« 平野、初回で痛恨のミス。鉄壁の二遊間に綻び。 | トップページ | 福原、腰痛降板。5点差守れずリリーフ陣崩壊4連敗。 »

2012年6月28日 (木)

金本、2500安打達成を飾れず。対竜7連敗。

20120628 中日○4-1●阪神(ナゴヤドーム) 勝利打点:和田

毎日放送で4回表途中から中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、中日・岩田。2回、2死から森野に2塁打を許して2,3塁のピンチでしたが、ベンチは敬遠策でピッチャーの岩田を打ち取り、ピンチ脱出。しかし3回、先頭・荒木が2塁打。1死3塁から和田の内野ゴロの間にドラゴンズ先制。

4回、ここまでパーフェクトに抑えられていたタイガース打線ですが、マートンが高めに抜けたスライダーをレフトスタンドへ放り込む同点アーチ!

両先発の投手戦、1-1で迎えた7回、2死から新井が四球で出塁すると、続く金本がライト線2塁打。これで歴代7人めとなる通算2500安打達成!2,3塁のチャンスでしたが、ブラゼルがファーストゴロに倒れて無得点。そのウラ、連打で無死2,3塁とされると、谷繁が右中間オーバーの2点2塁打で勝ち越し。1死3塁から荒木のライトファウルフライを捕ってしまい、犠牲フライ・・・マートンの返球も悪く、カットの平野も握れず中継ミス。メッセンジャーが力尽きました。

9回、抑えの岩瀬から新井金本が連続ヒットでチャンスを作りましたが・・・ブラゼルがショートゴロ併殺でゲームセット。実力差をまざまざと見せ付けられたナゴヤドーム3タテ。引き分けを挟んで対ドラゴンズ戦7連敗。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
   
  福原
マートン 金本 新井 今成
   
メッセンジャー 田上 桧山
平野 鳥谷 大和 ブラゼル 藤井  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 平野、初回で痛恨のミス。鉄壁の二遊間に綻び。 | トップページ | 福原、腰痛降板。5点差守れずリリーフ陣崩壊4連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/55084214

この記事へのトラックバック一覧です: 金本、2500安打達成を飾れず。対竜7連敗。:

» 負けに不思議の負けなし [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
序盤に打線が繋がり5-0とリード。能見も3回までノーヒットピッチング。まさか、あんな結末になるとはなあ。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 08:35

« 平野、初回で痛恨のミス。鉄壁の二遊間に綻び。 | トップページ | 福原、腰痛降板。5点差守れずリリーフ陣崩壊4連敗。 »