (土)

鳥谷、2死からサヨナラ打で久々の連勝!大和躍動。

20120713 阪神○3x-2●ヤクルト(甲子園) 勝利打点:鳥谷⑤

BS1で完全中継。テレビ大阪でも中継。今日の先発は久保(再昇格)、ヤクルト・館山。5月20日以来の先発となった久保ですが、立ち上がりからストレートが150キロをマーク。飛ばし気味な分、制球にバラつきもありました。2回、1死満塁のピンチでフルカウントから相川をゲッツーに抑えて切り抜け。

3回、ミレッジが豪快にストレートを右中間に弾き返しましたが、大和がグラブからボールが半分こぼれそうになりながら、フェンス際のダイレクトキャッチ!しかし4回、1順目と同じ巡りでピンチを作ってしまい、満塁で相川。外角を引っ張って5-5-3のゲッツーでこれには久保も笑顔。

5回、先頭・新井がチーム初ヒット。2死1,3塁から今成が高めをピッチャー返し。ピッチャー、ショートの横をすり抜けていくタイムリーでタイガース先制!ネクストに桧山もいましたが、打席に立った久保が右中間へのタイムリーで2点を先行!試合が成立した時点で平野が1000試合出場を達成。

7回、館山の代打・藤本が登場した所で、甲子園の場内が大盛り上がり。良い当たりでしたが、鳥谷がダイビングキャッチで阻みました。8回は榎田。いきなり田中浩に死球を出すと、1死後、畠山に高めに浮いた所をレフトスタンドへ同点2ラン。あの松山の悲劇から5試合、ピリッとしない内容。

9回、先に抑えのバーネットが登板。平野が23打席ぶりのヒットで2死1,3塁としますが、今成はファーストゴロに倒れて延長戦へ。10回は球児がヒットと盗塁で無死2塁のピンチを背負いますが、代打・バレンティン、畠山、松井淳と最も厳しい場面で打ち取り。

10回、山本哲との勝負。マートンが少し時間をかけながら凡退して2アウトとなり残り2分。打席中に3時間半を過ぎた大和が三遊間へのヘッスラ内野安打で出塁。続く鳥谷がカウント3-1からレフト線への長打。フェンス際のクッション処理の間に、大和が1塁から一気にサヨナラのホームイン!!

「オールスターまで甲子園で4試合あるので全部勝ちたいと思います」 by 鳥谷
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
久保 福原 藤川
鳥谷 大和  
今成 柴田 浅井
   
新井 平野 小宮山
マートン 金本 新井良 桧山 榎田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 久保康友投手(2ヶ月ぶりの先発チャンス。新スタイルなるか?)
OUT 二神一人投手(昨日の雨がなければ先発テストもあっただけに残念。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月12日 (木)

メッセ、1ヶ月ぶり勝利。対竜戦、今季初の勝ち越し!

20120712阪神○4-1●中日(甲子園) 勝利打点:鳥谷④

BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、中日・山本昌。不振の平野が7番降格。6試合ぶりに小宮山もスタメンマスク。初回、マートンが11球粘ってライト線へポトリと落とすタイムリー2塁打。大和の進塁打で1死3塁とすると、鳥谷が初球をセンター前タイムリーでタイガース先制!

2回、ヒットと連続四球で無死満塁の大ピンチ。ここで堂上弟を5-2-3のゲッツー!2死2,3塁となって満塁策をとり、ピッチャー山本昌との勝負で見逃し三振に抑えてピンチ脱出。

4回、2死から金本が四球で出塁すると、続く新井良がフェンス金網直撃のタイムリー2塁打!フルカウントでスタートを切っていた金本が1塁からホームインで貴重な2点目。さらに5回、先頭・小宮山が内野安打で出塁。メッセンジャーが3バント失敗に倒れますが、続くマートンがライトポール際フェンス直撃の2塁打。2,3塁から得点圏打率5割と勝負強い大和のタイムリー。鳥谷の犠牲フライもあり、4-0で山本昌KO。

メッセンジャーが7回無失点に抑えて、8回は榎田。2死からヒットと四球で満塁となった所で、福原にスイッチしますが・・・井端にライト前タイムリーを許して1失点。そのウラ、先頭・大和が今日3度めの出塁となる四球。続く鳥谷がセーフティ気味に送りバントを決めますが、新井、代打・関本が凡退。

9回は球児。点差もあってか、ほぼストレート勝負で3人斬り。4カードめで初めてドラゴンズに勝ち越し。メッセンジャーは昨年9月6日以来、甲子園での勝利。

「一番良かったのはコントロールです。ヒサシブリネ!」 by メッセンジャー
「昨年の秋から甲子園のお立ち台に上がるために頑張っていた」 by 新井良太
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
大和 メッセンジャー 藤川
鳥谷 マートン 金本  
新井良 小宮山 福原
   
