« 湿る打線3安打。6度めの零封負けで開幕に不安。 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2012開幕】 »

2012年3月21日 (水)

プロ野球戦力分析【日本ハム編・2012開幕】

Image12f 2012シーズン開幕直前、12球団戦力分析。今回はパリーグ2位の北海道日本ハムファイターズ。エース・ダルビッシュのメジャー移籍で、プロ2年目の斎藤佑樹を中心にした先発陣の立て直しはもちろん、チームカラーが変わろうとしている。それでも攻撃力は12球団トップクラスの“つなぎ”がある。「脱梨田スタイル」なのか、キャスター界で培った栗山新監督の野球スタイルにも注目したい。

【野手編】
Image12forder 昨シーズンの大半を離脱した田中賢が打率3割9分を目標に掲げた。リードオフマンとして200安打、50盗塁は狙える。2番を昨シーズンの陽ではなく、2000本安打まで34本の稲葉や金子誠といった技巧派のベテラン勢を起用しているのが面白い。梨田野球で見せた犠打の数も減ってくるか?糸井、中田、古巣復帰のスレッジ(横浜)、小谷野の中軸は勝負強さも兼ね備えており、つなぎに徹することで得点力はかなりの物になるが、シーズン中に好不調の波が大きいのが欠点に。

注目選手は、中田。4番にどれだけ居座ることができるか?打点王も狙えるシーズン。

【投手編】
“ハンカチ王子”斎藤佑(昨季6勝)を栗山監督は開幕投手に指名。オープン戦で結果を残せず不安があるが、10勝しないと優勝争いは難しい。ケッペルが右脚を痛めたが軽症のようで、武田勝、ウルフと先発4枚は確定。残りの1~2枠が固定できず、吉川や八木を中心にシーズン中でも谷間を埋めていく起用になる。リリーフ陣はある程度、順調に仕上げており、増井-武田久への必勝リレーも手堅い。中盤のショートリリーフが今年は起用法の変更があるかもポイント。

注目選手は、斎藤佑。周囲の期待は十分。1年間ローテを守りきりたい。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 斎藤佑 武田勝 ケッペル ウルフ 吉 川
中継 増 井 宮 西 石 井 谷 元 森 内 多田野
抑え 武田久
次点 中村勝 八 木 糸 数 木 田 根 本 矢 貫
故障 榊 原 ダース
野手
捕手 鶴 岡 大 野 今 成
内野 稲 葉 田中賢 小谷野 金子誠 二 岡 中島卓 飯 山
外野 中 田 糸 井 陽岱鋼 スレッジ 鵜久森 佐 藤
次点 中 嶋 尾 崎 岩 舘 西 川 杉 谷 村 田 関 口
故障 ホフパワー 今 浪 紺 田
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 湿る打線3安打。6度めの零封負けで開幕に不安。 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2012開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【日本ハム編・2012開幕】:

« 湿る打線3安打。6度めの零封負けで開幕に不安。 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2012開幕】 »