« オープン戦終了。9失点投壊で再び最下位転落。 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2012開幕】 »

2012年3月24日 (土)

プロ野球戦力分析【横浜編・2012開幕】

Image12db 2012シーズン開幕直前、12球団戦力分析。今回はセリーグ6位の横浜DeNAベイスターズ。主砲の村田(巨人)がFA移籍し、ラミレスが入れ替わる形で入団。全体的に攻撃力は下がっているが、機動力でカバーしたい。オープン戦ではチームは好調だが、開幕直前に故障者が続出。球団名も変わり、“熱いぜ!”をスローガンに中畑新監督の下、5年ぶりの最下位脱出を狙う。

【野手編】
Image12dborder 中軸を期待された筒香、ラミレスが開幕絶望。復帰すれば20発は堅い。スーパーカートリオを目指した機動力野球で、4番不在のまま開幕を迎える。小池(中日)がオープン戦好調で、内外野で出場のチャンス。キャプテン石川のコンバートや6年目・梶谷の積極起用など、前球団とは違う野球を見せようとしている。外野陣ではパンチ力のある下園が故障明けで開幕に間に合った。吉村や後藤(西武)、中村紀といったかつての大砲が復活しないと、チーム浮上は難しい。

注目選手は、荒波。50m5秒6の俊足でレギュラー候補。チームカラーを変えれるか。

【投手編】
高崎、国吉、ジオ(広島)の先発3本柱で昨シーズン計10勝からの大幅アップを狙うが、2ケタ勝利は難しい。左の山本が好調で昨年(2勝11敗)の巻き返しを狙う。38歳の“ハマの番長”三浦は登板間隔を空けながらの起用で、先発要員はまだ足りない。リリーフ陣では、右サイド・加賀のセットアッパー再起用や左の林(日本ハム)の加入など、厚みを増した。昨シーズン、マシンガン継投で登板過多の投手(大原慎、篠原、江尻、牛田)の回復具合も気がかり。

注目選手は、国吉。育成枠出身から一躍、ローテの軸に。ハマのダルビッシュへ。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 高 崎 国 吉 ジ オ 三 浦 山 本 ブランドン
中継 加 賀 大原慎 篠 原 菊 地 ハミルトン
抑え 山 口
次点 小 杉 藤 江 福 山 佐 藤 加賀美 江 尻 牛 田
故障 清水直
野手
捕手 黒羽根 鶴 岡
内野 小 池 石 川 中村紀 梶 谷 内 藤 藤 田 渡辺直
外野 森 本 下 園 荒 波 金 城 啓二朗
次点 新 沼 細山田 サラサー 山 崎 吉 村 一 輝 井 手
故障 後 藤 筒 香 ラミレス
もしよければ1クリックお願いします。

|

« オープン戦終了。9失点投壊で再び最下位転落。 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2012開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【横浜編・2012開幕】:

« オープン戦終了。9失点投壊で再び最下位転落。 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2012開幕】 »