  榎田
新井 平野 柴田 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月11日 (水)

岩田、粘投も初回の2失点に泣く。前半戦負け越し。

20120711 阪神●1-2○中日(甲子園) 勝利打点:平田

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は岩田(中6日)、中日・大野。初回、1番に座った平田が右中間スタンドへの先頭打者アーチでドラゴンズ先制。さらに無死1,2塁のピンチを背負うと、和田はショートゴロ併殺。しかし2死3塁から井端にタイムリー2塁打を許してしまい、初回から2点のビハインド。

1回、先頭・マートンがヒットで出塁。四球と暴投で無死2,3塁のチャンス。ここで鳥谷の内野ゴロの間に1点を返しました。さらに1死3塁という場面で内野陣は後ろに下がってましたが、新井金本が相次いで凡退。

ここからは両左腕による投手戦。6回、1死から金本新井良の連打で1,2塁のチャンス。ここでドラゴンズがルーキー・田島にスイッチすると、大和が痛恨のセカンドゴロ併殺。岩田は初回の2失点のみで7回まで投げぬきました。

8回、ソーサの2イニングめ。2死から新井がヒット。途中出場の柴田が四球を選んで1,2塁のチャンス。ここで新井良が良い当たりながらショートゴロ。急に154キロ連発と動くストレートに苦戦。開幕から27試合連続無失点とか。

イニングまたぎで渡辺が四球でランナーを出しながら、無失点で切り抜け。1点差のまま9回、岩瀬との勝負。2アウトから代打・関本が四球を選んで、代走・上本登場。マートンも追い込まれてからの5球め、高めのボール球でしたが・・・盗塁失敗でゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
岩田 加藤
  柴田 関本 渡辺
鳥谷 今成 筒井
マートン 平野 新井 金本 新井良 ブラゼル 浅井
大和 上本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月10日 (火)

スタンの勝利を今日は守った!連敗6でストップ!

20120710 阪神○1-0●中日(甲子園) 勝利打点:新井⑤

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、中日・吉見。金本が3試合ぶりに復帰し、新井良がサードで初先発。3回、1死からマートンが左中間への2塁打で出塁すると、2死1,3塁で新井がライト線へポトリと落とすタイムリー2塁打でタイガース先制!

4回、連打で無死1,2塁のピンチ。ここで谷繁のファールフライに新井良鳥谷が交錯。良太を吹き飛ばしながら、鳥谷がキャッチ。この後、2死満塁まで行きましたが無失点で切り抜け。ピンチの連続でしたが、スタンリッジが6回まで8安打無失点で降板。

7回、筒井が登板して2アウト(1塁)を取った所で、福原が復帰登板。初球スチール成功されると、和田を敬遠。続く井端の三遊間への当たり、新井良がスライディングキャッチ。1塁送球も決まってピンチ脱出!

8回は榎田。いきなり堂上兄にフェンス直撃の2塁打。1死1,3塁となり、塁上に新井兄弟、堂上兄弟がいる妙な配置(笑)それでも藤井、大島を連続三振に抑えてピンチ脱出!そのウラ、先頭・鳥谷が13球粘って四球を選びますが、続く新井が三振ゲッツー。ついに追加点をとれず。

9回は球児が復帰後初登板。キャッチャーは小宮山に代わりました。150キロオーバーの速球を連発しますが、コントロールが不安定。1死から連打と井端に9球粘られて四球となり満塁。堂上兄のファーストゴロ、ホームアウトで2アウトとなり、最後は谷繁。フルカウントから3球粘られてサードゴロ。1塁送球がそれましたが、アウトに抑えてついに連敗ストップ!小宮山のマウンドに行くタイミングを解説の矢野さんも評価。整列の際、自分が先発マスクを被った6試合めで初勝利となった今成の目に涙。。ドラゴンズは16残塁で無得点、ディフェンス陣本当に粘りました。

「何とか連敗を止めたかった。カミサマハ、ワタシノチカラデス!」 by スタンリッジ
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
マートン 鳥谷  
スタンリッジ 筒井 福原
新井 榎田
金本 今成 藤川
新井良 柴田 小宮山 大和 浅井 桧山
平野  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福原忍投手(腰の張りから復帰。ムリはできないが貴重な右腕。)
OUT 安藤優也投手(前回は5回持たず。後半戦で巻き返したい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月 8日 (日)

