« 球児、高速カットボールで新境地。順調な調整。 | トップページ | プロ野球戦力分析【楽天編・2012開幕】 »

2012年3月17日 (土)

プロ野球戦力分析【ロッテ編・2012開幕】

Image12m 2012シーズン開幕直前、12球団戦力分析。パリーグ6位の千葉ロッテマリーンズからスタート。昨シーズン途中に放出されたサブロー(巨人)がFAで古巣復帰。大学NO.1左腕の藤岡(東洋大)もドラフトで競合の末、獲得に成功。他チームと比べて長打力こそ乏しいが、再び「和」の力でチームに勢いを取り戻せるか。西村監督にとって、結果が求められる3年めのシーズンになる。

【野手編】
Image12morder 2年目・伊志嶺、4年目・岡田の機動力と外野の守備力が軸になる。出塁率のアップが課題だが、2人で80盗塁は狙いたい。ショートの定位置争いは打撃好調の根元が抜け出し、4年ぶりのレギュラー奪取へ。主軸のホワイトセル(ヤクルト)は中距離ヒッターとして期待できる。チームで2ケタ本塁打ゼロという昨シーズンの危機を脱したい。勝負強さを持つサブロー、今江が従来の働きをすれば、打線につながりが出てくる。例年、里崎の故障も多く、控え捕手の底上げも課題に。

注目選手は、大松。ファーストコンバートでかつての大砲が復活なるか。

【投手編】
成瀬、唐川が左右の先発の柱になるが、やや調整が遅れているのが気がかり。ルーキー・藤岡は150キロ前後の速球を武器にコントロールも良く、2ケタ勝利も期待できる。昨シーズンは故障に泣いたペンは順調で、グライシンガー(巨人)、小野、上野あたりでローテの谷間をしのぎたい。リリーフでは右の益田(関西国際大)、左の中後(近大)が実戦向きで使えそう。カルロス・ロサ-藪田の必勝リレーは安定感があり、終盤の接戦をモノにしていきたい。

注目選手は、藤岡。新人王候補の筆頭。同級生の唐川と先発陣を盛り上げたい。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 成 瀬 渡辺俊 唐 川 ペ ン グライシンガ 藤 岡
中継 C.ロサ 伊 藤 中 後 益 田 古 谷
抑え 藪 田
次点 小 野 上 野 大 谷 松 本 木 村 中 郷 吉 見
故障 大 嶺 荻野忠
野手
捕手 里 崎 金 澤 田中雅
内野 大 松 井 口 今 江 根 元 ホワイトセル 福 浦 渡辺正
外野 岡 田 伊志嶺 サブロー 清 田 工 藤 青 野
次点 的 場 塀 内 細 谷 鈴 木 早 坂 南竜 角 中
故障 荻野貴 神 戸
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 球児、高速カットボールで新境地。順調な調整。 | トップページ | プロ野球戦力分析【楽天編・2012開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【ロッテ編・2012開幕】:

« 球児、高速カットボールで新境地。順調な調整。 | トップページ | プロ野球戦力分析【楽天編・2012開幕】 »