« 交流戦スタート。球際の差・・・金本攻守で惜しかった。 | トップページ | 新井良太、虎初アーチ。追撃弾も及ばず逆転負け。 »

2012年5月17日 (木)

安藤、ミスから崩れた4失点。人見知り打線も限界。

20120517 阪神●1-4○日本ハム(甲子園) 勝利打点:田中賢

BS1で完全中継。毎日放送でも中継。今日の先発は安藤(再昇格)、日本ハム・ウルフ。浅井が2試合ぶりにスタメン復帰。初回、ブラゼルのジャンピングキャッチで中田を打ち取り。そのウラ、鳥谷のショートゴロで1塁ベースから離れて捕ったように見えましたが、判定は覆らず。2回は浅井がレフト金網直撃の2塁打も得点できず。

3回、1死満塁から田中賢のセカンドゴロ。ゲッツーコースでしたが平野が弾いてしまい、アウトは1コのみ。この間にファイターズ先制。この後は立ち直った安藤でしたが・・・6回に捕まり。小谷野がまたも流し打ちで3打席出塁。1死1,2塁で稲葉のファーストゴロ。ブラゼルの2塁送球がランナー・中田と重なって、鳥谷が捕球できず後逸。レフトまで転がる間に痛い2点め。さらに2死後、代打・スレッジが右中間オーバーの2点3塁打で勝負アリ。

6回、2番平野がマルチ。4番金本、6番浅井が四球を選んで、アウトと交互ながら2死満塁のチャンス。ここでウルフから左の乾にスイッチし、ブラゼルがフルカウントからアウトコースのスライダーに空振り三振。

8回、宮西からも同様の攻撃。2番平野が猛打賞、4番金本が逆方向へのヒット、アウトと交互で2死1,2塁から、浅井が三遊間を破っていくタイムリーでようやく1点。さらにブラゼルに代打・関本を送り込みましたが、ライトフライ。

9回、抑えの増井から今成(8回からはマスク)が移籍後初ヒット。代打・桧山もセンター前ヒットでつなぎ、3点差ながら無死1,2塁のチャンス。雨が降ってきた甲子園が盛り上がってきましたが、ここで栗山監督がマウンドで激励し、鳥谷(5タコ)がカウント3-1からフライアウト。3人は球威に押されたアウトで万事休す。5割。組み替え時か。
今日の採点表 左列がスタメン。出場の持ち点:50点。
浅井  
平野
金本 今成 桧山 加藤
安藤  
  林威助 田上
鳥谷 マートン 新井 ブラゼル 藤井 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 安藤優也投手(リフレッシュ休暇を経て再昇格。キレのあるボールを続けたい。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 交流戦スタート。球際の差・・・金本攻守で惜しかった。 | トップページ | 新井良太、虎初アーチ。追撃弾も及ばず逆転負け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/54738051

この記事へのトラックバック一覧です: 安藤、ミスから崩れた4失点。人見知り打線も限界。:

» 打つのもダメなら守りもダメ [虎談巷説]
和田監督の目指す「1点をしっかりと取りにいく」、「守りをしっかりと固める」というのは忘れられてしもたんかな。大体、守りで負けるって弱いチームによく見られる傾向やで。 [続きを読む]

受信: 2012年5月19日 (土) 08:23

« 交流戦スタート。球際の差・・・金本攻守で惜しかった。 | トップページ | 新井良太、虎初アーチ。追撃弾も及ばず逆転負け。 »