新井兄弟が救い。6連敗・・・75試合めで自力V消滅。

20120708 巨人○3-2●阪神(東京ドーム) 勝利打点:古城

BS日テレで完全中継。今日の先発は安藤(中6日)、巨人・ホールトン。1回、2回のピンチをしのいだ安藤。3回、1死から3試合連続スタメンマスクの今成が右中間を破る2塁打。続く安藤もフェンス際まで飛ばすもレフトフライ。2アウトとなり、ここでマートンが詰まりながらショート後方へ落とすタイムリーでタイガース先制!しかしこの後、牽制で1,2塁間に挟まれてアウト。

3回、先頭・長野、谷の連打。続く坂本の送りバントで1死2,3塁とされると、村田にライトへ犠牲フライを許してあっさり同点。さらに4回、先頭・高橋由がライト線へ2塁打。エドガーもヒットで続き、無死1,3塁から古城がセンター前タイムリーを放ち、ジャイアンツ勝ち越し。5回も無死1,2塁となった所で早くも安藤KO。

ピンチで登板した加藤ですが、阿部に初球をライトフェンス上段に当たるタイムリー2塁打で3点め。さらに四球で無死満塁の大ピンチでしたが、エドガー、代打・矢野、ホールトンを三者連続三振!持ちこたえました。

早打ちにも助けられ、6回まで68球のホールトン。7回、2死から新井良ブラゼルの連打で1,3塁とすると・・・ここで代打・桧山登場もライトフライ。昨日に引き続きライトの守備は入ると、代走で出た上本が今季初のセカンド、平野はセンターに回りました(今季2度め)。

2点差の9回、マシソンとの勝負。先頭・平野はショートゴロ、ヘッスラも及ばずアウト。2アウトから新井がヒットで出塁すると、新井良が右中間に弾き返すタイムリー2塁打!1点差に迫り、途中出場の上本に代打・浅井が初球打ち。三遊間の最も深いところでしたが、一歩及ばず6連敗。こんなはずじゃなかった・・・1勝10敗で2週間のロードを終えて、甲子園9連戦へ。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
新井良  
 
  加藤 筒井
マートン 新井 今成 榎田
ブラゼル 鳥谷 上本 柴田 関本
平野 大和 安藤 桧山 浅井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2012年7月 7日 (土)

杉内KO劇も、能見がリードを守れず6失点。5連敗。

20120707 巨人○7-5●阪神(東京ドーム) 勝利打点:高橋由

BS日テレで完全中継。今日の先発は能見(中7日)、巨人・杉内。右バッターを並べるなかで、キャッチャーは今日も今成(4度めの先発)を起用。初回、1死満塁から阿部の犠牲フライでジャイアンツ先制。さらに満塁でカウント3-0まで行きましたが、エドガーを抑えて1点のみ。

2回、無死1,2塁で関本が三振ゲッツー。積極策も失敗に終わりましたが、大和がレフトオーバーのタイムリー3塁打!続く今成も高めに抜けた球を引っ張るタイムリーを放つと、能見までもライト線に落とすタイムリー2塁打!一挙3点で逆転しますが・・・寺内、長野に一発を浴びた能見。すぐに3-3の同点。ここから今成がストレート押しに変えてきました。

3回、2死から新井兄弟の連打。2,3塁で関本が低めのチェンジアップをすくいショート後方への2点タイムリーで勝ち越し!杉内は4回でマウンドを降りました。2点リードの5回、坂本がアウトローの変化球をすくって無死2,3塁とされると、村田はセカンドゴロ。中間守備の平野がホームへ送球しますが、それてランナーに当たる間に2人が還って5-5の同点。さらに高橋由の犠牲フライで1点勝ち越されました。

7回、筒井が登板。先頭・谷が猛打賞となるヒットを放つと、代走・鈴木がすかさず盗塁。この後、バントに切り替えた坂本がピッチャーの左を抜ける内野安打。この後、1死満塁となり高橋由が1,2塁間を破るタイムリーで7点め。なお満塁でしたが、エドガー、寺内は抑えました。

8回、1死から西村健にスイッチした途端、新井兄弟が3度めのコンボ(連打)。関本も四球を選んで、満塁で代打・桧山。通算10割の対戦成績で、痛烈なショートゴロでしたが・・・6-4-3のゲッツー。ハーフバウンドを捕った坂本の好プレイに阻まれました。9回はマシソンの前に三者凡退でゲームセット。12安打でも5連敗。明日負けると自力優勝が早くも消滅します。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
関本 新井良 大和  
新井 渡辺
  二神
   
今成 浅井 柴田
鳥谷 マートン 平野 能見 ブラゼル 桧山 筒井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月 6日 (金)

