« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2012開幕】 | トップページ | オープン戦終了。9失点投壊で再び最下位転落。 »

2012年3月22日 (木)

プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2012開幕】

Image12h 2012シーズン開幕直前、12球団戦力分析。今回はパリーグ1位の福岡ソフトバンクホークス。圧倒的な強さで日本一の座をつかんだ昨シーズン。先発陣の杉内(巨人)、和田(オリオールズ)、ホールトン(巨人)の抜けた43勝をどうするか?という話題も多いが、戦力は12球団トップクラス。FA加入の帆足(西武)、日本復帰の岡島(レッドソックス)、メジャー119勝のペニーなど新戦力も楽しみ。

【野手編】
Image12horder イチローを追いかけてマリナーズへ移籍した川﨑の後任は、明石が今宮を相手に一歩リード。本多が1番に座り、盗塁を武器に得点圏で巧打の内川が返す、というシーンが今年も多く見れそうだ。DH争いがし烈で松中、カブレラ、ペーニャの3人が争うが、調子が上がらないまま開幕を迎える。日本シリーズで4番も打った松田も下位からのスタートになる層の厚さ。それでも中軸は全体的に故障癖も多く、戦力が余ることはない。その中で若手の積極起用も目立っている。

注目選手は、小久保。2000本安打まで38本。故障持ちでもやはりチームの柱。

【投手編】
開幕候補の攝津がここに来て腰痛で登板回避。4月中には復帰予定で15勝前後を期待。帆足、ペニー、山田は10勝できる力を持つが、ランナーを背負った時のピッチングが課題か。今年は新垣が4年ぶりに開幕ローテ入りし、生き残りたい。抑えでは馬原が右肩手術で前半戦絶望。3連投を避ける守護神・ファルケンボーグにつなぐまでの継投がシーズンのカギを握る。岡島でさえ1軍の当落線で争っているが、左のセットアッパーとして期待がかかる。

注目選手は、山田。育成出身から左の柱になれる逸材。大化けの予感。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 帆 足 山 田 ペニー 新 垣 大 隣 岩 嵜
中継 森 福 金 澤 岡 島 神 内
抑え ファルケン
次点 ピント 大 場 金無英 吉 川 柳 川 藤 岡 カストロ
故障 攝 津 馬 原 小 椋 甲 藤
野手
捕手 細 川 山 崎 高 谷
内野 小久保 本 多 松 田 明 石 カブレラ 今 宮
外野 内 川 長谷川 多 村 松 中 ペーニャ 福 田 城 所
次点 堂 上 仲 澤 塚 田 金 子 江 川 中 村 柳 田
故障
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2012開幕】 | トップページ | オープン戦終了。9失点投壊で再び最下位転落。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2012開幕】:

« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2012開幕】 | トップページ | オープン戦終了。9失点投壊で再び最下位転落。 »