« プロ野球戦力分析【広島編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2011終了】 »

2011年11月13日 (日)

馬原、連夜の失点劇。またも延長戦で竜2連勝。

20111114 日本シリーズ第2戦 延長10回
ソフトバンク●1-2○中日(2勝)(ヤフードーム
勝利打点:森野

テレビ大阪で完全中継。先発はソフトバンク・杉内、中日・吉見。2回、1死2,3塁のチャンスで得点できなかったドラゴンズ。逆に3回、ホークスが連打で1死1,2塁のチャンス。ここで内川のバットにクレームをつけた落合監督。初球、良い当たりのセンターライナーで無得点。

7回、2死1,2塁で平田がレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打でついにドラゴンズ先制。そのウラ、ブレーキになっていた多村がバント失敗で追い込まれてから、ヒット。1死2,3塁で代打・松中には四球で満塁となった所で、ドラゴンズは浅尾を投入。フルカウントから川﨑がライト前タイムリーで1-1の同点。ただ後続2人は抑えた。

8回、2死1,3塁となった所で、ホークスもファルケンボーグを投入。全球ストレート勝負でブランコを三振。浅尾が8回まで投げぬき、同点の9回は初登板の平井。三者凡退に抑えて、今日も延長戦。

10回、昨日打たれた馬原がマウンドへ。2死から荒木に内野安打を許すと・・・1,2塁から森野が外角ストレートを弾き返し、レフト前タイムリーでドラゴンズ勝ち越し。そのウラ、岩瀬がキッチリと3人で抑えてゲームセット。敵地でまさかの2連勝。競り合いのゲームでは一枚上手か。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【広島編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2011終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/53245630

この記事へのトラックバック一覧です: 馬原、連夜の失点劇。またも延長戦で竜2連勝。:

« プロ野球戦力分析【広島編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2011終了】 »