« プロ野球戦力分析【横浜編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2011終了】 »

2011年11月12日 (土)

竜先勝!チェンの奇襲先発&好投が生んだ逆転劇。

20111112 日本シリーズ第1戦 延長10回
ソフトバンク●1-2○中日(ヤフードーム
勝利打点:小池

関西テレビで完全中継。先発はソフトバンク・和田、中日・チェン。大方の予想は吉見だったので、奇襲の形に。初回、20球投げさせたドラゴンズ打線ですが・・・2回以降はさっぱり。和田のコースいっぱいに突く投球で、3回までで6三振とパーフェクト。逆にチェンはストレートがなかなか走り出さず、本来とは違う内容でふらついてました。

4回、松田の初球スチールで動揺したか、1死1,2塁からCSでも大当たりだった長谷川がショートの頭を越えるセンター前タイムリーでホークス先制。6回、小池のショートゴロを川﨑が大きく弾くエラー。2死1,2塁まで行きましたが無得点に終わり、まだノーヒットピッチングの和田

7回、和田が左中間スタンドへ放り込み同点!そのウラ、先頭バッターを四球で出したチェンでしたが・・・三振ゲッツーに抑えてホークスの代打陣は登場できず。同点の9回、ドラゴンズは浅尾がマウンドへ。フォークの落差がいつもよりも凄かった。2死から荒木のワンバウンド送球を後逸し、一転、サヨナラのピンチに。長谷川を敬遠、続く多村が凡退して無得点。

10回、ホークスが先に抑えの馬原を投入。2死後、小池がレフトスタンドへ放り込みドラゴンズ勝ち越し。そのウラ、浅尾が代打・松中、代打・カブレラを三振に抑えたところで、落合監督が岩瀬にスイッチ。あと1アウトをキッチリ抑えて下馬評を覆してドラゴンズが先勝。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【横浜編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2011終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/53228556

この記事へのトラックバック一覧です: 竜先勝!チェンの奇襲先発&好投が生んだ逆転劇。:

« プロ野球戦力分析【横浜編・2011終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2011終了】 »