メッセ炎上でGに完敗。金本に代打のアクシデント。

20120706 巨人○6-3●阪神(東京ドーム) 勝利打点:阿部

BS日テレ→よみうりTVで7回ウラ途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中7日)、巨人・澤村。マートンを2年ぶりにセンターに回し、キャッチャーには今成と攻撃的布陣。初回、2死1,2塁から阿部のレフト線タイムリーで先制されると、高橋由、エドガーまで3者連続タイムリー、さらに澤村への押し出しで4失点。2回には谷の一発、高橋由のタイムリーで6失点KO。変化球が抜けて首を振る場面が多く、不慣れなバッテリーが露呈。

3回からは3年めの二神がプロ初登板。ストレート、スライダーの組み合わせでコントロールもなかなか良かった印象。長野の2塁打1本だけに抑えて、2回無失点。

4回、鳥谷新井の連打で無死1,2塁のチャンス。1死後、ブラゼルの3-6-1のゲッツーコースでしたが、坂本の1塁悪送球の間にタイガースが1点。6回、金本のヒットで1死1,2塁のチャンスでしたが・・・連続三振。

7回、100球を超えた澤村から今成、代打・浅井マートンの3連打で無死満塁のチャンス。1死後、鳥谷が押し出し四球で1点。ただ新井が痛恨の三球見逃し三振。ここでネクストに金本がおらず、桧山がスタンバイ。先に原監督がピッチャー山口を送り、タイガースも代打・関本を出しますが・・・着払いの三振。アニキは腰に強い張りを訴えて13年ぶりに代打を出されたそうです。

4点差の9回、抑えのマシソンとの勝負。2死から平野がピッチャー強襲のヘッスラ内野安打で出塁。盗塁で(記録は野手選択)で2塁に進むと、鳥谷の猛打賞となるタイムリーで1点。打線は12安打・・・でも試合にならない。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
鳥谷  
  二神
  渡辺
マートン 今成 新井良 浅井  加藤
金本 上本 柴田
平野 新井 ブラゼル メッセンジャー 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤川球児投手(ひざ痛からの復帰。点差のある場面で投げさせたいが・・・)
IN 岡崎太一捕手(藤井の故障で第3の捕手に。チャンスもらえるか。)
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 久保田智之投手(悪い時にまとめられず。苦しくなってきた。)
OUT 藤井彰人捕手(今季3度めの抹消。胸部打撲は心配。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月 4日 (水)

松山の悲劇止まらず。ミス続出で借金6&5位転落。

20120704 阪神●1-3○広島(松山坊ちゃん) 勝利打点:岩本

サン→朝日放送で完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、広島・今井。日曜に死球を受けて交代していたブラゼルが先発復帰。初回から雨で中断しながらの苦しいグラウンドでのゲーム。初回、相手エラーと四球で1死1,2塁のチャンスを作りながら、新井金本が凡退して無得点。

2回、連打で無死1,2塁のチャンスで送れずヒッティングに出た小宮山が痛恨のゲッツー。すると次の3回、先頭・天谷のヒットから2死2塁となると、岩本が痛烈なライト前タイムリーでカープ先制。4回には菊地の当たりにダイブで追いついた新井が痛すぎる1塁悪送球。マートンのカバーが遅れて、一気に3塁まで進まれると・・・この後、岩田の暴投で2点め。昨日に引き続きまたもバッテリーミス。

4回、新井が右中間を破る2塁打で出塁。1死3塁からブラゼルの内野ゴロで1点を返しました。ただあと1点が遠かった。6回は四球の鳥谷が盗塁を決めて得点圏に進みましたが、新井が凡退。ここで左の菊地原にスイッチし、金本もセンターフライ。

1点ビハインドの9回、筒井が登板。先頭・廣瀬に四球を出すと・・・2死2塁から迎がレフト前タイムリー。打球が鳥谷のグラブに当たり、方向も変わりました。ビハインドの展開、しかも9回に打席が回る金本。ここは目をつぶるしかないのか。

チームは3安打で完敗。勝率5割で2週間のロードに出て1勝7敗と散々。今日でついに5位転落。東京ドームでの残り3試合が試合になるか心配になってきました。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
  渡辺
岩田  
鳥谷  
ブラゼル 柴田 新井良 今成
平野 マートン 新井 金本 小宮山 筒井
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月 3日 (火)

松山の悲劇。あと1人からの逆転、負けるな小宮山。

20120703 阪神●3-4○広島(松山坊ちゃん) 勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発はスタンリッジ(中6日)、広島・大竹。日曜日に負傷したブラゼル、藤井はベンチスタート。初回、1死から連打で1,2塁とすると、新井がカウント3-0から打って行き、詰まりながらのタイムリーでタイガース先制!

