« プロ野球戦力分析【ロッテ編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【オリックス編・2011終了】 »

2011年12月23日 (金)

プロ野球戦力分析【楽天編・2011終了】

Image1112e 2011シーズン終了後、12球団戦力分析。今回はパリーグ5位の東北楽天ゴールデンイーグルス。「見せましょう、野球の底力を」─
震災の1年、本拠地Kスタ宮城での試合開催ができず、嶋選手会長のスピーチで始まったシーズン。星野新監督の下、Aクラス入りもみえたが9月に8勝14敗と失速。シーズン後半には主砲・山崎武の戦力外通告、エース・岩隈のFA流出もありチームも変革期に。

【野手編】
Image1112eorder メジャー返りの松井稼は西武時代に守ったショートで1年出続けたが.260、9HR。岩村は大スランプと故障で1軍に残れなかった。それでも聖澤(52盗塁)、内村(31盗塁)の機動力はリーグ有数。高須がサブポジションのサード、しかも3番に座る機会が多かった。そのウラで、ポイントゲッターの鉄平が打撃不振、山崎武も11HRで戦力外。去年3割打った嶋も打撃は低迷し、チームの誤算に。シーズン後半では故障明けの牧田が勝負強さを発揮。外野のレギュラー奪取なるか。

【投手編】
田中“マー君”が19勝、防御率1.27で沢村賞の活躍。ただ三本柱を形成していた岩隈が6勝、永井も4勝と2人は故障に泣くシーズンになった。不足する先発陣の中で、ルーキー左腕・塩見が9勝。星野監督が北京五輪の時に見出した長谷部も7先発。リリーフ陣では抑え候補と期待されたルーキー・美馬が前半戦で故障離脱したが、ベテランの小山が8勝。勝ちパターンの青山、片山につないだ。抑えはスパイアーが6月に崩れると、先発のラズナーが回って17セーブ。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 田 中 岩 隈 塩 見 長谷部 川 井
中継 青 山 片 山 小 山 山 村 佐 竹 井 坂
抑え ラズナー
次点 戸 村 有 銘 川 岸 栂 野 松 崎 土 屋 ヒメネス
故障 永 井 美 馬 藤 原 退団 スパイアー 金炳賢 モリーヨ
野手
捕手 伊志嶺 銀 次
内野 山崎武 内 村 高 須 松井稼 ガルシア 草 野 西 村
外野 聖 澤 中村真 牧 田 鉄 平 横 川 中 島
次点 中 谷 井 野 阿 部 大 広 枡 田 塩 川 楠 城
故障 岩 村 中 川 退団 山崎武 ルイーズ 平 石
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【ロッテ編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【オリックス編・2011終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/53549153

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【楽天編・2011終了】:

« プロ野球戦力分析【ロッテ編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【オリックス編・2011終了】 »