« プロ野球戦力分析【巨人編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2011終了】 »

2011年11月27日 (日)

プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2011終了】

Image1111ys 2011シーズン終了後、12球団戦力分析。今回はセリーグ2位の東京ヤクルトスワローズ。昨シーズン途中から就任し勝率トップの小川監督。その強さそのままに、前半戦は貯金14、8ゲーム差での首位ターン。夏場に失速しながら、9月には12勝1敗のハイペースで優勝も見えた。しかし10月、ドラゴンズに直接対決で4連敗。引き分けも多く、シーズン大半を首位にいながら、最後で優勝を逃した。

【野手編】
Image1111ysorder 開幕ベンチの畠山が5試合目から4番に定着。23HR、85打点でチーム躍進のキーマンに。ただレフトの守備は厳しく、後半戦はファースト固定。ホワイトセルの仕事場を失ったか。新戦力バレンティンも低打率ながら31発でタイトル。青木も3割を切り、この2人が不振だった夏場は大失速。それでも41歳の宮本が秋口に奮闘。シーズン打率3割、GG賞も獲って苦しいチーム状態を救った。終盤、故障者が続出し、ショートには公式戦未出場の山田、レフトには上田を使う場面も。

【投手編】
石川(10勝)、館山(11勝)の両エースが2ケタ。由規、村中が故障もあって1年間通しては投げきれず。出てきたのが3年目左腕・赤川。後半戦だけで6勝を挙げ、CSでも活躍。リリーフ陣では、ルーキー左腕の久古(52試合)、再契約のバーネットを勝ちパターンに起用したのがはまった。ただ登板過多からか2人とも故障発生。シーズン終盤は、あまり良い場面で投げていなかった松岡がセットアッパー復帰。9月は15試合無失点で抑えのイム(32セーブ)へつなぎの継投を見せた。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 石 川 館 山 村 中 赤 川 増 渕
中継 バーネット 松 岡 押 本 久 古 松井光 橋 本
抑え 林昌勇
次点 山本斉 七 条 山本哲 渡 邉 日 高 小野寺 一 場
故障 由 規 退団 石井弘
野手
捕手 相 川 川 本 福 川
内野 畠 山 田中浩 宮 本 川 端 ホワイトセル 森 岡 三 輪
外野 青 木 バレンティン 武 内 飯 原 福 地 上 田
次点 中 村 藤 本 山 田 野 口 宮 出 ユウイチ 松井淳
故障 荒 木 川島慶 退団 ガイエル 濱 中
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【巨人編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2011終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/53347419

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2011終了】:

« プロ野球戦力分析【巨人編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【中日編・2011終了】 »