3回、2死から鳥谷が四球。新井がヒットで続くと、1,2塁で金本がセンター前タイムリーを放ち、貴重な2点め。さらに4回、小宮山がエンドラン失敗。それでも2死2塁と場面が変わると、マートンがライト前へポトリと落ちるタイムリーで3点め。逆に5回、1死1,2塁のピンチでしたが・・・代打・石井琢、天谷を抑えてピンチ脱出!

ポイントは6回。無死1,2塁で打席に立たせたスタンリッジがバント失敗。相手のファインプレーもあり無得点に終わると、7回に急変。先頭・堂林に四球を出すと、丸にライト線を破られる2塁打。無死2,3塁で廣瀬にはタイムリーを許しました。1死後、代打・前田智登場でスイッチした筒井がナイスリリーフ!ここは連続三振でピンチ脱出!

8回は渡辺が2死1,2塁のピンチをしのぐと、そのウラ、先頭・柴田が2塁打。ただ小宮山がバント失敗で3塁タッチアウト。後続が倒れてしまい、追加点をあげれず。

2点リードの9回は榎田新井良の1塁送球のタイミングが合わないベースカバーでも2アウト。しかし、ここからまさかの3連打で1点を失うと、カウント1-2とあと1球に追いこみながらダブルスチール成功で2,3塁。若いバッテリーを浮き足立たせると、梵にはスライダーで空振り三振に抑えますが・・・小宮山が大きく弾いてしまう振り逃げ。2者が還る逆転劇。そのウラ、堂林の今日2つめのエラーから得点圏まで行きましたが、新井良が今日全て得点圏でまわってきた5打席アウトで万事休す。

5位カープに0.5差に迫られる始末。快勝ムードから久々にひどい試合を見ました。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
  筒井
鳥谷 柴田  
新井 金本 スタンリッジ 今成 渡辺
   
マートン 平野 大和 浅井 上本 桧山
新井良 小宮山 榎田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月 1日 (日)

鮮やかな村中KO劇も、悔やまれる6回の継投失敗。

20120701 ヤクルト○9-5●阪神(神宮) 勝利打点:田中浩

毎日放送で7回表まで中継。今日の先発は安藤(中6日)、ヤクルト・村中。好調の新井良がついに5番抜擢。初回、1死3塁からショートゴロのスキをついてミレッジが果敢にホームイン。スワローズが先制。2回、ブラゼルが右ひじ付近に死球を受けて途中交代。この後、2死満塁のチャンスは活かせず。

そのウラ、1死3塁から内野ゴロで突っ込んできたバレンティンを藤井がブロック。この後、盗塁も刺しましたが・・・わき腹を痛めており負傷交代。4回からは小宮山がマスクを被りますが、安藤の決め球を見出せず。2死1,3塁から相川にタイムリー2塁打を許し、重い2点め。

しかし5回、安藤のレフト前ヒットから一変。無死満塁となり、鳥谷が初球をたたきつけて1塁線を越えていく2点タイムリーで一気に同点。なお1,3塁で新井もタイムリーで続き、早くも村中KO。弟の良太もヒットでつなぎ再び満塁とすると、途中出場の浅井が犠牲フライ。1割台の小宮山もゲッツー崩れ(大和の併殺ブロックも見事)で一挙5点!

そのウラ、安藤が粘れず。1死1,2塁から阪神戦0割の畠山にタイムリーを許し2点差。さらに宮本が右中間抜けそうな当たりでしたが、大和がスーパーダイブ!ここは逆転を覚悟したチームを救いました。6回、1死満塁のチャンスを逃がすと・・・なんとベンチは安藤を続投。先頭バッターに四球を出すと・・・ミレッジのタイムリー2塁打で5-4となり、投入したのは加藤。ただ田中浩に逆転3ランを被弾。

5-7の7回、久保田が炎上。先頭・バレンティンに四球を出すと、1死2塁から松井淳にタイムリー2塁打を許すと、2死後、元タイガースの藤本にタイムリー3塁打を許してKO。代わったが後続は抑え、8回にはバレンティンに死球で不穏な空気に。満塁のピンチをしのぐのがやっと。反撃ムードを出せないまま敗戦。6回の継投策で一気に変わりました。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
鳥谷 大和  
   
マートン 平野 新井 柴田
藤井
新井良 安藤 浅井
ブラゼル  小宮山 加藤 久保田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 上本博紀内野手(故障も癒えようやく今季初昇格。塁をかき回したい。)
OUT 秋山拓巳投手(次のウエスタン次第で9連戦の先発チャンス。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »